ジェネリック医薬品って知ってる? 効果は同じで薬代が安くなる

処方せんは原則使用の形式、健保や自治体の後押しも

価格の安さは慢性病向き。効き目や安全性は同等でのみやすく工夫した製品も多い。普及率も少しずつ向上

新薬より2~8割も安く、長く使う慢性病に向いている

 「ジェネリック医薬品」のことをご存じないという人は、もはやほとんどいないでしょう。「後発医薬品」とも呼ばれ、特許期限が切れた「先発医薬品」(新薬)と同じ有効成分を用いて製造され、新薬と同等の効果を獲得している薬です。新薬に比べて開発費が少なくてすむため、価格も新薬の2~8割も安いのが特徴です。

 国民医療費の止めどない高騰に頭を痛めている厚生労働省が音頭を取ってジェネリック医薬品の普及を図っており、健康保険組合や健康保険協会なども盛んに使用促進のキャンペーンを展開しています。

 価格が安いというジェネリック医薬品の特徴が最大に生かせるのは、長期間服用する慢性病の場合です。以下にある試算例をご紹介しましょう。

 この試算例(増原試算)を見ると、自己負担額の差がどれも1年間で1万円前後に上ります。これらの慢性病の場合、1年どころか場合によっては一生薬をのみ続けなければならないこともあることを考えると、家計に及ぼすジェネリック効果は大変に大きなものになるのがおわかりいただけるでしょう。

欧米に比べてまだまだ低い日本の普及率

 価格が新薬より場合によっては8割も安いとあれば誰でも無条件に飛びつきそうですが、実はなかなか普及していない、というのが日本の現実です。数量ベースでみると、日本より早くから普及している欧米でのジェネリック医薬品の割合は5~6割に達しているのに対し、日本ではまだ約2割。これを平成24年までに3割に引き上げようというのが厚生労働省の目標です。

 実際、ジェネリック医薬品の長所は少しずつ認められているようで、普及率はわずかずつですが上向いています。厚労省の『最近の調剤医療費(電算処理分)の動向』によると、22年10~11月現在、数量ベースで22.6%(前年同期差3.6ポイント増)、処方せん薬局で調剤した回数で48.3 %(同3.3ポイント増)となっています。

 かつては処方せんに、診療した医師の署名がなければジェネリック医薬品に替えられなかったのが、現在では逆に医師の署名がなければ、原則としてジェネリック医薬品に替えることができることになっています。このため、診療時に医師にジェネリックに替えてほしいむねの意思表示をすれば、新薬に代わるジェネリック医薬品がある限り、ジェネリック医薬品を処方してもらえます。

 また、ジェネリック医薬品を使った場合に、自己負担額がどれくらい軽減されるか加入者や市民に知らせる健保や自治体も出てきました。例えば中小企業の従業員らが加入する全国健康保険協会の健保では22年6月に、その前年の9月に薬を処方された40歳以上の加入者に対して、処方された薬剤名と、それをジェネリック医薬品に切り替えた場合の薬代の自己負担額の軽減見込み額を知らせています。

使用者の5~6割が「効果は新薬と変わらない」、「安くなった」

 このように、ジェネリック医薬品を使いやすい条件が整ってきたことの影響でしょうか、厚労省がまとめた「後発医薬品の使用状況調査」(平成22年調査分)では、通院患者の半数以上(56%)がジェネリック医薬品を「使ったことがある」と回答していました。
 こう回答した人に、それまで使っていた新薬と比べたジェネリック医薬品の効果も尋ねたところ、「変わらない」「ほとんど変わらない」という回答が合わせて60%で、「どちらかというと効かない」「効き目が悪い」という回答合計の5%を圧倒。薬代の負担感でも「安くなった」が51%もあり、「それほど変わらない」23%の2倍以上でした。

 ジェネリック医薬品は、新薬と同等の効果と安全性が期待できるうえに、新薬以上にのみやすい工夫が加えられたものも多くあります。こうした効き目、使いやすさに加えて家計の節約効果も大いにあるジェネリック医薬品を、どんどん利用していただきたいものです。

(編集・制作 (株)法研)

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  2. 2 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  3. 3
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  4. 4
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  5. 5
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  6. 6 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  7. 7
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  8. 8
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  9. 9
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  10. 10 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  11. 11
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  12. 12
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  13. 13
    リップを塗っても唇がカサカサ・ぷっくりしない…使い方間違ってるかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと リッ…
  14. 14
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  15. 15 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17
    【花粉症対策におすすめ】鼻うがいの正しいやり方。痛みなくスッキリ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 花粉…
  18. 18 太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19
    足の裏に魚の目やタコができやすい人は、腎臓が弱っているかも…?
    足裏は全身の血液の巡りや新陳代謝のバロメーター。 足の裏が冷えるこ…
  20. 20
    これで節約。ズボラな人でも続く!楽しく家計簿をつけるコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 節約…

一覧