ワクチンを受けて子どもを守ろう-恐ろしい副作用は誤解?

ワクチンで防げる病気(VPD)から子どもを守ろう

感染症を予防するのに最も確実で安全な方法は予防接種を受けること

日本では多くの子どもがVPDで健康を損ねている

 私たちの身の回りには、ウイルスや細菌によって引き起こされる感染症がたくさんあります。なかには麻疹(はしか)、百日咳、細菌性髄膜炎などのように重い病気もあります。
 これらを予防するのに最も有効な方法はワクチンを接種することです。ワクチンは、感染症の原因となるウイルスや細菌を精製・加工し、毒性を弱めたりなくしたりして、体にとって安全な状態にしたものです。ワクチンを接種することによって、感染症に対する免疫をつけておこうというものです。そうすれば、その病気にかかりにくくなり、もし感染しても重症化するのを防げます。

 このように「ワクチンを接種すれば防げる病気」のことをVPDといいます。VPDは、「Vaccine(ワクチン)Prebentable(防げる)Diseases(病気)」の略称です。
 ワクチンの開発はとても難しいため、ワクチンで防げる病気は、まだ数多くありません。それでも、すでにいくつかの感染症に対してはワクチンが開発されています。ワクチンがつくられたのは、発病すると、現在の医学では治療が難しい重大な病気だからです。感染する前に、ワクチンで予防するのが最善の策というわけです。

 ところが、「日本では毎年多くの子どもたちがVPDにかかり、重度の後遺症で苦しんだり、命を落としたりしています。ワクチンさえ接種していれば防げたのに…と思います。その原因の一つとして、ワクチン接種率の低さが挙げられます。医療経済大国といわれる日本ですが、欧米諸国と比べてワクチンの接種率が低く、そのことが多くの子どもの健康を損なうことにつながっているのです」と、「VPDを知って、子どもを守ろう。」の会を発足し、代表を務める薗部友良先生は言います。

「副作用(副反応)がこわい」は誤解

 ワクチン接種率が低いのは、保護者の責任ではありません。VPDのこわさ、ワクチンの重要性について、一般の方が知る機会が少ないという問題があります。また、有効なワクチンがあっても、日本では使用できない場合もあります。細菌性髄膜炎を予防する「ヒブワクチン」や「小児用肺炎球菌ワクチン」の接種が日本で認められたのは最近ですが、世界では10~20年前から使用されています。しかも、日本では発売されたといっても、国が費用を負担する「定期接種」ではなく、接種希望者が全額自己負担する「任意接種」なのです。

 さらに、「ワクチンには、命にかかわる重い副作用(副反応)が多く発生する」といった根強い誤解も邪魔をしています。
 薬に副作用があるように、ワクチンにも副作用(副反応)はあります。例えば、注射をしたところが赤く腫れたり、2~3日痛かったりすることはよくありますが、それは一過性のものです。いつまでも腫れや痛みが続くことはありません。

 ワクチン接種後に高熱が出て脳障害が起こったとか、死亡したといったことが報道されることがありますが、これは科学的に見ると、99%以上、ワクチンとは無関係の偶発的なことです。ワクチン接種と同時期に、たまたま別の原因で具合が悪くなったものが、紛れ込んでいるのです。

 ワクチンの接種後に発生した悪い症状は,世界では「有害事象」と呼ばれています。これには、ワクチンの副作用(副反応)と偶発的な紛れ込み事故の両方が含まれています。厚生労働省では、この有害事象を「副反応報告」として発表しています。そのため、紛れ込み事故までワクチンの副作用(副反応)と誤解されてしまうのです。

 ワクチンの副作用(副反応)については、世界中で多くの科学的な調査が行われ、特別な病気の人以外は、ワクチンの重い副作用(副反応)はほぼ心配ないという結論が出されています。「副作用(副反応)が大変こわい」というのは誤解にすぎないのです。

 ただし、原料の卵などに強いアレルギー体質をもつ人などは、まれにアナフィラキシー・ショック(呼吸困難や血圧低下をまねき、まれに死に至ることもある)が起こることもあり、ワクチン接種は避けなければなりません。そのほか、免疫がつくれない免疫不全の病気の人、病気の治療で免疫を抑えている人なども同様に、ワクチン接種は避けなければなりません。

免疫が未発達な子どもの感染症予防に安全・確実なワクチン接種を

 子どもは、病気に対する抵抗力(免疫)が未発達なため、さまざまな感染症にかかりやすいものです。かかりやすいだけでなく、いったんかかると重症化しやすいのです。かぜのように軽いものもありますが、なかには根本的な治療法がなく、重大な後遺症をまねいたり、命にかかわるものもあります。このような感染症は、かからないうちに防ぐことが大切です。

 生まれたばかりの赤ちゃんは、へその緒を通じてお母さんから病気に対する抗体をもらいます。だからといって、強い免疫力が備わっているかというと、実は生まれてすぐは免疫力が一番弱く、病気にかかりやすいのです。
 免疫力は、時間とともに、徐々に備わってきますが、それでも2歳くらいまでは低く、未発達の状態です。小学校に入学するくらいになると、免疫力はだいぶ大人に近づきますが、それでも万全というわけではありません。

 このように、子どもは免疫が未発達で病気に対する抵抗力が弱いのです。この子どもたちの健康、命を感染症から守る最も安全で確実な方法は、ワクチンの接種です。ワクチンに副作用(副反応)がないわけではないですが、それでも接種するのは相手のVPDがとても重大だからです。
 ワクチンさえ接種しておけば防げる病気があるのです。それなのに、ワクチンを接種しないのは、どんなにもったいないことでしょう。「ワクチンさえ接種しておけばよかった」と後悔しても始まりません。VPDで子どもが健康を損なうことのないように、ワクチンを積極的に接種することが大切です。

(編集・制作 (株)法研)

【取材協力】
薗部 友良先生


日本赤十字社医療センター小児科顧問
「VPDを知って、子どもを守ろう。」の会運営委員代表
1968年千葉大学医学部卒業後、同大学小児科を経て、70年より日本赤十字社医療センター小児科に勤務。95年同小児科部長。その後、筑波大学臨床教授併任(98~2005年)を経て、2009年退職。08年「VPDを知って、子どもを守ろう。」の会運営委員代表。専門は予防接種、小児保健、小児感染症、川崎病。元日本川崎病学会会長(現、顧問)、トラベラーズワクチンフォーラム運営委員などを務める。
「VPDを知って、子どもを守ろう。」の会 http://www.know-vpd.jp/index.php

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 妊娠中のセックス、みんなどうしてる? セックスしていい時期、悪い時期って?
    妊娠中のセックス、みんなどうしてる? セックスしていい時期、悪い時期って?
    約10ヶ月にも及ぶ妊娠期間中。この間、セックスはしてもいいの? …
  2. 2 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  3. 3
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  4. 4 妊娠中でもSEXを楽しんで! 妊娠中のセックスをエンジョイするあの手、この手
    妊娠中でもSEXを楽しんで! 妊娠中のセックスをエンジョイするあの手、この手
    妊娠していても、体調がよければセックスは可能。産後のセックスレスを予防…
  5. 5 スマホ依存症にはどんな悪影響が?ドーパミンが依存に導く怖い現実
    スマホ依存症にはどんな悪影響が? ドーパミンが依存に導く怖い現実
    最近では、持っていない人を探す方が難しいスマートフォン普及率。便利なツ…
  6. 6
    妊娠中のエクスタシーはOK? セックスで気をつけたい5ポイント
    体調がよければ、妊娠中にセックスをしても大丈夫。でもいつもと違う状況な…
  7. 7 女の子の産み分けにチャレンジ! 女の子産み分けの鉄則4
    女の子の産み分けにチャレンジ! 女の子産み分けの鉄則4
    「かわいい洋服を着せたいから」「一人目が男の子だから」など、女の子を授…
  8. 8
    更年期障害チェック方法「あなたの更年期レベルをチェック」
    さまざまな症状が出る更年期。その症状は100人100様ともいわ…
  9. 9 女性の胸の大きさはどうやって決まるの? 遺伝or体質?
    女性の胸の大きさはどうやって決まるの? 遺伝or体質?
    女性らしさの象徴といえば、バスト。胸の大きさに悩む人は、遺伝や体質と諦…
  10. 10 老けたくない人はDHEAホルモンを増やすと良い!? 若さを保つ秘訣
    老けたくない人はDHEAホルモンを増やすと良い!? 若さを保つ秘訣とは
    今注目の若返りホルモン「DHEA」を食生活でキープしよう 体…
  11. 11
    足の小指が痛い人は要注意 「内反小趾」を治してサンダル美人に
    素足にサンダルを履くことの多い季節、足のトラブルには気をつけた…
  12. 12
    【医師が教える】猛暑も元気に乗り越えられる、夏バテの防ぎ方
    胃腸の冷えと栄養失調を防げば猛暑の夏も健康で過ごせる!! 夏バテの原因…
  13. 13 子宮筋腫の症状は?
    注意して!子宮筋腫の症状チェック。筋腫が大きくなると 肺や心臓まで圧迫する場合も
    子宮筋腫の自覚症状には個人差があり、かなり大きくなるまで無症状というこ…
  14. 14
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?…
  15. 15 「昼顔」紗和「あなそれ」美都から見える、不倫に陥りやすい女性の特徴
    「昼顔」紗和「あなそれ」美都から見える、不倫に陥りやすい女性の特徴
    波瑠さん演じる「ヒロインの美都がクズすぎる!」と、批判の声が上がり大き…
  16. 16 産後もいいセックスライフを送りたい! 産後のセックスはどう変わる?
    産後もいいセックスライフを送りたい! 産後のセックスはどう変わる?
    以前の体に戻り始める産後。「前よりゆるくなる?」などの不安を解消して、…
  17. 17 男の子の産み分けにチャレンジ! 男の子産み分けの鉄則4
    男の子の産み分けにチャレンジ! 男の子産み分けの鉄則4
    せっかく妊娠するなら、できれば希望の性別の子を授かりたいと思うのは自然…
  18. 18
    大黒摩季が克服した『子宮腺筋症』ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】
    子宮疾患の治療のため活動休止中だったシンガー・ソングライターの大黒摩季…
  19. 19 仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    脚全体の筋肉を使って循環を促し、冷えやむくみを改善 足、ひざ…
  20. 20 妊娠検査薬が陰性でも妊娠の可能性がある5つの理由|生理が遅れた原因
    妊娠検査薬が陰性でも妊娠の可能性がある5つの理由|生理が遅れた原因
    市販の妊娠検査薬はとても正確。なかには、精度が99%と言われるものまで…

一覧