医療費明細書、調剤明細書の見方や役立て方のポイント

受けた検査や治療、薬を明示。ぜひチェックする習慣を

全国ほとんどの病院・保険薬局で無料発行、記載は専門的だが医療の内容や費用への意識高めるきっかけに

患者団体の医療の透明化を求める活動から

 病院や診療所に公的な医療保険を使って受診したとき、治療費の支払い窓口で領収証以外に「診療明細書」も発行されていることに気づいていますか? また、その後で薬をもらった薬局でも「調剤明細書」が発行されていることについてはいかがですか? 全国ほとんどの病院と薬局ではすでに1年以上前から行われていますから、この間に受診の機会があった人は受け取っているはずです。ただし、受け取ってはいても、大して気にとめていなかったかもしれませんね。しかし、「これからは、領収証以外に明細書もちょっと意識してください」というお願いです。

   診療明細書というのは、その日の診療において行われた検査、処置、投与した薬剤などを費用とともに記した明細書です。調剤明細書には医師の処方箋に基づいて調合された薬剤の名前と用量などが記されています。それらの費用は「点数」で記載されていますが、1点は10円に換算されます。
 これらの明細書を、レセプト(診療報酬請求明細書)のオンライン請求を義務付けられている保険医療機関と保険薬局は22年4月から、原則無料で発行しなければならないことになっています。また、レセプトのオンライン請求が義務付けられていない所でも、明細書を発行できるかどうか、発行の手続きはどのようにするか、発行の費用を徴収するのかどうか、などのことを院内に掲示しなければなりません。

 こうした措置が行われることになった背景には、薬害にあった患者の団体が医療の透明化を進めるために実施を強く求めていたという事情があります。医療事故が起こった場合、その内容を知る重要な手がかりになると考えられています。

検査、治療、医薬品などの名前と料金が全て分かる

 それでは、そのような重大な場合ではなく普段の私たちの生活のなかでは、どのように役立つでしょうか。領収証では、たとえば、初・再診料70点、医学管理○○○点、検査○○○点、投薬○○点などと記載され、治療、検査、薬などに実際にどれくらいの医療費がかかったのかを大まかに知ることができます。
 一方、明細書では、検査や治療の内容、使われた医薬品の名前と料金が詳しく記載されています。金額はどちらも自己負担の額ではなく、トータルの費用です。

●診療明細書に書かれている項目例
 ・初・再診料
 ・処方せん料
 ・検査料(生化学的検査や血液学的検査などの検査項目)
 ・画像診断料(X線やCTなどの項目、記録用フィルム)
 ・医薬品(投与した医薬品名と量)
 ・入院料(基本料、加算など)

●調剤明細書に書かれている項目例
 ・調剤基本料
 ・調剤料(内服薬や外用薬など薬の種類、後発医薬品調剤加算など)
 ・薬剤服用歴管理指導料
 ・薬剤情報提供料
 ・薬剤料(医薬品名と量)

 明細書の各項目は専門的な用語で記述されています。これを読んで、診療や処方された薬剤の内容、料金などが適正だったかどうかを判断するのは、実際にはよほどの専門知識がないと無理かもしれません。また、たとえば使われた薬剤の効果といった専門的な細かな部分は、明細書ではなく医師が直接記入するカルテを見ないとわからないでしょう。

 とはいえ、医師に直接聞きづらかった検査や治療の種類、その費用などが明記されている明細書の発行が、医療やそのコストに対して私たちが関心を持つきっかけになるものとしては十分です。厚生労働省の中央社会保険医療協議会(中医協)が患者約4,000人を対象に、明細書の発行について意識調査をしたことがあります。その結果を見ると、明細書を受け取ってよかった点について、「内訳がわかりやすくなった」「治療や検査の内容がわかりやすくなった」「薬剤師らに治療や投薬について質問・相談しやすくなった」などという回答が多く寄せられました。

 これからは、医療機関に受診するたびに領収証とともに明細書にも目を通し、疑問があれば医療機関に尋ねてみましょう。そうすることで、医療の内容や費用へのコスト意識は高まっていくに違いありません。

(編集・制作 (株)法研)

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  2. 2 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  3. 3
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  4. 4
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  5. 5
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  6. 6 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  7. 7
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  8. 8
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  9. 9
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  10. 10 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  11. 11
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  12. 12
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  13. 13
    リップを塗っても唇がカサカサ・ぷっくりしない…使い方間違ってるかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと リッ…
  14. 14
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  15. 15 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17
    【花粉症対策におすすめ】鼻うがいの正しいやり方。痛みなくスッキリ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 花粉…
  18. 18 太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19
    足の裏に魚の目やタコができやすい人は、腎臓が弱っているかも…?
    足裏は全身の血液の巡りや新陳代謝のバロメーター。 足の裏が冷えるこ…
  20. 20
    これで節約。ズボラな人でも続く!楽しく家計簿をつけるコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 節約…

一覧