スマホの使いすぎは眼から全身、さらにメンタルも疲労させる?

頭痛・肩こりだけでなく、老け顔や中年体型の原因にも?

うつむいてスマホをする習慣がさまざまな老化の原因に! 睡眠障害や依存症の危険まで

「ストレートネック」から肩こりや寝ちがえも

 スマホやパソコンを使う時間が長く、肩が凝ってしかたがないと感じるときは「ストレートネック」という問題が起こっているかもしれません。

 体をまっすぐ起こした姿勢では、首の骨(頸椎)は前側にやや湾曲しているもの。ところが、スマホの操作などでうつむいた姿勢ではどうしても猫背になり、頸椎の自然な湾曲がなくなってしまうのです。
 これがストレートネックで、頭痛や肩こり、首の痛み、腕の痛みやしびれ、寝違えといった症状を引き起こします。

スマホで老け顔に? 顔のしわやたるみ、二重あごも!

 うつむいてスマホ画面をのぞき込む生活は、美容にもよくありません。顔の筋肉がたるんでしわができたり、口角が下がってほうれい線が出たりします。さらに首の筋肉にもしまりがなくなって、二重あごにもなりやすくなります。

 目を酷使するとドライアイや疲れ目が起こりますが、これも目の充血や目の周囲にくまをつくる原因になり、美容上もいい影響はありません。

スマホでおなかぽっこり? コリをほぐすストレッチを

 猫背は骨盤のゆがみにも影響し、腰痛や下半身のむくみにも関係してきます。また、姿勢の悪さはおなかぽっこりの中高年体型にもつながります。 つまりうつむいてスマホをする習慣は、いろいろな老化の原因になるといえるのです。

 あまりにコリや疲れをためこまないために、こまめに姿勢を正し、体操やストレッチで血行を促すといいでしょう。

目の疲れ、眼精疲労から体調不良の原因に

 目を酷使しているときはまばたきが減り、目の潤いが減りがち。それが「乾き・ドライアイ」として自覚される場合もあれば、物がかすんで見える、目が疲れる、ゴロゴロする、しょぼしょぼする、などのさまざまな症状になって出ることもあります。

 現代人の目は、スマホやパソコンの光の刺激に常にさらされているようなもの。頭痛や肩こりが、目の疲れ、眼精疲労からきている場合もあります。

 ドライアイの予防・改善は、長時間画面を見続けないこと、ときどき目を閉じて休ませることが肝心。特に目の疲れが出やすい夕方や夜間は、蒸しタオルなどを目の上に乗せて温湿布するなど、アイケアをこころがけましょう。

寝る前のスマホ習慣で睡眠障害? 引きこもりの要因にも

 部屋の電気を消し、ベッドの中でスマホチェック。誰でもやっていることですが、実はスマホの明るすぎる画面は脳に強い刺激をもたらします。
 「夜眠って朝起きる」という睡眠サイクルがスマホの明るい光でリセットされてしまい、まるで時差ボケのような「概日リズム睡眠障害」というタイプの不眠の原因にもなるとされています。

 こうした不眠から生活リズムが崩れてしまい、仕事や学校に行けなくなってしまうケースも見られます。スマホで昼夜逆転や引きこもりの生活になることもあるのです。

 特に、ストレスなどで寝付きが悪いときにはこうした影響を受けやすいもの。入眠前のスマホチェックは控えたほうがよさそうです。

依存症かなと思ったら、早めの対策を

 「スマホが手放せない」と感じている人は多いはず。でもそれが、自分にマイナスをもたらすことになっては困ります。こうしたスマホ問題のなかでも最も危険視されているのは「依存症」です。

 もし、「やめようと思っても、ついやってしまう」「スマホのせいで遅刻したり欠席したことがある」など生活に支障が出ているなら、ネット依存を専門に扱う病院や精神科、産業医、カウンセラーなどに相談しましょう。
 依存まではいかないけれど最近スマホ時間が増えているなら、一度スマホとのつき合いかたを見直すチャンスといえそうです。

(編集・制作 (株)法研)

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  2. 2
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  3. 3
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  4. 4
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  5. 5
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  6. 6
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  7. 7
    使い古した『ゴワゴワタオル』をふんわりさせる蘇り洗濯術
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ふん…
  8. 8
    女性が一番キレイに見えるメガネの色は何色?選び方の大事なポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 老眼…
  9. 9
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  10. 10
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  11. 11 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  12. 12 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  13. 13
    老化スパイラルにハマるあぶない食生活とは?5つの心がけで予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 気に…
  14. 14
    冷え・むくみを撃退したいなら『シナモン紅茶』がおすすめ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 毛細…
  15. 15
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  18. 18
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  19. 19
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  20. 20
    寝る前にやってはいけない事リスト。寝つきが悪くなる・睡眠の質が下がる…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人生…

一覧