1日緑茶5杯、コーヒー4杯で長生き? カテキンとカフェインの健康効果

緑茶やコーヒーをよく飲む人は死亡するリスクが低い

毎日飲んでいる緑茶やコーヒーにうれしい長生き効果。カテキン、クロロゲン酸、カフェインの働きが影響

いつも飲んでいる緑茶とコーヒーで長生きできる?

 あなたは緑茶またはコーヒーを1日何杯くらい飲んでいるでしょうか? 日本人にとって、緑茶は昔からなじみの深い飲み物ですが、今ではコーヒーも欠かせない飲み物になっていますね。食後や仕事の合間に、あるいは一息入れたいとき、緑茶やコーヒーを飲むという方は多いのではないでしょうか。

 最近、そんな緑茶やコーヒーを日常的によく飲んでいる人は死亡リスクが低いという報告が、国立がん研究センターから発表されました。これは、日本各地に住む40~69歳の男女約9万人を1990年(または1993年)から2011年まで、平均19年に渡って追跡調査した「多目的コホート研究」によるもの。

 この研究では、緑茶やコーヒーの摂取量と全死亡リスク、日本人の主な死因であるがん、心疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患などによる死亡リスクとの関連を調べました。

*調査では、死亡リスク要因となる年齢や喫煙、飲酒、運動習慣などが結果に影響しないよう統計学的に調整しています。

緑茶を1日5杯以上飲む人は全死亡リスクが最も低かった

 「多目的コホート研究」によると、緑茶を1日5杯以上飲む人の全死亡リスクは1日1杯未満の人に比べ男性で13%、女性で17%低く、飲む量が増えるほどリスクが低下する傾向がみられました。

 死因別では、男女の心疾患と、男性の脳血管および呼吸器疾患による死亡リスクが緑茶をよく飲む人で低下しました。
 男女ともがんによる死亡リスクとの関連はみられませんでしたが、部位別のがん死亡との関連を調べた先行研究では、女性の下部胃がんのリスク低下との関連が示されています。

コーヒー1日3~4杯で死亡リスクは最も低下

 コーヒーの場合はどうでしょうか。コーヒーを3~4杯飲む人は、ほとんど飲まない人と比べて全死亡リスクが24%低く、緑茶同様に飲む量が増えるほどリスクが低下する傾向がみられましたが、1日5杯以上飲む人についてはリスクの低下は認められませんでした。

 死因別では、コーヒーを3~4杯飲む人は男女とも心疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患で死亡リスクが最も低下しました。特に脳血管疾患による死亡リスクは、ほとんど飲まない人と比べて43%も低くなりました。

 がんによる死亡リスクとの関連はみられませんでしたが、先行研究では肝がん、膵がん、女性の大腸がんと子宮体がんのリスク低下との関連が示されています。

健康効果をもたらすカテキンとクロロゲン酸、カフェイン

 これらの結果について考えられることとして、研究班は緑茶に含まれるカテキンとコーヒーのクロロゲン酸、そして両者に含まれるカフェインの働きを挙げています。

 カテキンは緑茶の渋みや風味の元、クロロゲン酸はコーヒーの色や苦味、香りの元となる成分で、どちらも強力な抗酸化力をもつポリフェノールの一種です。

 カテキンには、血圧やコレステロール、中性脂肪の調整効果や血糖値改善効果があり、クロロゲン酸には血圧の調整や血糖値の改善効果、抗炎症作用があるといわれています。またカフェインには血管を保護し呼吸機能を改善する働きがあるとされます。
 これらの成分の働きにより、循環器疾患や呼吸器疾患による死亡リスクが低下し、全体の死亡リスクを下げている可能性が考えられています。

生活習慣にも気を配った上でおいしい習慣を

 毎日飲んでいる緑茶やコーヒーがこれほど健康にプラスに働くとはうれしいですね。しかしこの調査結果は、緑茶やコーヒーさえたくさん飲めば長生きできるということを示しているのではなく、生活習慣にも気を配ることが大切なのはいうまでもありません。

 その上で、緑茶またはコーヒーが好きでよく飲み、体調もよいと感じている人は続けるとよいでしょう。甘いジュースや炭酸飲料などを飲むことが多い人は、まずその1~2杯を緑茶やコーヒーに変えてみてはいかがでしょうか。

 ただし、カフェインには覚醒作用のほか、利尿作用や血管収縮作用などがあります。寝つきが悪い、夜中にトイレに起きるという人は、寝る数時間前から控えるのがよいでしょう。また、心臓病や腎臓病がある人、妊娠中の人はカフェインの摂取には十分注意してください。

【関連コラム】コーヒーが体にいいって本当?」、「お茶で満喫 元気のもと

(編集・制作 (株)法研)

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

コーヒーの健康効果-がんや糖尿病を予防するって本当?

10月1日はコーヒーの日。コーヒーの新年度が始まる日であり、需要が高まるころでもあることから、1983年、社団法人 全日本コーヒー協会によって提唱されました。
現在、日本のコーヒー消費量は米国、ブラジル、ドイツについで第4位です(20... 続きを読む

薬は緑茶で飲んでも大丈夫? やっちゃいけない薬との飲み合わせは?

薬と食品の飲み合わせには注意が必要なものがあります。特定の飲み物と一緒に飲むと、効果が弱くなったり強くなったり副作用を引き起こすものもあるので注意しましょう。 薬を液体と一緒に飲むのは粘膜の保護のため そもそも、飲み薬はなぜ、そのまま... 続きを読む

クロロゲン酸

病気や老化の原因となる活性酸素を減らす「ポリフェノール」。このポリフェノールの一種であるクロロゲン酸は、コーヒーの主成分でもあります。 「クロロゲン酸はコーヒーの他、かぼちゃ、なす、さつまいもの皮など、いろいろな野菜や植物に含まれています... 続きを読む

緑茶の6つの健康効果-茶葉から淹れたお茶の方が栄養分は豊富

古くは中国から伝わったものですが、食後の一服や「ホッ」と一息というとき、また気分をしゃんとさせたいときにも、緑茶は私たち日本人にとって欠かせない飲みものとなっています。
緑茶は、かつては薬として貴族たちの間で珍重されていました。ビタミン... 続きを読む

中国茶カタログ 緑茶

最近の中国緑茶ブームで浸透した緑茶。CMでもおなじみになりましたが、中国でもっとも多く飲まれているのはこの緑茶。中国のお茶生産量の7〜8割近くを緑茶が占めています。 摘みとり後、すぐに加熱して発酵を止めるため、茶葉... 続きを読む

お手軽肌ケア!使用済みコーヒーで手作りコスメ

愛用者が多いコーヒー、実はただ飲むだけでは勿体ないのです。なぜなら、コーヒーを飲んだ後に美肌ケアができるから。一度コーヒーを敬遠している人も試してみてはいかがでしょうか。お手軽肌ケア!使用済みコーヒーで手作りコスメコーヒースクラブで美肌... 続きを読む

コーヒーのすごい効能‐肝機能を高め、肥満を予防してくれる

お茶の時間に何気なく口にしている一杯のコーヒー。それが、さまざまな生活習慣病の予防に効果があるという研究成果が発表されています。
生活習慣病というのは、食生活、運動、嗜好など、生活習慣が発症や進行に大きくかかわっている病気。がんや糖尿... 続きを読む

人気女優も実践中♪コーヒーの粉でセルライトを撃退する方法

ダイエットの宿敵、セルライト。ほっそり見せたいのに凸凹が出てしまうと台無しです。体重は落とせたけれどセルライトが残っていると、その部分だけ盛り上がって見えます。そんな憎きセルライトを退治すべく用いるのがコーヒーの粉。 え?と思った人も、... 続きを読む

飲むだけで痩せちゃう!?身近な飲み物をご紹介

飲むだけで痩せるなんて、魔法のようなドリンクがあるのでしょうか。そんな飲み物があれば、誰だって飲みたくなるものです。そんな都合のよい飲み物はあるのでしょうか。飲むだけで痩せちゃう!?身近な飲み物をご紹介 コーヒーは痩せる!? コーヒー好... 続きを読む

運動の30分前に飲むとより効果的 コーヒー

運動前にコーヒーを飲むと、カフェインが埋蔵脂肪を分解!
脂肪が筋肉で燃えやすくなる ●解説してくれる人 鈴木正成先生 ●先生のプロフィール 農学博士、筑波大学体育科学系教授。栄養学... 続きを読む