目やにが大量にでるのは病気? 目やにの原因とケアの正しい仕方

健康な人にもある自然な現象、いつもと違うときは注意

涙や老廃物が混じった粘液、睡眠中は鼻腔に流れていかないので目頭にこびりつく。結膜炎だと多く分泌される

目やにも鼻くそも、元は一緒

 「目くそ鼻くそを笑う」ということわざがあります。自分の欠点には気づかずに、他人の欠点を見下すことの例えです。確かにいますよね、こういう人。なぜ目くそ(目やに)と鼻くそが例えに用いられるのかというと、元は一緒で汚さではどっちもどっち、同じようなものだからです。

 朝起きたとき、目頭に目やにがこびりついているのは誰にでもあること、ごく自然な現象です。目やには医学的には眼脂(がんし)といい、角膜や結膜から分泌された粘液に、代謝によってできた老廃物やごみ、ほこりなどが混じっています。これらは普段、まばたきすることで分泌した涙とともに鼻涙管(びるいかん)を通って鼻腔に流されます。鼻腔ではさらに粘液や吸い込んだほこりなどとも一緒になり、ここで目くそは鼻くそになるのです。

 ただし、睡眠中はまばたきをしないので涙の分泌が減り、汚れや老廃物は鼻腔へ流されることがありません。このため目頭などにたまって、目覚めたときに目やにとしてこびりついているわけです。逆に、涙の分泌量が増えることでも目やにがたまります。涙の分泌増加とともに老廃物も多くなるからです。

原因で多いのは「はやり目」

 目やにがたくさん出る病気に結膜炎があります。結膜に炎症が起こると、涙が増えるために目やにが大量にできます。結膜炎の原因にはウイルス、細菌、アレルギーなどがありますが、最も多いのはアデノウイルスによる流行性角結膜炎、いわゆる「はやり目」です。大量の目やにが出て白目が赤くなり、目にゴロゴロした異物感があるのが特徴的な症状。多くの場合、片方の目に発症して数日後にはもう一方の目にも起こります。

 感染力が強いので、目やには綿棒やティッシュペーパー、コットンなどでふき取ったら慎重に処分し、そのあとの手洗いも石けんを使ってしっかり行いましょう。また、洗面や入浴でタオルなどを他の人と共用してはいけません。この「はやり目」は「学校感染症」に指定され、感染したら学校や幼稚園、保育園は休ませなければならないことになっています。疑わしいときは眼科を受診するようにしてください。

 黄色ブドウ球菌などの感染による細菌性結膜炎でも、はやり目と同様の症状が出ますが、黄色で膿(うみ)のようなドロッとした目やにが特徴的です。肺炎球菌、インフルエンザ菌、淋菌なども原因になりますが、感染力は強くはありません。
 アレルギー性結膜炎は、スギ花粉などが原因の場合は花粉の飛散時期にあらわれ、カビやハウスダストなどが原因だと季節を問わず起こります。

 コンタクトレンズの管理が悪いと、その汚れによっても目やにや充血、かゆみなどの症状が起こります。ソフトコンタクトレンズの使用者に多いのですが、洗浄や消毒をしない、決められた装用方法を守らないなど、誤った使い方をしていることが主な原因です。

 赤ちゃんの場合、結膜炎によるほかに、麻疹(はしか)や風邪にかかったときにも目やにがよく出ます。また、涙を鼻腔に流すルートである鼻涙管は本来、生まれるときには開通しているものですが、それが閉じたままだとか狭すぎると、鼻涙管へとつながる目頭の涙嚢(るいのう)に炎症が起こり、涙目や目やに、結膜の充血などの症状があらわれることがあります。赤ちゃんにはよく起こる病気で、目がうるんでいる、目やにで目が開きにくそう、などというときはこれらの「乳児涙嚢炎」か「鼻涙管閉塞」かもしれません。
 症状がひどくなければ、ぬらしたガーゼでふき取ってあげればよいのですが、充血がひどかったり目やにが長引くようなら小児科か眼科に受診したほうがよいでしょう。

目薬のさし方は慎重に

 軽い目やにくらいだと、すぐに眼科に受診するというよりは、ひとまず市販の目薬で対処することが多いかもしれません。その場合、原因によって目薬の種類が異なりますが、市販の目薬は種類が多いので、薬剤師などに相談してから購入するほうがよいでしょう。

 また、目薬のさし方にも注意が必要です。容器の先端がまぶたに接すると容器の中に菌が侵入し繁殖する恐れがあります。さす前には手をよく洗い、下まぶたを引いて容器の先端が触れないように点眼します。点眼のあとは目を閉じて指先でしばらく軽く抑えておくようにしましょう。

 たかが目やにとあなどらず、目やにが大量に出る、長引く、いつもと違う色や粘り気がある、目やに以外にも目の症状があるときなどは、早めに眼科を受診することをおすすめします。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
内野 美樹先生


両国眼科クリニック院長
平成13年慶應大学眼科学教室入局。立川共済病院、国立埼玉病院を経て、平成15年より慶應大助手、平成18年より現職。専門はドライアイと白内障手術。日本におけるドライアイについての疫学研究の第一人者であり、VDT作業時間とドライアイの有病率の関係を世界で初めて証明した。患者の悩みをできる限り汲み取るのを信条としており、混雑した外来でもその姿勢は決して崩さないこだわり派。実生活では、2児の母でもある。

コラムに関連する病名が検索できます。

目やにが大量にでるのは病気? 目やにの原因とケアの正しい仕方 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

夏は眼のトラブルになりがち-子どもが罹りやすいウイルス感染とは


夏は目にとって、“受難”の季節です。ウイルスの感染による結膜炎がはやったり、強い紫外線によって角膜に急性の炎症が起きることがあります。また紫外線は白内障をもたらす原因にもなります。夏は日焼けだけでなく、目のトラブルにも注目しておきましょ... 続きを読む

好きになったら気にならなくなる相手の欠点ランキング

部屋が汚い 服のセンスがダサい 料理が下手 面倒くさがり 束縛したがる ... 続きを読む

うんちの色や形からわかる健康状態-赤い便や黒い便は要注意?

水洗トイレの普及で、私たちは排泄したうんちの様子を見ることができます。じっくり観察する勇気さえあれば、その状態から今の自分の体調をある程度推測できるのです。
私たちが摂取した食べ物は、口から肛門(こうもん)まで、成人だと10m近くにも... 続きを読む

災害時の基礎知識-飲み水だけでなく生活用水も 自然水の活用法

日々の暑さは水分の大切さを思い出させてくれます。こういう時期に地震などの災害が起こると水の確保だけでも大変です。今回は改めて災害時を想定した水の確保について確認をしましょう。
水は生命の維持に不可欠です。成人で1日2リットル程度の水が... 続きを読む

誰でも、心の中には5人の家族が住んでいる? 生き方のクセとは

日常を離れた自然の中のハイキングは、心と体をリフレッシュしてくれますよね。そんなハイキングに家族で出かけたことを想像してみてください。天気も良く、清々しい空気の中を歩いていると、ハイキングコースの茂みの中に、空き缶やお弁当のごみが置き去り... 続きを読む

「若いな…」と思う他人の恋愛は?

「運命」や「永遠」を信じている 一日に何度もメールをやり取りする 毎日のようにデートをする 相手の周りの異性にとにかく嫉妬 相手... 続きを読む

感染予防に効果的なはしかの予防接種

麻疹(はしか)はどんな病気
麻疹(はしか)ウィルスによる感染症で、非常に感染力が強い病気です。よく聞く病名なので、子どもには一般的な病気と思われがちですが、乳幼児は重症化しやすく、まれに脳炎を併発して身体の麻痺や知能障害が残ったり、最悪... 続きを読む

セルフチェックのすすめ-自分のからだを健康に保つためのポイント

家に帰ってドアを開けた瞬間や、お風呂に入って、ふーっとため息をついた瞬間に、どっと疲れが出てきて、「あ、自分はこんなに疲れていたのか」と気づくことはありませんか。日々の生活で、ストレスは知らず知らずに溜まっていくもの。日々のストレスは、その... 続きを読む

デカ目に見せて小顔に

顔の印象は、目の印象に左右されます。目はむくみの影響を受けやすく、目がはれぼったいと、顔全体がむくんでいるように見えます。目元がぱっちりすると、小顔に感じます。 (1)目頭のくぼみ (... 続きを読む

現代人は眼が疲れてる-眼筋の疲れをほぐす6ステップストレッチ

10月10日は「目の愛護デー」です。パソコンと携帯電話のない生活はもう考えられないという人は多いと思いますが、これらの普及に伴い、目の疲れを訴える人が急増しています。仕事で長時間パソコンを使い、通勤途中にケイタイでメールを打ち、自宅ではテ... 続きを読む