認知症と物忘れのちがいとは? 認知症を見分ける8つのチェック

あまり心配ない忘れ方と、ちょっと心配な忘れ方の違い

年をとれば誰でも進む「もの忘れ」。忘れることを自覚できないなら認知症の可能性。メタボ予防は脳にもよい

忘れっぽいことを自覚できるなら単なる老化

 昔見た洋画の主演俳優の名前が出てこない、重要な書類をどこにしまったか思い出せない――こんな「もの忘れ」の経験はありませんか? 年をとれば誰にでもあること、と気楽に考えることができる一方で、そんなことが時々あると、「もしかして悪い病気?」と心配にもなります。
 そうなのです。もの忘れという現象は実際に、認知症の初期の症状として現れることがあるので、気楽に構えてばかりもいられないのです。老化に伴い誰にでも現れるもの忘れと、認知症の初期症状としてのもの忘れとでは、どういうところが違っているのでしょうか。

 毎日の生活のなかで、私たちはさまざまな情報に接したり体験を重ねたりしています。それらの情報や体験はいったん、「短期記憶」として脳に蓄積されます。そのなかから、繰り返し記憶されたものや重要なものは「長期記憶」として保存され、そうでないものは消えてしまいます。老化によるもの忘れというのは、長期記憶として保存されているもののなかから必要な情報を取り出すのが、加齢とともに遅くなっていく現象です。ほしい情報がなかなか取り出せないだけで、情報そのものがなくなったわけではありません。

 一方、認知症の場合は、情報を初めに短期記憶として保存する神経細胞が壊れているのです。このため、つい今しがた接した情報でも記憶として残っていません。これが外からは、ひどいもの忘れの現象としてみえるのですが、やがて長期記憶として保存されていた昔の情報も消えていきます。

 この2つのもの忘れの違いを、いくつかのシチュエーション例で比べてみると、以下のようになります。

 以上の2つの忘れ方の違いは明らかです。老化に伴うもの忘れは接した情報や体験の一部を忘れるだけですが、認知症では情報や体験それ自体を忘れてしまうのです。そして、前者では忘れっぽくなったという自覚が本人にありますが、後者ではその自覚がないか乏しいため、社会生活に困難を来たす場合が出てきます。

脳の働きを活発にしてもの忘れを減らす

 認知症は一般的には70代、80代になってから発病し、原因の多くはアルツハイマー病、脳血管性認知症、それに最近注目されているレビー小体病です。64歳以下で発病した場合若年性認知症とよばれます。認知症は進行していく病気ですが、それぞれに治療法の研究が進んでおり、少しでも早く発見して早期に治療を始めれば、進行を遅らせることが可能です。若年性アルツハイマー病は進行が速いため、とくに早期発見が重要です。
 病的なもの忘れを見逃さないように注意し、何かおかしいと思うことがあったら、早めに物忘れの診療をしている外来を受診しましょう。地域の保健センターに問い合わせるか、日本老年精神医学会や日本認知症学会のホームページでも情報を得ることができます。

 脳血管性認知症は、脳血管の動脈硬化や不整脈から生じる血栓によって脳の血管が閉塞し、脳梗塞ができることが主な原因です。したがって、脳の血液循環をよくし、脳梗塞を予防することが脳血管性認知症の予防につながります。

 また、動脈硬化を防ぐことはアルツハイマー病の予防にもつながることが最近の研究でわかってきました。動脈硬化に対しては、今関心の高いメタボリックシンドロームが危険因子です。つまりメタボの予防は、動脈硬化を防ぐと同時にもの忘れ予防にもつながります。
 メタボの予防法で一番に挙げられているのは、定期的に運動をすること。ウオーキング、ジョギング、水泳などといった有酸素運動を日常的に続けていると、内臓脂肪型肥満、高血圧、脂質異常、高血糖などメタボを判定する項目の改善につながります。何よりも、よく運動する人はそうでない人より認知症になりにくいという報告もあるのです。

 食事の改善も重要です。動物性脂肪の多い食事は控えめにします。ビタミンA・C・Eやポリフェノールなどの抗酸化物質の多い緑黄色野菜をたくさんとることは、体内にできる活性酸素を減らして脳機能への悪影響を抑えるとされています。魚を毎日食べると、アルツハイマー病になりにくいという報告もあります。

 脳そのものへの刺激として、脳の前頭前野という部分を活性化すると、認知症の発病や進行を抑えることができると考えられています。1ケタの簡単な足し算、漢字の書き取り、文章の音読などが効果的といわれますが、ゲームや趣味などを人との交流を通して楽しみながら続けることも、前頭前野だけでなく脳全体を活性化することがわかっています。
 そして、「最近もの忘れが進んだみたい……」などとしょげるより、気持ちを明るくもって前向きに毎日を過ごそうとするほうが、もの忘れの抑止には役立つのではないでしょうか。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
水上 勝義先生


筑波大学大学院人間総合科学研究科精神病態医学 准教授
1984年筑波大学医学専門学群卒業。筑波大学附属病院精神神経科、都立松沢病院を経て、1990年筑波大学臨床医学系講師、2002年同臨床医学系助教授、2004年4月同大大学院人間総合科学研究科精神病態医学助教授(現准教授)。専門は臨床精神医学、老年精神医学。アルツハイマー病の病態解明と治療の開発についても研究している。日本老年精神医学会評議員、日本神経精神医学会評議員、日本うつ病学会評議員、日本神経病理学会評議員など。

コラムに関連する病名が検索できます。

認知症と物忘れのちがいとは? 認知症を見分ける8つのチェック 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

若年性アルツハイマーってどんな病気-遺伝によって発病、症状は?

「もの忘れが多くなってさあ・・・」
「それって若年性アルツハイマー病じゃないの?」
最近、若い人の間でこんな会話が交わされるようになりました。しかし、話題になるわりには、その実態はよく知られていません。
10代~30代の若い人で不... 続きを読む

子どものメタボは大人より危険-食生活の6つの注意点

子どもの肥満を、「元気でいい」と楽観視するのは考えもの。幼児の肥満は学童期の肥満に、学童期の肥満は思春期の肥満につながり、成人の肥満へとつながりやすいのです。肥満は糖尿病をはじめ、高血圧や脂質異常症、脂肪肝、睡眠時無呼吸症候群などの生活習... 続きを読む

そのもの忘れ、若年性アルツハイマー病かも

若年性アルツハイマーってどんな病気

働きざかりの40、50代でアルツハイマー病を発症するわけですから、家計や介護などさまざまな面で問題がおこります。
意外と知らない若年性アルツハイマー病 - goo ヘルスケア

認知症には脳... 続きを読む

快適な睡眠がメタボ予防になる-守って欲しい3か条

わが国では、成人の5人に1人が不眠など何らかの睡眠の問題を抱えているといわれています。日本では睡眠障害というと精神科で扱われることがほとんどですが、実は、睡眠はメタボリックシンドローム(以下、メタボ)や生活習慣病といった内科的な症状や病気... 続きを読む

腎臓病とメタボの危険な関係‐食生活4つのポイント

いま関心の高いメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、内臓脂肪型肥満に、高血圧、高血糖、脂質異常などの危険因子がいくつか重なった状態です。放っておけばほぼ確実に動脈硬化に進み、それはすなわち、心筋梗塞や脳梗塞といった死につながる病気... 続きを読む

1日の歩数がいくつなら健康的なの?メタボ予防のなるウォーキング

普段、運動を習慣的に行っていくことは、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)をはじめとする生活習慣病を予防するのに大変重要です。けれども、わが国の現状は男女ともほぼ3人に1人程度しか運動習慣を持っていないことがわかっています。今年2月... 続きを読む

過活動膀胱(OAB)ってなに? 「トイレが近い」「我慢できない!」

「最近、トイレが近いなあ……」ふと、そう感じることはないですか?
「トイレが近い(頻尿)」「尿意を感じたとたん、我慢できなくなる(尿意の切迫感)」など、排尿に関するトラブルを抱えている人は、ずいぶん多くみられます。
しかし、人前で口にす... 続きを読む

今すぐチェック!若年性認知症チェックリスト

若年性認知症とは

若年性アルツハイマー病は進行が速いため、とくに早期発見が重要です。
最近もの忘れが激しいけれど大丈夫? - goo ヘルスケア

認知症のうち、64歳以下で発症するものを若年性認知症と呼びます。若年性認知症に... 続きを読む

腎臓のはたらきとは? 腎臓病になりやすい人の6つの特徴

ものごとの重要なポイントを表すのに「肝腎」という言葉が使われます。腎とは文字通り腎臓のこと。肝臓と並んで人の命を左右する重要な臓器です。
腎臓の位置は腰より少し上の背中側で、左右1つずつあり、大きさはその人の握りこぶしより少し大きいくら... 続きを読む

酢の健康パワーを取り入れよう! 1日大さじ1杯で8つの健康効果

人類最古の発酵調味料といわれる酢。最近はその健康効果が注目され、お店には色々な種類の酢が並び、酢を使ったドリンク商品がよく売れています。黒酢カフェやビネガーバーなども話題になっています。
食品成分表には食酢類として穀物酢、米酢、果実酢... 続きを読む