子どもと高齢者の脱水に気をつけて-水分の摂り方と脱水のサイン

子どもと高齢者は脱水症になりやすいため、周囲の配慮が必要

脱水症を起こしやすい特徴を知って本人・周囲が十分な対策を。脱水のサインを見逃さないことが大切

子どもと高齢者は気づかないうちに脱水状態になっていることがある

 今年は早くも5月のうちに熱中症発症のニュースが流れましたが、多くなるのはやはりこれから、猛暑が続く7月以降です。

 熱中症の主な原因は、高温の環境で大量に発汗することによる脱水症です。暑いと汗をたくさんかきますが、それは汗が蒸発するときに体の熱を奪って体温を下げるのに役立つからです。
 しかし、大量に発汗したときは水分と一緒に塩分なども失われ、それらを補充しなければ脱水状態になってしまいます。すると発汗による体温調節がうまくできなくなって体温が上昇し、たちくらみや筋肉のけいれん、倦怠感(けんたいかん)、頭痛、吐き気、意識障害などが起こり、命にかかわることもあります。これが熱中症です。

 つまり、熱中症を防ぐには脱水症を起こさないようにすることが大切です。しかし、脱水症は進行するまで症状が出にくく、自覚しにくいのが特徴です。特に子どもと高齢者は脱水症を起こしやすく、本人・周囲が気づかないうちに脱水状態になっていることもあるため、初期のうちに気づいて対処することが大変重要になります。

 子どもと高齢者の脱水症を防ぐために、以下のことを押さえておきましょう。
●脱水症を起こしやすい子どもと高齢者の特徴と対策
●脱水症を起こさない水分の摂り方
●脱水症の初期に気づくためのポイント


【関連健康用語】「脱水症状」
【関連コラム】「熱中症は予防が肝心」

脱水症を起こしやすい子どもと高齢者の特徴と対策

 子どもと高齢者の脱水症を起こしやすい特徴を知って、本人または周囲の人が十分注意し、環境や服装、水分摂取などに配慮する必要があります。

●子どもの特徴
・体温調整機能が未発達
・新陳代謝が活発で多くの水分が必要
・呼吸や皮膚から知らない間に蒸発している水分が多い
・腎機能が未発達
・(新生児や乳児は)のどの渇きを伝えられず、自分で水分摂取できない
・(暑い日の外出時などでは)地面に近いほど気温が高くなるため、幼児は大人より暑い環境にいる

(必要な対策・配慮)
・保護者が頻繁に水を飲ませる
・子どもの様子を観察し、顔が赤く汗をたくさんかいているときなどは、涼しい場所で休ませ水分補給を
・のどの渇きを感じる能力が大人に比べて劣るということはないため、のどが渇いたら水を飲むよう指導する
・適切な服装の選択、環境に応じた衣服の脱ぎ着を指導する

●高齢者の特徴
・発汗能力など体温調整機能が低下している
・体内の水分量が元々少ない
・一般に食事量が少なくなりがちで、食事からの水分・塩分摂取が減っている
・腎機能が低下している
・のどの渇きを感じにくい
・暑さを感じにくい
・室内での熱中症、睡眠中の熱中症も多い

(必要な対策・配慮)
・のどが渇いていなくても一定の時間ごとに水分補給をする
・居室の温度が28度を超えないようエアコン等で調節する(温度計でこまめに確認する)

脱水症を起こさない水分の摂り方

 子どもや高齢者に限らず、普段の水分補給は水や麦茶、お茶などでかまいません。日中は1時間に1回程度、のどの渇きを感じる前の水分補給を心がけましょう。入浴時や睡眠時も汗をかくので、入浴前後や就寝前、起床時にも水分補給が必要です。

 大量の汗をかいたときには、水分に加えて塩分を補う必要があります。0.2%程度の塩を加えた水を飲むか、水分と一緒に梅干し1個(塩分1~2g)程度を補うとよいでしょう。塩分や糖分を含んだスポーツドリンクもよいですが、運動をしない人には糖分が多すぎるので、飲み過ぎには注意してください。

 一度にたくさんの水分をとると体に負担がかかるので、少量ずつ、時間をかけてゆっくり飲みましょう。水温は5~15度が適温。冷たい飲み物のとりすぎは消化機能を低下させます。

【関連コラム】「あなたの水分のとり方、大丈夫?」

脱水症の初期に気づくためのポイント

 脱水症の初期には、経口補水液(脱水時に不足する塩分、吸収を助ける糖分を一定量含む飲料)が効果的で、自分でも作れます(水1リットルに対して食塩小さじ1/2、砂糖大さじ2~4を加える)。市販の経口補水液は日持ちするので、常備しておくと安心です。

 前述したように脱水症の初期には特に症状がありませんが、蒸し暑い日などに「子どもが機嫌が悪い」、「高齢者が元気がない」ときなどは、脱水症になりかかっている可能性があります。このほか、以下のような脱水のサインを見逃さず、経口補水液やスポーツドリンクをすぐに飲んで(飲ませて)様子をみることが大切です。

●脱水のサイン
・尿の回数がいつもより少ない
・尿の色が濃い
・暑いのに汗をかかない
・口の中が渇いている
・食欲がない
・皮膚の弾力がない
・便が硬い、便秘になる

【参考】
・環境省「熱中症環境保健マニュアル」(2014年3月改訂版)
http://www.env.go.jp/chemi/heat_stroke/manual.html
・日本生気象学会「日常生活における熱中症予防指針Ver.3」
http://www.med.shimane-u.ac.jp/assoc-jpnbiomet/pdf/shishinVer3.pdf

(編集・制作 (株)法研)

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

高次脳機能障害とは-症状や3つの主な原因|社会支援制度など

私たちの周辺には、怒りっぽい人、物覚えがよくない人、約束をしょっちゅうすっぽかす人などが時々います。しかし、この人たちは周囲から、「困った性格だ」などとため息をつかれはするでしょうが、病気とまでみなされることはほとんどないでしょう。
と... 続きを読む

認知症の症状と接し方・心構え7つのポイント|症状緩和ケア

認知症高齢者と接するには、認知症を理解することが必要です。前回の「認知症高齢者を理解するために」では、認知症の理解に必要な基本的な知識をお伝えしました。
認知症は「治す」ことはできませんが、「緩和する」ことができる病気です。症状を上手く... 続きを読む

塩分を控えるだけじゃダメ!?浮腫みの意外な原因と対処法

こんにちは、コラムニストの愛子です!浮腫みは女性の大敵ですよね。塩分の摂り過ぎに気を付け、半身浴やマッサージもしているのに浮腫みやすいという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、考えられる原因と対処法をご紹介します。塩分を控えるだ... 続きを読む

肺がんの基礎知識 一次検診と二次検診の主な検査方法|危険因子

年齢別にみた肺がんの罹患率は、40歳代後半から増加し始め、高齢になるほど高くなります。その傾向は男性ほど顕著で、罹患率・死亡率ともに男性は女性の3倍から4倍となっています。
国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」に... 続きを読む

関節リウマチの新しい治療とは-新薬の効果が精神的にも影響する?

私たちの体には、侵入してきた細菌やウイルスなどの外敵を攻撃する免疫のしくみが備わっています。関節リウマチはこの免疫システムの異常によって、外敵ではなく自分自身の細胞や組織を攻撃してしまう病気です。ターゲットは手の指をはじめとする全身の関節... 続きを読む

若い女性に増えてきた多発性硬化症とは-正しい診断と治療法

多発性硬化症(MS:Multiple
Sclerosis)という病気をご存じでしょうか。原因不明で、脳や脊髄の神経系が障害を受け、体のさまざまな部位に影響を及ぼし、しだいに症状が進行する慢性の病気です。
20歳から40歳ごろの若い世代... 続きを読む

働く世代の喫煙率は下げ止まり-妊娠中、出産後の喫煙が問題

喫煙が肺がんだけでなく全身のがんのリスクを高め、脳卒中や心筋梗塞をはじめとするさまざまな病気の原因となることは広く知られるようになっています。しかし、喫煙率は一頃より減ってはいるものの、働く世代の男性ではまだまだ喫煙する人の多いことが、国... 続きを読む

うつ病に似ている「職場不適応症」とは-出勤前の抑うつがサイン?

近年「職場不適応症」が急増しています。「職場不適応症」は、「新型うつ」という呼び名でメディアなどでは紹介されていますが、国際分類では「適応障害」に相当します。
適応障害とは、生活上の負担や環境にうまく適応できず、心身にさまざまな症状が表... 続きを読む

暑い日には水分をいっぱい摂っちゃう。水太りの危険性ってあるの?

栄養IQを高める!~今回の解説~ Q. 暑い日には水分をいっぱい摂っちゃう。水太りの危険性ってあるの? A. NO……暑い日には水分をしっかり摂って、体の水分を補って!
日差しが強く、... 続きを読む

室内は暑いのに外は寒い。そんな時にオススメの服装アイディア

寒い冬。困るのは、会社の中や電車の中は暖房がすごく効いているのに、外は寒いということ。外の寒さに対応できるよう厚手の格好をして行くと、会社の中では暑すぎて、汗をかいてしまったり、ともすると頭痛や吐き気にめまわれる「暖房病」になってしまっ... 続きを読む