冬は足がむくみやすい? むくみを上手に予防する6つのポイント

足首の運動や弾性ストッキングで血流改善、脚の筋トレも有効

静脈に吸収されない水分が細胞の間に残り、重力の作用で足首やすねにたまりやすい。静脈の流れをよくしよう

女性は冬にもつらい思い

 脚の向うずねを指で押したら、押した跡がへこんだままなかなか元に戻らなかった、という経験はありませんか。あるいはブーツで出勤して社内ではサンダルなどにはき替え、退社時にブーツをはこうとしたらきつくてはきにくかったり、ファスナーを閉じられなかったり、ということは? これらはどちらも、脚の「むくみ」が原因です。 体のメカニズムからすると、むくみは気温が高くなる夏に多くなるものですが、女性は冬にも同じくらいむくみを感じていることが、「足のむくみ予防研究会」が実施したインターネット調査からわかりました。冬のむくみについて、そのメカニズムや対処法をご紹介しましょう。

 むくみとは、皮膚の下に水分が余分にたまって腫れぼったくなった状態です。たまった水分とは、血液の中の血しょうという成分。心臓のポンプ作用で動脈に送り出された血液は全身を巡り、毛細血管にまで到達すると、血管壁のすき間から血しょうがしみ出て細胞と細胞の間をうめている細胞間液となり、細胞に酸素や栄養を補給します。その後細胞間液は、細胞が酸素や栄養を使用した後に産生される二酸化炭素や老廃物を回収し、リンパ管を経由して静脈に吸収され、再び血しょうとして心臓に戻りますが、このとき静脈に吸収され切れなかった分が血管の外、細胞と細胞の間に残ってむくみの原因になります。

寒さで筋肉の動きや代謝が低下する

 むくみは心臓、肝臓、腎臓などに病気があると起こりますが、健康な人にも現れます。その一つの原因として、毛細血管の透過性が高まる、すなわち血しょうがしみ出しやすくなることがあります。気温が高い夏は毛細血管での透過性が高くなるためにしみ出す血しょうが多く、それだけ皮下組織に残りやすいため、皮膚の下に水分がたくさんたまっている感じを受けます。

 これに対して冬のむくみの原因は、静脈での血流が悪いことです。静脈での血流がスムースなら、毛細血管の動脈側からは血しょうがしみ出し、静脈側では吸収するという循環がよどみなく続くはずです。しかし、寒さによって筋肉の動きが夏ほどスムースでなくなり代謝も低下すると、静脈の血流は悪くなり、しみ出す血しょうは夏ほど多くはないのですが、静脈に吸収される量も少なくなってしまうのです。こうした循環の悪さから、冬のむくみは夏に比べて“硬さ”が感じられます。さらに、比較的改善しやすい夏のむくみに対して、冬のむくみは改善しにくいため、多くの人が冬にもそのつらさを感じることになるのかもしれません。

 むくみが脚に起きやすいのは重力のせいです。下半身にたまった水分は、足首やすねなど筋肉の少ない所にむくみとなって現れることが多いのです。脚に十分な筋肉があれば、脚を動かすことで筋肉がポンプのよう働き、下半身で滞りがちな血液を心臓へと送り出すことができるのでむくみが起きません。

静脈の血流をよくすることが予防の基本

 解消しにくい冬のむくみ対策は、むくむ前に予防すること。それには、昼間から静脈の血流をよくしておくことが大切です。次のような方法を試してみましょう。

●長い時間、立ったまま・座ったままの状態を避ける:仕事がらその場を離れられないような場合は、1時間おきくらいにその場で足踏みや足首の運動、かかとの上げ下げ運動などをしてみましょう。
●脚の筋肉を鍛える:むくみが女性に多いのは脚の筋肉量が少ないから。ウオーキングやその場でできるスクワット運動などがおすすめ。
●休息時は両足をやや高めにする:足先で滞りがちな血液循環を改善します。
●脚や体を締めつけない:きつい下着やソックスなどは静脈の流れを悪くします。
●弾性ストッキングを利用する:足首から上に向かって少しずつ圧力がゆるむように作られているので、足先から心臓に向かう静脈の流れを助けます。
●入浴中に脚のストレッチングやマッサージ:体が温まって血流が改善し、ストレッチングなどを加えれば、しみ出た血しょうを静脈に戻す効果があります。ただし、長湯や熱い湯は逆効果のこともあるので気をつけましょう。

 静脈の血流の悪さ以外に、塩分のとりすぎ、アルコールの飲みすぎ、過剰なストレスなどもむくみをもたらします。これらはどれも生活習慣病の原因にもなりますから、過剰にならないように気を配ることも大切です。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
廣田 彰男先生


広田内科クリニック院長・足のむくみ予防研究会世話人
1972年北海道大学医学部卒業。同大学医学部第3内科講師、東京専売病院健康管理部長兼循環器部長、同病院健康管理部長兼検査科部長を経て、2002年、リンパ浮腫治療専門の広田内科クリニック開院(「むくみのページ」)。日本内科学会認定医、日本循環器学会専門医。日本リンパ学会常任理事、日本脈管学会評議員、日本静脈学会評議員ほか役職多数。著書に『リンパ浮腫がわかる本―予防と治療の実践ガイド』(共著、法研)、『乳がん・子宮がん・卵巣がん術後のリンパ浮腫を自分でケアする』(共著、主婦の友社)など多数。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  2. 2
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  3. 3
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  4. 4
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  5. 5
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  6. 6
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  7. 7
    使い古した『ゴワゴワタオル』をふんわりさせる蘇り洗濯術
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ふん…
  8. 8
    女性が一番キレイに見えるメガネの色は何色?選び方の大事なポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 老眼…
  9. 9
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  10. 10
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  11. 11 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  12. 12 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  13. 13
    老化スパイラルにハマるあぶない食生活とは?5つの心がけで予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 気に…
  14. 14
    冷え・むくみを撃退したいなら『シナモン紅茶』がおすすめ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 毛細…
  15. 15
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  18. 18
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  19. 19
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  20. 20
    寝る前にやってはいけない事リスト。寝つきが悪くなる・睡眠の質が下がる…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人生…

一覧