働く人の介護を前向きに 両立のためにすべきこと7つのステップ

働きながら介護する時代、介護に備えてとるべき行動を紹介

仕事は暮らしと介護を支える基盤。介護を前向きに考え、ワークライフバランスを目指しましょう

介護しながら働く人が増えている

 超高齢社会の日本で、働きながら介護する人は約290万人。そのうち働き盛りの60歳未満が約200万人を占めています(総務省平成24年「就業構造基本調査結果」)。多くの方が働きながら介護をする時代になりました。

 仕事は家族の暮らしを支え、介護も支えます。しかし突然生じることが多い介護と仕事の両立は、決して容易ではありません。
 「突然の介護に何から手をつけたらよいのかわからない」「仕事と介護で肉体的・精神的な負担が大きく、いつまで続けられるか不安」、「最近親の物忘れがひどく、認知症ではないか不安」、「将来親の介護が必要になったとき仕事と両立できるか不安」といった声も多く聞こえてきます。

介護に備える 働く人がとるべき行動SETP1〜STEP7

 仕事と介護の両立のために、働く人がとるべき行動を紹介します。ここでは親の介護を例に、順を追って見ていきましょう。

STEP1:親とのコミュニケーション、生活状況を把握する
 介護に入る前からの親との関わりが、実際の介護に影響します。親の毎日の生活状況や健康に関することを把握しましょう。介護や住まい、延命治療などへの親の希望も聞いて話し合い、記録・保管しておきましょう。

STEP2:職場の「介護支援制度」を確認・活用する
 「育児・介護休業法」により、企業・法人には介護休業・休暇や勤務時間の短縮、転勤への配慮など、介護する従業員への支援が定められています。勤務先で利用できる支援制度などを日頃から確認しておき、上手に活用しましょう。

STEP3:病気や介護の状況を正確に把握する
 親の病気の特性、治療方針、現在の体の状況、リハビリのゴールなどを医療・福祉の専門家によく確認し、適切な介護生活のプランをたてることが必要です。そのため、主治医との面談にはなるべく休暇をとって立ち会い、わからないことは遠慮せずに確認しましょう。大切なのは、起こっていることを受けとめながら全体をコーディネートすることです。

STEP4:家族会議を行い役割分担をする
 介護は一人に負担をかけずチームで役割分担することが大切です。活用できる制度やサービス、地域資源、お金、家族の役割などを確認しながら、チーム体制を整えます。子世代は各々の職場での介護支援制度も確認しておくと、実際に動ける時間や活用できる情報、費用などが見えてきます。

STEP5: 介護保険制度やその他のサービスについて理解する
 地域包括支援センターで地域の介護保険制度、高齢者サービス情報を入手し、どんな介護ができるのか相談してみましょう。たとえ介護状態になっても住み続けられるよう、市区町村ならではの地域包括ケアシステムが展開され始めています。(『地域包括支援センターって何?』『高齢者の暮らしを支える「地域包括ケア」』参照)。

STEP6:在宅介護の準備 働きながらできることを把握する
 要介護1以上の場合は、ケアマネジャーを選び、在宅介護サービスを活用したケアプランを作成してもらいます。ケアプランが完成したら、自分や家族が働きながらできることを書き込んでみましょう。
 たとえば、排泄や食事、入浴の介助など身体的な介護は専門家にまかせ、心理的・金銭的サポート、情報提供、介護者のサポートなどを行うのも大切な役割です。

 働きながらできる介護の例を以下に示します。
・定期的に電話で見守り(会話を交わすだけでも支えに)
・2週間に一度、週末に帰省し一緒に食事(兄弟と交替で食事・外出を支援したり、介護を交替することで介護者を支援する)
・週に2回(火・木)、朝勤務前に立ち寄り一緒に食事(見守り)

STEP7:利用可能な介護施設や高齢者住宅を調べる

 在宅での介護が難しい場合は、介護施設や有料老人ホーム、高齢者住宅などの利用を考えます。親、自分、家族の住む地域の施設や住宅の状況、入居条件、費用、サービス内容等を調べましょう。高齢者施設・住宅選びを専門的に支援する事業所もあります。

介護を前向きに考え、ワークライフバランスを

 仕事を辞め、家族だけで介護を抱えてしまっては、精神的ストレスから虐待や「介護うつ」に発展することもあります。また、介護には経済的な基盤も必須です。仕事を辞めると生活苦に陥り共倒れの危険もありますが、一度退職すれば再就職は難しいのが現実です。

 超高齢社会を生きる私たちに大切なのは、自分自身の健康を大切にしながら仕事と介護の両立の意識を持つことです。

【参考Webサイト】
●内閣府「仕事」と「介護」の両立ポータルサイト(http://wwwa.cao.go.jp/wlb/ryouritsu/
●厚生労働省「仕事と介護の両立 介護離職を防ぐためには」(www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyoukintou/ryouritsu/index.html
●WAM-NET(http://www.wam.go.jp/content/wamnet/pcpub/top

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
川上 由里子先生


ケアコンサルタント
ケアマネジャー、看護師、産業カウンセラー、福祉住環境コーディネーター2級。1984年より13年、大学病院、高齢者住宅などで看護師として勤め、三井不動産(株)ケアデザインプラザの立ち上げに参画。現在はUR都市機構ウェルフェア研究室室長や各企業の高齢者、介護関連のアドバイザーとしても活躍し、シニアライフに関するコンサルティングの他、講演、執筆多数。高齢者支援のみならず、支える人を支えるメッセージを各方面に発信。希望は心と心を結ぶケアを広げていくこと。著書に『介護生活これで安心』(小学館)。2008年より6年間、自身も父親の遠距離介護を体験する。在宅での最期を看取り、多くの学び、想いを得る。

働く人の介護を前向きに 両立のためにすべきこと7つのステップ 関連コラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  2. 2
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  3. 3
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  4. 4
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  5. 5
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  6. 6
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  7. 7
    女性が一番キレイに見えるメガネの色は何色?選び方の大事なポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 老眼…
  8. 8
    使い古した『ゴワゴワタオル』をふんわりさせる蘇り洗濯術
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ふん…
  9. 9
    老化スパイラルにハマるあぶない食生活とは?5つの心がけで予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 気に…
  10. 10
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  11. 11 頭痛には3つのタイプがある-症状からタイプを見極めて予防を
    頭痛には3つのタイプがある-症状からタイプを見極めて予防を
    「片頭痛」と「緊張型頭痛」。女性に多い慢性頭痛の対処方法。まず自分の…
  12. 12
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  13. 13 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  14. 14 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  15. 15
    冷え・むくみを撃退したいなら『シナモン紅茶』がおすすめ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 毛細…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  18. 18 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  19. 19
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  20. 20
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…

一覧