働きながら介護をする人なら知っておくべき「介護休業制度」とは

会社を辞めずに親を介護するために、制度やサービスの活用を

介護保険制度だけでなく、介護休業制度や企業独自の両立支援制度を知って上手に活用しよう

企業などで働く人は「介護休業制度」が活用できる

 皆さんは自分の勤務先に、介護離職を防ぐための制度やサービスがあることをご存知でしょうか。介護保険制度のほかにも、民間企業などで働く人は「育児・介護休業法」によって定められた「介護休業制度」を利用することができます。
 「介護休業制度」は企業に対し、介護する従業員(男女とも)に次のような支援を行うことを義務づけています。

さまざまな場面で活用できる「介護休業制度」

 「介護休業制度」の主な内容と利用のポイント、利用例についてご案内します。

1.介護休業:対象者1人につき、要介護状態に至るごとに1回、通算93日まで連続して取得できる(原則2週間前の申請が必要)
 取得時期の定めはありませんが、介護初期に、仕事と介護を両立させるための準備期間として利用することで、介護サービスの活用や家族の役割分担など介護体制を整えることができます。

例)母の介護が必要となったとき3カ月の介護休業を取得し、介護保険の申請、親兄弟との話し合い、住宅改修の手続き、役割分担の調整を行った

2.介護休暇:1年度内に5日まで、1日単位の休暇をとることができる(対象者2人以上なら10日まで)
病院の付き添い、医師やケアマネジャーとの面談、役所での手続きなどに利用できます。

例)父が突然倒れて入院したときや、転院・急変時など急激な変化が起こったときに利用した

3.短時間勤務制度等の措置:短時間勤務、フレックスタイム、始業終業時刻の繰り上げ・繰り下げなど、事業主はいずれかの制度を講じる義務がある

例1)フレックスタイム制を利用し、父がデイサービスを利用する水曜日と金曜日は出かける準備を手伝ってから出勤している
例2)認知症で施設入所中の母は夕方興奮状態になりやすいため、終業時刻を30分繰り上げ施設に立ち寄っている

【参考サイト】
制度について⇒厚生労働省「育児・介護休業法のあらまし」http://www.ryouritsu.jp/pdf/q0319.pdf#
雇用保険の介護休業給付金の内容、手続きなど⇒【ハローワーク インターネットサービス】https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_continue.html
介護休業制度を取得できないなど困りごとの相談⇒【都道府県労働局雇用均等室】http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/roudoukyoku/

企業独自の両立支援の取り組みも

 「介護離職」は本人だけでなく企業にとっても大きな損失になるため、最近は独自の取り組みで仕事と介護の両立支援を行う企業が増えてきました。

 「介護休業制度」についても、対象者の範囲拡大、介護休業の延長や分割取得、介護休暇の延長、介護サービスにかかる費用の補助、在宅勤務など、法定以上の制度を定めている企業もあります。
 また、介護相談窓口を設けたり、専門家による介護セミナーやワークショップを開催する企業も増えています。

 仕事を辞めずに介護を続けている人は、制度やサービスを上手に活用しています。

●社内介護相談
 社内の両立支援制度の利用や働き方に関する相談、地域の介護相談窓口の紹介など。職場と郷里の相談窓口の両方を活用し、長年仕事を続けながら遠距離介護を行う人も。

●介護セミナー・ワークショップ
 必要な情報が得られるだけでなく、こうした職場内の情報提供の場に参加することで、介護経験者の体験や工夫を知ることができたり、同じ悩みを共有し相談し合えるネットワーク作りのよい機会に。

介護が必要となったら、まずは職場に相談を

 親の介護が必要となったら、まずは職場に相談し、仕事と介護の両立課題を共有しましょう。次に職場の両立支援制度の確認・手続きを行い、上司とともに両立可能な働き方を調整しましょう。

 制度の利用には職場の理解と協力が欠かせません。介護休業や休暇をとっても周囲が困らないように、日頃から作業の効率化や業務内容の整理を行い、情報の共有化を図っておくとよいでしょう。
 職場内のコミュニケーションを円滑にして、「何かあればお互い様」という助け合いの気持ちをもつことも大切なことです。

 支援制度を利用している間は、上司や人事部への継続的な報告も大切です。介護の経過や仕事の状況を伝え、困っていることがあれば相談しましょう。また、介護中だからこそ社内外のネットワークづくりを大切に。

 働く人の介護は、自ら介護を行うのではなく、さまざまな制度やサービスを利用し、他人の力を上手に借りながらコーディネートすることです。
 何より、本人が健康でなければ仕事と介護の両立はできません。心身の健康を心がけ、困ったときは一人で抱え込まず誰かに話してみてください。

 私自身は昨年、6年間の遠距離介護を終えました。父を最期まで自宅で介護し看取ることができたのは、職場や周囲の理解・協力を得られたことが大きかったと感じています。
 母や兄弟が心細さを感じているときに力になれたことも、介護を通じて未来の自分を学べたことも、仕事での自分育てを続けられたことも、今思えば私の人生の宝物です。

 さて2009年に「もしも家族に介護が必要になったら」で始まったこの介護シリーズも、25回目の今回が最終回です。最後に、皆さまの希望ある仕事と介護の両立を応援しています。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
川上 由里子先生


ケアコンサルタント
ケアマネジャー、看護師、産業カウンセラー、福祉住環境コーディネーター2級。大学病院、高齢者住宅などで13年間看護師として勤め、三井不動産(株)ケアデザインの立ち上げに参画。現在はUR都市機構ウェルフェア研究室室長や各企業の介護関連のアドバイザーとしても活躍、シニアライフに関するコンサルティングの他、講演、執筆多数。支える人を支えるメッセージを各方面に発信。希望は心と心を結ぶケアを広げていくこと。著書に『介護生活これで安心』(小学館)。2008年より6年間、自身も父親の遠距離介護を体験する。在宅での最期を看取り、多くの学び、想いを得る。
川上由里子公式ブログhttp://yuito.jp/

働きながら介護をする人なら知っておくべき「介護休業制度」とは 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

離れて暮らす親の介護-経験者が語る長距離介護の7つのコツ

いつの日か親子の立場は逆転し、自分を守ってくれる大きな存在だった親を、今度は子どもが気にかける立場になります。核家族化により高齢者世帯、一人暮らし世帯は年々増加しています。親子それぞれが異なったライフスタイルをもつ中で、自分の生活と親の自... 続きを読む

介護用品を買う前に確認すること-レンタルや購入費の補助もある

前回の「高齢期の住環境を整えるリフォーム」では、高齢期には体の状況に合わせて住環境を整える必要があることを書きました。住環境の整備において、リフォームとともに導入を検討したいのが、福祉用具などの介護用品の活用です。
福祉用具とは、車いす... 続きを読む

健康になるうえに商品券ももらえる!自治体の「健康ポイント制度」

ご当地キャラやふるさと納税など、地方が盛り上がっていますが、その波は健康づくりにも。健康にいいことをして、景品がもらえたり当たったりする自治体のサービスを知っていますか?
歩いたり、自治体や協賛する企業が行っている健康イベントに参加した... 続きを読む

働く人の介護を前向きに 両立のためにすべきこと7つのステップ

超高齢社会の日本で、働きながら介護する人は約290万人。そのうち働き盛りの60歳未満が約200万人を占めています(総務省平成24年「就業構造基本調査結果」)。多くの方が働きながら介護をする時代になりました。
仕事は家族の暮らしを支え、... 続きを読む

育児休業制度について-復職後の保育園の選び方|病児保育とは

『働く女性の応援団』も今回で4回目。第一話が妊娠出産期の心構え、第二話が復帰前の準備、第三話が予防接種のお話でした(『働く女性の応援団 1』、『働く女性の応援団 2』、『働く女性の応援団 3』)。
予防接種の話は、本題から少し離れてい... 続きを読む

高齢者の転倒を予防するには-ポールウォーキングで楽しく運動

高齢者の転倒は、骨折を引き起こす要因です。特に後方や斜め後ろに転倒すると、足の付け根の大腿骨頸部骨折を引き起こし、寝たきりの原因にもなります。そのため、転倒を予防することは、寝たきり予防のためにもとても大切です。
転倒に関連する要因はい... 続きを読む

在宅介護で利用できるサービスの種類は?手続きの流れや料金など

このシリーズではこれまで、初めて家族に介護が必要になった場合を想定し、まず何を知っておくべきか、高齢期にはどんな住まい(生活の場)を選択できるのか、在宅介護にはどんな準備が必要か、遠距離介護に役立つ情報は、などをお伝えしてきました。
そ... 続きを読む

仕事と介護を両立させるには-まずは情報集めと支援制度から

東日本大震災から100日が経過した先日、災害ボランティアとして石巻市の福祉避難所に行ってきました。活動を終えて戻ってきた今、一人でも多くの方に伝えたいことは、災害時の心のケアと支援者の対応について。
ストレス反応を軽減する方法として最も... 続きを読む

出産育児一時金とは? 産科医療補償制度・直接支払制度も確認して


出産には思いがけず多額の費用がかかります。正常な出産は病気ではないため、公的医療保険が適用されず、全額自己負担となるためです。初めて出産される方は、かなりの出費に驚かれるかもしれません。
それでは、出産にはどれくらいのお金がかかるの... 続きを読む

母の存在が重い…【母娘クライシス】を抜け出す6つのコツ

年末年始に帰省したものの、母親との関係にどっぷり疲れて……。そんな、実母との確執に悩む女性が増えているようです。“母娘クライシス(危機)”はどうすれば乗り越えられるのでしょうか。 良妻賢母だった母が
特に娘を苦しめる! 多くの女性た... 続きを読む