介護で悩んだら…まずは『地域包括支援センター』へ相談してみよう

介護、医療、福祉、親の暮らしのことで悩んだら、まず相談を

高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるように、必要な援助、支援を包括的に行う地域の中核機関

どこに相談すればよいかわからないときは、まず「地域包括支援センター」へ

 親の心身の機能が低下し、将来への不安を感じるようになったとき、皆さんは誰に(どこに)相談するでしょうか? 相談窓口で「ここは担当ではない」などと言われ、相談をあきらめてしまった経験をもつ方もいるかもしれませんね。

 2006年(平成18年)に介護保険制度が改正され、各市区町村に「地域包括支援センター」が設置されました。地域包括支援センターとは、高齢者が住み慣れた地域で安心してその人らしい生活を継続できるよう、心身の健康の維持、生活の安定、保健、福祉、医療の向上と増進のため必要な援助、支援を包括的に行う地域の中核機関です。「どこに相談すればよいかわからない」という方も安心して相談できる、はじめの一歩となる相談機関なのです。

 しかし、「地域包括支援センター」とは具体的に何をしているところなのか、わかりにくいという声もあります。そこで今回は、高齢者や周囲の人にとって強い味方となる「地域包括支援センター」について、質問や相談に答える形で説明していきましょう。

「地域包括支援センター」とはどんなところ?

誰が相談にのってくれるの? 費用は?
 地域包括支援センターでは、保健師または経験のある看護師、社会福祉士、主任ケアマネジャーなど専門知識をもったスタッフが相談を受け、互いに連携をとりながら「チーム」として総合的に地域の皆さんを支えます。相談は無料です。

地域包括支援センターはどこにあるの?
 市区町村ごとに数カ所(おおむね1中学校区に1カ所程度)開設されています。住所ごとに担当のセンターが決まっていますので、わからない場合は市区町村の窓口に確認しましょう。
 「地域包括支援センター」は地域によって固有の呼び名を付けているところもあり、「あんしん相談センター」「お年寄りセンター」「シニアサポートセンター」などさまざまです。お住まいの市区町村にご確認ください。

地域包括支援センターではどんなことをしているの?
◆介護予防ケアマネジメント
 介護が必要となるおそれのある高齢者、および要支援1、2と認定された方に対して、要介護状態となることを予防するために、介護予防ケアプランを作成します。

<よくある質問や相談>
●介護保険で要支援と認定されました。介護状態にならないために利用できるサービスはありますか?
 ⇒「介護予防ケアプラン」を作成します。
●介護保険では非該当と認定されましたが、近頃体力の衰えを感じ不安です
 ⇒「介護予防の計画」を作成します。
●元気に生活できているので、今の状態を維持したい
 ⇒地域支援事業(転倒予防教室、交流サロン等)を案内します。

◆介護保険窓口
担当地域の住民を対象に、介護保険に関するさまざまな支援を行っています。

<よくある質問や相談>
●要介護認定の申請を頼みたい
 ⇒介護保険の要介護認定の申請を受付けます。また、本人・家族が申請に行けない場合は手続きの代行もします。
●介護保険のサービスを利用したい
 ⇒介護保険の利用方法、サービスを案内します。サービスは地域ごとに特色や傾向があります。
●ケアマネジャーを探したい
 ⇒要介護1〜5と認定された方に対して、ケアプランを作成する「居宅介護支援事業所」とケアマネジャーの仕事を案内します。

◆総合相談・支援窓口
高齢者や家族が抱える悩みや心配事などに対応する総合的な窓口です。

<よくある質問や相談>
●介護者である自分が急病になってしまいました
 ⇒緊急ショートステイを案内するなど、解決策を案内します。
●悪質な訪問販売や消費者被害で困っています
 ⇒消費生活センターや行政などと協力して、高齢者の被害を未然に防ぐよう対応します。
●親が認知症と診断され、預貯金や不動産など財産管理に困っています
 ⇒成年後見制度の活用や日常生活上の契約などについて支援します。

◆虐待の早期発見・防止などの権利擁護
 高齢者が安心して暮らせるよう、さまざまな権利を守ります。

<よくある質問や相談>
●介護疲れが続き、虐待をしてしまうのではと不安です
 ⇒虐待の防止、早期発見、相談、対応を行います。また、介護の負担を減らすための対応を行って、虐待の予防につなげます。

◆包括的・継続的ケアマネジメント支援
 高齢者に対して、包括的・継続的サービスが提供できるように、地域の多様な社会資源を活用してケアマネジメント体制の構築を支援します。医療や行政、その他の関係機関との連携づくりを行います。
 担当地域の居宅介護支援事業所のケアマネジャーに対して、アドバイスやネットワーク作りの支援なども行います。

まずは一度、地域包括支援センターを訪れてみましょう

 「地域包括支援センター」は2006年にできたばかりで、まだまだ馴染みのない機関ですが、特に介護が始まる準備段階では非常に頼りになるところです。これを知っているか知らないかで、心の安心の上でも大きな違いがあります。

 介護保険制度のスタートにより、高齢者の福祉サービスは「与えられるもの」から「選べるもの」となりました。現在は要介護状態となることを予防したい人、介護を必要とする人、介護を行う家族のためにさまざまな解決方法が用意されています。適切なサービスを選ぶためにも情報や知識を得ることが大切です。
 そして専門職と話しをすることによって漠然とした不安も整理され、具体的な方向が見え、前向きな気持になることができます。実際には地域の特性や相談員の経験・知識などにより、対応の範囲や内容は異なりますが、専門職の視点での情報提供やアドバイスを上手に活用しましょう。

 高齢の親を持つご家族は、一度親の暮らす地域の「地域包括支援センター」を訪れておくことをおすすめします。遠距離で足を運べない場合でも、電話での対応も可能な心強い存在です。

【参考】  地域包括支援センターの所在地や連絡先は、各都道府県のホームページから一覧を見ることができます。 東京都神奈川県埼玉県千葉県

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
川上 由里子先生


ケアコンサルタント
ケアマネジャー、看護師、産業カウンセラー、福祉住環境コーディネーター2級。1984年より13年、大学病院、高齢者住宅などで看護師として勤め、三井不動産(株)ケアデザインプラザの立ち上げに参画。現在はUR都市機構や各企業の高齢者、介護関連のアドバイザーとしても活躍し、シニアライフに関するコンサルティングの他、講演、執筆多数。高齢者支援のみならず、支える人を支えるメッセージを各方面に発信。希望は心と心を結ぶケアを広げていくこと。著書に『介護生活これで安心』(小学館)。現在、ニッポン放送「徳光和夫とくモリ!歌謡サタデー」出演中。2008年より自身も父親の遠距離介護を体験している。

介護で悩んだら…まずは『地域包括支援センター』へ相談してみよう 関連コラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 無性に○○が食べたい! それは体からのSOS、栄養不足のサインかも?
    無性に○○が食べたい! それは体からのSOS、栄養不足のサインかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2 お酒を飲まない女性に増えている『非アルコール性脂肪肝炎』その3つの要因
    お酒を飲まない女性に増えている『非アルコール性脂肪肝炎』その3つの要因
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3 運動をしない女性の健康リスク8つ―運動習慣のある女性は3割以下!
    運動をしない女性の健康リスク8つ―運動習慣のある女性は3割以下!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 運動…
  4. 4
    年をとると睡眠時間がどんどん短くなるのはなぜ?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  5. 5 女性ホルモンを増やすには大豆より朝の●●がおすすめ!!
    女性ホルモンを増やすには大豆より『朝のピーナッツ』がおすすめ!!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  6. 6 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  7. 7
    食べ過ぎリセット! 食べ過ぎた翌日からできる太らない為の8つの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと うっ…
  8. 8
    立ち上がると目の前がクラクラ…女性に多い起立性低血圧症、8つの改善方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 女性…
  9. 9 簡単にできる栄養バランスのいいお弁当-配分は3:2:1がベスト
    簡単にできる栄養バランスのいいお弁当-配分は3:2:1がベスト
    (編集・制作 (株)法研) 手早くできて健康によいお弁当づくりのコツ…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?…
  11. 11
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  12. 12 女性に多い「まぶたのピクピク」に注意! 目の痙攣は体からのSOS
    女性に多い「まぶたのピクピク」に注意! 目の痙攣は体からのSOS
    ふとした時に起こるまぶたの痙攣。これは、体からのSOSサインです。顔に…
  13. 13 突然の腹痛・吐き気・お腹の張りは腸閉塞(イレウス)かも? 症状と対処法
    突然の腹痛・吐き気・お腹の張りは腸閉塞(イレウス)かも? 症状と対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14 【急性咽頭炎】を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き
    【急性咽頭炎】を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  15. 15 『疲れがスッキリ』これをやったら相手に喜ばれる!脚のマッサージのやり方
    『疲れがスッキリ』これをやったら相手に喜ばれる!脚のマッサージのやり方
    (編集・制作 (株)法研) パートナーにやってあげて喜ばれる脚の側面…
  16. 16 ダイエットの近道は塩分を控えること! ストレスフリー減塩のコツ6つ
    ダイエットの近道は塩分を控えること! ストレスフリー減塩のコツ6つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  17. 17 いつの間にか眠ってた…これって『睡眠時無呼吸症候群』の危険信号かも
    いつの間にか眠ってた…これって『睡眠時無呼吸症候群』の危険信号かも
    (編集・制作 (株)法研) 単なる居眠りではすまされない、早期発見・…
  18. 18
    冷凍食品は体に悪いの? 食べていいもの悪いもの
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19 脳を活性化させるには手を動かす! 脳を刺激する手のかんたん体操
    脳を活性化させるには手を動かす! 脳を刺激する手のかんたん体操
    (編集・制作 (株)法研) 手から入った刺激は脳の多くの領域を活性化…
  20. 20 冬の『みかん』は女性に嬉しい栄養がたっぷり! 皮も再利用できるって?
    冬の『みかん』は女性に嬉しい栄養がたっぷり! 皮も再利用できるって?
    (編集・制作 (株)法研) おいしくて健康によい。しかも食べやす…

一覧