脱法ハーブ改め、「危険ドラッグ」とは? 強い依存と未知の毒性

麻薬や覚せい剤と同じかそれ以上に危険。手を出してはダメ!

遊び気分で使用して依存症になり、事故や犯罪を引き起こすケースが増加。所持するだけでも処罰の対象に

「合法ドラッグ」、「脱法ハーブ」から「危険ドラッグ」へ改称

 危険ドラッグは、少し前まで「合法ドラッグ」「脱法ハーブ」などという名称で出回っていた薬物です。この名称のため、違法ではないとか、体への悪影響はあまりないのでは? と誤解していた人も多いかもしれません。
 しかし、含まれている成分は、麻薬や覚せい剤とほぼ同じです。むしろ、覚せい剤などより入手しやすいために、若者などの間にひそかに広まって、事故や犯罪につながっているのです。

 そこで、警察庁と厚生労働省は2014年7月にこれらの薬物の名称を改め、現在は違法性と危険性をより正しく伝える「危険ドラッグ」という名称が使われるようになっています。

覚せい剤などの化学構造を少し変えたもの

 危険ドラッグの多くは、麻薬や覚せい剤によく似た合成麻薬を、乾燥した植物の葉に混ぜたり、それを液体や粉末に加工したものです。日本では、麻薬や覚せい剤などとは別に、幻覚などの作用があり使用すると健康被害を起こす恐れがある物質を「指定薬物」*として法律によって規制していますが、危険ドラッグはこれらの薬物の化学構造を一部変えているため、法規制をまぬがれていただけなのです。

 危険性は、麻薬や覚せい剤と同じかそれ以上です。使用すると、幻覚や異常な興奮などが起こり、奇行に走ることがあります。意識障害やけいれん、呼吸困難などが起こることもあります。

*自治体による薬物の濫用防止に関する条例で規定する「知事指定薬物」もあります。

強い依存性。その怖さは未知数

 依存性は、麻薬や覚せい剤よりむしろ強いとも言われます。車の中で危険ドラッグを吸って運転し、歩行者をはねたり、建物に激突するなどの事件が何度もニュースになっています。このことも、危険ドラッグの強い毒性や依存性が影響しているのではないかと言われています。

 また、たった一度の吸引でショック死してしまうケースも出ています。どのような成分が入っているのか、どのような加工が行われているかがわからないために、毒性は未知とも言えます。そのためどのような症状が起こるかわからず、救急搬送された病院でも適切な治療ができないことがあるなど、大変危険な毒物なのです。

お香、アロマなどに偽装して販売も

 このような毒物の被害が、なぜ広まっているのでしょうか。危険ドラッグは、いかにも「危険」「違法」という形態で売られているわけではありません。ハーブやアロマ、ポプリ(芳香剤)、バスソルト、お香など、よくある生活雑貨や食品などに偽装して、店舗やインターネットの通販サイトなどで販売されている場合がほとんどです。

 このように現代社会では、普通に生活しているつもりでも、危険ドラッグの魔の手が忍び寄ることがあります。おしゃれなパッケージやカラフルなデザインのために、違法な毒物とは思えず、つい気を許してしまいたくなりますが、だまされてはいけません。

購入したり、所持するだけで処罰の対象に

 薬物依存に陥り、犯罪を犯す人のほとんどは、最初は「友人に誘われて」「遊び心で」「ストレス解消したかった」と軽い気持ちから入ってしまいます。
 しかし、一度使うとまた使いたくなり、繰り返し使っているうちに使用量がどんどん増えて、依存症になり、心も体もむしばまれていきます。

 2014年の薬事法改正などにより、危険ドラッグに対する規制は強化されています。
 4月には、それまで輸入や製造、販売などが規制されていた「指定薬物」が、個人的に使ったり家の中に置いておくだけでも罰せられることになりました。
 12月には「指定薬物と同等以上に有害な疑いがある」物品についても、規制の対象とすることができるようになりました。

 また、危険ドラッグを吸引するなどして運転事故を起こすと危険運転致死傷罪に問われることがあります。

 友人に誘われても断る勇気を持ちましょう。しつこくすすめられたり、勝手に送られてきたなど不安なときには、警察や都道府県の保健局に相談を。これらの薬物相談の窓口では、危険ドラッグに関する情報提供も求めています。

【関連コラム】薬物乱用――いつでも止められるは大間違い

【関連サイト】
厚生労働省「薬物乱用防止に関する情報」(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/yakubuturanyou
厚生労働省「あやしいヤクブツ連絡ネット」(http://www.yakubutsu.com/

(編集・制作 (株)法研)

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 あなたは大丈夫? 使わないと衰える…脚の筋力とバランス力をチェック!
    あなたは大丈夫? 使わないと衰える…脚の筋力とバランス力をチェック!
    (編集・制作 (株)法研) (「ジャストヘルス」法研より) 脚…
  2. 2 放置するとダニ・カビの温床に…寝具のお手入れ方法
    放置するとダニ・カビの温床に…寝具のお手入れ方法
    (編集・制作 (株)法研) 汗を吸い込んだふとんは、カビやダニの温床…
  3. 3
    Wi-Fiのせいで体調不良?「電磁波過敏症」ってなに?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと イン…
  4. 4 これなら続けられる! ダイエット効果をより高めるウォーキングの仕方
    短時間で効果を上げるウォーキングのフォーム―脂肪を燃やす歩き方
    (編集・制作 (株)法研) (「ジャストヘルス」法研より) 運動効…
  5. 5
    トイレはどこ!?几帳面で神経質なタイプに多い過敏性腸症候群とは?
    (編集・制作 (株)法研) 外出先で突然、お腹を下す過敏性腸症候…
  6. 6
    スマホ老眼!にならないための3つの方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 手元…
  7. 7
    忙しい人に知ってほしい、質の高い睡眠をとるための快眠10か条
    (編集・制作 (株)法研) 午後10時から午前3時は睡眠のゴールデン…
  8. 8
    虫刺され跡の茶色いシミをどうにかしたい!早く消す方法は?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  9. 9
    ストレスやイライラには『ハーブティー』!あなどれないハーブの効能
    (編集・制作 (株)法研) フレッシュ・ハーブは、心を癒す効き目たっ…
  10. 10
    好きなだけ食べても太らない!? 18時間プチ断食で食べすぎリセット
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 腹8…
  11. 11 緊張してなくても手のひらに汗…多量の汗から考えられる病気とは?
    緊張してなくても手のひらに汗…多量の汗から考えられる病気とは?
    (編集・制作 (株)法研) 夏に汗はつきもの。でも、汗をかきすぎる病…
  12. 12 星野源、KEIKOが患った「くも膜下出血」ってどんな病気?【芸能人健康まとめ】
    GENKINGや今井翼が患った「メニエール病」ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】
    (編集・制作 gooヘルスケア) めまいといえばメニエール病とい…
  13. 13
    そのむくみ、病気のサインかも? むくみの原因と解消法
    (編集・制作 (株)法研) デスクワークばかりの運動不足はご用心…
  14. 14
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  15. 15 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  16. 16
    正しく痩せる早道とは? 間違ったダイエットの落とし穴
    (編集・制作 (株)法研) 過剰なダイエットはやせないどころか、命を…
  17. 17
    実はかなり他人にみられてる…背中・うなじニキビの原因と治療法
    シャツの襟からのぞく背中やうなじのニキビ。治らないとあきらめていません…
  18. 18
    内臓が悪いと口臭がキツくなる!? こんなニオイがしたら注意して!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 口臭…
  19. 19 むくみスッキリ! 夜の【美脚エクサ】
    毎日のむくみ解消が美脚への近道-寝る前のストレッチでデトックス
    毎日リセットして老廃物をためないことが、美脚への近道 「…
  20. 20
    ダイエットにも健康にも!体に嬉しい『お酢』の取り入れ方
    (編集・制作 (株)法研) 酢にはヘルシーな成分がたっぷり。種類別に…

一覧