目やにが大量にでるのは病気? 目やにの原因とケアの正しい仕方

健康な人にもある自然な現象、いつもと違うときは注意

涙や老廃物が混じった粘液、睡眠中は鼻腔に流れていかないので目頭にこびりつく。結膜炎だと多く分泌される

目やにも鼻くそも、元は一緒

 「目くそ鼻くそを笑う」ということわざがあります。自分の欠点には気づかずに、他人の欠点を見下すことの例えです。確かにいますよね、こういう人。なぜ目くそ(目やに)と鼻くそが例えに用いられるのかというと、元は一緒で汚さではどっちもどっち、同じようなものだからです。

 朝起きたとき、目頭に目やにがこびりついているのは誰にでもあること、ごく自然な現象です。目やには医学的には眼脂(がんし)といい、角膜や結膜から分泌された粘液に、代謝によってできた老廃物やごみ、ほこりなどが混じっています。これらは普段、まばたきすることで分泌した涙とともに鼻涙管(びるいかん)を通って鼻腔に流されます。鼻腔ではさらに粘液や吸い込んだほこりなどとも一緒になり、ここで目くそは鼻くそになるのです。

 ただし、睡眠中はまばたきをしないので涙の分泌が減り、汚れや老廃物は鼻腔へ流されることがありません。このため目頭などにたまって、目覚めたときに目やにとしてこびりついているわけです。逆に、涙の分泌量が増えることでも目やにがたまります。涙の分泌増加とともに老廃物も多くなるからです。

原因で多いのは「はやり目」

 目やにがたくさん出る病気に結膜炎があります。結膜に炎症が起こると、涙が増えるために目やにが大量にできます。結膜炎の原因にはウイルス、細菌、アレルギーなどがありますが、最も多いのはアデノウイルスによる流行性角結膜炎、いわゆる「はやり目」です。大量の目やにが出て白目が赤くなり、目にゴロゴロした異物感があるのが特徴的な症状。多くの場合、片方の目に発症して数日後にはもう一方の目にも起こります。

 感染力が強いので、目やには綿棒やティッシュペーパー、コットンなどでふき取ったら慎重に処分し、そのあとの手洗いも石けんを使ってしっかり行いましょう。また、洗面や入浴でタオルなどを他の人と共用してはいけません。この「はやり目」は「学校感染症」に指定され、感染したら学校や幼稚園、保育園は休ませなければならないことになっています。疑わしいときは眼科を受診するようにしてください。

 黄色ブドウ球菌などの感染による細菌性結膜炎でも、はやり目と同様の症状が出ますが、黄色で膿(うみ)のようなドロッとした目やにが特徴的です。肺炎球菌、インフルエンザ菌、淋菌なども原因になりますが、感染力は強くはありません。
 アレルギー性結膜炎は、スギ花粉などが原因の場合は花粉の飛散時期にあらわれ、カビやハウスダストなどが原因だと季節を問わず起こります。

 コンタクトレンズの管理が悪いと、その汚れによっても目やにや充血、かゆみなどの症状が起こります。ソフトコンタクトレンズの使用者に多いのですが、洗浄や消毒をしない、決められた装用方法を守らないなど、誤った使い方をしていることが主な原因です。

 赤ちゃんの場合、結膜炎によるほかに、麻疹(はしか)や風邪にかかったときにも目やにがよく出ます。また、涙を鼻腔に流すルートである鼻涙管は本来、生まれるときには開通しているものですが、それが閉じたままだとか狭すぎると、鼻涙管へとつながる目頭の涙嚢(るいのう)に炎症が起こり、涙目や目やに、結膜の充血などの症状があらわれることがあります。赤ちゃんにはよく起こる病気で、目がうるんでいる、目やにで目が開きにくそう、などというときはこれらの「乳児涙嚢炎」か「鼻涙管閉塞」かもしれません。
 症状がひどくなければ、ぬらしたガーゼでふき取ってあげればよいのですが、充血がひどかったり目やにが長引くようなら小児科か眼科に受診したほうがよいでしょう。

目薬のさし方は慎重に

 軽い目やにくらいだと、すぐに眼科に受診するというよりは、ひとまず市販の目薬で対処することが多いかもしれません。その場合、原因によって目薬の種類が異なりますが、市販の目薬は種類が多いので、薬剤師などに相談してから購入するほうがよいでしょう。

 また、目薬のさし方にも注意が必要です。容器の先端がまぶたに接すると容器の中に菌が侵入し繁殖する恐れがあります。さす前には手をよく洗い、下まぶたを引いて容器の先端が触れないように点眼します。点眼のあとは目を閉じて指先でしばらく軽く抑えておくようにしましょう。

 たかが目やにとあなどらず、目やにが大量に出る、長引く、いつもと違う色や粘り気がある、目やに以外にも目の症状があるときなどは、早めに眼科を受診することをおすすめします。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
内野 美樹先生


両国眼科クリニック院長
平成13年慶應大学眼科学教室入局。立川共済病院、国立埼玉病院を経て、平成15年より慶應大助手、平成18年より現職。専門はドライアイと白内障手術。日本におけるドライアイについての疫学研究の第一人者であり、VDT作業時間とドライアイの有病率の関係を世界で初めて証明した。患者の悩みをできる限り汲み取るのを信条としており、混雑した外来でもその姿勢は決して崩さないこだわり派。実生活では、2児の母でもある。

コラムに関連する病名が検索できます。

目やにが大量にでるのは病気? 目やにの原因とケアの正しい仕方 関連コラム