腸内環境がからだの健康のを左右する-善玉菌を増やす方法とは

ビフィズス菌や乳酸菌の宝庫、発酵食品を毎日の食卓に

善玉菌を増やすと腸内環境が整い、便通が整うだけでなく、免疫力を高めて病気を予防、体全体が健康に

善玉菌が優勢か悪玉菌が優勢か、腸内環境が体全体の健康を左右する

 人の腸の中には、いわゆる善玉菌や悪玉菌など1000種類以上の細菌がすんでいて、それぞれの菌が自分の仲間を増やそうと勢力争いをしています。
 ビフィズス菌、乳酸菌などの善玉菌は、腸内を酸性にして悪玉菌や病原菌の活動を抑え、腸内の腐敗を防ぐことがわかっています。また、腸を刺激して便通を整えたり食べ物の消化・吸収を助け、免疫力を高めるなど、健康の保持・増進に役立つ働きをしています。

 一方、大腸菌やウエルシュ菌などの悪玉菌は、たんぱく質などを分解して毒素や発がん物質をつくり、下痢や便秘のほか、生活習慣病やがんを引きおこしたり、肩こり、肌荒れなどの原因にもなります。悪玉菌が多くなると免疫のバランスが乱れ、かぜをひきやすく、花粉症などのアレルギーもおこしやすいといわれています。

 腸内環境は善玉菌が優勢になれば整い、悪玉菌が優勢になると悪化します。そしてこの腸内環境の良しあしが、腸の健康だけでなく体全体の健康を左右するといっても過言ではないのです。
 乳児の腸内細菌は、善玉菌であるビフィズス菌がほとんどを占めていますが、離乳期を境にして悪玉菌が増え、それに食生活の乱れやストレスが加わると悪玉菌が優勢になって腸内環境は悪化し、不健康な状態に陥ることになります。

 体を健康な状態を保つには、善玉菌を増やして腸内環境を改善することが大切です。

善玉菌を増やすビフィズス菌や乳酸菌をとろう

 善玉菌を増やしてくれる頼もしい味方が乳酸菌やビフィズス菌で、これらを多く含む食品が発酵食品です。発酵食品にはヨーグルト、乳酸菌飲料、チーズ類のほか、ぬかみそ漬けやすぐき漬けなど日本人が昔から食べてきた保存食があります。キムチやサワークラウト、ピクルス、ザーサイなども発酵食品で、洋の東西を問わず昔から食べられてきた健康食品といえます。

 なかでも手軽に、生きたまま腸に届く乳酸菌やビフィズス菌をとれるのが「プロバイオティクス」をうたったヨーグルトや乳酸菌飲料など。乳酸菌やビフィズス菌の多くは胃酸で死んでしまいます。死んだ菌でも免疫力を高める効果はありますが、それらが生きたまま腸にたどりつくことで、もともとすみついているビフィズス菌を直接的に増やす効果があります。ただしこれらの菌はそのまますみついてはくれないので、毎日食べることが必要です。

 さまざまな「プロバイオティクス」食品から何を選ぶか迷ったとき、品質の目安となるのが「特定保健用食品(トクホ)」です。トクホは、人に対して特定の健康効果があると厚生労働省が認めたものだからです。
 また、これらの食品は入っている乳酸菌やビフィズス菌の菌株によって異なる健康効果があり、人によって合う場合と合わない場合があります。自分に合うものを見つけるには、いろいろ試してみることをおすすめします。同じ食品を1日200g以上2週間食べ続け、便通が改善されたり便のにおいが少なくなったら、それが自分に合っている菌なので食べ続けるとよいでしょう。

食物繊維と運動で便秘を解消

 腸内環境が悪化する原因の一つが加齢ですが、最近は、若い人ほど年齢の割に腸内環境が悪化している人がみられます。その原因は食生活の欧米化と運動不足。肉中心の高脂肪・高たんぱくな食事は悪玉菌のエサになりやすく、食物繊維が不足して便通が悪くなります。食物繊維や乳酸菌・ビフィズス菌などを十分とっていても、運動不足では便秘を招きます。
 便秘は悪玉菌を増やして腸内環境を悪化させる要因となります。腸内環境を良好に保つには便秘をしないことが大切ですが、若い女性には便秘の人が多いのが気になります。

 便秘の解消には、1日3食バランスよく食べて、食物繊維の多い野菜や果物を多くとること、乳酸菌やビフィズス菌とともにこれらのエサになるオリゴ糖などを積極的にとること、定期的に運動して腹筋を鍛えること、ストレスをためないことが大切です。

 オリゴ糖は糖質の一種で、とくにビフィズス菌が好んでエサにします。大豆やとうもろこし、たまねぎ、ごぼう、バナナ、みそ、はちみつなどに多く含まれています。
 また、過剰なストレスは腸の働きを支配する自律神経のバランスをくずし、スムーズな排便を難しくします。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
辨野 義己(べんの よしみ)先生


理化学研究所バイオリソースセンター 微生物材料開発室室長
1973年酪農学園大学獣医学科卒業後、東京農工大学大学院を経て、1974年理化学研究所入所。微生物系統分類室室長、農林水産先端科学研究所ルーメン共生微生物チームリーダーなどを経て、2004年より現職。農学博士。専門領域は腸内細菌学、微生物分類学。日本微生物資源学会会長、日本フローラテック研究会代表などを務める。日本微生物資源学会・学会賞など受賞。著書に『病気にならない生き方で、なる病気』(ブックマン社)、『腸内環境学のすすめ』(岩波書店)、『健腸生活のススメ』(日本経済新聞社)など多数。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    野菜ジュースは飲んでも意味がない? 野菜ジュースでとれる栄養とは
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2
    批判されても挫けない!『心が折れない』強いメンタルの作り方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3
    脳は疲れない? 酷使することで能力を高める方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 4 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  5. 5
    【医師が教える】夏まで90日!リバウンドなしダイエットのやり方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  6. 6
    腸内環境の改善で”性格”まで変わる?!心の安定を得るための方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 腸内…
  7. 7
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  8. 8
    あの人うつ病かも? うつを見分ける症状のポイント|接し方のヒント
    【執筆】住本吉章カウンセラー 誰でもが陥りやすいうつ状態 …
  9. 9 ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    環境の変化にストレスを感じる人と感じない人がいる 日々、暖かくなって…
  10. 10
    体はストレスや疲労のサインを出している―年度替わりのストレス対策
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 3~…
  11. 11
    【足のむくみを解消するストレッチ】座ったまま、仕事の合間でOK!
    (編集・制作 (株)法研) デスクワーク中でも座ったままできる運動で…
  12. 12 痩せたい人が食べるべき食材|“脂肪を燃やす栄養素”の最新情報
    痩せたい人が食べるべき食材|“脂肪を燃やす栄養素”の最新情報
    知らなきゃ損! 微量でも体内で大きな力を発揮する。 微量栄養素が欠乏…
  13. 13
    足がむくむ、足がダルい…女性に多い『下肢静脈瘤』かも? 原因と症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14
    寝起きスッキリ! 朝すぐに起きられる人になる11個の方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 早朝…
  15. 15
    女性に多い『痔』原因と症状|こんな人は要注意!痔になりやすい7つの習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 男性…
  16. 16 仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  17. 17
    家庭でできる食中毒予防|心がけて欲しい8つのポイント
    (編集・制作 (株)法研) 「わが家では起こるわけがない」と思ってい…
  18. 18
    快眠でパフォーマンスアップ! しっかり噛んでセロトニンを分泌
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 睡眠…
  19. 19
    意外と知らない食べ合わせが悪い食品―知らずに食べているかも!?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 何気…
  20. 20 驚いたときに腰が抜けるのはなぜ?
    驚いたときに腰が抜けるのはなぜ?
    脳や交感神経の作用のほかに、病気の一症状としても。 大脳皮質の一時的…

一覧