子どもの排便、気にしてる? 便秘の原因と予防の6つのポイント

悪い排便習慣は将来の健康に大きなマイナス

不適切な生活習慣で便秘になりやすい子ども、気づいていない親が多い。下剤に頼らず食事や運動習慣を見直す

小学生の4割が毎日は排便していない

 健康を守るうえで適切な食習慣が大切であることは当然として、同時に適切な排便習慣も非常に重要です。ところが、最近明らかにされたある調査では、小学生の10人に4人が、排便するのは1日1回未満であることがわかりました。子どものうちから悪い排便習慣に陥っていると、将来の健康に悪影響があるのではないかと懸念されています。

 口から摂取した食物は胃から大腸を通過する間で栄養分を消化・吸収され、残った老廃物は早ければ24時間後には排便されるのが腸の正常な働き。腸が正常に働いてこそ消化・吸収もきちんと行われ、さらには腸が大きな役割を担っている免疫の機能も維持されます。

 しかし、長時間排便せずに腸に便がたまり過ぎると腸内環境を悪くします。腸内環境は腸内にすむ400種類100兆個もの細菌のバランスに左右されますが、排便が進まないといわゆる悪玉菌が増えるために腸内環境が悪化してしまうのです。日本人の腸内環境は1970年頃から悪くなり始め、それとともに大腸がん、糖尿病、アレルギー性疾患などが増えてきたという指摘があります。このようなことを考え合わせると、子どもの排便状況の悪化は、その子の将来の健康を害しかねないと言っても過言ではないでしょう。

子どもは腸の弾力が弱いため便秘になりやすい

 排便をもたらすのは腸の2つの運動です。収縮と弛緩を繰り返して老廃物を混ぜ合わせながら先へ送り出す「分節運動」と、老廃物をさらに肛門(こうもん)に向けて送り出す「蠕動(ぜんどう)運動」です。このうちの蠕動運動は、朝食抜きや食物繊維不足、ストレスなどの影響を受けると活動が弱くなってしまいます。特に小さな子どもの場合、腸の機能はまだ発達過程にあって腸の弾力が弱いため、上記のような不適切な生活習慣があると排便が進まなくなるのは当たり前のことだとも言えるのです。

 また小学校に入ると、学校のトイレに行きたくなくて便意を我慢してしまう子どもがでてきます。そうすると便が硬くなり、排便のとき痛い思いをしてますます排便を嫌がるようになる、という悪循環に陥ってしまいます。

親は子どもの排便習慣に気を配ろう

 そこで必要になってくるのは、親が子どもの排便習慣に気を配ること。前述の小学生の調査では、低学年ほど排便が1日1回未満の割合が高いことも明らかになっています。にもかかわらず、全体では子どもの母親の約8割が自分の子どもの排便は順調と思っているという調査結果も出ており、多くの子どもが排便が滞っているのに親が気づかずに放置されていることが想像されます。子どもに適切な排便習慣を身につけさせるために、以下のようなことに配慮してあげるとよいでしょう。

●体をチェック
 子どもは、おなかが張っているくらいのことは口に出さずに我慢しがち。入浴時などに子どもの体をさすってやり、おなかが張っていないか、硬いところや皮膚の色がおかしなところはないか見てあげましょう。また、便が硬くなっていないかなど、便の状態もチェックするようにしてください。

●朝食を必ずとる
 朝起きて空っぽの胃に水分や食べ物が入ると、腸の運動が活発になって排便が促されます。朝食抜きで登校する小学生も珍しくないようですが、少し早目に起きて朝食をとり、そしてトイレに行くということを習慣づけてください。

●食物繊維をたっぷり
 食物繊維は腸内環境を整え排便を促すのに不可欠の栄養素です。水に溶ける水溶性食物繊維(いちご、キウイフルーツ、こんにゃく、きのこ類、オクラ、モロヘイヤ、海藻類などに豊富)と、水に溶けない不溶性食物繊維(野菜、豆類、いも類、きのこ類、玄米などに豊富)があり、それぞれを1対2くらいのバランスでとるのが望ましいとされています。不溶性ばかりだと、水分を吸収して逆に排便しづらくなるので注意。

●運動をする
 特に下半身をよく動かす運動は腸を外から刺激して腸の動きを活発にします。ゲーム遊びなどで家に閉じこもりがちになっていないか、気をつけてあげましょう。

●下剤に頼らない
 便秘がちでも下剤に頼ってしまうと、子どもの排便力を低下させる恐れがあります。

●季節の変化に注意
 夏は発汗で水分不足になりやすい。冬は空気の乾燥で水分不足、室内に閉じこもりがちで運動不足に。どれも便秘を招きやすい要因です。

 子どもの健康や生活習慣に関心を持たない親はいないでしょう。しかし前述の調査では、その関心の多くは、食生活のかたよりや運動不足、寝不足などといったことに向けられているようです。そこにぜひ、排便習慣にも目を向けることを加え、子どもの将来の健康の基礎づくりに努めていただきたいものです。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
松生(まついけ) 恒夫先生


松生クリニック院長
1980年東京慈恵会医科大学卒業後、同大第三病院内科助手、松島病院大腸肛門病センター診療部長などを経て、2004年より現職。医学博士。日本内科学会認定医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本消化器病学会認定専門医、日本東洋医学会専門医、日本大腸肛門病学会専門医。専門領域は、大腸内視鏡検査(現在までに3万件以上施行)、生活習慣病としての大腸疾患、地中海式食生活(地中海式ダイエット)、漢方療法、ストレス対策としてのポップ・ミュージック。著書に『腸がスッキリきれいになる本』(法研)、『味噌、しょうゆ、キムチ 植物性乳酸菌で腸内改革』(主婦の友社)など多数。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

尿路結石は若い女性にもできる!? 予防になる食事と生活習慣

尿は腎臓で作られ、尿管を通って膀胱(ぼうこう)に運ばれます。そして一定量の尿が膀胱にためられ、膀胱から尿道を通って排出されます。この腎臓、尿管、膀胱、尿道など、尿の通り道を尿路といい、尿路のどこかに石ができる病気が尿路結石です。症状は激痛... 続きを読む

【いつ結婚するの?】親からの圧力を上手に回避する方法

結婚はタイミングが大事。例え恋人がいても、それが結婚に繋がるとは限らない。そんな娘の気持ちとは裏腹に。親の心配がよもや圧力となる今日この頃…。どうやってデリケートな問題に首を突っ込まれずに上手に回避する!?今回は【いつ結婚するの?】コー... 続きを読む

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その5 外で子どもと遊ぶ時

今回は、子どもと一緒のお出かけについてです。子どもが小さいときのお出かけは、色々と持って行くものも多くて大変なので、力のある男性のほうが有利な面もあります。小さいときはあっという間に過ぎてしまうので、一緒に遊びに行く時間を大切にするといい... 続きを読む

彼に頑張ってほしい結婚式の準備ランキング

親へのあいさつ 両家の顔合わせ 司会者などとの打ち合わせ 結婚指輪選び 式場選び ... 続きを読む

深呼吸のリラックス効果と健康効果-生活習慣病の予防にも

仕事や家事で疲れたとき、大きく息を吸ってゆっくり吐くと、体全体のこりがほぐれてゆったりした気分になります。こうしたリラックス効果は、深呼吸のもつ大きなメリットの一つです。
深呼吸をするとリラックスできるのは、自律神経のうち交感神経の働... 続きを読む

彼女から結婚のプレッシャーが強すぎてどうしていいかわからない瞬間ランキング

付き合ったばかりなのに「親に会って」と言われた 「紹介する」と言っていないのに「あなたの親に会いに行こう」と言われた 「子どもが欲しい!」と連呼された ... 続きを読む

便秘がちな女性は痔になりやすい? 予防と治療に一番良いこと

痔(じ)は「お尻のかぜ」と言われるくらい誰でも普通にかかる病気。日本人の3人に1人が「痔主」と言われています。痔の最大の原因といえば便秘ですが、女性には便秘の人が多いため、たくさんの女性が痔に悩んでいます。しかし場所が場所だけに、「もしか... 続きを読む

アンチエイジングに役立つ3つの基本-若返りのための生活改善法

白髪が目立ってきた、小さな文字が見えにくい、頻繁に物忘れをするなど、誰でも40歳ごろから、少しずつ老化現象を自覚し始めます。以前は「自然のなりゆき」とあきらめていたものですが、最近のアンチエイジング(抗加齢)医学の進歩によって、たとえ中高... 続きを読む

太りにくい体は自律神経から-痩せないのは交感神経が原因かも?

あの手この手でダイエットに取り組んでも、なかなかやせにくいという場合、その原因としては、交感神経の働きが低下していることが考えられます。
交感神経は、副交感神経とともに自律神経と呼ばれます。交感神経は体を活動モードにする昼間の神経、副... 続きを読む

子どものメタボは大人より危険-食生活の6つの注意点

子どもの肥満を、「元気でいい」と楽観視するのは考えもの。幼児の肥満は学童期の肥満に、学童期の肥満は思春期の肥満につながり、成人の肥満へとつながりやすいのです。肥満は糖尿病をはじめ、高血圧や脂質異常症、脂肪肝、睡眠時無呼吸症候群などの生活習... 続きを読む