まずは心臓マッサージから習得! いざというときの為の応急処置

いざというときのために、知っておきたい命を救う技術

人工呼吸を省略し、心臓マッサージに専念するほうが救える率が高い傾向に。各地の日赤支社や消防署などで講習会

できるだけ多くの人が身につけてほしい心臓マッサージ

 あるとき、近くにいた人が突然倒れ、呼吸がおかしくなってしまっていたら、あなたのすべきことは救急車の手配と心臓マッサージ(胸骨圧迫)――。

 こう言われて、自信をもってうなずける人はそう多くはいないでしょう。救急車の手配はともかく、心臓マッサージとなると実際、誰にでも簡単にできるというものではありません。そうであればこそぜひ、できるだけ多くの人がこれを習って身につけておいてほしいのです。

 心臓マッサージは、口対口人工呼吸とともに行う「心肺蘇生法」として、心臓が止まってしまった人を救うために、まず初めに行われるべき最も大切な「一次救命処置」です。「そんな大切なことは専門家に任せるべきだ。なぜ一般の人までが習っておかなくてはいけないのか」と疑問に思われるかもしれませんね。

処置が早いほど救命率は上がり、後遺症は少ない

 多くの人が心臓マッサージを身につけておいてほしい理由は、心停止状態になっている人への救命処置は早ければ早いほど、その人の命が助かる率も、助かった後に脳に後遺症を残さずにすむ率も高まるからです。

 心臓が止まれば、脳や心臓(心筋)への血流が途絶してしまいます。脳はほかの臓器に比べてとりわけエネルギーの消費量が多いのですが、にもかかわらずエネルギーの貯蔵が少ないので絶えずエネルギーを補給し続けなくてはなりません。もしも10分以上血流が途絶えてしまうと、脳は回復困難な変化を起こしてしまいます。
 心肺蘇生法が開始されないと、心停止からAED(自動体外式除細動器)の実施までの時間が1分遅れるごとに生存率は7~10%減少していきます。一方、蘇生法が開始されると、その減少率は半分となります。

 ところが、今のわが国の救急体制では、119番通報をしてから救急車が現場に到着するまでに、全国平均で6.6分もかかっています(平成20年の統計による)。さらに救急車到着後、救急隊が倒れている人のところに行くまでに2~3分かかります。交通量の多い市街地ならもっとかかるかもしれません。そうすると救急隊が到着するまでの間、倒れている人の近くにいる誰かが心肺蘇生法をしてあげる必要があります。その誰かとは、たまたま近くにいたあなたであったとしても、少しも不思議ではないのです。

 倒れている人が意識がなく、呼吸がおかしくなっていたならば、まず119番通報し、AEDが近くにあれば確保します。AEDが確保できるまで、心肺蘇生法を行います。救助作業をできる人が1人しかいない場合も同様です。しかし、AEDはずいぶん普及してきたとはいえ、どこにでもあるというわけではありません。AEDが見つからなければ心肺蘇生法で救急隊の到着までつなぐことになります。

一般の人はむずかしい人工呼吸は省き、心臓マッサージだけしっかり行う

 ところで、心肺蘇生法には人工呼吸も含まれると前述しました。基本的には30回の心臓マッサージと2回の人工呼吸をくり返すのですが、この人工呼吸が素人にはなかなかむずかしいもの。まして、口と口をつけて息を吹き込むやり方に二の足を踏んでしまいがちです。
 駿河台日本大学病院の長尾先生らが中心となり、関東地方の救急医療従事者が行った研究によって、一般の人が行う場合、心臓マッサージだけ行うやり方のほうが、人工呼吸を織り交ぜた心肺蘇生法よりも良い結果を得ることが示されました。一般の人には、心臓マッサージだけしっかり行うことがすすめられます。

 とはいえ、この心臓マッサージも、実はなかなか大変な作業なのです。倒れた人をあお向けにして気道を確保し、胸の中央を両手で強く、胸が4~5cmも沈むくらいに押し、離すことをくり返します。くり返す速さは1分間に100回くらい、力の弱い人はもちろん、普通に体力のある人でも胸骨圧迫を続けることは苦しい作業です。
 このため心臓マッサージを行うときはできるだけ複数の人で、2分交替くらいで行うほうがよいとされています。この意味でも、心臓マッサージを多くの人が習得し、万一のときにはすぐに複数集まれる状態が望ましいわけです。

 心肺蘇生法の講習会は、日本赤十字社の都道府県支社、全国各地の消防署や保健所などで頻繁に行われています。機会があればぜひ一度、講習会に参加してみてください。以前講習を受けたことがあっても、何度でも参加して体に覚え込ませることも大切です。なお、心肺蘇生法の基本的な手順は以下のように行います。正しい手法については、日本循環器学会のホームページに動画で紹介していますので、こちらを参考にしてください。http://www.j-circ.or.jp/shinpaisosei/call.html

●心肺蘇生法(人工呼吸は除く)はこうして行う
(1)倒れた人の肩をやさしく叩きながら大声で呼びかける
(2)反応がなければ、大声で周囲の注意を引きつける
(3)近くにいる人に119番通報とAEDを探して持って来てもらうよう頼む
(4)倒れている人をあお向けにし、額を押さえながら一方の手であごを持ち上げ気道を確保する
(5)ただちに胸骨圧迫を始める。
(6)胸骨圧迫は、両手を重ねて組み、下の手のひらの手首に近い肉厚の部分で、倒れている人の胸の中央部を強く・速く(1分間に100回くらい)絶え間なく押し続ける
(7)胸骨圧迫は、AEDが到着するまで、救急隊が到着するまで、倒れている人が動き出し始めるまで――のどれかのときまで続ける。苦しい作業なので、周囲の人と2分くらいで交替しながら行うことが望ましい

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
長尾 建先生


日本大学医学部 教授
駿河台日本大学病院循環器科 心肺蘇生・救急心血管治療 部長
日本大学医学部卒業。医学博士。専門分野は循環器全般、心肺蘇生と救急心血管治療。
心臓性心停止に対する蘇生法のさまざまな研究は、世界のトップレベルにある。特に市民による胸骨圧迫心臓マッサージのみ蘇生法は、2008年アメリカ心臓協会が取り入れ、「Hands-Only CPR」の名称で、アメリカ市民に対し、その講習会を開始した。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    睡眠中の"よだれ"に潜む意外な健康リスク
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝、…
  2. 2
    運動しない人は注意!筋肉が減少して脂肪が増える『サルコペニア肥満』
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 高齢…
  3. 3
    好きなだけ食べても太らない!? 18時間プチ断食で食べすぎリセット
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 腹8…
  4. 4
    そのむくみ、病気のサインかも? むくみの原因と解消法
    (編集・制作 (株)法研) デスクワークばかりの運動不足はご用心…
  5. 5 その腰の痛みは坐骨神経痛かも?症状をチェック!
    その腰の痛みは坐骨神経痛かも?症状をチェック!
    (編集・制作 (株)法研) 脚や腰が痛い! 坐骨神経痛の原因と症状を…
  6. 6
    歩くとツライ、外反母趾。大きめの靴を履くのはOK?正しい靴の選び方
    (編集・制作 (株)法研) 外反母趾の靴選び、自宅でできる運動療法な…
  7. 7
    Wi-Fiのせいで体調不良?「電磁波過敏症」ってなに?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと イン…
  8. 8
    正しく痩せる早道とは? 間違ったダイエットの落とし穴
    (編集・制作 (株)法研) 過剰なダイエットはやせないどころか、命を…
  9. 9 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  10. 10
    忙しい人に知ってほしい、質の高い睡眠をとるための快眠10か条
    (編集・制作 (株)法研) 午後10時から午前3時は睡眠のゴールデン…
  11. 11 放置するとダニ・カビの温床に…寝具のお手入れ方法
    放置するとダニ・カビの温床に…寝具のお手入れ方法
    (編集・制作 (株)法研) 汗を吸い込んだふとんは、カビやダニの温床…
  12. 12 パニック障害の症状と治療法|動悸・息苦しい・不安・汗・めまい…
    パニック障害の症状と治療法|動悸・息苦しい・不安・汗・めまい…
    【執筆】産業カウンセラー 高栖 円カウンセラー こんな症状に思い…
  13. 13
    ハンドドライヤーは不衛生で雑菌をまき散らす!?ハンカチは大丈夫?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと あな…
  14. 14
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  15. 15
    恋愛するとキレイになるのは本当?からだに与える意外な影響
    (編集・制作 (株)法研) 自律神経がバランスよく働くとき免疫力もア…
  16. 16 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  17. 17
    内臓が悪いと口臭がキツくなる!? こんなニオイがしたら注意して!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 口臭…
  18. 18
    トイレはどこ!?几帳面で神経質なタイプに多い過敏性腸症候群とは?
    (編集・制作 (株)法研) 外出先で突然、お腹を下す過敏性腸症候…
  19. 19
    スマホの操作はトイレでやってはいけない
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 昔は…
  20. 20
    甘い物が虫歯になりやすいのは本当?虫歯予防で大事なこと
    (編集・制作 (株)法研) 甘いものだけが悪者じゃない。今日からでき…

一覧