かかりつけの診療所をみつけるコツ-なんでも相談できる看護師

普段から小さなことも相談し、看護師とコミュニケーションを

知っているようで知らない看護師の役割。よいかかりつけ医(診療所)にはよい看護師がいる可能性が高い

看護師に求められる役割とは

 最近では看護師の専門家志向が話題になりますが、臨床現場、とくに患者さんにとっては、看護師の専門性はあまり重要ではありません。患者さんにとっては気がきいて、気を配ってくれる看護師がいてくれることのほうがずっと大切です。
 例えば、診察待ちの時間に気分が悪くなったとき、伝えなくても気がついて、そっと声をかけて休める場所を用意してくれるとか、何気ない会話の中で食生活のアドバイスをしてくれるとか、医師とうまくいかないときに間に入ってくれるとか、そういった役割が、医療現場では大切なことなのです。

 患者さん一人ひとりのニーズを聞き可能な範囲で応える、どうしたらニーズを満たせるか一緒に知恵をしぼって考える、それが看護の本質です。看護師の役割を記してある「保健師助産師看護師法」の中では、看護の役割は“診療の補助”と“療養上の世話”になっています。法律上明確な業務内容が記されていないのですが、逆に、このことが看護の自由度を支えてくれていると考えています。

 しかし、このような法律を最大限に活用できる看護師は、実はあまりいません。専門家志向もいいですが、現場で知恵をしぼり、患者のために創意工夫をしていくような看護師が増えればいいなと思っています。
 そこで今回は、看護師の活用法について述べてみたいと思います。

味方につけたいのは、地域のかかりつけ医(診療所)の看護師

 まずはじめに、どんな看護師を味方につけるといいのでしょうか。私が考えるのは診療所(医院やクリニックなど)の看護師です。大学病院や総合病院の看護師は役割分担が細分化されているなど業務の関係上、どうしても普段の生活に即して患者さんとコミュニケーションをとることが難しく、機械的になりがちです。大学病院や総合病院を受診するときは、看護師との関係をある程度割り切って考えておくこと、その代わり、地域のかかりつけ医(診療所)の看護師を味方につけておくことをおすすめします。

 先日、がんを患い総合病院にかかっていた患者さんの話を聞きました。その方は地域のかかりつけ医(診療所)をもっておらず、退院後は、便の形状やおなかの張り具合、食欲の有無といった日々の体調の一つひとつに不安をもっていました。そうした細かいことが不安になるとは、もちろん入院中には思いもつかないことなのです。もしくは実際に身に起こって初めて確かめたくなるようなこともあります。

 しかし、そんな細かいことを聞くために総合病院に行っても煙たがられるだけ。また、顔なじみの看護師がいなければ、気軽に聞くこともできません。
 がんの闘病時はもちろん、そうでない病気のときも、日常生活で気になる体調といった細かいことについて、普段からかかりつけ医(診療所)の看護師とコミュニケーションをとっておけば、何かあったときに気軽に聞けますし、ある程度のことは診療所でも対応できます。また、大きな処置が必要かどうか、大きなまたは専門的な病院へ行ったほうがいいかどうかの判断もしてくれるので、無駄な時間がかかりません。
 何しろ病気のときは、「行きやすい」、「尋ねやすい」という条件がとても重要になってくるのです。

 しかし、診療所の看護師のほうにはまだまだその認識がありません。つまり、患者さんへの適切な医療情報の提供やトリアージ(患者の状態を見分け、優先順位の高い人から対応する)、医師との調整、ほかの医療機関との連絡調整を自らの仕事として行う看護師は多くありません。

日常のことにも関心をもち、相談にのってくれる看護師を探そう

 どうしたら、そういった仕事をしてくれる看護師に会えるでしょうか。まずは前回まで書いてきたような視点でかかりつけ医(診療所)を探すこと。そして、そこにいる看護師とコミュニケーションをとっていくのです。もちろん、「早く診察して」とか「薬を多めにほしい」とか患者さんの理不尽な要求やルール違反のお願いは論外。常識の範囲内での行動が必要です。その上で採血などの処置の折に、病気に伴って困っていること、日常生活で改善したいことなどを話してみてください。

 そのときに関心をもってくれ、親身になって話を聞いてくれそうな看護師であれば、大丈夫。地域に愛着をもち、日常のかかわりを重視しているような看護師は、診療所に向いており、地元の患者さんやその家族にまで関心をもち、健康相談にも親身になってくれるはずです。「変わりないですか?」「介護の疲れは大丈夫?」「禁煙続けられていますか?」そんな言葉が出てくる看護師なら、身近な相談相手として適しています。

 普段診療所に行かない方も、健診(検診)やワクチン接種などを口実に診療所に行ってみましょう。あまり雰囲気がよくなければ、翌年は別の診療所にすればいいのです。いずれにしても、よいかかりつけ医(診療所)を見つけられたら、そこにはよい看護師がいる可能性が高いはず。まずは感性を研ぎ澄ませて、自分のかかりつけ医(診療所)を探しましょう。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
嵯峨崎 泰子先生


日本医療コーディネーター協会理事長
看護専門学校、日本女子大学卒業。各科臨床看護師を経て医療専門商社勤務。その間、米国の医療センターで研修を受ける。1995年自身のがん治療をきっかけに、医療コーディネーターとして活動を始める。2003年に中間法人日本医療コーディネーター協会を設立。現在、副理事を務めるコーディネーションクリニックを中心に活動を展開している。主な著書に『生命と医療にかける橋』(生活ジャーナル)、『あなたのがん治療本当に大丈夫?(共著)』(三省堂)などがある。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 妊娠中のセックス、みんなどうしてる? セックスしていい時期、悪い時期って?
    妊娠中のセックス、みんなどうしてる? セックスしていい時期、悪い時期って?
    約10ヶ月にも及ぶ妊娠期間中。この間、セックスはしてもいいの? …
  2. 2 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  3. 3
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  4. 4 妊娠中でもSEXを楽しんで! 妊娠中のセックスをエンジョイするあの手、この手
    妊娠中でもSEXを楽しんで! 妊娠中のセックスをエンジョイするあの手、この手
    妊娠していても、体調がよければセックスは可能。産後のセックスレスを予防…
  5. 5 スマホ依存症にはどんな悪影響が?ドーパミンが依存に導く怖い現実
    スマホ依存症にはどんな悪影響が? ドーパミンが依存に導く怖い現実
    最近では、持っていない人を探す方が難しいスマートフォン普及率。便利なツ…
  6. 6
    妊娠中のエクスタシーはOK? セックスで気をつけたい5ポイント
    体調がよければ、妊娠中にセックスをしても大丈夫。でもいつもと違う状況な…
  7. 7 女の子の産み分けにチャレンジ! 女の子産み分けの鉄則4
    女の子の産み分けにチャレンジ! 女の子産み分けの鉄則4
    「かわいい洋服を着せたいから」「一人目が男の子だから」など、女の子を授…
  8. 8
    更年期障害チェック方法「あなたの更年期レベルをチェック」
    さまざまな症状が出る更年期。その症状は100人100様ともいわ…
  9. 9 女性の胸の大きさはどうやって決まるの? 遺伝or体質?
    女性の胸の大きさはどうやって決まるの? 遺伝or体質?
    女性らしさの象徴といえば、バスト。胸の大きさに悩む人は、遺伝や体質と諦…
  10. 10 老けたくない人はDHEAホルモンを増やすと良い!? 若さを保つ秘訣
    老けたくない人はDHEAホルモンを増やすと良い!? 若さを保つ秘訣とは
    今注目の若返りホルモン「DHEA」を食生活でキープしよう 体…
  11. 11
    足の小指が痛い人は要注意 「内反小趾」を治してサンダル美人に
    素足にサンダルを履くことの多い季節、足のトラブルには気をつけた…
  12. 12
    【医師が教える】猛暑も元気に乗り越えられる、夏バテの防ぎ方
    胃腸の冷えと栄養失調を防げば猛暑の夏も健康で過ごせる!! 夏バテの原因…
  13. 13 子宮筋腫の症状は?
    注意して!子宮筋腫の症状チェック。筋腫が大きくなると 肺や心臓まで圧迫する場合も
    子宮筋腫の自覚症状には個人差があり、かなり大きくなるまで無症状というこ…
  14. 14
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?…
  15. 15 「昼顔」紗和「あなそれ」美都から見える、不倫に陥りやすい女性の特徴
    「昼顔」紗和「あなそれ」美都から見える、不倫に陥りやすい女性の特徴
    波瑠さん演じる「ヒロインの美都がクズすぎる!」と、批判の声が上がり大き…
  16. 16 産後もいいセックスライフを送りたい! 産後のセックスはどう変わる?
    産後もいいセックスライフを送りたい! 産後のセックスはどう変わる?
    以前の体に戻り始める産後。「前よりゆるくなる?」などの不安を解消して、…
  17. 17 男の子の産み分けにチャレンジ! 男の子産み分けの鉄則4
    男の子の産み分けにチャレンジ! 男の子産み分けの鉄則4
    せっかく妊娠するなら、できれば希望の性別の子を授かりたいと思うのは自然…
  18. 18
    大黒摩季が克服した『子宮腺筋症』ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】
    子宮疾患の治療のため活動休止中だったシンガー・ソングライターの大黒摩季…
  19. 19 仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    脚全体の筋肉を使って循環を促し、冷えやむくみを改善 足、ひざ…
  20. 20 妊娠検査薬が陰性でも妊娠の可能性がある5つの理由|生理が遅れた原因
    妊娠検査薬が陰性でも妊娠の可能性がある5つの理由|生理が遅れた原因
    市販の妊娠検査薬はとても正確。なかには、精度が99%と言われるものまで…

一覧