ワクチンを受けて子どもを守ろう-恐ろしい副作用は誤解?

ワクチンで防げる病気(VPD)から子どもを守ろう

感染症を予防するのに最も確実で安全な方法は予防接種を受けること

日本では多くの子どもがVPDで健康を損ねている

 私たちの身の回りには、ウイルスや細菌によって引き起こされる感染症がたくさんあります。なかには麻疹(はしか)、百日咳、細菌性髄膜炎などのように重い病気もあります。
 これらを予防するのに最も有効な方法はワクチンを接種することです。ワクチンは、感染症の原因となるウイルスや細菌を精製・加工し、毒性を弱めたりなくしたりして、体にとって安全な状態にしたものです。ワクチンを接種することによって、感染症に対する免疫をつけておこうというものです。そうすれば、その病気にかかりにくくなり、もし感染しても重症化するのを防げます。

 このように「ワクチンを接種すれば防げる病気」のことをVPDといいます。VPDは、「Vaccine(ワクチン)Prebentable(防げる)Diseases(病気)」の略称です。
 ワクチンの開発はとても難しいため、ワクチンで防げる病気は、まだ数多くありません。それでも、すでにいくつかの感染症に対してはワクチンが開発されています。ワクチンがつくられたのは、発病すると、現在の医学では治療が難しい重大な病気だからです。感染する前に、ワクチンで予防するのが最善の策というわけです。

 ところが、「日本では毎年多くの子どもたちがVPDにかかり、重度の後遺症で苦しんだり、命を落としたりしています。ワクチンさえ接種していれば防げたのに…と思います。その原因の一つとして、ワクチン接種率の低さが挙げられます。医療経済大国といわれる日本ですが、欧米諸国と比べてワクチンの接種率が低く、そのことが多くの子どもの健康を損なうことにつながっているのです」と、「VPDを知って、子どもを守ろう。」の会を発足し、代表を務める薗部友良先生は言います。

「副作用(副反応)がこわい」は誤解

 ワクチン接種率が低いのは、保護者の責任ではありません。VPDのこわさ、ワクチンの重要性について、一般の方が知る機会が少ないという問題があります。また、有効なワクチンがあっても、日本では使用できない場合もあります。細菌性髄膜炎を予防する「ヒブワクチン」や「小児用肺炎球菌ワクチン」の接種が日本で認められたのは最近ですが、世界では10~20年前から使用されています。しかも、日本では発売されたといっても、国が費用を負担する「定期接種」ではなく、接種希望者が全額自己負担する「任意接種」なのです。

 さらに、「ワクチンには、命にかかわる重い副作用(副反応)が多く発生する」といった根強い誤解も邪魔をしています。
 薬に副作用があるように、ワクチンにも副作用(副反応)はあります。例えば、注射をしたところが赤く腫れたり、2~3日痛かったりすることはよくありますが、それは一過性のものです。いつまでも腫れや痛みが続くことはありません。

 ワクチン接種後に高熱が出て脳障害が起こったとか、死亡したといったことが報道されることがありますが、これは科学的に見ると、99%以上、ワクチンとは無関係の偶発的なことです。ワクチン接種と同時期に、たまたま別の原因で具合が悪くなったものが、紛れ込んでいるのです。

 ワクチンの接種後に発生した悪い症状は,世界では「有害事象」と呼ばれています。これには、ワクチンの副作用(副反応)と偶発的な紛れ込み事故の両方が含まれています。厚生労働省では、この有害事象を「副反応報告」として発表しています。そのため、紛れ込み事故までワクチンの副作用(副反応)と誤解されてしまうのです。

 ワクチンの副作用(副反応)については、世界中で多くの科学的な調査が行われ、特別な病気の人以外は、ワクチンの重い副作用(副反応)はほぼ心配ないという結論が出されています。「副作用(副反応)が大変こわい」というのは誤解にすぎないのです。

 ただし、原料の卵などに強いアレルギー体質をもつ人などは、まれにアナフィラキシー・ショック(呼吸困難や血圧低下をまねき、まれに死に至ることもある)が起こることもあり、ワクチン接種は避けなければなりません。そのほか、免疫がつくれない免疫不全の病気の人、病気の治療で免疫を抑えている人なども同様に、ワクチン接種は避けなければなりません。

免疫が未発達な子どもの感染症予防に安全・確実なワクチン接種を

 子どもは、病気に対する抵抗力(免疫)が未発達なため、さまざまな感染症にかかりやすいものです。かかりやすいだけでなく、いったんかかると重症化しやすいのです。かぜのように軽いものもありますが、なかには根本的な治療法がなく、重大な後遺症をまねいたり、命にかかわるものもあります。このような感染症は、かからないうちに防ぐことが大切です。

 生まれたばかりの赤ちゃんは、へその緒を通じてお母さんから病気に対する抗体をもらいます。だからといって、強い免疫力が備わっているかというと、実は生まれてすぐは免疫力が一番弱く、病気にかかりやすいのです。
 免疫力は、時間とともに、徐々に備わってきますが、それでも2歳くらいまでは低く、未発達の状態です。小学校に入学するくらいになると、免疫力はだいぶ大人に近づきますが、それでも万全というわけではありません。

 このように、子どもは免疫が未発達で病気に対する抵抗力が弱いのです。この子どもたちの健康、命を感染症から守る最も安全で確実な方法は、ワクチンの接種です。ワクチンに副作用(副反応)がないわけではないですが、それでも接種するのは相手のVPDがとても重大だからです。
 ワクチンさえ接種しておけば防げる病気があるのです。それなのに、ワクチンを接種しないのは、どんなにもったいないことでしょう。「ワクチンさえ接種しておけばよかった」と後悔しても始まりません。VPDで子どもが健康を損なうことのないように、ワクチンを積極的に接種することが大切です。

(編集・制作 (株)法研)

【取材協力】
薗部 友良先生


日本赤十字社医療センター小児科顧問
「VPDを知って、子どもを守ろう。」の会運営委員代表
1968年千葉大学医学部卒業後、同大学小児科を経て、70年より日本赤十字社医療センター小児科に勤務。95年同小児科部長。その後、筑波大学臨床教授併任(98~2005年)を経て、2009年退職。08年「VPDを知って、子どもを守ろう。」の会運営委員代表。専門は予防接種、小児保健、小児感染症、川崎病。元日本川崎病学会会長(現、顧問)、トラベラーズワクチンフォーラム運営委員などを務める。
「VPDを知って、子どもを守ろう。」の会 http://www.know-vpd.jp/index.php

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その6 予防接種は必要?

Hibワクチン、肺炎球菌ワクチン、ヒトパピローマウイルスワクチンなど、ワクチンに関するさまざまな記事が、新聞や雑誌、インターネット上で毎日のように流れ、母親たちにとっては最大の関心事の一つになっています。
自分の子どもの予防接種をどうし... 続きを読む

子宮頸がんはワクチンで予防できる-ワクチンのメリットとリスク

子宮頸がんの原因となるウイルスへの感染を防ぐことによって、子宮頸がんを予防するワクチンがHPVワクチンです。HPVワクチンについて、自治医科大学附属さいたま医療センター産婦人科教授の今野良先生に伺いました。 ワクチンと検診で子宮頸がん... 続きを読む

すべての子どもにB型肝炎ワクチンを-B型肝炎ワクチンの必要性

今年はワクチンの話題の多い年でした。Hibワクチン、肺炎球菌ワクチン、HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)、さらに不活化ポリオワクチンも話題になりました。この「医療と健康」のコーナーでも、(『二人のための「イクメン」大作戦
6』、『二... 続きを読む

生、不活性、トキソイド…知っておきたい【ワクチン】の基本

牛痘患者の膿を注射して天然痘を防いだのが始まり かつて多くの人命を奪った恐ろしい感染症の一つに、天然痘がありました。18世紀の末、イギリス人医師エドワード・ジェンナーは、牛痘という牛の感染症にかかった人が天然痘にかからないのを見て、牛... 続きを読む

予防接種ちゃんと受けてる? 定期接種と任意接種の違いとは

あなたは、自分がどんな予防接種を受けてきたか覚えていますか?
ご自分の母子手帳がどこにあるかご存知ですか?
大学生にはしかが流行っている、結核が若年者で増えている、長引く咳が百日咳だった、妊娠している女性社員の隣で仕事をしていた人が風し... 続きを読む

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その7 ワクチン接種計画

前回に引き続き「イクメンのための予防接種の基礎知識」をお届けします。今回は、個別のワクチンについての知識です。前回は、(1)なぜ予防接種をしなくてはいけないのか、(2)予防接種には定期と任意がある、(3)順番を考えて受ける、などについて解... 続きを読む

子宮頸がん予防ワクチン

「子宮頸がん」は、子宮の入り口にできるがん。国内で毎年約2万人が診断され、約3500人が亡くなっています。つまり、毎日約10人が亡くなる計算に。「発症のピークは35歳ですが、最近では20代の罹患率が高くなっています」(今野 良先生)... 続きを読む

海外出張時の健康管理は大丈夫?-押えておきたいポイント6つ

すでに多くの企業が海外進出を遂げていますが、今後さらに、グローバル化のなかで海外出張は増えるでしょう。また年齢を問わず、若い人も年配の人も出張が求められ、しかも短い出張の間に多くのミッションが求められています。健康管理なくして海外出張の成... 続きを読む

【科学が証明】正しい疲労回復法-疲労がたまると老化が進む

正しく対処しないと疲労は蓄積する一方。疲れが蓄積すると自律神経の働きが乱れ、生活習慣病や老化の促進にも。思い込みではなく科学的な対処法を。 疲労と老化の原因は同じ。こまめに解消を 暑い日が続くと、ふつうに生活しているだけで疲れてしま... 続きを読む

美容に悪いだけじゃない!睡眠時のよだれは命に関わるって本当?

よだれは普段通常の状態で垂れるとだらしがないと思われますが、実は人間によだれはかなり重要な役割をしています。ですが、寝ている間によだれが出ていると、命にまでリスクが及ぶという説があります。どういうことなのでしょうか?美容に悪いだけじゃな... 続きを読む