在宅介護で利用できるサービスの種類は?手続きの流れや料金など

介護の専門家が提供する在宅サービスを上手に活用しよう

第三者の新しい風を家に入れることは、家族のゆとりと利用者の安心につながります。

いつまでも自分らしく暮らすために

 このシリーズではこれまで、初めて家族に介護が必要になった場合を想定し、まず何を知っておくべきか、高齢期にはどんな住まい(生活の場)を選択できるのか、在宅介護にはどんな準備が必要か、遠距離介護に役立つ情報は、などをお伝えしてきました。
 そのなかで、介護保険やその他のサービスの利用をくり返しすすめてきましたが、今回は、実際に介護保険でどのようなサービスを利用できるのかみていきましょう。

 介護保険で受けられるサービスには、在宅サービスと施設サービスがあります。そのうち在宅サービスは、日常生活で何らかのサポートが必要となった人が、自宅でできる限り自分らしい生活を送るために利用するものです。さまざまな種類のサービスから必要なものを選択し、サービスを提供する事業所と直接契約して利用します。介護の専門家が提供する在宅サービスは心強い味方です。上手に活用し、より快適な自分らしい生活のために役立てましょう。

在宅サービス利用までの流れ

 介護保険サービスは、「要介護認定」で要支援1~要介護5に認定された方が利用することができ、在宅サービスを受けるには、要介護1~5の方は「ケアプラン」(居宅サービス計画)が、要支援1、2の方は「介護予防ケアプラン」が必要となります。(「もしも介護が必要になったら」

 ケアプランとは、利用者本人や家族の生活、介護の実情に合った目標を設定し、どんなサービスを、何曜日の何時に、どの事業者から利用するかなどを決める在宅サービスの利用計画のこと。要介護の場合はケアマネジャーに依頼し、要支援の場合は地域包括支援センターに依頼して作成するのが一般的ですが、利用者や家族が作成することもできます。
 施設入所を希望する場合には直接施設との相談、契約が必要で、施設ケアマネジャーがケアプランを作成します。

どんなサービスが受けられるの?

 現在困っていることや抱えている問題に対して、どんなサービスがありどんな時に活用できるのか、どんなことが期待できるのかをあらかじめ知っておくと安心です。
 在宅サービスには、自宅で利用できるサービスや、通ったり泊まったりして利用するサービスなどがあります。要介護度によって受けられるサービスの範囲や料金は異なりますので、ケアマネジャーとよく相談し本人に合ったサービスを利用しましょう。

●在宅サービスの利用限度額
 利用できるサービス量(給付金額)は要介護度によって異なり、1カ月の利用限度額が決められています。これらとは別枠で、福祉用具の購入費と住宅改修費の支給限度額が決められています。利用料金の1割を利用者が負担します。

第三者を家に入れ、介護保険を使いこなしましょう

 介護保険制度が始まり「与えられるサービス」から「選べるサービス」の時代となりました。利用者の暮らしに役立つサービスを上手に活用できるとよいですね。とは言え、初めて利用するサービスにはさまざまな心配や不安、気がねも伴い、なかなか利用しにくいものです。

 しかし、介護の専門家が提供してくれるサービスは、家族だけでは解決できない問題を専門家の視点で改善してくれます。介護生活は長期にわたります。介護が必要な本人と介護する家族は気がつかないうちにべったりした関係になりがちですが、一人で抱え込まないで、専門家に相談したり積極的にサービスを利用して、無理のない介護生活を送ってください。私自身も体験していますが、第三者の新しい風が入ると家族の役割と専門家の役割が見え、家族にも気持ちのゆとりが生まれます。それは介護を受ける側にとっても安心につながります。

 介護保険サービスや事業者の情報は各自治体で発信していますので、お住まいの地域の市区町村、介護保険課等の窓口へお問い合わせください。インターネットでも調べることができます。

●東京福祉ナビゲーション http://www.fukunavi.or.jp/fukunavi/
●神奈川福祉情報コミュニティ http://www.rakuraku.or.jp/
●WAM NET(ワムネット):独立行政法人 福祉医療機構運営の福祉・保健・医療の総合情報サイト 介護事業者情報 http://www.wam.go.jp/kaigo/

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
川上 由里子先生


介護コンサルタント
ケアマネジャー、看護師、福祉住環境コーディネーター2級、産業カウンセラー。1984年より13年、大学病院、高齢者住宅(聖路加レジデンス)などで看護師として勤め、現在は三井不動産(株)ケアデザインプラザにて、シニアライフ提案のコンサルティングや講演を行う。著書に『介護生活これで安心』(小学館)。08年5月より、ニッポン放送「ラジオケア・ノート」(奇数月第4週の月~金)にレギュラー出演中。08年春より自身も父親の遠距離介護を体験中。

在宅介護で利用できるサービスの種類は?手続きの流れや料金など 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

在宅サービスを利用するために-実際の利用例からみるケアプラン

自宅で介護保険のサービスを利用するには、要介護認定を受け、ケアプランを作成する必要があります。ケアプランとは、どのサービスをどの程度利用するかというスケジュール計画のこと。自分で作成することもできますが、専門的な知識が必要で煩雑な事務作業... 続きを読む

介護で悩んだら…まずは『地域包括支援センター』へ相談してみよう

親の心身の機能が低下し、将来への不安を感じるようになったとき、皆さんは誰に(どこに)相談するでしょうか?
相談窓口で「ここは担当ではない」などと言われ、相談をあきらめてしまった経験をもつ方もいるかもしれませんね。
2006年(平成18... 続きを読む

高齢者の歩行を助ける-運動前の足浴や足裏のマッサージが効果的

2013年の日本の高齢化率は25%を超え、介護保険受給者も増加の一途をたどっています。2014年の国立社会保障・人口問題研究所の報告では、2035年には全世帯のうち高齢世帯(世帯主が65歳以上の世帯)の占める割合は40%を超え、そのうち一... 続きを読む

介護用品を買う前に確認すること-レンタルや購入費の補助もある

前回の「高齢期の住環境を整えるリフォーム」では、高齢期には体の状況に合わせて住環境を整える必要があることを書きました。住環境の整備において、リフォームとともに導入を検討したいのが、福祉用具などの介護用品の活用です。
福祉用具とは、車いす... 続きを読む

有料老人ホームってどうやって探す?-チェックリストと手順など

もしも介護が必要となったとき、住まいという器にはケアの視点が必要となります。自宅での介護は難しいが、特養にはなかなか入れない……。そんなときどんな方法があるでしょうか。『高齢期に自分らしく暮らせる生活の場を選ぶ』では、高齢期の住まいとして... 続きを読む

高齢期の住宅リフォーム失敗しないための7つのポイント

住まいは暮らしの拠点です。高齢になったからこそ住み慣れた地域に、愛着のある自宅に、長く安心して住み続けたいと願う人は多いでしょう。ところが、加齢により身体機能が低下したり介護が必要となると、住み慣れた住まいにも不便や危険が生じることをご存... 続きを読む

働く人の介護を前向きに 両立のためにすべきこと7つのステップ

超高齢社会の日本で、働きながら介護する人は約290万人。そのうち働き盛りの60歳未満が約200万人を占めています(総務省平成24年「就業構造基本調査結果」)。多くの方が働きながら介護をする時代になりました。
仕事は家族の暮らしを支え、... 続きを読む

サービス付き高齢者向け住宅とは? 費用やサービス内容など

人生80年が普通のこととなり、高齢期の住まいに新しい視点が求められる時代となりました。本シリーズ2回目の【高齢期に自分らしく暮らせる生活の場を選ぶ】では、高齢者向けの住まいは、ライフスタイルや心身の状態の変化に合わせて多様化していること、... 続きを読む

高齢者の暮らしを支える「地域包括ケア」とは-重要な5つの要素

現在わが国は高齢化率約25%、4人に1人が高齢者です。総人口がゆるやかに減少するなか、高齢者人口は増え続け、ますます高齢化が進んで約40年後の2055年には高齢化率約40%、2.5人に1人が高齢者になると推計されています(「平成25年版高... 続きを読む

介護生活をサポートするさまざまなサービス-上手に利用する方法

介護保険制度による介護サービスは、介護生活を応援する力強い味方。いざ介護が始まったときには、まず最初に検討し導入したいですね。ただ、介護保険で利用できるサービスは、対象者や内容、回数などに条件や制限があります。そこで、今回は介護保険の枠に... 続きを読む