ゆっくり噛んで味わうと記憶力UP? よく噛んで老化をスットプ

咀嚼により脳の働きが活性化、記憶力向上の可能性が

意識して噛むと高齢者ほど記憶力がアップ。料理はしっかり味わい、ゆっくりよく噛んで食べよう

ガムを2分間噛んだ後、記憶力が明らかにアップ

 食べものを噛(か)むという行為は、文字通り食べものを噛み砕き、すりつぶして飲み込みやすくし、胃腸での消化・吸収を良くします。さらに、頭の働きも向上させるということをご存じの方も少なくないでしょう。好きなものを食べて満足し、おまけに頭の働きが良くなるというのですから、すごくオイシイお話ではないでしょうか。

 この、噛むと頭の働きがよくなることを証明してくれたのが、神奈川歯科大学教授の小野塚實先生です。小野塚先生のご専門は、ずばり「脳神経生理学」。咀嚼(そしゃく=噛むこと)と脳の関係を研究する専門家です。先ごろ東京都内で開かれたセミナーで、噛むことが、とくに高齢者の記憶力を改善することを実証した研究結果を明らかにしました。そのオイシイところをかいつまんでご紹介しましょう。

 小野塚先生らは、ある地域で約1,200人(19~76歳)の住民の協力を得て、ガムを2分間噛んでもらい、その前後の記憶力の変化を調べる実験を行いました。その方法は、まず64枚の風景写真を見せた後、その半分を一部微妙に変化させた写真と入れ替え、最初に見た写真と同じかどうかテストするというもの。実験はいくつかの年齢層に分けて行われましたが、65歳以上の約20%で、ガムを噛む前に比べ噛んだ後の正答率(記憶獲得の効果)は15%以上アップしていました。50人調べても、1,000人調べても、結果はほぼ同様でした。

記憶力の老化にストップがかけられるかも

 新しいことを記憶として脳にファイルするときには、脳の中の海馬(かいば)という部分が重要な働きをします。したがって、海馬が働かなくなると新しいことが覚えられなくなります。だれでも加齢に伴って、海馬の神経細胞が脱落・萎縮して機能が低下していくため、年をとると、昔のことは覚えていても新しいことが覚えられなくなるということになりやすいのです。

 上記の記憶テストに先立って、ガムを噛むことが海馬にどのような影響を与えるのか、脳の活動状態を画像化するfMRI(機能的核磁気共鳴画像装置)を用いた測定が行われました。その結果、とくに高齢者の場合は噛むことで海馬の活性が高まり、活性化する部分が拡大することが確かめられました。これは噛むことで、活動している海馬の神経細胞の数が増えたことを意味します。
 つまり、噛むという行為は、「年をとったら記憶力が低下するのは仕方がない」というあきらめ発想にストップをかけられるかもしれないのです。

料理はゆっくり味わって食べること

 さて、噛むことの威力がお分かりいただけたのではないでしょうか。そこで最後に一つご注意を。

 噛むことの効果はただ噛めばアップする、というものではないようです。小野塚先生らは、実験ではガムを、意識的に、しっかり、ゆっくり噛んでもらうよう指示しました。その結果の記憶力アップの効果なのです。つまり早食いのようにクチャクチャ噛んでも効果は期待できないらしいのです。
 また、実験に使ったガムは味や香料を加えていないガムの素材で、硬さは市販のガム程度。これを非常に硬いガムに代えて実験しましたが、脳の活性度がさらに上がるという結果は得られませんでした。むしろ小脳を除いて脳の活性度は減少しました。噛みごたえがあればいい、ということでもないのです。
 ほかにも、噛むことは味覚や視覚などの感覚や、運動神経の活動も活性化することがわかっています。

 以上のことを普段の食生活で生かすとすると、こんなことになるでしょうか。
 すなわち、軟らかすぎず硬すぎず、適度な噛みごたえのある料理を、「よく味わおう」と意識して、しっかり、ゆっくり噛むこと。そうすれば、満腹するころには頭の中の神経回路も活発になっているというわけです。このこと、日ごろ早食いを指摘されている人は、よぉーく噛み締めてくださいね。

(編集・制作 (株)法研)

【取材協力】
小野塚 實先生


神奈川歯科大学歯学部教授
同大学大学院歯学研究科長
1946年生まれ。医学博士、理学博士。専門は老年学、脳神経生理学。72年東邦大学卒業後神奈川歯科大学に勤務。82年米国ワシントン大学でてんかんの研究に従事し、86年岐阜大学医学部に移籍。89年ワシントン大学における記憶研究の国際プロジェクトに参画。岐阜大学医学部助教授を経て、2003年から現職。「咀嚼と脳の研究所」所長、8020推進財団理事を務める。日本神経科学会専門会員、日本組織化学会論文賞、William J Gies Award。NHK日曜フォーラム、NHKラジオ深夜便ないとエッセイなどに出演。NHK文化センター健康講座講師。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  2. 2 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  3. 3
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  4. 4
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  5. 5
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  6. 6 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  7. 7
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  8. 8
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  9. 9
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  10. 10 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  11. 11
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  12. 12
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  13. 13
    リップを塗っても唇がカサカサ・ぷっくりしない…使い方間違ってるかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと リッ…
  14. 14
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  15. 15 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17
    【花粉症対策におすすめ】鼻うがいの正しいやり方。痛みなくスッキリ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 花粉…
  18. 18 太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19
    足の裏に魚の目やタコができやすい人は、腎臓が弱っているかも…?
    足裏は全身の血液の巡りや新陳代謝のバロメーター。 足の裏が冷えるこ…
  20. 20
    これで節約。ズボラな人でも続く!楽しく家計簿をつけるコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 節約…

一覧