夏は栄養が偏りがち-ビタミンB1、ミネラル確保で夏バテ予防

糖質をエネルギーに変えるビタミンB1不足で夏バテ状態に

1日3食バランスよく食べ、不足しがちなビタミンB1やミネラルを補う。香味野菜の食欲増進効果も利用

ビタミンB1不足に注意

 節電の夏。なんとなく食欲が落ち、だるさを感じている方も多いでしょう。アイスコーヒーや清涼飲料水、アイスクリームなど冷たくて口当たりがよいものをついついとってしまい、食事はのど越しがいいめん類ばかりというのでは、栄養が偏り夏バテ街道まっしぐらです。

 食事をすると代謝が高くなり、体内に熱が発生して体温が上がりますが、中でも肉類などのたんぱく質を多く含む食品は、特に体温を上げる働きがあります。そこで、体温が上がって体が消耗しないように、脳の体温調節中枢が食欲中枢に食欲を抑えるように働きかけるので、どうしても夏はたんぱく質などを含まない、あっさりしたものが食べたくなるのです。
 しかし、あっさりしたそうめんや冷やしうどん、そして甘い飲み物には糖質が多く含まれています。糖質の代謝(エネルギーに変えること)にはビタミンB1が不可欠ですから、糖質の多いものばかり食べているとビタミンB1不足につながります。ビタミンB1は神経を正常に保ち、消化液の分泌を促し、食欲を促進させる働きがあり、不足すると疲れやすくだるさを感じる、いわゆる夏バテ状態に陥ります。

 ビタミンB1が豊富な食べ物といえば豚肉がよく知られていますが、豚肉を使ったハムやウインナーはもちろん、うなぎやかつお、鶏レバー、枝豆や大豆、そばなどにも多く含まれます。穀類では胚芽部分に多いので、白米ばかりでなく玄米や分づき米を主食にとり入れるとよいでしょう。野菜も糠(ぬか)漬けにすると、糠の豊富なビタミンB1が野菜にしみ込むのでおすすめです。
 ビタミンB1は水溶性で熱に弱いので、炒め物なら手早く炒め、片栗粉で軽くとじて炒め汁も食べるようにします。
 また、ビタミンB1の吸収を高めてくれるのが、ねぎやにら、にんにくなどの香り成分アリシン(硫化アリル)です。豚肉のガーリック炒めや豚キムチにするのもよいですし、定番のしょうが焼きには玉ねぎや長ねぎ、ニラなどを使うとより効果的です。

旬の野菜と果物でビタミン、ミネラルを補給

 旬のトマトやきゅうり、なす、オクラ、モロヘイヤ、かぼちゃ、ピーマン、冬瓜、すいか、メロンなどは、いずれも彩りがきれいでビタミン・ミネラル類が豊富です。
 一般的に、暑い夏に収穫される野菜は熱をとり体を冷やすといわれています。生で食べるトマトやきゅうり、すいか、メロンなどは約9割が水分で、食べながら水分補給ができ、汗で出ていくミネラルの補給にもなります。

 オクラやモロヘイヤのネバネバ成分ムチンには消化を助ける働きがあり、納豆と混ぜたネバネバ和えや、モロヘイヤと卵のスープなどにして食べるとよいでしょう。
 忙しいときには、なすやピーマンなどをオーブントースターで焼いてかつお節やレモン汁で食べる焼き野菜は、簡単にできておすすめです。また、すいかやメロンは一口大にカットしてビニール袋に入れて冷凍すると氷菓になり、口さみしいときのおやつとしても最適です。

酸味と香りで食欲アップ

 食欲増進には味や香りも重要です。梅干しや酢などの酸味、とうがらしやしょうがなどの辛み、ねぎやしそ、みょうがなどの香味といった適度な刺激は食欲をアップさせます。

 夏の定番メニューの冷やし中華は、ハムや卵、彩りのよい野菜を使って栄養バランスがよいだけでなく、たれに酢を使っているので酸味の食欲増進効果と疲労回復効果が期待できる一皿です。(『酢のパワーで健康力をアップ!』参照)
 そうめんにするときも、めんつゆに豚肉や鶏肉、油揚げ、チーズなどコクのあるたんぱく源を加え、ねぎやしそ、みょうがなどの薬味を加えれば、具たっぷりのつけめん風そうめんになります。焼き豚や卵、わかめ、トマト、おろししょうがやねぎを薬味としてちらした五目そうめんにすれば、冷たくて食べやすく栄養満点です。

食事は1日3回、栄養バランスを整える

 暑さによるストレスでたんぱく質の消費量も多くなるので、肉や魚や卵、大豆製品などのたんぱく源をしっかりとることも大切です。さらに、血行をよくするビタミンE、体に酸素を届ける鉄分も、夏バテ予防には重要な栄養素です。

 朝食抜きの人も多いようですが、寝ている間に水分やエネルギーが消費されているので、朝食を抜くことは体にとって大きなストレスとなります。忙しくてもヨーグルトや果物、野菜ジュース、牛乳などを利用し、できれば胚芽パンを加えたりするとよいでしょう。冷たい納豆そうめんなども意外と食べやすいので試してみてください。

 夏太りが気になる人は、主食を減らし、夕食が遅くならないようにしましょう。ビタミンB1が多いかつおや豆腐、鶏ささみなどのたんぱく源をメインに、夏野菜のレタスやトマト、枝豆、トウモロコシを散らしたにんにく風味サラダなどがおすすめです。豚肉を使うなら脂肪が少ないひれ肉やもも肉がよいでしょう。食事は抜かずに1日3食とることが、バランスのいい栄養を確保する基本です。

 週末には、玄米粥や梅肉冷しゃぶサラダなどで、疲れた胃腸をいたわってください。さらに、ジンジャーティーや梅干し番茶、梅ドリンク、レモネード、手作りニンジンジュースなど、リラックスできる飲み物で癒しの時間をもち、夏バテから体も心も守ってあげましょう。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
小池 澄子先生


管理栄養士・女子栄養大学生涯学習講師
明治乳業に10年間勤務し、妊産婦や乳幼児の食事相談を担当。独立後、「自然と食と人」を結ぶネットワーク『有限会社カナ』を設立。元日本航空健康管理室非常勤栄養士。帝京科学大学・和光大学非常勤講師。企業やクリニックでの食生活を中心とした健康管理指導、保育園や地域での子育て支援、栄養相談、料理教室や、講演、新聞、雑誌など、幅広く活躍中。栄養、料理、農業を通じて、「心と体と社会の健康」を高める情報やレシピを提供し、食を柱にした子どもと大人のための食育活動を展開。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

熱中症予防に牛乳が効くってホント?運動後の牛乳がおすすめの訳

いよいよ夏本番、海や山へのレジャーが楽しみな一方、熱中症が心配な季節でもあります。熱中症は、大量の発汗によって体内の水分や塩分が失われて脱水状態になり、体温調整機能がうまく働かなくなることで起こります。最悪の場合、命にかかわる場合もあるこ... 続きを読む

低糖質で高たんぱく!厚揚げダイエット

厚揚げ
ダイエット中は、できるだけ糖質を抑えた食事をしたいもの。
しかしそうなると満腹感が得られず、挫折してしまう人も多いでしょう。

そんな中、糖質制限食として人気となっているのが『厚揚げ』です。
厚揚げは低糖質なのに食べ応え... 続きを読む

モロヘイヤで便秘すっきりダイエット!

モロヘイヤ健康ジュース
ダイエットに取り組む場合、脂質や糖質などに気を使う人は多いですが、腸内環境に気を使う人は驚くほど少ないです。

実はダイエットには腸内環境が大きく関係していると言われており、便秘などで腸内環境の状態が正常でな... 続きを読む

水分豊富なゆでなすで夏バテ防止ダイエット

なす
なすは95%が水分と、とても水分が豊富な野菜です。
特徴として「体を冷やす」という効果があります。
夏に何も食べずに水分をがぶがぶ摂るよりも、なすレシピで賢く水分を摂りながらダイエットが賢い方法です。
なすは油を吸ってしまい... 続きを読む

梅の健康効果を取り入れよう! 3つの効果と4つの調理方法

早春に花を咲かせた梅が、6月になると枝もたわわに実をつけ、収穫の時期を迎えます。6月は梅仕事の月とも言われ、収穫した梅の実は梅干しや梅酒、梅シロップ、梅ジャムなどさまざまに工夫され、保存食として私たちの健康を支えてくれます。
ただし、青... 続きを読む

ダイエットレシピ 枝豆入りキーマカレー

代謝UP&食感がポイント! 枝豆&発芽玄米の食感が満腹のカギ! 通常のキーマカレーは 712kcal(1人分) ▼ 499kcalにダウン! 材料(2人分) 豚ひ... 続きを読む

【レシピつき】驚くべきダイエット効果!余裕で1本イケる「焼きねぎのサラダ」♪

独特の香りと歯ごたえが特徴のねぎ。焼き鳥・炒めもの・すき焼きの具材として使ったり、お味噌汁や冷奴、納豆などの薬味として使うことが多いですよね。また、風邪を引いた時に食べている方も多いでしょうか。そんなねぎですが、驚くべき美容・健康効果が... 続きを読む

おからダイエットレシピ おから入りねぎオムレツ

オムレツに入れて
1人分127kcal 材料(4人分) おから 50g 卵 3個 長ねぎ 1/3本 A [刻みパセリ大さじ1、ピザ用チーズ30g、塩少々] サラダ油 大さじ1/2 B [... 続きを読む

夏バテに焼肉やにんにくは効かない? 本当にスタミナのある食事とは

食材の効果を生かした組み合わせを知って夏バテを即効解消。焼肉、にんにく、酢など夏バテ対策食の定番は、かえって夏バテを促進することも。新しいスタミナ食を紹介。 疲れをとるつもりで食べて、かえって疲れることもある 「焼肉やにんにく」でスタミナ... 続きを読む

みょうがとミツバジュースで体の中から美しく

みょうがとミツバジュース
美味しいジュースを飲むだけで、体の中から美しくなることが出来るのであれば、誰だって飲んでみたくなるはずです。
みょうがとミツバジュースは、みょうがとミツバがそれぞれ健康、美容に効果のある、ダイエット中に積極的... 続きを読む