働きやすい職場づくりとは-協力し合うと生産性が上がるのは本当か

協力して生産性を上げる職場づくりはメンタルヘルスにも有効

協力し合う職場環境づくりのために、すぐにやるべき具体的行動を明らかにするアクションチェックリスト

「協力し合い、生産性を上げる組織づくり」が職場のメンタルヘルスを守る

 職場におけるメンタルヘルスは、企業にとっても、労働者にとっても大きな課題です。現在日本では、うつ病などのメンタルヘルス関連疾患で休職している人が100人に1人程度いると言われています。
 こうした背景の要因としては、個人の要因(ストレスへの耐性や、プライベートの課題など)もありますが、職場のストレスが以前より大きくなったことが考えられます。たとえば、業務の効率化により、少人数で多くのことをこなさなければならなかったり、仕事そのものの難易度も高くなっています。

 筆者は、専属または嘱託の産業医として労働者の健康を守るための改善にかかわってきました。また、近年は多くの医療機関の組織改善にかかわるなかで、「協力し合い、生産性を上げる組織づくり」が、職場のメンタルヘルスを守るためにもキーワードになると考えています。
 協力し合い、生産性を上げる組織づくりを行うためには、企業のトップが方針を示すなどの対応が必要となります。すでに言葉としては企業のトップも言っているかもしれませんが、それだけでは不十分です。職員一人ひとりの具体的な行動に落とし込む必要があります。
 しかしながら、企業によって文化はさまざまであり、さらにやるべきことも同じではありません。そのため具体的かつ実践可能、そして今日からでも開始できる行動を明らかにしなければ、方針だけ示しても改善に向かいません。こうした状況において用いることができるのが「アクションチェックリスト」という形式です。

アクションチェックリストで、今日からできる改善点が明らかに

 アクションチェックリストは、従来のチェックリストとは異なり、「○○する」という行動が示されています。それらについて今後アクションとして行いたいか、それを優先するかということを各人が検討します。その後グループワークなどによりコンセンサスを得ながら、今日からできる改善点を明らかにすることができます。

 職場での小さなミーティングにおいて、アクションチェックリストを用いた議論をぜひトライしてください。まずは、一人ひとりが自分の意見として優先して取り上げたいことを検討し、それを集計して傾向をみながら皆で議論します。できれば一つのグループの人数は多くても7人程度とするほうが、より多くの人が発言できる雰囲気となるので良いでしょう。時間にして早ければ30分程度で今日からやるべき行動が明らかとなります。たとえば、毎月50人以上の職場で開催されている衛生委員会で議論してもよいでしょう。

 アクションチェックリストのもう一つの特徴は、議論をしながらコンセンサスビルディングもできることです。半数以上の参加者が必要だとあげた項目については、何らかの対応をするということを事前に方針として示し、実行に移しましょう。

協力し合う組織づくりには継続した努力が必要

 多くの組織において、自然発生的に協力し合う組織ができるわけではありません。また、人の行動がすぐには変わらないように、組織の行動変容にも時間とさらなる粘り強さが必要となります。文化として定着するには、2~3年の継続した努力が必要であるようです。最近では、がんなどの病気で仕事の負担を考慮しなければならない人への支援も課題となっていますが、こうしたことに対しても、協力し合う組織でなければ対応できません。

 こうした取り組みが、本当に生産性を上げ、そして、職場のストレスを減らし、うつ病に悩む労働者を減らすことができるかについては、今後さらに研究が必要です。しかしながら、アクションチェックリストに示されている項目のほとんどが、本来は職場でできていて当たり前のことばかりです。こうしたことができていないようであれば、他のマネジメントもうまくいっていない可能性もあるかもしれません。
 日本は長引く不況、さらなる激しい世界規模での競争、少子高齢化など国際的にも競争力が失われようとしています。そうした時代だからこそ、少なくとも職場において手を取り合って協力することが求められています。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
和田 耕治先生


独立行政法人国立国際医療研究センター国際医療協力局
2000年産業医科大学医学部卒業。臨床研修医、企業での専属産業医を経て、06年 McGill(マギル)大学産業保健修士、ポストドクトラルフェロー。 07年北里大学医学部衛生学公衆衛生学助教、09年講師、12年より准教授。13年8月より現職。専門は公衆衛生、産業保健、健康危機管理、疫学。医学博士、労働衛生コンサルタント(保健衛生)、産業保健修士、日本産業衛生学会指導医、日本体育協会認定スポーツ医。著書に『保健・医療従事者のための自然災害において被災者や自分を守るためのポイント集』、『医療機関における暴力対策ハンドブック』(ともに中外医学社)など多数。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

いつまでたっても告白してこない男性に仕掛けるアクションランキング

放課後や残業など、2人だけになるシチュエーションを作る ボディタッチの回数を増やす 焦らずにじっと待つ 距離をおいて焦らせる 仕... 続きを読む

今すぐチェック!若年性認知症チェックリスト

若年性認知症とは

若年性アルツハイマー病は進行が速いため、とくに早期発見が重要です。
最近もの忘れが激しいけれど大丈夫? - goo ヘルスケア

認知症のうち、64歳以下で発症するものを若年性認知症と呼びます。若年性認知症に... 続きを読む

若年性アルツハイマーの10の初期症状チェック-有効な治療は?

日本では、65歳以上の高齢者の4人に1人が認知症もしくはその予備群と言われ、高齢者人口の増加に伴って認知症患者も増加しています。今年(2014年)春には、認知症高齢者の徘徊などによる行方不明者の多いことが話題になりました。
認知症は脳の... 続きを読む

ハマっちゃだめ!「体だけが目的の男」4つのチェックリスト

出会ってから、彼のことがちょっと気になりだしたあなた。しかも、彼も自分を気にっているみたい。でも、遊ばれるのはイヤ!という人のために、恋に落ちる前に見極めたいチェックリストをご用意しました。ハマっちゃだめ!「体だけが目的の男」4つのチェ... 続きを読む

歩き方チェックリスト7つ。「美しい人」と「そうでない人」の習慣

前回のコラム【美しい姿勢をつくるポイント】の中で、正しい姿勢を知らないままNG姿勢で過ごす弊害。正しい姿勢をマスターして、姿勢を自分でこまめにチェック&矯正するポイントをお伝えしました。それは、美しい動作を手に入れる始まりでもありました... 続きを読む

チームの力が発揮される条件とは-意見を出しやすい雰囲気作りから

皆さんは「3本の矢」のお話をご存知ですか? 戦国時代の武将・毛利元就が3人の息子たちを集めて話をしたという逸話があります。 その内容は、元就が息子たちに1本の矢を折るよう指示をしたところ、矢は簡単に折れてしまいました。しかし、3本まとめた矢... 続きを読む

うつ病になる前に-不安や悩みを打ち明ける相手に誰を選ぶ?

ストレス社会と言われる現代、ストレスが原因となって起こる心の不調は誰にでも起こり得ます。公的な調査結果から、職場でも日常生活でも、多くの人が不安や悩み、ストレスを感じながら暮らし、心の不調を抱える人が少なくないことが明らかになっています。... 続きを読む

テストで脳のクセが分かる-脳のタイプでストレス対策ができる 2

仲間と賑やかにしているのが好きで、いつも誰かがそばにいないとダメな甘えん坊さんがこのタイプ。脳のクセでいえば「報酬依存」傾向の強い人です。
この場合の報酬とは、「周りから認められているという実感」のことで、これがないと不安になり、拒絶さ... 続きを読む

職場編 ダイエット中に飲み会に誘われた時 回答

Q5
Bが美人。 「友達」といってしまうと「この人は私たちより他の友達を優先する人なのね」と思われる。家族を使えば仕方ないと思われ、さらに「看病しているなんて... 続きを読む

職場編 ダイエット中に飲み会に誘われた時

Q5 午後6時、長かった仕事も終わりよ。早く帰ってテレビでも見ましょ。と思っていたら友達が、「これからみんなで飲みに行きましょうよ」と言っているわ。あたしダイエット中だし、飲み屋に行ったらたくさん飲んで食べてし... 続きを読む