夏の冷えは女性の悩み-解消法と体の内側の「冷え」をチェック

「冷え」は早めに解消! 夏でも下半身の保温に努めよう

冷房がきいている部屋から、さんさんと照りつける戸外へ。その気温差が、夏の体に大きなダメージを与えます

女性の4割が夏の「冷え」に悩んでいた

 女性は男性に比べ筋肉量が少なく、活動度が低いこと、月経前後のホルモンバランスの不調などから、一般に「冷え」の悩みは男性より女性に多く聞かれます。

 「冷えと悩みに関する意識実態」の調査<花王(株)調べ>では、首都圏に住む10代~50代の女性1,003名のうち、約41%が夏にも「冷え」を感じていて、1日の時間帯では午後に意識することが多く、「とくに肩やおなかが冷える」と答えていました。また、冷え対策に気を使っている10代、50代に比べ、20代~40代はそれほどではないという結果も出ています。
 もちろん男性にもじわじわと「冷え」は忍び寄っています。中高年はもちろん、最近は若い男性でも手足の「冷え」を自覚する人が増えてきました。

 夏は冷たいものをとりすぎたり、食欲がないからと簡単な食事ですませがち。栄養バランスが乱れ、胃腸の機能も低下して、「冷え」への抵抗力が落ちていきます。また、「冷え」対策をしないでいると、頭痛、肩こり、腰痛、下痢、腹痛など、冷房病といわれる症状へ進み、1年中体が冷えて体調が悪いという、慢性的な「冷え症」になってしまうこともあります。

なかなか気づかない。体の内側からの「冷え」

 夏の「冷え」は、外気温が30度以上にもなる戸外と、冷房で冷え切った部屋の往復で、体の自然なリズムが狂ってしまうことが大きな要因になります。夏は暑く、冬は寒いもの。昔から冷房や暖房のない暮らしに体は適合してきましたから、夏に真冬のような環境に置かれると、自律神経のバランスが乱れて毛細血管の調整がきかなくなり、血液が体のすみずみまで運ばれにくくなって「冷え」を感じるのです。

 一日中冷房のきいた部屋で仕事や家事をこなしていると、体の深部まで冷え、しかも冷たいものを多くとれば、さらに体の内側に「冷え」が滞ってしまいます。男性では頻尿や腰痛の悪化、女性では生理痛がひどくなったり、月経不順などもみられますので、十分に注意したいものです。

 気づきにくい体の内側の「冷え」をチェックする方法は
(1)手足だけでなく、下腹部や腰に手を当ててみる。冷たければ「冷え」の徴候。
(2)顔や上半身がほてり、腰から下が冷たい場合は「冷えのぼせ」といって、典型的な体の内側の冷えを示す症状。
(3)向うずねを軽く押して、痛みやむくみを感じたら、体の水分代謝が滞って内部が冷えている知らせ。大汗をかいたりする場合も要注意。

名前のない病気の原因は「冷え」とストレス

 現代は、原因不明の「名前のない病気」、つまり不定愁訴(ふていしゅうそ)に悩む人が大変多くみられます。例えば頭痛、めまい、耳鳴りやおなかの張り、下痢や便秘を繰り返す、手足のしびれがとれない、不眠、頻尿、動悸(どうき)、抜け毛、肌の乾燥など。さまざまな検査を受けても異常が見つからないのに、自覚症状だけが患者さんを苦しめています。

 そういう場合に「自律神経失調症」と診断されることが多いのですが、これらの症状には「冷え」とストレスが大きく関与しています。
 ほとんどの「自律神経失調症」は、保温に努め、ストレス源を解消する、あるいはストレスのもとは変えられなくても自分の気持ちが楽になり、ストレスを乗り越えていけるようになると、不思議なほど症状も消えていきます。

夏の「冷え」解消術

 「冷え」をためこまないためには、その日の「冷え」はその日に解消することが大切。入浴はシャワーなどですませないで、ゆっくりぬる目のお湯につかりましょう。緊張をゆるめ、よい眠りに誘う効果もあります。足は上半身に比べ10度も温度が低いため、入浴後はマッサージやツボを押すなど、血行をよくします。
 また、腹部や腰にはインスタントカイロを貼り、温かな靴下を履く。これらも体の内側の保温に効果的です。

 週に一度のスイミングや、朝夕の涼しい時間帯に30分ほどのウオーキングをして心地よい汗をかくことも、体の代謝を整え、血液循環をよくするためには必要です。

 飲み物も食事も、なるべく温かい物をとりましょう。ちなみに体を芯から温める「温」の食材の筆頭が唐辛子、にんにく、しょうが、ねぎ類など。ほかに、血管を広げ、血行をよくするビタミンEは体内のホルモンバランスを調整する働きがあり、ビタミンCは毛細血管を強化し、自律神経の乱れによる血管の収縮を緩和。体内に効率よく熱を生み出す助けになるのがビタミンB群です。
 もちろんサプリメントよりは新鮮なかぼちゃやにんじんなどの緑黄色野菜や果物、ナッツ類、豆腐などの大豆製品、豚肉、いわし、あじなど、食品からとるほうが、食材のエネルギー(気)を丸ごと吸収でき、「冷え」も効率よく解消されるはずです。

【監修】
南雲 久美子先生


目黒西口クリニック院長
1982年杏林大学医学部卒業後、東京慈恵会医科大学第二内科入局。関東逓信病院(現 NTT関東病院)消化器内科非常勤嘱託を経て、北里研究所附属東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。96年、東洋医学と西洋医学を融合して治療を行う目黒西口クリニックを開業。冷え症、自律神経失調症をライフワークとしている。著書に『新版 冷え性・貧血・低血圧』(主婦の友社)、『タイプ別 冷え症改善ブック』(家の光協会)、『名前のない病気 不定愁訴』(家の光協会)がある。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

冷房を我慢しないで!寝苦しい熱帯夜を乗り切る、快眠美人の熟睡法

高温多湿で寝苦しい夏。ただでさえ紫外線などによるダメージで、肌トラブルが増えやすい時季なのに、うまく眠れないことで睡眠時間にキレイが育めず、翌朝もお疲れ肌で、夏がおわる頃にはぐっと老けてしまった!なんてことだけは避けたいですよね。熱帯夜... 続きを読む

足元の冷房冷えを一発解消 夏の「ムートンブーツ」が超オススメ

外は暑いのに、オフィスなどの室内は冷房のせいで寒い…。特に下半身の冷えは、体調不良を招きます。そこで活躍するのが、ムートンブーツ。ムートンブーツが活躍するのは冬だけにあらず!
しまい込んであるムートンブーツを早速出してきましょう! 冷... 続きを読む

熱中症は屋内にいてもなる? オフィスや家庭でも対策方法

昨年の夏は平均気温が観測史上最高、熱中症で救急搬送された人の数も過去最高という記録的な猛暑でした。今年は、梅雨も明けないうちから猛暑日を記録するなど、6月の暑さは昨年以上で、その後も暑い日が続いています。東日本大震災による電力不足対策で節... 続きを読む

絶対に美脚になるために!太ももの内側を引き締めるトレーニング

なかなか引き締まらないと悩む人が多いのが「太もも」。ジョギングなどの有酸素運動では、なかなか細くならないんですよね。そこで今回は、ももの筋肉をしっかり鍛えて、脂肪を燃やしやすい状態に整えるトレーニングをご紹介します。絶対に美脚になるため... 続きを読む

知られざるデング熱の意外な名前の由来

デング熱とは
デングウイルスをもつ蚊に吸血される際に感染し、2〜15日の潜伏期間のあと突然の発熱、激しい頭痛、関節痛、筋肉痛、発疹などの症状が現れる。多くは1週間程度で回復するが、一部は重症化して出血やショック症状をきたすことがある。デ... 続きを読む

10代から気をつけたい。効果的な成人病予防法

バランスの良い食事をとりましょう
肥満は、メタボリックシンドロームなどの成人病の危険因子の一つですが、近年、成人だけでなく子どもの肥満が大きな問題となっています。原因の一つとして、食生活の乱れによるエネルギーの過剰摂取が挙げられます。 ... 続きを読む

パソコンやスマホのやりすぎで10代でも発症!飛蚊症とはどんな病気?

そもそも飛蚊症とは

視野に黒い点や虫のようなものがゆらゆらと動いて見える症状を飛蚊症(ひぶんしょう)といいます。これは眼の中を広く覆っている卵の白身のような物質・硝子体(しょうしたい)のなかに浮かんでいる濁りが景色に重なって見えるた... 続きを読む

J・ジャクソンが50歳で妊娠! 40・50代の高齢不妊で妊娠できる確率は?

先日、米国の人気女性歌手ジャネット・ジャクソンさんが50歳で第1子を妊娠していることを公表しました。 晩婚化が進む現代では、高齢出産が増えてきていますが、妊娠・出産できる確率は、加齢とともに低くなるのは周知の事実です。40代、50代で出産し... 続きを読む

美肌の基礎知識♪肌ケアに効果的な時間帯はいつ?

美肌になりたいなら、美肌の豆知識から覚えていきたい。肌ケアに適切な時間帯とは、一体いつなのでしょうか?美肌の基礎知識♪肌ケアに効果的な時間帯はいつ? 年齢を重ねると仕方ない? 年齢を重ねるごとに、シワが増えるのは仕方がないと思っていませ... 続きを読む

鉄欠乏性貧血の予防は3度の食事が大事-鉄分と一緒に摂りたい栄養素

ちょっと階段を上っただけで息切れがしたり心臓がドキドキする。めまいや頭痛がする。疲れやすい。イライラして物事に集中できない。こんな症状は、もしかしたら鉄欠乏性貧血が原因かもしれません。
鉄欠乏性貧血は、いろいろなタイプの貧血の中でも最... 続きを読む