1日緑茶5杯、コーヒー4杯で長生き? カテキンとカフェインの健康効果

緑茶やコーヒーをよく飲む人は死亡するリスクが低い

毎日飲んでいる緑茶やコーヒーにうれしい長生き効果。カテキン、クロロゲン酸、カフェインの働きが影響

いつも飲んでいる緑茶とコーヒーで長生きできる?

 あなたは緑茶またはコーヒーを1日何杯くらい飲んでいるでしょうか? 日本人にとって、緑茶は昔からなじみの深い飲み物ですが、今ではコーヒーも欠かせない飲み物になっていますね。食後や仕事の合間に、あるいは一息入れたいとき、緑茶やコーヒーを飲むという方は多いのではないでしょうか。

 最近、そんな緑茶やコーヒーを日常的によく飲んでいる人は死亡リスクが低いという報告が、国立がん研究センターから発表されました。これは、日本各地に住む40~69歳の男女約9万人を1990年(または1993年)から2011年まで、平均19年に渡って追跡調査した「多目的コホート研究」によるもの。

 この研究では、緑茶やコーヒーの摂取量と全死亡リスク、日本人の主な死因であるがん、心疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患などによる死亡リスクとの関連を調べました。

*調査では、死亡リスク要因となる年齢や喫煙、飲酒、運動習慣などが結果に影響しないよう統計学的に調整しています。

緑茶を1日5杯以上飲む人は全死亡リスクが最も低かった

 「多目的コホート研究」によると、緑茶を1日5杯以上飲む人の全死亡リスクは1日1杯未満の人に比べ男性で13%、女性で17%低く、飲む量が増えるほどリスクが低下する傾向がみられました。

 死因別では、男女の心疾患と、男性の脳血管および呼吸器疾患による死亡リスクが緑茶をよく飲む人で低下しました。
 男女ともがんによる死亡リスクとの関連はみられませんでしたが、部位別のがん死亡との関連を調べた先行研究では、女性の下部胃がんのリスク低下との関連が示されています。

コーヒー1日3~4杯で死亡リスクは最も低下

 コーヒーの場合はどうでしょうか。コーヒーを3~4杯飲む人は、ほとんど飲まない人と比べて全死亡リスクが24%低く、緑茶同様に飲む量が増えるほどリスクが低下する傾向がみられましたが、1日5杯以上飲む人についてはリスクの低下は認められませんでした。

 死因別では、コーヒーを3~4杯飲む人は男女とも心疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患で死亡リスクが最も低下しました。特に脳血管疾患による死亡リスクは、ほとんど飲まない人と比べて43%も低くなりました。

 がんによる死亡リスクとの関連はみられませんでしたが、先行研究では肝がん、膵がん、女性の大腸がんと子宮体がんのリスク低下との関連が示されています。

健康効果をもたらすカテキンとクロロゲン酸、カフェイン

 これらの結果について考えられることとして、研究班は緑茶に含まれるカテキンとコーヒーのクロロゲン酸、そして両者に含まれるカフェインの働きを挙げています。

 カテキンは緑茶の渋みや風味の元、クロロゲン酸はコーヒーの色や苦味、香りの元となる成分で、どちらも強力な抗酸化力をもつポリフェノールの一種です。

 カテキンには、血圧やコレステロール、中性脂肪の調整効果や血糖値改善効果があり、クロロゲン酸には血圧の調整や血糖値の改善効果、抗炎症作用があるといわれています。またカフェインには血管を保護し呼吸機能を改善する働きがあるとされます。
 これらの成分の働きにより、循環器疾患や呼吸器疾患による死亡リスクが低下し、全体の死亡リスクを下げている可能性が考えられています。

生活習慣にも気を配った上でおいしい習慣を

 毎日飲んでいる緑茶やコーヒーがこれほど健康にプラスに働くとはうれしいですね。しかしこの調査結果は、緑茶やコーヒーさえたくさん飲めば長生きできるということを示しているのではなく、生活習慣にも気を配ることが大切なのはいうまでもありません。

 その上で、緑茶またはコーヒーが好きでよく飲み、体調もよいと感じている人は続けるとよいでしょう。甘いジュースや炭酸飲料などを飲むことが多い人は、まずその1~2杯を緑茶やコーヒーに変えてみてはいかがでしょうか。

 ただし、カフェインには覚醒作用のほか、利尿作用や血管収縮作用などがあります。寝つきが悪い、夜中にトイレに起きるという人は、寝る数時間前から控えるのがよいでしょう。また、心臓病や腎臓病がある人、妊娠中の人はカフェインの摂取には十分注意してください。

【関連コラム】コーヒーが体にいいって本当?」、「お茶で満喫 元気のもと

(編集・制作 (株)法研)

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    【発達障害の特徴】指示がうまく理解できない理由とは?
    次に何をすべきか、わからない 出典:株式会社法研「子ども…
  2. 2
    やる気が出ない・落ち込みがち・息苦しいなど…うつ症状の改善方法
    「気分が落ち込みがち」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 ストレスを…
  3. 3 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  4. 4
    【イラストで解説】ダイエットの効果を高める4種類の痩せるツボ
    ツボ押しプラス筋肉を大きく動かす生活で、きれいにやせる 「…
  5. 5 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  6. 6
    【発達障害の特徴】整理整頓が苦手・散らかしても気にならない理由と対処法
    何でもやりっぱなしの状態で、気づくとものに囲まれている …
  7. 7
    【発達障害の特徴】一方的に自分の話ばかりする子どもの対処法
    自分ばかりが話をして終わりがない状態 出典:株式会社法研…
  8. 8
    おつまみの一品目はこれがベスト!お酒で太らない人になる5つのコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ビー…
  9. 9
    正月太りを7日でリセット!増えた脂肪を短期集中で落とすワザ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おい…
  10. 10
    【発達障害の特徴】「じっとしていられない」聴覚が敏感・ADHDの場合も
    自分の行動をコントロールできない 出典:株式会社法研「子ども…
  11. 11
    子どもの"かんしゃく"と発達障害ー対応の仕方と予防のコツ
    かんしゃくを起こすとみさかいがなくなる 出典:株式会社法研「子ど…
  12. 12
    バチバチっとくるのは老化のサイン?静電気をためやすい人の特徴
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 乾燥…
  13. 13
    【発達障害の特徴】注意力の不足は治る? 忘れ物が多い子どもの対処法
    注意をしても、言ったそばから忘れてしまう 出典:株式会社法研「子…
  14. 14
    寝る前にやってはいけない事リスト。寝つきが悪くなる・睡眠の質が下がる…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人生…
  15. 15
    目のお疲れ度をチェック。スマホ・PC 5時間以上使っている人は要注意!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 夕方…
  16. 16
    二日酔いでつらい…からだを即効チャージする4つのポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと お酒…
  17. 17
    【発達障害の特徴】みんなと同じ行動をとるのが苦手な子の対処法
    なぜみんなで同じ行動をとるのかが理解できない 出典:株式会社法研…
  18. 18
    足がクサくなる2大条件。コレさえ予防すればブーツでも臭わない!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ブー…
  19. 19
    【発達障害の特徴】興味のあるものが独特。好奇心は尊重すべき?
    なぜそんなものに熱中するかわからない場合も 出典:株式会社法研「…
  20. 20
    【発達障害の特徴】たとえ話が理解できない理由と対処法
    たとえや比喩(ひ ゆ)の意味がわからない 出典:株式会社…

一覧