熱中症は屋内にいてもなる? オフィスや家庭でも対策方法

エアコン設定温度28度の夏を健康に過ごすために

エアコン+扇風機で冷房効率アップ、涼しい服装、こまめな水分補給と体調管理が大切

熱中症は室内で起こることも多い

 昨年の夏は平均気温が観測史上最高、熱中症で救急搬送された人の数も過去最高という記録的な猛暑でした。今年は、梅雨も明けないうちから猛暑日を記録するなど、6月の暑さは昨年以上で、その後も暑い日が続いています。東日本大震災による電力不足対策で節電が呼びかけられるなか、エアコンの使用を控えることによる熱中症の増加が心配されます。

 環境省『熱中症環境保健マニュアル』によると、熱中症とは、「高温環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体温の調整機能が破綻するなどして、発症する障害の総称」です。私たちの体には、暑くなると末梢血管を拡張させて皮膚から熱を逃がしたり、たくさん汗をかいて「汗の蒸発」により体温を下げる仕組みが備わっています。ところが、気温や湿度が高い、風通しが悪い、日差しが強いなどの環境では、こういった体の仕組みがうまく働かなくなり、熱中症を発症しやすくなります。

 軽い熱中症では、たちくらみや筋肉の硬直、発汗が止まらないなどの症状が起こります。この段階では涼しいところで水分や塩分を補給し、水や氷で体を冷やします。次の段階に進んでひどい頭痛や吐き気、倦怠(けんたい)感などが現れた場合は、上記に加えて足を高くして休みますが、自分で水が飲めないときには救急車を呼びましょう。さらに重症になると言動がおかしくなったり、ひきつけたり、意識がなくなることもあります。このようなときは一刻も早く救急車を呼ばなくてはいけません。

 熱中症は、炎天下のスポーツや作業中に起こるものと思っている方も多いかもしれませんが、実は室内での発生も少なくありません。特に高齢者や乳幼児、慢性の病気をもっている人など、抵抗力が弱い人は熱中症を起こしやすいため注意が必要です。また、アイロンがけや火を使った調理中などは室温が急上昇するので、室温が上がりすぎないように気をつけましょう。

エアコンは扇風機などを併用して効率的に。室内と戸外で涼しい服装は違う

 熱中症を防ぎ、この夏を健康に、そしてできるだけ快適に過ごすためには、どんなことに気をつければよいでしょうか。ここではオフィスや家庭など、主に室内を中心に対策をみていきましょう。

●扇風機などを補助的に使って冷房効率アップ
 熱中症予防で第一に心がけることは暑さを避けることですが、今年は節電のためエアコンの設定温度は28℃が推奨されています。この温度設定では、暑いと感じる人が多いと思います。扇風機などの風が直接体にあたると、体感温度が2~3℃下がるといわれますから、扇風機やサーキュレーターなどを補助的に使うとよいでしょう。そうすることで同時に、下に溜まりがちな冷たい空気を対流させることができ、冷房効率もアップします。

●スーパー・クールビズまでいかなくても、服装の工夫は大事
 今年は環境省が「スーパー・クールビズ」を提唱、業種によってはTシャツに半ズボンもOKという職場もあるようです。そこまでは無理としても、上着は着ないで、ネクタイを外して襟元をゆるめ、空気を入れるだけでも涼しく感じます。また、下着やポロシャツを吸汗・速乾素材のものにすれば、汗をかいても快適に過ごせます。
 自宅では、タンクトップや短パンなどでなるべく肌を露出し、屋外では逆に、太陽の光や熱を避けるため肌の露出は抑え、熱を吸収しやすい黒色系の服は避けましょう。さらに、日傘やつばの広い帽子で日差しを遮り、日陰を選んで歩きましょう。

のどが乾く前の水分補給と体調管理。服用している薬に注意

 汗で体の水分が不足すると、体温を調節する機能が低下します。軽い脱水状態のときにはのどの渇きを感じないものですから、のどが渇く前からこまめに水分補給をすることが大切です。暑い場所へ行くときには、出かける前に水分を補給しておくとよいでしょう。
 特に、湿度が高く風もない日は、汗をかいても蒸発しにくいため汗の量が増えきますから、その分も十分な水分補給をこころがけましょう。
 汗には水分のほかにナトリウムやカリウムなどの電解質が含まれるため、水分だけでなくこれらも補給するようにしましょう。市販のスポーツドリンクでもよいですが、水に少量の塩を加えたものを手作りしてもよいでしょう。

 高齢者や乳幼児、慢性の病気をもっている人は、熱中症を起こすリスクが高いことは前述しましたが、体力のない人、太っている人、暑さに慣れていない人なども要注意です。また、普段健康な人でも、体調が悪いときは抵抗力が低下しています。睡眠不足や二日酔い、朝食抜きのときなどは無理はせず、日ごろから体調管理に努めることが大切です。また、高血圧や心臓病の薬、抗精神病薬など、薬によっては体温調節に影響を及ぼし熱中症の要因となるものもあるため、服用している薬がある人は、医師や薬剤師に確認しておきましょう。

(編集・制作 (株)法研)

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

暑さを我慢するよりはエアコンでちゃんと冷やした方がいいんですよね?

カラダIQを高める!~今回の解説~ Q. 暑さを我慢するよりはエアコンでちゃんと冷やした方がいいんですよね? A. NO……冷やしすぎは、カラダ的にもエコ的にもNGです。
暑さが厳しく... 続きを読む

とっても怖い熱中症!その原因は汗にある!

熱中症ってどうしてなるの?
熱中症になるのはどういった時なのでしょうか?

暑いとき、私たちの体は汗をかき、汗が蒸発するときに皮膚から熱を奪い、体温が上がり過ぎないように調節します。大量に汗をかいたまま水分を補給しないでいると、汗と... 続きを読む

真夏でも快適に節電しながら過ごす方法-おすすめひんやりグッズ

7月1日、政府は東北電力と東京電力管内の大口需要家(契約電力500kwを超える企業など)に対し、7~9月の平日午前9時から午後8時までの間、使用電力の15%削減を義務づける電力使用制限令を出しました。これは、東日本大震災の影響で電力供給量... 続きを読む

日本の暑い夏を乗り切る知恵-昔ながらの日本の風習を見直そう

蒸し暑い日本の夏。冷房をかけて部屋でグッタリしているという、いつものパターンに陥りがちではないですか?
今年の夏はすこし趣きをかえて、「ジャパニーズ・スタイル」を取り入れてみませんか?
昔の人の、夏を快適に過ごすアイデアは、日本の風土... 続きを読む

屋内でも要注意!熱中症の予防の仕方-症状別困ったときの処置法

熱中症の季節です。熱中症は熱にあたっておこる症状の総称で、日射病や熱射病などという呼び方から統一的に熱中症と言われるようになりました。真夏になると、フェーン現象やヒートアイランド現象などにより、体温に匹敵するほどの高い気温に見舞われる日が... 続きを読む

冷房を我慢しないで!寝苦しい熱帯夜を乗り切る、快眠美人の熟睡法

高温多湿で寝苦しい夏。ただでさえ紫外線などによるダメージで、肌トラブルが増えやすい時季なのに、うまく眠れないことで睡眠時間にキレイが育めず、翌朝もお疲れ肌で、夏がおわる頃にはぐっと老けてしまった!なんてことだけは避けたいですよね。熱帯夜... 続きを読む

婦人科検診を受けるときの服装は? 準備しておいて便利な物

婦人科の病気が疑われる症状のなかで、「おりもの」や「不正出血」は自分だけが気づくことができるものです。ですから、そんな症状があれば積極的に相談に来ていただきたいのです。でも、やっぱり恥ずかしくて気後れするのが婦人科の診察だと思います。
... 続きを読む

スクワットは史上最高のエクササイズ!

スクワット
スクワットは、身体中の上から下に至るあらゆる筋肉を使うことの出来るエクササイズです。トレーニングという観念で見ても非常に有効的なトレーニングであることも特徴です。腹筋や背筋を鍛えるためのトレーニングも有名ですが、スクワットの... 続きを読む

季節の変わり目は熱中症に要注意! 危険な症状と予防法

また強い日差しが照りつける夏がやってきます。「真夏日」、「熱帯夜」とともに「熱中症」という言葉がニュースに頻出する季節です。この熱中症は、高温、高湿度の環境下で起こる、夏の代表的疾患のひとつです。
東京消防庁の調べによれば、熱中症... 続きを読む

救急車を呼ぶ前に…緊急性があるか迷ったら、相談ダイヤルを利用して

緊急性がないのに救急車を呼ぶ人が増えているそうです。そういった人が多いと本当に必要な人への到着時間が遅れることになります。救急車を呼ぶべきか迷うことがあったら相談できる窓口があるので是非、活用してください。 「眠れない」「靴ずれで足が... 続きを読む