腸内環境がからだの健康のを左右する-善玉菌を増やす方法とは

ビフィズス菌や乳酸菌の宝庫、発酵食品を毎日の食卓に

善玉菌を増やすと腸内環境が整い、便通が整うだけでなく、免疫力を高めて病気を予防、体全体が健康に

善玉菌が優勢か悪玉菌が優勢か、腸内環境が体全体の健康を左右する

 人の腸の中には、いわゆる善玉菌や悪玉菌など1000種類以上の細菌がすんでいて、それぞれの菌が自分の仲間を増やそうと勢力争いをしています。
 ビフィズス菌、乳酸菌などの善玉菌は、腸内を酸性にして悪玉菌や病原菌の活動を抑え、腸内の腐敗を防ぐことがわかっています。また、腸を刺激して便通を整えたり食べ物の消化・吸収を助け、免疫力を高めるなど、健康の保持・増進に役立つ働きをしています。

 一方、大腸菌やウエルシュ菌などの悪玉菌は、たんぱく質などを分解して毒素や発がん物質をつくり、下痢や便秘のほか、生活習慣病やがんを引きおこしたり、肩こり、肌荒れなどの原因にもなります。悪玉菌が多くなると免疫のバランスが乱れ、かぜをひきやすく、花粉症などのアレルギーもおこしやすいといわれています。

 腸内環境は善玉菌が優勢になれば整い、悪玉菌が優勢になると悪化します。そしてこの腸内環境の良しあしが、腸の健康だけでなく体全体の健康を左右するといっても過言ではないのです。
 乳児の腸内細菌は、善玉菌であるビフィズス菌がほとんどを占めていますが、離乳期を境にして悪玉菌が増え、それに食生活の乱れやストレスが加わると悪玉菌が優勢になって腸内環境は悪化し、不健康な状態に陥ることになります。

 体を健康な状態を保つには、善玉菌を増やして腸内環境を改善することが大切です。

善玉菌を増やすビフィズス菌や乳酸菌をとろう

 善玉菌を増やしてくれる頼もしい味方が乳酸菌やビフィズス菌で、これらを多く含む食品が発酵食品です。発酵食品にはヨーグルト、乳酸菌飲料、チーズ類のほか、ぬかみそ漬けやすぐき漬けなど日本人が昔から食べてきた保存食があります。キムチやサワークラウト、ピクルス、ザーサイなども発酵食品で、洋の東西を問わず昔から食べられてきた健康食品といえます。

 なかでも手軽に、生きたまま腸に届く乳酸菌やビフィズス菌をとれるのが「プロバイオティクス」をうたったヨーグルトや乳酸菌飲料など。乳酸菌やビフィズス菌の多くは胃酸で死んでしまいます。死んだ菌でも免疫力を高める効果はありますが、それらが生きたまま腸にたどりつくことで、もともとすみついているビフィズス菌を直接的に増やす効果があります。ただしこれらの菌はそのまますみついてはくれないので、毎日食べることが必要です。

 さまざまな「プロバイオティクス」食品から何を選ぶか迷ったとき、品質の目安となるのが「特定保健用食品(トクホ)」です。トクホは、人に対して特定の健康効果があると厚生労働省が認めたものだからです。
 また、これらの食品は入っている乳酸菌やビフィズス菌の菌株によって異なる健康効果があり、人によって合う場合と合わない場合があります。自分に合うものを見つけるには、いろいろ試してみることをおすすめします。同じ食品を1日200g以上2週間食べ続け、便通が改善されたり便のにおいが少なくなったら、それが自分に合っている菌なので食べ続けるとよいでしょう。

食物繊維と運動で便秘を解消

 腸内環境が悪化する原因の一つが加齢ですが、最近は、若い人ほど年齢の割に腸内環境が悪化している人がみられます。その原因は食生活の欧米化と運動不足。肉中心の高脂肪・高たんぱくな食事は悪玉菌のエサになりやすく、食物繊維が不足して便通が悪くなります。食物繊維や乳酸菌・ビフィズス菌などを十分とっていても、運動不足では便秘を招きます。
 便秘は悪玉菌を増やして腸内環境を悪化させる要因となります。腸内環境を良好に保つには便秘をしないことが大切ですが、若い女性には便秘の人が多いのが気になります。

 便秘の解消には、1日3食バランスよく食べて、食物繊維の多い野菜や果物を多くとること、乳酸菌やビフィズス菌とともにこれらのエサになるオリゴ糖などを積極的にとること、定期的に運動して腹筋を鍛えること、ストレスをためないことが大切です。

 オリゴ糖は糖質の一種で、とくにビフィズス菌が好んでエサにします。大豆やとうもろこし、たまねぎ、ごぼう、バナナ、みそ、はちみつなどに多く含まれています。
 また、過剰なストレスは腸の働きを支配する自律神経のバランスをくずし、スムーズな排便を難しくします。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
辨野 義己(べんの よしみ)先生


理化学研究所バイオリソースセンター 微生物材料開発室室長
1973年酪農学園大学獣医学科卒業後、東京農工大学大学院を経て、1974年理化学研究所入所。微生物系統分類室室長、農林水産先端科学研究所ルーメン共生微生物チームリーダーなどを経て、2004年より現職。農学博士。専門領域は腸内細菌学、微生物分類学。日本微生物資源学会会長、日本フローラテック研究会代表などを務める。日本微生物資源学会・学会賞など受賞。著書に『病気にならない生き方で、なる病気』(ブックマン社)、『腸内環境学のすすめ』(岩波書店)、『健腸生活のススメ』(日本経済新聞社)など多数。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

フローラチェック

「最近お腹の調子がおかしい」「風邪を引きやすい」「ダイエットしてもやせない」……。そんな人は、腸内細菌のバランスが崩れているかもしれません。... 続きを読む

プロバイオティクス

人間の腸内には約100種類、100兆個もの細菌が棲みついています。その中には有用菌(善玉菌)、有害菌(悪玉菌)がいて、善玉菌のナンバーワンが、あなたもよく知っているビフィズス菌であり、悪玉菌の代表をウェルシュ菌といいます。腸内ではこの善玉... 続きを読む

乳酸菌

ヨーグルトやチーズに含まれる乳酸菌。腸の環境を整える菌として知られていますが、最近ではほかにもたくさんの効果が あることがわかってきました。 花粉症などのアレルギーを改善するのです。
そもそも、乳酸菌とはどんなものでしょうか。 「... 続きを読む

臭いおならは腸内の悪玉菌が原因-腸内環境を整えるには?

「出もの腫れものところ嫌わず」とは昔からよくいわれてきましたが、お尻から思わずもれてしまったガス(おなら)が、無音だったにもかかわらずにおいが強烈で、周囲に無言のひんしゅくを呼び起こしてしまった、という経験はありませんか。
もしもにおい... 続きを読む

ビフィズス菌BB536

ビフィズス菌とは、人や動物の腸内に多く棲む腸内細菌の一種。糖を分解して、酢酸や乳酸を作り出す働きがあります。
乳酸菌の一種と間違われがちですが、実は別の腸内細菌です。乳酸菌は腸内でビフィズス菌と比べて圧倒的に数が少なく、働き方も違うので... 続きを読む

L-92乳酸菌

現代病の代表と言われる、アレルギーに悩まされている人に朗報が。「L-92乳酸菌」が、花粉症や通年性アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの、つらい症状を緩和することがわかりました。 「乳酸菌というと思い浮かぶのが、ヨーグルトや乳酸菌飲料で... 続きを読む

オリゴ糖ダイエットは、甘い物好きの味方!

オリゴ糖
オリゴ糖ダイエットは、甘いものが食べられなくてイライラしてしまうといった悩みを解決してくれる心強いダイエット方法です。

オリゴ糖は、砂糖の約半分のカロリーな上に、身体への吸収がゆっくりなので、砂糖よりも血糖値が上がりにく... 続きを読む

インフルエンザや感染症の予防に役立つ食べ物とは?

新型インフルエンザの流行に加え、季節性インフルエンザや一般的なかぜの流行期でもあるこの季節。これらの感染症予防には「こまめな手洗い・うがい」がすすめられ、多くの人々が実行しています。
新型インフルエンザについては、予防ワクチンの接種が可... 続きを読む

大和撫子を取り囲む過酷案外部環境食環境編


第一回では、現代に生きる大和撫子が抱える問題点をとり挙げ、その大きな要因になっている「栄養代謝のアンバランス」について触れました。現代の大和撫子は、過酷な外部環境にさらされ、その美しさを保つことが難しくなってきています... 続きを読む

飲む点滴「甘酒」で夏バテ防止‐甘酒はダイエットや美肌効果も抜群

塩麹(こうじ)に醤油麹と麹ブームが続いていますが、この季節に注目したいのが麹を使ってつくる発酵飲料「甘酒」です。甘酒というと、寒い季節に飲む体を温める飲み物というイメージが強いかもしれませんが、実は甘酒は夏の季語。
江戸時代には、冷た... 続きを読む