汗腺を鍛えてサラサラの良い汗を-ベタベタ汗は生活習慣が原因

汗を抑えるのでなく、汗腺を鍛えて「よい汗」かこう

肉食中心、運動不足などが、ベタベタした汗、体臭の原因になりやすい

におうのはベタベタの「悪い汗」

 日差しが一段と強さを増し夏本番を迎えると、気になるのが汗、そしてにおいです。満員電車や人込みで汗臭さを感じると、「もしかしたら、私もにおってる?」と気になるものです。

 汗には、「よい汗」と「悪い汗」があります。「よい汗」はサラサラして蒸発しやすく、気になるにおいもありません。「悪い汗」は、ベタベタして蒸発しにくく、いやな体臭の原因になりやすい汗です。
 汗は、水分と、血液中の血しょうに含まれるミネラル類からできていて、ミネラル分が多いか少ないかによって、「よい汗」と「悪い汗」に分かれます。ミネラルをあまり含まないのが「よい汗」、多く含むのが「悪い汗」です。

 どうしてミネラルが多かったり少なかったりという違いが生じるのでしょう? 体温が上昇すると、血液から水分とミネラル分が汗腺に取り込まれます。このとき、汗腺がうまく機能していると、体に必要なミネラル分は血液に再吸収されるため、水分と少しの塩分だけが汗となって出てきます。これが「よい汗」です。
 ところが、汗腺がうまく機能していないと、ミネラル分は血液に再吸収されずに出てくるので、ベタベタした蒸発しにくい「悪い汗」になるのです。「悪い汗」に含まれるミネラル分は皮膚表面をアルカリ化して、皮膚にすみついた雑菌を繁殖させ、汗のにおいを強くして体臭のもとになります。

 汗をかいたらなるべく早くお風呂に入ったりシャワーを浴びて、汗と皮膚の雑菌を洗い流し体臭のもとを除いておくことも大切です。すぐにお風呂に入ったりシャワーを浴びることができないときは、固く絞ったぬれタオルで肌を軽くたたくようにして拭き取るとよいでしょう。

「悪い汗」になりやすい生活習慣

 ベタベタして強いにおいのもとになる「悪い汗」は、いくつかの生活習慣が原因です。肉や脂っこいものが中心の食生活は、皮脂の分泌が高まりベタベタした汗の原因になります。また、人間関係のストレスが多いと、緊張性の発汗が強くなり、ベタベタ汗の原因となります。さらに、運動不足やエアコンに頼った生活では、汗をかかないため汗腺の機能が衰え、ミネラルを多く含んだままの汗を出しやすくなります。

 こうした生活習慣は、できるところから改善していきましょう。肉中心の食生活は、「悪い汗」のもとになるだけでなく、いろいろな生活習慣病を防ぐ上でも見直す必要があります。肉類は1日3食のうち1回までにとどめ、魚介類、大豆、野菜など、栄養素のバランスを考えた食事に切り替えることです。

 ストレスは、できるだけため込まないように、自分なりのストレス解消法を見つけましょう。週に2~3回、適度の運動をする習慣をつければ、ストレスと運動不足の2つを同時に解消することができます。
 また、暑いからといって、1日中エアコンのきいた部屋で過ごすのは考えものです。汗腺の機能を高め、体全体によい汗をかけるように、部屋から出て体を動かしましょう。

汗腺を鍛える入浴法で「よい汗」をかこう

 「よい汗」をかくためには、衰えてしまった汗腺の機能を鍛えて、回復させる必要があります。適度の運動を定期的に行い、汗腺を刺激するという方法以外に、最も効率的で気軽にできるのは、入浴による「汗腺トレーニング」です。(ただし、高齢者、高血圧の人、心臓に不安のある人は行わないでください。)

 まず、浴槽に20cmくらい、熱めのお湯(43~44℃)を入れ、風呂用のいすなどに座ってひざ下とひじから先だけを、10~15分間お湯につけます。こうして手足の眠っている汗腺を目覚めさせるのです。
 次に、同じ湯船にぬるま湯を足して36℃程度にし、10~15分間、半身、または全身を浸します。このとき、湯船にコップ1杯ほどのリンゴ酢か、バスソルトを入れると、体が芯から温まります。

 お風呂から上がったら、汗が自然に蒸発するまで待って衣類を着ます。直後にエアコンの冷たい風に当たって汗を抑えたりしないこと。ゆったりした気持ちで、ジンジャードリンク(しょうが汁にハチミツを加え、お湯を注いだもの)を飲むと、汗腺機能がさらにアップします。

(「ヘルス&ライフ」法研より)

【監修】
五味 常明先生


五味クリニック院長
1949年長野県生まれ。一橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。昭和大学形成外科等で形成外科学を、多摩病院精神科等で精神医学を専攻。医学博士。体臭・多汗研究所設立。患者の心のケアを基本にしながら外科的手法を組み合わせる「心療外科」を新しい医学分野として提唱。体臭・多汗治療の現場で実践。日本心療外科研究会代表。『汗をかけない人間は爬虫類化する』(祥伝社)ほか、著書多数。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    布団の中のダニは数十万匹!?干しても叩いても死滅しない『ダニ』退治法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 今ま…
  2. 2
    発達障害の診断の基準になる3つの特徴とは?
    発達障害の診断の基準-発達障害の子どもの特徴 出典:株式…
  3. 3
    洗えないセーターやニットの消臭法。汗臭・タバコ臭も洗わずに取れる!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 秋冬…
  4. 4
    放置しちゃいけない!『冷えは未病のサイン』冷えの原因と改善方法
    つらい「冷え症」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 万病のもと"未病…
  5. 5 仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    脚全体の筋肉を使って循環を促し、冷えやむくみを改善 足、ひ…
  6. 6
    【発達障害の特徴】1.社会性の障害ー他人の気持ちが理解できない
    イギリスの精神科医ウイングが提唱した次の3つの特性 出典:株式会…
  7. 7
    発達障害ってどんな障害なの?自閉症・学習障害・ADHDの特徴
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  8. 8
    【発達障害の特徴】3.想像力の障害-こだわりが強い・特定の物事への興味
    イギリスの精神科医ウイングが提唱した次の3つの特性 出典…
  9. 9
    【発達障害の特徴】2.コミュニケーション障害-言葉の遅れやオウム返しなど
    イギリスの精神科医ウイングが提唱した次の3つの特性 出典:株式会…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  11. 11
    つらい生理痛がおこる原因とは?月経困難症に効果のある漢方
    つらい「月経困難症」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 血を巡らせて…
  12. 12 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  13. 13
    首のシワ&二の腕スッキリ!10秒で完了の若返りストレッチ
    隠しきれない年齢がでると言われる首のシワや二の腕。そんなエイジングスポ…
  14. 14
    生理前の不調の原因と改善方法|つらいPMSを助けてくれる食材とは?
    つらい「月経前緊張症(PMS)」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 …
  15. 15
    近頃、ツイてない?金運上昇のためにすべき6つの行動
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 「今…
  16. 16 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  17. 17
    だらしないタレ尻が『理想のヒップ』に大変身!簡単小尻エクサ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 体の…
  18. 18
    常温保存の小麦粉類に注意!パンケーキシンドロームで救急搬送も
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 開封…
  19. 19
    痩せていることは悪いこと?妊娠中の『痩せ』が子供の病気リスクを高める
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 25…
  20. 20
    肌年齢が若くなる食材8選。弾力&うるおいアップの組み合わせ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと いつ…

一覧