ゆっくり噛んで味わうと記憶力UP? よく噛んで老化をスットプ

咀嚼により脳の働きが活性化、記憶力向上の可能性が

意識して噛むと高齢者ほど記憶力がアップ。料理はしっかり味わい、ゆっくりよく噛んで食べよう

ガムを2分間噛んだ後、記憶力が明らかにアップ

 食べものを噛(か)むという行為は、文字通り食べものを噛み砕き、すりつぶして飲み込みやすくし、胃腸での消化・吸収を良くします。さらに、頭の働きも向上させるということをご存じの方も少なくないでしょう。好きなものを食べて満足し、おまけに頭の働きが良くなるというのですから、すごくオイシイお話ではないでしょうか。

 この、噛むと頭の働きがよくなることを証明してくれたのが、神奈川歯科大学教授の小野塚實先生です。小野塚先生のご専門は、ずばり「脳神経生理学」。咀嚼(そしゃく=噛むこと)と脳の関係を研究する専門家です。先ごろ東京都内で開かれたセミナーで、噛むことが、とくに高齢者の記憶力を改善することを実証した研究結果を明らかにしました。そのオイシイところをかいつまんでご紹介しましょう。

 小野塚先生らは、ある地域で約1,200人(19~76歳)の住民の協力を得て、ガムを2分間噛んでもらい、その前後の記憶力の変化を調べる実験を行いました。その方法は、まず64枚の風景写真を見せた後、その半分を一部微妙に変化させた写真と入れ替え、最初に見た写真と同じかどうかテストするというもの。実験はいくつかの年齢層に分けて行われましたが、65歳以上の約20%で、ガムを噛む前に比べ噛んだ後の正答率(記憶獲得の効果)は15%以上アップしていました。50人調べても、1,000人調べても、結果はほぼ同様でした。

記憶力の老化にストップがかけられるかも

 新しいことを記憶として脳にファイルするときには、脳の中の海馬(かいば)という部分が重要な働きをします。したがって、海馬が働かなくなると新しいことが覚えられなくなります。だれでも加齢に伴って、海馬の神経細胞が脱落・萎縮して機能が低下していくため、年をとると、昔のことは覚えていても新しいことが覚えられなくなるということになりやすいのです。

 上記の記憶テストに先立って、ガムを噛むことが海馬にどのような影響を与えるのか、脳の活動状態を画像化するfMRI(機能的核磁気共鳴画像装置)を用いた測定が行われました。その結果、とくに高齢者の場合は噛むことで海馬の活性が高まり、活性化する部分が拡大することが確かめられました。これは噛むことで、活動している海馬の神経細胞の数が増えたことを意味します。
 つまり、噛むという行為は、「年をとったら記憶力が低下するのは仕方がない」というあきらめ発想にストップをかけられるかもしれないのです。

料理はゆっくり味わって食べること

 さて、噛むことの威力がお分かりいただけたのではないでしょうか。そこで最後に一つご注意を。

 噛むことの効果はただ噛めばアップする、というものではないようです。小野塚先生らは、実験ではガムを、意識的に、しっかり、ゆっくり噛んでもらうよう指示しました。その結果の記憶力アップの効果なのです。つまり早食いのようにクチャクチャ噛んでも効果は期待できないらしいのです。
 また、実験に使ったガムは味や香料を加えていないガムの素材で、硬さは市販のガム程度。これを非常に硬いガムに代えて実験しましたが、脳の活性度がさらに上がるという結果は得られませんでした。むしろ小脳を除いて脳の活性度は減少しました。噛みごたえがあればいい、ということでもないのです。
 ほかにも、噛むことは味覚や視覚などの感覚や、運動神経の活動も活性化することがわかっています。

 以上のことを普段の食生活で生かすとすると、こんなことになるでしょうか。
 すなわち、軟らかすぎず硬すぎず、適度な噛みごたえのある料理を、「よく味わおう」と意識して、しっかり、ゆっくり噛むこと。そうすれば、満腹するころには頭の中の神経回路も活発になっているというわけです。このこと、日ごろ早食いを指摘されている人は、よぉーく噛み締めてくださいね。

(編集・制作 (株)法研)

【取材協力】
小野塚 實先生


神奈川歯科大学歯学部教授
同大学大学院歯学研究科長
1946年生まれ。医学博士、理学博士。専門は老年学、脳神経生理学。72年東邦大学卒業後神奈川歯科大学に勤務。82年米国ワシントン大学でてんかんの研究に従事し、86年岐阜大学医学部に移籍。89年ワシントン大学における記憶研究の国際プロジェクトに参画。岐阜大学医学部助教授を経て、2003年から現職。「咀嚼と脳の研究所」所長、8020推進財団理事を務める。日本神経科学会専門会員、日本組織化学会論文賞、William J Gies Award。NHK日曜フォーラム、NHKラジオ深夜便ないとエッセイなどに出演。NHK文化センター健康講座講師。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

バストアップにも期待!?ガムがもたらす美容効果がうれしすぎ

ガムと言えば子どものお菓子と思われがちですが、実は美容効果やバストアップ効果が期待できるとか。実際、本当に美容やバストアップに効果はあるのでしょうか。バストアップにも期待!?ガムがもたらす美容効果がうれしすぎ 首から大胸筋を鍛えることが... 続きを読む

お年寄りが元気でいられるためのチェックリスト-生活不活発病とは

「生活不活発病」は、体を動かさない状態が続くことで心身の機能が低下していくもの。特に高齢者や持病のある人に起こりやすく、一旦起こると治りにくく寝たきりの原因にもなるため、本人だけでなく、周りの人が十分気をつける必要があります。
生活不... 続きを読む

人はなぜ眠るのか? 寝ている間に体内で起きている3つのセルフケア

桜の木も、ほのかにピンク色に染まり始め、朝晩の冷え込みも大分和らいできました。昔から、「春眠暁を覚えず」といわれているように、この時期の眠りは心地よいものですね。眠りに適したこの時期に、せっかくですから、眠りの役割について、確認してみましょ... 続きを読む

即効リフトアップ♪2分間の耳マッサージで頭もたるみもスッキリ!

みなさんこんにちは。トータルボディビューティーアドバイザーのKAORIです。なんだか頭がスッキリしない、目が疲れて目が重たい集中できない、そして顔がむくんでたるんでる・・・と、こうなるとやる事は溜まっていくので何もやる気が起きませんよね... 続きを読む

【医者が教える】高齢者の在宅医療‐被災地で必要な介護とは

3月11日の大震災に対して、日本中、世界中がその不幸を悼み、そして今後の被災地の復旧、復興を願い、応援しています。私も、その一人です。
私が初めて被災地、石巻市を訪れたのは、4月下旬のことでした。避難所では、物資や人的援助はおおむね充... 続きを読む

老後の高齢期の生活はどうなる? 健康状態によって変わる環境


住まいは人の暮らしの器、暮らしの基本です。高齢期はライフスタイルや心身の状況を考えながら自分らしく暮らせる生活の場を選ぶことが必要になります。自宅にそのまま、あるいはリフォームして住み続ける、高齢者向けの賃貸住宅やマンションに住み替える... 続きを読む

高齢者に致命的になる肺炎-予防のための生活改善6カ条

日本では1年間に12万人近くもの人が肺炎で亡くなっており、肺炎はがん、心疾患、脳血管疾患に次いで日本人の死因の第4位となっています(「2010年人口動態統計(確定数)の概況」より)。しかも肺炎による死亡率は増え続け、近い将来、横ばいから減... 続きを読む

O157などの食中毒を予防する13の原則-生肉の調理に注意

気温・湿度が共に高い今の時期は、食中毒に気をつけなければいけません。高温多湿は食中毒の原因になる細菌の増殖を活発にさせるからです。実は食中毒は年間を通じて発生しているのですが、細菌による食中毒は5~9月が多発時期。最近では、「O111」と... 続きを読む

認知症の症状と接し方・心構え7つのポイント|症状緩和ケア

認知症高齢者と接するには、認知症を理解することが必要です。前回の「認知症高齢者を理解するために」では、認知症の理解に必要な基本的な知識をお伝えしました。
認知症は「治す」ことはできませんが、「緩和する」ことができる病気です。症状を上手く... 続きを読む

【医者が教える】高齢者の在宅医療‐望まれる生活を支える医療

これまで、在宅医療を受ける患者さんやご家族にフォーカスして、在宅医療についてお伝えしてきました。第8回の今回から3回にわたって、わが国の在宅医療を取り巻く環境や在宅医療診療所の実際をお伝えし、今後の在宅医療の普及と発展について展望します。... 続きを読む