夏の早起きは健康度UPにつながる! 生活のリズムを整えるコツ

自分流「サマータイム」の取り入れ方

早寝早起きは人間本来の生体リズムを整える。涼しい朝の時間を趣味や勉強、スポーツに有効活用してみては

国全体の「サマータイム」は見送られたが、事実上の導入が広がる

 東日本大震災による夏の電力不足対策で節電が課題となる中、「サマータイム」という言葉をよく耳にするようになりました。

 夏の間時計の針を1時間早める「サマータイム」は、当初国全体での導入も検討されましたが、大規模な実施に伴う莫大なコストと社会的な混乱が懸念され、国の制度としての「サマータイム」は見送られました。しかし、製造業の企業では始業時間を繰り上げるところも多く、東京都や兵庫県など自治体でも一部の部署で始業時間の繰り上げが始まりました。この動きに合わせ、交通機関では早朝の運行本数を増やし、外食産業では開店時間を早めるところも現れるなどさまざまな対応がとられ、事実上のサマータイムの導入が広がっているようです。

 そもそもサマータイムは、日の出が早くなる夏の間、太陽が出ている時間を有効に利用しようというもので、デイライト・セービング・タイム(daylight saving time)ともいいます。欧米など、緯度が高く夏の日照時間が長い国々で取り入れられ、照明などに使うエネルギーの節約に加え、仕事が終わった後の余暇時間が増えることが期待されます。

 そこで、自分の職場では実施していないという人も、1時間早く起きて、自分流にサマータイムを取り入れるのはいかがでしょうか? 早起きは苦手という人も、日の出が早くて寒くない夏なら起きられるはず。朝は比較的気温が低いので、この時間に気持ちよく活動を開始して夜早く眠りにつけば、節電につながるだけでなく、体調アップにもつながります。

ゆっくり朝食をとってトイレタイムを確保

 わたしたちの体には、朝明るくなると目が覚めて活動し、夜暗くなると眠くなるというように、一定の生体リズム(体内時計ともいう)が備わっています。このリズムに大きくかかわっている一つが自律神経で、陽が昇るころに心身を活動的にする交感神経が活発になり、夕方になると心身を休息させる副交感神経が強くなります。早寝早起きは体が元々持っている自然のリズムに合っていて、このリズムをくずさないことが健康につながるのです。
 それでは、早寝早起きが健康によいことを具体的に見ていきましょう。

●早起きすれば夜自然に眠くなり、生体リズムが整う
 早起きの習慣がつくと、夜ぐっすり眠れるようになります。朝起きたら、太陽の光を十分浴びることが大切。光の刺激から一定時間がたつと、メラトニンという睡眠を促すホルモンが分泌されて眠くなり、生体リズムが整います。

●きちんと朝食がとれる
 時間がなくて朝食をとらないという人も多いようですが、朝食は午前中活動するためのエネルギー源です。ご飯やパンなどの炭水化物をとることで脳の栄養源である糖質が補給され、仕事の能率もアップします。また、朝昼晩と3食きちんと食べることで栄養バランスが整います。

●トイレタイムが確保できて便秘が解消される
 朝食で食べ物が胃に入ると、胃腸が刺激され便意が起こってきます。朝食後少し休み、便意を感じたらトイレに行く。これを習慣づけることが便秘解消につながります。

涼しい早朝にスポーツ。趣味や勉強も限られた時間なら集中してできる

 最近は「朝活」がブーム。早朝から営業しているスポーツクラブや英会話教室などもあります。早起きして、より積極的に朝の時間を活用してみてはいかがでしょうか?

●涼しいうちにウオーキングやランニングを
 夏の日中は熱中症が心配ですが、早朝なら涼しくて空気も澄んでいるので、気持ちよく運動できます。1時間も早起きすれば、シャワーで汗を流す時間も確保できるでしょう。

●勉強や趣味の時間を深夜から朝にシフト
 読書したり、音楽を聞いたり、インターネットで調べ物をしていたら深夜になってしまい、翌日寝不足でつらかったという経験をした人は少なくないでしょう。早朝を趣味や勉強の時間に当てれば、たとえば「1時間だけ」と時間も限られるのでかえって集中でき、計画も立てやすくなります。

 このように、早起きすれば朝の時間を有効活用できますが、夜寝る時間が遅いままでは寝不足から健康を害することにもなりかねません。早起きしたら早く寝ることを忘れずに!

(編集・制作 (株)法研)

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  2. 2 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  3. 3
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  4. 4
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  5. 5
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  6. 6
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  7. 7 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  8. 8
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  9. 9
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  10. 10
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  11. 11 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  12. 12
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  13. 13
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  14. 14 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  15. 15 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  16. 16
    足の裏に魚の目やタコができやすい人は、腎臓が弱っているかも…?
    足裏は全身の血液の巡りや新陳代謝のバロメーター。 足の裏が冷えるこ…
  17. 17
    リップを塗っても唇がカサカサ・ぷっくりしない…使い方間違ってるかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと リッ…
  18. 18
    【花粉症対策におすすめ】鼻うがいの正しいやり方。痛みなくスッキリ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 花粉…
  19. 19
    女性が一番キレイに見えるメガネの色は何色?選び方の大事なポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 老眼…
  20. 20 太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …

一覧