スマホの使いすぎは眼から全身、さらにメンタルも疲労させる?

頭痛・肩こりだけでなく、老け顔や中年体型の原因にも?

うつむいてスマホをする習慣がさまざまな老化の原因に! 睡眠障害や依存症の危険まで

「ストレートネック」から肩こりや寝ちがえも

 スマホやパソコンを使う時間が長く、肩が凝ってしかたがないと感じるときは「ストレートネック」という問題が起こっているかもしれません。

 体をまっすぐ起こした姿勢では、首の骨(頸椎)は前側にやや湾曲しているもの。ところが、スマホの操作などでうつむいた姿勢ではどうしても猫背になり、頸椎の自然な湾曲がなくなってしまうのです。
 これがストレートネックで、頭痛や肩こり、首の痛み、腕の痛みやしびれ、寝違えといった症状を引き起こします。

スマホで老け顔に? 顔のしわやたるみ、二重あごも!

 うつむいてスマホ画面をのぞき込む生活は、美容にもよくありません。顔の筋肉がたるんでしわができたり、口角が下がってほうれい線が出たりします。さらに首の筋肉にもしまりがなくなって、二重あごにもなりやすくなります。

 目を酷使するとドライアイや疲れ目が起こりますが、これも目の充血や目の周囲にくまをつくる原因になり、美容上もいい影響はありません。

スマホでおなかぽっこり? コリをほぐすストレッチを

 猫背は骨盤のゆがみにも影響し、腰痛や下半身のむくみにも関係してきます。また、姿勢の悪さはおなかぽっこりの中高年体型にもつながります。 つまりうつむいてスマホをする習慣は、いろいろな老化の原因になるといえるのです。

 あまりにコリや疲れをためこまないために、こまめに姿勢を正し、体操やストレッチで血行を促すといいでしょう。

目の疲れ、眼精疲労から体調不良の原因に

 目を酷使しているときはまばたきが減り、目の潤いが減りがち。それが「乾き・ドライアイ」として自覚される場合もあれば、物がかすんで見える、目が疲れる、ゴロゴロする、しょぼしょぼする、などのさまざまな症状になって出ることもあります。

 現代人の目は、スマホやパソコンの光の刺激に常にさらされているようなもの。頭痛や肩こりが、目の疲れ、眼精疲労からきている場合もあります。

 ドライアイの予防・改善は、長時間画面を見続けないこと、ときどき目を閉じて休ませることが肝心。特に目の疲れが出やすい夕方や夜間は、蒸しタオルなどを目の上に乗せて温湿布するなど、アイケアをこころがけましょう。

寝る前のスマホ習慣で睡眠障害? 引きこもりの要因にも

 部屋の電気を消し、ベッドの中でスマホチェック。誰でもやっていることですが、実はスマホの明るすぎる画面は脳に強い刺激をもたらします。
 「夜眠って朝起きる」という睡眠サイクルがスマホの明るい光でリセットされてしまい、まるで時差ボケのような「概日リズム睡眠障害」というタイプの不眠の原因にもなるとされています。

 こうした不眠から生活リズムが崩れてしまい、仕事や学校に行けなくなってしまうケースも見られます。スマホで昼夜逆転や引きこもりの生活になることもあるのです。

 特に、ストレスなどで寝付きが悪いときにはこうした影響を受けやすいもの。入眠前のスマホチェックは控えたほうがよさそうです。

依存症かなと思ったら、早めの対策を

 「スマホが手放せない」と感じている人は多いはず。でもそれが、自分にマイナスをもたらすことになっては困ります。こうしたスマホ問題のなかでも最も危険視されているのは「依存症」です。

 もし、「やめようと思っても、ついやってしまう」「スマホのせいで遅刻したり欠席したことがある」など生活に支障が出ているなら、ネット依存を専門に扱う病院や精神科、産業医、カウンセラーなどに相談しましょう。
 依存まではいかないけれど最近スマホ時間が増えているなら、一度スマホとのつき合いかたを見直すチャンスといえそうです。

(編集・制作 (株)法研)

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

【スマホうつ】になりやすいスマホの使い方 ワースト3

最近、イライラしたり、原因のわからない不安感が続くといったココロの不調がありませんか?
あなたがスマホユーザーで、1日2時間以上スマホをいじっているなら、それは「スマホうつ」かもしれません。 首のコリからくる「スマホうつ」 「スマホ... 続きを読む

脱法ハーブ改め、「危険ドラッグ」とは? 強い依存と未知の毒性

危険ドラッグは、少し前まで「合法ドラッグ」「脱法ハーブ」などという名称で出回っていた薬物です。この名称のため、違法ではないとか、体への悪影響はあまりないのでは?
と誤解していた人も多いかもしれません。
しかし、含まれている成分は、麻薬や... 続きを読む

快適な睡眠がメタボ予防になる-守って欲しい3か条

わが国では、成人の5人に1人が不眠など何らかの睡眠の問題を抱えているといわれています。日本では睡眠障害というと精神科で扱われることがほとんどですが、実は、睡眠はメタボリックシンドローム(以下、メタボ)や生活習慣病といった内科的な症状や病気... 続きを読む

今すぐやめて!顔のたるみや不調を招く「スマホ●●」

毎日うっかりしてしまっている“あの姿勢”が、二重顎や顔のたるみ、首の不調を引き起こしている(してしまう)としたら、どうしますか?その姿勢、今すぐ見直してみてください。 今すぐやめて!顔のたるみや不調を招く「スマホ◯◯」「スマホ顔」で老け... 続きを読む

金縛りはどうして起こるの? 金縛りのメカニズムや原因について

「金縛り」──字面からして怪しいフンイキ。「かなしばり」と声に出してみてもその印象は拭えません。睡眠から目が覚め、いざ体を動かそうとしても動けない、声も出せない、夢かと思うが意識は眠っていないようだ……。こんな現象から、「何か物の怪(け)... 続きを読む

スマホが原因で口臭が悪化!? 3つのコツでスマホ口臭を予防

スマホを操作している時は唾液の分泌が減るため口の中が乾燥して口臭の元に。 スマホを長時間使うと口臭の元に スマホに夢中になっている時、なんとなく口の中に違和感があると感じることはありませんか?
口臭専門クリニック中城歯科医院院長の中城... 続きを読む

夜のスマホは自律神経を乱して冷えの原因に!? 疲れ目の解消法

夜のスマホは自律神経を乱し冷えの原因に。ベッドにスマホは持ちこまず、ぐっすり眠って冷えを撃退 目と冷えには深い関係がある 新しい人間関係が増え、ついついSNSに夢中になりがちなこの季節。寝る寸前までベッドでスマホをチェックしていませ... 続きを読む

デートでは要注意!彼に嫌われないための「携帯電話・スマホのマナー」

日々の生活や仕事に欠かせない携帯電話・スマートフォン。電話帳やスケジュール帳、カメラやアルバムも、手のひらに収まる小さな携帯に全て凝縮されるようになりましたね。そのため、大切な彼とのデートの時さえ肌身離さず持っていないと不安を感じ、彼の... 続きを読む

パソコン・スマホ疲れに!手の凝りが取れる簡単セルフマッサージ4選

こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。日々パソコンやスマホ、携帯を使う生活で、マウスを持ったりキーボードを操作したり、スマホを持ったりタッチしたり。大きな筋力を使うわけではないものの、長時間の操作でけんしょう炎になったり、凝... 続きを読む

舌の周りに歯型があったら『スマホあご』かも-口元のたるみの原因にも

スマホを使っている時、無意識に歯をかみしめていませんか?
「実はスマホを打つ姿勢が食いしばりを誘発、『スマホあご』が増加しているのです」と警鐘を鳴らす、顎専門のカイロプラクター、整顎ドクターこと藤原邦康先生にお話を伺いました。 前傾姿... 続きを読む