妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その1 知って欲しい7カ条

夫をイクメンにするための7カ条

妊娠がわかった時に知っておきたいこと、知ってもらいたいこと。

夫を頼れるイクメンに育てよう!

 ここ数年、「イクメン」と呼ばれる男性が増えています。「育児を楽しみ、自分も成長するいい男」=「育児メンズ」から来た造語だとか。育児を女性にまかせっぱなしにしないで、男性も積極的に育児参加することは、家庭を築いていくうえで重要なことだと思います。
 2010年6月30日に、父親の育児参加を盛り込んだ「改正育児・介護休業法」が施行され、父親が育児休業を取りやすくなったのも、イクメンを応援することが前提にあると思われます。
 厚生労働省のイクメンプロジェクト公式ホームページでは、イクメン登録ができます。毎月、「イクメンの星」を選んでいます。

 このシリーズでは、主に女性に向けて、夫を頼れるイクメンにするためのアドバイスをしていきます。二人で一緒に読んでくださいね。

 妊娠したのは女性であっても、男性にもできることはたくさんあります。母となる女性とともに、夫にも「妊娠」を共有してもらい、「妊娠と出産、育児」という大きなイベントを二人でマネジメントしていきましょう。
 ここでは、妊娠がわかった時に夫に知ってもらいたいことについて、7カ条にしてまとめてみました。「妻の妊娠」から「わたしたちの妊娠」へと意識を変えて、喜び、不安、知識を共有していきましょう。その先にはきっと、赤ちゃんとの楽しい生活が待っていますよ。

夫に知っておいてもらいたい7カ条

 忙しい夫にイクメンになってもらうために、妊娠がわかった時から知っておいてもらいたいことをあげてみました。一緒に生活しているとはいえ、夫の行動を変えることはなかなか難しいことです。妊娠を初めて知った時がチャンスです。このページを印刷して、夫と一緒に考えてみましょう。

1.妊娠したことを周りに言うのはちょっと待って
 実家の両親や会社の人に妊娠を伝えるのは、妊娠12週を過ぎてからにしましょう。妊娠初期の流産率は20%程度もあり、意外と高いのです。実家の両親や職場の人には、「安定期」になってから言いましょう。
 妊娠がわかった時点ですぐに周囲に言ってしまった後に流産し、やっと落ち着いたころに「予定日はいつ?」と聞かれて、つらい思いをした人も多いのです。

2.妊娠にはトラブルがつきもの。計画は余裕をもって
 赤ちゃんや妊婦本人の状況によっては、頻回の通院に付き添うことが必要になったり、長期の入院が必要になったりすることもあります。仕事や出張の計画は急な変更にも対応できるようにしましょう。切迫早産のために、1カ月以上入院する人も珍しくありません。

3.つわりのつらさをわかってあげましょう
 つわりは病気ではないと言われますが、二日酔いがずっと続いているような状況と例えられています。精神的にも不安定なこの時期には、夫の優しいサポートが必要です。
 個人差もありますが、つわりは16週頃までに良くなります。

4.気持ちの浮き沈みを、そばにいて受け止めてあげましょう
 妊娠による急激な体の変化は、心にも大きな変化をもたらします。気持ちが不安定な奥さんに対しては、聞き役に徹することが大事です。意見を求められているのではありません。理性的なコメントは逆効果です。共感して、一緒に考えようとする態度が大事です。一日一回の優しい言葉、「ありがとう」「大丈夫だよ」「お疲れさま」「助かったよ」を習慣にしましょう。

5.いつもより少し早く家に帰って、手助けをしましょう
 いつもより、少し早く帰って、少し近くで手助けをしましょう。ちょっとした手助けがとてもうれしいものです。買いものを手伝ったり、洗濯物や食器を片づけたりすることから始めましょう。そばにいることが大事です。言われたことはすぐやりましょう。

6.タバコをやめましょう。おなかの赤ちゃんにも、産まれた後の赤ちゃんにも吸わせないで
 妊婦本人はもちろん、夫も一緒にタバコをやめましょう。家の外でタバコを吸っても、吐く息の中には、タバコの有害物質は残っています。おなかの赤ちゃんに吸わせないようにしましょう。また、父親として元気で長生きすることこそが、本当の愛情です。節約できたお金で、おもちゃを買いましょうね。

7.妻の妊娠から、わたしたちの妊娠へ
 妊娠は二人のものです。子どもは未来への希望です。妊娠中にどのように過ごしたかによって、その後の育児は大きく変わります。妊娠中から、自分のことをわかってもらい、相手のことも理解することをこころがけるようにしましょう。妻が笑っていれば、おなかの赤ちゃんも楽しく過ごせます。楽しい育児生活を目指していきましょう。

 7カ条それぞれの内容については、次回から解説していきます。

妊娠の時期ごとに注意したいことを二人で確認しておきましょう

 妊娠で始まるこれからの9カ月を中心に、注意してもらいたいことをまとめました。二人で確認し、その時期に適した生活を送りましょう。

 妊娠週数とは?  最後の月経開始日を0週0日として計算します。つまり、来るはずの月経は4週0日、月経が2週間遅れたら6週0日となります。出産予定日は40週0日です。

<参考ホームページ>
(1)LUPOの地球ぶらぶら紀行(妊娠の心得11か条):妊娠の心構えが書いてあります。本も出版されています。
(2)ある産婦人科医のひとりごと:さまざまな産科の話題を読むことができます。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
太田 寛先生


産婦人科専門医、北里大学医学部 助教
1989年京都大学工学部電気工学科卒業後、日本航空株式会社羽田整備工場に勤務。2000年東京医科歯科大学卒業。茅ヶ崎徳洲会総合病院産婦人科、日本赤十字社医療センター産婦人科勤務を経て、現在は北里大学医学部に勤務。平成21年度厚労科研費補助金「新型インフルエンザ対策(A/H1N1)妊娠中や授乳中の人へ」パンフレット作成委員。日本医師会認定産業医、日本産科婦人科学会専門医。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その4 育休の申請について

これまで3回にわたって、妊娠がわかったときに「夫に知っておいてもらいたい7カ条」について書いてきました。今回は、イクメンになるために、育児休業制度をうまく利用する方法についてお伝えします。
イクメンとして、パートナーにも、赤ちゃんにも、... 続きを読む

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その2 旅行計画は慎重に

前回は、妊娠がわかったときに夫に知っておいてもらいたいことを7カ条にまとめて紹介しました。(「二人のための「イクメン」大作戦
1」)。今回は、その中の1~4カ条について、少し詳しく説明します。
そのときにならないと、なかなか実感できない... 続きを読む

「父親でもモテる人」に必要な条件ランキング

家族を大切にしている 空気が読める 加齢臭がしない 実年齢よりも若く見える ファッションセンスがいい ... 続きを読む

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その3 禁煙のすすめ

前回の『二人のための「イクメン」大作戦
2』に引き続き、「夫に知っておいてもらいたい7カ条」の5~7について、詳しく書きます。ちなみに7カ条は次のようなものでした。 1.妊娠したことを周りに言うのはちょっと待って 2.妊娠にはトラブルが... 続きを読む

彼氏の両親に挨拶する際、やっておいて間違いないことランキング

ナチュラルメイクをしていく 手土産を持参する 上品で清楚なワンピースを着ていく 匂いがきつすぎる香水はつけていかない 派手すぎる... 続きを読む

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その8 万が一の備えとは

3.11からもうすぐ1年が経とうとしています。震災後1カ月の時に、被災地に医療支援に入りました。そこで見たものは無残に破壊された街並みでした。そこここに生活の跡が残っていました。人の生活のあった場所なのに、商店街のシャッターは壊れ、ヘドロ... 続きを読む

タバコを吸うとなぜいけないの? タバコの害と禁煙外来のすすめ

百害あって一利なしといわれるタバコの害とは? タバコの煙を長期間吸い続けると気管支が炎症を起こし肺機能が低下。がん、COPD、ニコチン依存症も問題。 タバコには4000種類以上の化学物質が含まれる タバコが健康によくないということは... 続きを読む

セルフトーク・マネジメントで行動をコントロールする方法とは?

先日、駅のホームで言い争いをしている人を見かけました。どうやら一人の人がぶつかったのに謝らなかったことが事の発端のようですが、売り言葉に買い言葉で、あっという間に怒鳴りあいになっていました。皆さんも、「何故かわからないけど、気がついたらそん... 続きを読む

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その6 予防接種は必要?

Hibワクチン、肺炎球菌ワクチン、ヒトパピローマウイルスワクチンなど、ワクチンに関するさまざまな記事が、新聞や雑誌、インターネット上で毎日のように流れ、母親たちにとっては最大の関心事の一つになっています。
自分の子どもの予防接種をどうし... 続きを読む

妊娠中に性病が発覚! 赤ちゃんへの影響は? 治療はできる?

胎児への影響を考え、薬での治療が制限される妊娠中。そんな時、性病にかかってしまったら?
その対処法をご紹介します。 妊婦健診で早期発見が可能
適切な治療を受けて 性病は、不妊や早産、流産のほか、胎児へ健康被害を及ぼす場合もあります。妊... 続きを読む