子どもの足の健康、気にかけてますか?女の子に多いトラブル

増えている子どもの外反拇趾やスポーツ障害を防ぐために

子どもの足部の適切な発達を促すためには、適切なタイミングで評価しケアすることが必要

子どもの足の健康が危ない

 扁平足や外反拇趾、スポーツ障害など、子どもの足の健康が問題となっています。文部科学省では、1980年ごろの小学5年生の1日の歩数は23000歩であったが、20年後には13000歩と半減しており、1日に約1時間分の歩行が失われていると報告しています。

 小学生など骨の成長(骨化)が著しい時期には、適切な刺激が求められるため、運動量の減少が足の発達に大きな影響を及ぼしていることが考えられます。もちろん、靴や靴下などの履物も大きく影響します。

 子どもの足の発達を評価するために、ここでは足圧分布と足の筋力に着目してみましょう。足圧分布では、足の筋肉やアーチ構造に代表される足底部の骨格が評価できます。
 まず、図1は20歳の健康な女性の足圧分布です。これまで、足部には3つのアーチがあることを紹介してきました(「フットケア1 足病、足部の筋力、骨格系」、「フットケア3 外反拇趾、内反小指」参照)。図1では、3つのアーチがすべて形成されていないことがわかります。
 この女性はすでに骨化が終了、あるいは終了段階にあることから、足部の筋骨格の形状に対して、ここから大きな改善は見込めないと考えられます。

骨格が形成される前に、足の評価とケアを

 図1のような状態になるのを予防するためには、骨格の軟らかい子どものうちに足の状態を評価し、適切なケアを行うことが必要です。

 図2は6歳の子どもの足圧分布で、足部のケアの前後の状態を比較しています。左はケアを行う前で、足指が十分に地面に接地せず、中足部の筋肉が硬くなっているため地面にうまく接地できていないことがうかがえます。そのため、踵に強い荷重が見られます。
 ちょうど筋力が向上する一方で、筋肉が硬くなっていることも考えられる時期です。そこで、足指でタオルを引き合う運動や輪っか飛び、足指じゃんけんなどの運動や、足裏のマッサージなどのケアを家庭や学校で行うよう指導しました。

 その結果、3カ月程度で図2右のように足圧分布の変化が確認できました。つまり、中足部が柔軟になったことで接地が見られ、拇趾球や足第5指の付け根など前足部の機能も改善が確認できます。このように小学生までの子どもは日常的なケアや運動で足圧分布が大きく変化することがわかります。

 図4は世界的に活躍するアスリートの足圧分布です。この選手は砂浜などでトレーニングや競技をすることが多く、足部の筋力と同時に足裏の柔軟性も向上したことが足裏アーチの発達などにもよい影響があったと考えられます。このような形につなげていく指導が重要です。

女子では足部や腰回りの筋力が発達する前の外反拇趾が増えている

 図5は、子どもの足部の筋力である足指力を計測する様子です。図6は、図5の装置を使って、小学生(女子)の足指力の平均値と発達評価のための20%タイル(下から20%にあたる値)を表したものです。同様に、図7は子どもの腰回りの力である股関節内転筋力(膝間力)の計測の様子で、図8はその結果を示したものです。

 図6と図8から、子どもの足部および腰回りの力は平均値では12歳ごろ大きく向上することがわかります。一方20%タイルは、平均値に比べて向上率が年齢に対し直線的であることもわかり、子どもの体力の二極化がうかがえます。

 「フットケア6 子どもの外反拇趾」でも述べましたが、先行研究では、中学生の女子の外反拇趾発生率は6割だと報告されています。私たちの調査結果では、小学校4年生以降外反拇趾が急増することもわかってきました。

 外反拇趾に影響する因子は、(1)靴などから加えられる外力、(2)その外力を支える足部の筋肉や骨格の形状、(3)その人の足部の特性により歩行や運動によって加えられる力が挙げられます。
 10歳ごろからだんだんおしゃれになり、ミュールなどの踵の高い靴などを履くことで、前足部や中足部に強い負荷が加わることが(1)に当たりますが、(2)の足部の筋力が大きく発達するのは12歳ごろであることから、筋力が十分発達していない10歳ごろに強い負荷を加えることで、外反拇趾等の変形が起きていることが推察されます。

 図2のように、ケアや運動により足部の筋骨格系は大きく変化します。悪影響を与えれば、あっという間に悪化することは容易に想像できます。

 子どもの外反拇趾などの足部の問題を改善し、適切な発達を促すためには、適切なタイミングでの計測や評価が必要です。これができると、現状が目で見え、運動効果や靴など履物の影響を確認するために有効です。さらに、踵の形状の観察などは、素足の状態であればすぐに確認できます。

 子どもの足の課題を解決するために、足部の筋骨格系へアプローチできる期間は小学校までを第1段階、中学や高校を次のステップと考えると、大変短い期間です。足部の発達は体力向上と並行して、成長過程に大変重要です。多くのみなさんに取り組んでほしいと思います。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
山下 和彦先生


東京医療保健大学医療保健学部医療情報学科教授
2005年東京医療保健大学医療保健学部医療情報学科講師、07年准教授を経て、13年から現職。専門分野は医用生体工学、高齢者福祉工学。特に身体機能計測を用いた高齢者の転倒予防指導やメディカルフットケアおよび子どもの身体発達支援、リハビリテーション支援の技術開発など。日本生体医工学会、日本生活支援工学会、日本医療機器学会、ITヘルス学会などに所属。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 無性に○○が食べたい! それは体からのSOS、栄養不足のサインかも?
    無性に○○が食べたい! それは体からのSOS、栄養不足のサインかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2 お酒を飲まない女性に増えている『非アルコール性脂肪肝炎』その3つの要因
    お酒を飲まない女性に増えている『非アルコール性脂肪肝炎』その3つの要因
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3 運動をしない女性の健康リスク8つ―運動習慣のある女性は3割以下!
    運動をしない女性の健康リスク8つ―運動習慣のある女性は3割以下!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 運動…
  4. 4
    年をとると睡眠時間がどんどん短くなるのはなぜ?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  5. 5 女性ホルモンを増やすには大豆より朝の●●がおすすめ!!
    女性ホルモンを増やすには大豆より『朝のピーナッツ』がおすすめ!!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  6. 6 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  7. 7
    食べ過ぎリセット! 食べ過ぎた翌日からできる太らない為の8つの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと うっ…
  8. 8
    立ち上がると目の前がクラクラ…女性に多い起立性低血圧症、8つの改善方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 女性…
  9. 9 簡単にできる栄養バランスのいいお弁当-配分は3:2:1がベスト
    簡単にできる栄養バランスのいいお弁当-配分は3:2:1がベスト
    (編集・制作 (株)法研) 手早くできて健康によいお弁当づくりのコツ…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?…
  11. 11
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  12. 12 女性に多い「まぶたのピクピク」に注意! 目の痙攣は体からのSOS
    女性に多い「まぶたのピクピク」に注意! 目の痙攣は体からのSOS
    ふとした時に起こるまぶたの痙攣。これは、体からのSOSサインです。顔に…
  13. 13 突然の腹痛・吐き気・お腹の張りは腸閉塞(イレウス)かも? 症状と対処法
    突然の腹痛・吐き気・お腹の張りは腸閉塞(イレウス)かも? 症状と対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14 【急性咽頭炎】を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き
    【急性咽頭炎】を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  15. 15 『疲れがスッキリ』これをやったら相手に喜ばれる!脚のマッサージのやり方
    『疲れがスッキリ』これをやったら相手に喜ばれる!脚のマッサージのやり方
    (編集・制作 (株)法研) パートナーにやってあげて喜ばれる脚の側面…
  16. 16 ダイエットの近道は塩分を控えること! ストレスフリー減塩のコツ6つ
    ダイエットの近道は塩分を控えること! ストレスフリー減塩のコツ6つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  17. 17 いつの間にか眠ってた…これって『睡眠時無呼吸症候群』の危険信号かも
    いつの間にか眠ってた…これって『睡眠時無呼吸症候群』の危険信号かも
    (編集・制作 (株)法研) 単なる居眠りではすまされない、早期発見・…
  18. 18
    冷凍食品は体に悪いの? 食べていいもの悪いもの
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19 脳を活性化させるには手を動かす! 脳を刺激する手のかんたん体操
    脳を活性化させるには手を動かす! 脳を刺激する手のかんたん体操
    (編集・制作 (株)法研) 手から入った刺激は脳の多くの領域を活性化…
  20. 20 冬の『みかん』は女性に嬉しい栄養がたっぷり! 皮も再利用できるって?
    冬の『みかん』は女性に嬉しい栄養がたっぷり! 皮も再利用できるって?
    (編集・制作 (株)法研) おいしくて健康によい。しかも食べやす…

一覧