かかりつけの診療所をみつけるコツ-なんでも相談できる看護師

普段から小さなことも相談し、看護師とコミュニケーションを

知っているようで知らない看護師の役割。よいかかりつけ医(診療所)にはよい看護師がいる可能性が高い

看護師に求められる役割とは

 最近では看護師の専門家志向が話題になりますが、臨床現場、とくに患者さんにとっては、看護師の専門性はあまり重要ではありません。患者さんにとっては気がきいて、気を配ってくれる看護師がいてくれることのほうがずっと大切です。
 例えば、診察待ちの時間に気分が悪くなったとき、伝えなくても気がついて、そっと声をかけて休める場所を用意してくれるとか、何気ない会話の中で食生活のアドバイスをしてくれるとか、医師とうまくいかないときに間に入ってくれるとか、そういった役割が、医療現場では大切なことなのです。

 患者さん一人ひとりのニーズを聞き可能な範囲で応える、どうしたらニーズを満たせるか一緒に知恵をしぼって考える、それが看護の本質です。看護師の役割を記してある「保健師助産師看護師法」の中では、看護の役割は“診療の補助”と“療養上の世話”になっています。法律上明確な業務内容が記されていないのですが、逆に、このことが看護の自由度を支えてくれていると考えています。

 しかし、このような法律を最大限に活用できる看護師は、実はあまりいません。専門家志向もいいですが、現場で知恵をしぼり、患者のために創意工夫をしていくような看護師が増えればいいなと思っています。
 そこで今回は、看護師の活用法について述べてみたいと思います。

味方につけたいのは、地域のかかりつけ医(診療所)の看護師

 まずはじめに、どんな看護師を味方につけるといいのでしょうか。私が考えるのは診療所(医院やクリニックなど)の看護師です。大学病院や総合病院の看護師は役割分担が細分化されているなど業務の関係上、どうしても普段の生活に即して患者さんとコミュニケーションをとることが難しく、機械的になりがちです。大学病院や総合病院を受診するときは、看護師との関係をある程度割り切って考えておくこと、その代わり、地域のかかりつけ医(診療所)の看護師を味方につけておくことをおすすめします。

 先日、がんを患い総合病院にかかっていた患者さんの話を聞きました。その方は地域のかかりつけ医(診療所)をもっておらず、退院後は、便の形状やおなかの張り具合、食欲の有無といった日々の体調の一つひとつに不安をもっていました。そうした細かいことが不安になるとは、もちろん入院中には思いもつかないことなのです。もしくは実際に身に起こって初めて確かめたくなるようなこともあります。

 しかし、そんな細かいことを聞くために総合病院に行っても煙たがられるだけ。また、顔なじみの看護師がいなければ、気軽に聞くこともできません。
 がんの闘病時はもちろん、そうでない病気のときも、日常生活で気になる体調といった細かいことについて、普段からかかりつけ医(診療所)の看護師とコミュニケーションをとっておけば、何かあったときに気軽に聞けますし、ある程度のことは診療所でも対応できます。また、大きな処置が必要かどうか、大きなまたは専門的な病院へ行ったほうがいいかどうかの判断もしてくれるので、無駄な時間がかかりません。
 何しろ病気のときは、「行きやすい」、「尋ねやすい」という条件がとても重要になってくるのです。

 しかし、診療所の看護師のほうにはまだまだその認識がありません。つまり、患者さんへの適切な医療情報の提供やトリアージ(患者の状態を見分け、優先順位の高い人から対応する)、医師との調整、ほかの医療機関との連絡調整を自らの仕事として行う看護師は多くありません。

日常のことにも関心をもち、相談にのってくれる看護師を探そう

 どうしたら、そういった仕事をしてくれる看護師に会えるでしょうか。まずは前回まで書いてきたような視点でかかりつけ医(診療所)を探すこと。そして、そこにいる看護師とコミュニケーションをとっていくのです。もちろん、「早く診察して」とか「薬を多めにほしい」とか患者さんの理不尽な要求やルール違反のお願いは論外。常識の範囲内での行動が必要です。その上で採血などの処置の折に、病気に伴って困っていること、日常生活で改善したいことなどを話してみてください。

 そのときに関心をもってくれ、親身になって話を聞いてくれそうな看護師であれば、大丈夫。地域に愛着をもち、日常のかかわりを重視しているような看護師は、診療所に向いており、地元の患者さんやその家族にまで関心をもち、健康相談にも親身になってくれるはずです。「変わりないですか?」「介護の疲れは大丈夫?」「禁煙続けられていますか?」そんな言葉が出てくる看護師なら、身近な相談相手として適しています。

 普段診療所に行かない方も、健診(検診)やワクチン接種などを口実に診療所に行ってみましょう。あまり雰囲気がよくなければ、翌年は別の診療所にすればいいのです。いずれにしても、よいかかりつけ医(診療所)を見つけられたら、そこにはよい看護師がいる可能性が高いはず。まずは感性を研ぎ澄ませて、自分のかかりつけ医(診療所)を探しましょう。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
嵯峨崎 泰子先生


日本医療コーディネーター協会理事長
看護専門学校、日本女子大学卒業。各科臨床看護師を経て医療専門商社勤務。その間、米国の医療センターで研修を受ける。1995年自身のがん治療をきっかけに、医療コーディネーターとして活動を始める。2003年に中間法人日本医療コーディネーター協会を設立。現在、副理事を務めるコーディネーションクリニックを中心に活動を展開している。主な著書に『生命と医療にかける橋』(生活ジャーナル)、『あなたのがん治療本当に大丈夫?(共著)』(三省堂)などがある。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

かかりつけ医のすすめ-信用できるお医者さんを探す3つの秘訣

皆さんは病院にかかる前に、いろいろと情報を集めていると思います。評判のいいといわれる病院にかかったとしても、病院は大きい組織のため、いい医師にめぐり合えるとも、望む医療を受けられるともかぎりません。
しかし本来、病院とは大きな検査や治療... 続きを読む

「かかりつけ医」とは? 街のお医者さん、家族の健康の相談もできる

「子どもが風邪気味」「なんだかお腹が痛い」など自分や家族が体調不良を感じたとき、どんな病院を受診していますか? 大人ならば近所の内科医、子どもならば小児科医を受診するのが一般的だと思いますが、どんなときでも診てもらえる「かかりつけ医」が... 続きを読む

【医者が教える】高齢者の在宅医療‐初めての訪問医療と費用のこと

このシリーズでは、在宅医療について詳しく知っていただくために、毎回具体的な事例(ケース)を紹介しながら解説しています。第1回目は、ご家族が患者さん本人の希望を適えようと、不安を抱えながらも「在宅医療」を選択したケースを紹介しました(「Dr... 続きを読む

医者えらびで大事なこと-納得のいく説明と治療をうけるためには

最近、住民を対象にした「主治医の見つけ方」「医師との付き合い方」といった講演会に呼ばれることが多くなりました。そこで感じるのは病気になったら名医に診てもらいたい、名医といわれる人を紹介してほしいと思って講演を聞きに来る方が少なからずいると... 続きを読む

【医者が教える】高齢者の在宅医療‐課題は認知度と24時間体制

前回の「Dr.MUTOの在宅医療講座 8」では、少子高齢化が進むわが国で、在宅医療が社会から求められているということをお話しさせていただきました。その理由は、次のようなことでした。 ・都市部で急増する孤立した高齢者と社会とをつなぐ役割とし... 続きを読む

【医者が教える】高齢者の在宅医療‐被災地で必要な介護とは

3月11日の大震災に対して、日本中、世界中がその不幸を悼み、そして今後の被災地の復旧、復興を願い、応援しています。私も、その一人です。
私が初めて被災地、石巻市を訪れたのは、4月下旬のことでした。避難所では、物資や人的援助はおおむね充... 続きを読む

女性の病気|こんな症状はすぐに病院へ|不正出血など5つの症状

何となく気になる症状があっても、忙しい毎日の中でついつい取り紛れて見過ごしてしまうことがあります。どんな症状に注意すべきなのか、何に気を配っておくといいのかを知っておくと、病状が進んでしまう前にスムーズに対処できるでしょう。
とくに婦人... 続きを読む

医療費を安く抑えるポイント-こんな受診の仕方は費用がかさむ

診療所や病院への受診の仕方ひとつで医療費が大きく違ってしまうことを、ご存じですよね?
えっ、ご存じない!?
今までそんなこと全く気にせず、診療時間の後でも休日でも必要だと思えば駆け込んできた、ですって!!……(・|・;)
こんな感じで... 続きを読む

バーゲンセールで損する5つのワナと、得する5つの知恵

もうすぐ年末のバーゲンセール!
自分では得したつもりで買った服も、気づけばタンスの肥やしになっていませんか?
バーゲンは「売る側」と「買う側」の頭脳戦。バーゲンセールで大勝利をおさめるコツを経済コラムニストの大江英樹さんとパーソナルスタ... 続きを読む

医療の質を高めるチーム医療-メディカルスタッフで構成する最良の医療

近年医療現場では、一人ひとりの患者さんの状態に合わせて、さまざまな医療関連職種の専門家たちが連携し、治療やサポートを進めていく「チーム医療」の実践が広がっています。
従来は、一人の医師を中心とし、医療関連職種の専門家たちは、いわば脇役... 続きを読む