サービス付き高齢者向け住宅-老人ホームとの違いとは?

住まい選びでは有料老人ホームとの違いを理解することが大切

一人暮らしの不安を解消し自由に暮らす「サ高住」入居事例、多世代のコミュニティを重視した街づくりも紹介

サービス付き高齢者向け住宅と有料老人ホームのサービスの違い

 比較的元気な高齢者が安心して入居できる住宅を目的として2011年に創設された「サービス付き高齢者向け住宅」が、現在急増しています。前回はその特徴についてご紹介しました(『高齢期の新しい住まい「サ高住」とは』)。
 本シリーズでは、介護が必要となった方にとって頼れる住まいとしてニーズの高い「有料老人ホーム」についても、お伝えしてきました(『高齢期の生活の場、有料老人ホームとは』『有料老人ホームで暮らすとは』)。

 この新しい住まい「サービス付き高齢者向け住宅」(以下「サ高住」)と有料老人ホームの違いがわかっていないと、実際の住まい選びで混乱や失敗を招く原因にもなります。両者の違いをよく理解した上で、自分のニーズに合った住まい、暮らし方を選択することが求められます。サービスを中心に、両者を比較してみましょう。

 「サ高住」と有料老人ホームの大きな違いは、介護サービスの提供です。有料老人ホームにもいくつかタイプがありますが、「介護付有料老人ホーム」では「特定施設入居者生活介護」という介護保険サービスが利用でき、ホームの顔なじみのスタッフによって、介護、健康管理、食事、生活相談、レクリエーションなどのサービスが総合的に提供されます。「住宅型有料老人ホーム」では、介護が必要となった場合、居宅介護支援事業所にケアプラン作成を依頼し、訪問介護などの介護サービスを個別に選び利用しながらホームでの生活を継続することができます。

 一方「サ高住」では、基本的には住宅内で提供される必須サービスは安否確認と生活相談のみ。食事や介護、医療サービスなどは住宅ごとに異なり、入居者が必要な外部サービスを自ら選んで契約します。
 実際には、ほとんどの「サ高住」が食事を提供しているようですが、それ以外のサービスについては、介護や医療を手厚くしているところから、安否確認と生活相談のみのところまでさまざまです。「食事があるから」「費用が安いから」「高齢者向けだから」と安易に選択すると、「自由な食事のほうがよかった」とか「介護がなかった」などということになるかもしれません。

 費用に含まれているサービスは何か、介護や医療が必要となったときの対応は? など、十分確認しましょう。外観は同じような建物ですが、両者のサービスを比較し、自分のニーズに合った住まいを選ぶことが大切です。高齢者向け住宅だからといって、必ずしも介護サービスの手厚い住宅ではないことにご注意ください。
 (※)「サ高住」でも特定施設入居者生活介護をとっているところもあり、その場合は介護付有料老人ホームと同じようなサービスが受けられます。

事例紹介 自宅近くの「サ高住」に入居した80歳男性(自立)のケ-ス

 それでは、実際に「サ高住」と「有料老人ホーム」を比較検討し、サ高住に入居された方のケースをご紹介します。あくまでも一例ですが、入居に至るまでの経過、費用やサービスを参考にしてみてください。

 千葉県に暮らすHさん(50代)の実家は兵庫県にあり、高齢の両親が暮らしていました。思いがけず母親が急逝し、1人暮らしとなった80歳の父親(自立)の呼び寄せを検討しましたが、父親は住み慣れた土地を離れるのはいやだと応じません。しかし慣れない家事、中でも食事づくりは大変で、次第に食生活が乱れ体調を崩し始めました。
 有料老人ホームをいくつか見学しましたが、要介護度の高い高齢者が介護を受けながら暮らす施設への入居には気持ちが動きません。相談員より「サ高住」を紹介され、早速見学に。有料老人ホームとは異なり、さりげなく見守られ安心を得ながらも自由に暮らしている高齢者の暮らしを見て、Hさん親子はここならば、と入居を決めました。

 父親の感想は「考えていた以上の快適さに驚いた」「何よりも3度の食事を用意してもらえて助かる」「いつも明るく元気な若いスタッフが近くにいるので安心」「一人暮らしの不安も解消された」「こんなことならもっと早く決めてもよかった」と満足の様子。健康状態も3食提供される食事で回復し、Hさんも安堵。定期的に訪問しています。
 高齢者にとって急激な環境変化は心理的にも大きな負担となります。高額な入居金がかからないため自宅を処分せずに済み、住み慣れた地域とのつながりを残したまま入居できたことも安心につながっているようです。

 このように、高齢とはいえ自立している方が、要介護度の高い高齢者が多い有料老人ホームへの入居に戸惑うのは当然のことでしょう。Hさん親子は、介護が重度になった場合にはさらなる住み替えが必要となる可能性をプランに入れての1ステップ、安心の住まい選びでした。

「サ高住」選びには地域全体をみることも大切

 東京都日野市に、UR都市機構団地再生プロジェクトで生まれた「たま結びテラス」*を訪ねました。「たま結びテラス」には、「サ高住」とコミュニティハウスからなる「ゆいま~る多摩平の森」**のほか、若者向けシェアハウスや、貸し菜園を併設したファミリー向け共同住宅があり、若者から高齢者まで多世代が集まって暮らしています。「たま結び」という名前には、“世代を超えて、人と人、人と街、周辺地域がつながり、コミュニティが再構築される結び目になるように”という想いがこめられているそうです。

 「ゆいま~る多摩平の森」には、NPO法人が運営する食堂があり、居住者だけでなく誰でも予約なしに利用することができます。食堂は多目的室を兼ね、コンサートやセミナーが開催されたり書架が設けられるなど、近隣住民も気軽に利用でき、多世代の住民や地域の人々の交流が積極的に図られています。
 気になる介護サービスに関しては、泊まり(ショートステイ)、訪問(訪問介護)、通い(デイサービス)の3つの機能を持つ小規模多機能型居宅介護を併設。また、終末期ケアをライフワークとする医療機関と連携し、重度の医療や介護が必要となっても、最後まで安心して住み続けられる環境が整えられています。居住者は趣味や仕事を楽しみながら元気に社会活動を行っています。

*「たま結びテラス」は2012年度グッドデザイン賞を受賞(都市づくり、地域づくり、コミュニティづくりカテゴリー)
**ゆいま~る多摩平の森

 このように、近年は医療や福祉、生活支援の充実とともに、多世代のコミュニティを意識した住まいや街づくりも進められています。住まい選びは自分らしい暮らしを選ぶことです。地域全体の居住環境を見回しながら自分の暮らしに合った住まいを見つけましょう。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
川上 由里子先生


ケアコンサルタント
ケアマネジャー、看護師、産業カウンセラー、福祉住環境コーディネーター2級。1984年より13年、大学病院、高齢者住宅などで看護師として勤め、三井不動産(株)ケアデザインプラザの立ち上げに参画。現在はUR都市機構や各企業の高齢者、介護関連のアドバイザーとしても活躍し、シニアライフに関するコンサルティングの他、講演、執筆多数。高齢者支援のみならず、支える人を支えるメッセージを各方面に発信。希望は心と心を結ぶケアを広げていくこと。著書に『介護生活これで安心』(小学館)。現在、ニッポン放送「徳光和夫とくモリ!歌謡サタデー」出演中。2008年より自身も父親の遠距離介護を体験している。

サービス付き高齢者向け住宅-老人ホームとの違いとは? 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

サービス付き高齢者向け住宅とは? 費用やサービス内容など

人生80年が普通のこととなり、高齢期の住まいに新しい視点が求められる時代となりました。本シリーズ2回目の【高齢期に自分らしく暮らせる生活の場を選ぶ】では、高齢者向けの住まいは、ライフスタイルや心身の状態の変化に合わせて多様化していること、... 続きを読む

有料老人ホームってどうやって探す?-チェックリストと手順など

もしも介護が必要となったとき、住まいという器にはケアの視点が必要となります。自宅での介護は難しいが、特養にはなかなか入れない……。そんなときどんな方法があるでしょうか。『高齢期に自分らしく暮らせる生活の場を選ぶ』では、高齢期の住まいとして... 続きを読む

老後の高齢期の生活はどうなる? 健康状態によって変わる環境


住まいは人の暮らしの器、暮らしの基本です。高齢期はライフスタイルや心身の状況を考えながら自分らしく暮らせる生活の場を選ぶことが必要になります。自宅にそのまま、あるいはリフォームして住み続ける、高齢者向けの賃貸住宅やマンションに住み替える... 続きを読む

高齢期の住宅リフォーム失敗しないための7つのポイント

住まいは暮らしの拠点です。高齢になったからこそ住み慣れた地域に、愛着のある自宅に、長く安心して住み続けたいと願う人は多いでしょう。ところが、加齢により身体機能が低下したり介護が必要となると、住み慣れた住まいにも不便や危険が生じることをご存... 続きを読む

認知症高齢者の徘徊による行方不明を防ぐ-原因と対処法

わが国では高齢者人口の増加とともに、認知症高齢者も年々増加しています。厚生労働省研究班の調査によると、65歳以上の高齢者の15%が認知症で、その数462万人と推定され(平成24年時点)、今後も益々増加すると予測されます。
今年(201... 続きを読む

有料老人ホームを選ぶとき-10のポイントと過去のトラブル例

「介護が必要になった」、「将来の介護に備えたい」、そんなときに役立つのがケアの視点を持った有料老人ホーム。実際にはどんな暮らしができるのでしょうか。人員配置、設備などは一定の基準を満たしています。居住スペースは、生活の中心となる専用居室が... 続きを読む

「父親でもモテる人」に必要な条件ランキング

家族を大切にしている 空気が読める 加齢臭がしない 実年齢よりも若く見える ファッションセンスがいい ... 続きを読む

夫婦でたまにやりたいバカップルな行動ランキング

手をつないでデート 朝から事あるごとにキスをする 食事中の「あ〜ん」 ペアルックでデート どっちがより相手を好きか競う ... 続きを読む

在宅介護で利用できるサービスの種類は?手続きの流れや料金など

このシリーズではこれまで、初めて家族に介護が必要になった場合を想定し、まず何を知っておくべきか、高齢期にはどんな住まい(生活の場)を選択できるのか、在宅介護にはどんな準備が必要か、遠距離介護に役立つ情報は、などをお伝えしてきました。
そ... 続きを読む

夏の寝不足の原因は暮らしの中にある? 不眠を防ぐ5つのコツ

眠れない人が増える夏。暑さだけではなく生活習慣にも原因があるかもしれません。 夏は寝つけない、眠れない、途中で起きてしまうなどの不眠になりがち。暑さだけでなく夏の生活習慣にも注意。 眠れない、寝付けない、寝ても途中で起きてしまうなどの... 続きを読む