生理が遅れたら、まずはどうすればいい? 病気の可能性がある場合

まず妊娠反応を確認。妊娠でなくても3カ月遅れたら婦人科へ

妊娠検査で陽性なら1週間以内に婦人科へ。若いときの無月経を放置すると将来に影響することも

生理が遅れても受診しなくてよい場合と受診が必要な場合がある

 月経(生理)が遅れると、びっくりして婦人科に駆け込んでくる人がたくさんいますが、病院に来なくてもよい場合と、必ず診察を受けてほしい場合があります。しっかりと区別して対応するようにしましょう。

 25日から38日程度の周期で出血が起こっていれば、正常な月経周期です。しかし、周期が正常でも、夜用ナプキンが数時間であふれるほどの多量の出血がある場合や、鎮痛剤が効かないような痛みがある場合は異常です。
 一方で、不定期であっても3カ月以内に次の月経が来る場合は特に治療は不要です。妊娠するために必要な排卵が少ないため妊娠には不利ですが、妊娠を考えていないのであれば必ずしも治療しなくてもよいのです。

 また、18歳になっても自然に月経が来ない場合は、原発性無月経という病気です。治療が必要な場合もあるのですぐに婦人科を受診しましょう。

1週間以上遅れたら、市販の妊娠検査薬で検査を!

 月経が予定日から1週間以上遅れた場合、セックスをしている人は、薬局で売っている妊娠検査薬を使って妊娠していないか必ず確認しましょう。ちゃんと避妊をしたつもりでも、妊娠している場合があります。
 月経予定日から少し遅れていつもと違う出血があった場合、それが月経ではなく子宮外妊娠(異所性妊娠)の不正出血という場合もあります。子宮外妊娠は現代の日本でも毎年数人が亡くなっている怖い病気です。月経がおかしいと感じたときは、まず妊娠のチェックをして、陽性だった場合は1週間以内に婦人科に行きましょう。

 妊娠反応検査は、月経の遅れで婦人科を受診したときに必ず最初に行う検査です。病院での待ち時間を減らすためにも、自分で行っておいたほうが得です。市販の妊娠検査薬は病院のものとほとんど同じです。

3カ月以上遅れたら病院へ

 これまで定期的にあった月経が3カ月以上止まった場合を続発性無月経といいます。もともと月経が定期的に来ない女性もたくさんいますし、定期的に来ている人でも月経がずれることもよくあります。

 しかし、病気ではなくても、女性の全般的な健康のためには3カ月に1回程度の月経が起こるほうが有利です。そのため月経が3カ月以上遅れたら、女性ホルモン剤を投与して月経を起こします。もちろん、妊娠ではないことを必ず確認してから病院に行きましょう。

続発性無月経の原因はさまざま

 月経はホルモンの働きによって起こります。その流れは脳→卵巣→子宮と伝えられます。この流れのどこかに問題があると無月経になります。

 特に近年問題になっているのは、フィギュアスケートや体操競技などの選手が無理なダイエットをすることで無月経になっているのにそれを放置し、骨折をくり返して競技人生を縮めたりすることです。
 若いうちの無月経を放置すると、骨が弱くなって骨折したり、妊娠しにくくなったり、将来に影響を及ぼすことがあります。競技のためにも、その後の人生のためにも無月経を軽視してはいけません。

 病院では、血液検査や超音波検査などによって、原因を調べて治療を行います。

●脳に問題がある場合
 向精神薬などの副作用、ストレス、無理なダイエットによる急激な体重減少、脳腫瘍などにより、脳からの命令が出ない場合があります。採血してホルモンをチェックしたり、MRIで脳に腫瘍がないかなどを調べたりします。

●卵巣に原因がある場合
 閉経が近くなって卵巣が働かなくなったり、卵巣に腫瘍ができたりした場合などです。採血して卵巣からのホルモンを調べたり、超音波検査をしたりして判断します。
 45~55歳くらいで閉経するのが正常ですから、40歳を過ぎた頃から月経が不規則になる人もいますが、3カ月に1回の月経があれば問題ありません。

●その他
 甲状腺の異常や体のどこかに女性ホルモンを出す腫瘍ができた場合などにも無月経になります。採血してホルモン値を調べ、異常がないかどうかを調べて判断します。動悸やだるさ、むくみなど、ほかの症状も同時に起こることがあります。

月経はホルモンの変動がわかるバロメーター

 月経が1週間遅れただけで焦って病院に飛び込んでくる人がいる一方で、何年も月経が来ていないのに放置している人もいます。
 女性ホルモンは月単位、年単位で変化していますが、その正常な変化を含めた動きを実感できるのが月経です。ですから月経は女性の体のホルモンの変動がわかるバロメーターなのです。正しく対応することで、元気に過ごせる時間を長く保つことができます。

 病院で、「もっと早く来ておけばよかったのに」、「このくらいで来ることはなかったのに」と言われないためにも知っておいてください。病院をうまく使って、元気に長生きしましょう。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
太田 寛先生


慈桜会 瀬戸病院産婦人科(埼玉県所沢市)
北里大学医学部公衆衛生学 助教
1989年京都大学電気工学科卒業後、日本航空に勤務。2000年東京医科歯科大学卒業。茅ヶ崎徳洲会総合病院、日本赤十字社医療センターを経て、北里大学医学部助教。瀬戸病院へ出向中。医学博士、日本産科婦人科学会専門医。

コラムに関連する病名が検索できます。

生理が遅れたら、まずはどうすればいい? 病気の可能性がある場合 関連コラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 無性に○○が食べたい! それは体からのSOS、栄養不足のサインかも?
    無性に○○が食べたい! それは体からのSOS、栄養不足のサインかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2 お酒を飲まない女性に増えている『非アルコール性脂肪肝炎』その3つの要因
    お酒を飲まない女性に増えている『非アルコール性脂肪肝炎』その3つの要因
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3 運動をしない女性の健康リスク8つ―運動習慣のある女性は3割以下!
    運動をしない女性の健康リスク8つ―運動習慣のある女性は3割以下!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 運動…
  4. 4
    年をとると睡眠時間がどんどん短くなるのはなぜ?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  5. 5 女性ホルモンを増やすには大豆より朝の●●がおすすめ!!
    女性ホルモンを増やすには大豆より『朝のピーナッツ』がおすすめ!!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  6. 6 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  7. 7
    食べ過ぎリセット! 食べ過ぎた翌日からできる太らない為の8つの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと うっ…
  8. 8
    立ち上がると目の前がクラクラ…女性に多い起立性低血圧症、8つの改善方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 女性…
  9. 9 簡単にできる栄養バランスのいいお弁当-配分は3:2:1がベスト
    簡単にできる栄養バランスのいいお弁当-配分は3:2:1がベスト
    (編集・制作 (株)法研) 手早くできて健康によいお弁当づくりのコツ…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?…
  11. 11
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  12. 12 女性に多い「まぶたのピクピク」に注意! 目の痙攣は体からのSOS
    女性に多い「まぶたのピクピク」に注意! 目の痙攣は体からのSOS
    ふとした時に起こるまぶたの痙攣。これは、体からのSOSサインです。顔に…
  13. 13 突然の腹痛・吐き気・お腹の張りは腸閉塞(イレウス)かも? 症状と対処法
    突然の腹痛・吐き気・お腹の張りは腸閉塞(イレウス)かも? 症状と対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14 【急性咽頭炎】を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き
    【急性咽頭炎】を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  15. 15 『疲れがスッキリ』これをやったら相手に喜ばれる!脚のマッサージのやり方
    『疲れがスッキリ』これをやったら相手に喜ばれる!脚のマッサージのやり方
    (編集・制作 (株)法研) パートナーにやってあげて喜ばれる脚の側面…
  16. 16 ダイエットの近道は塩分を控えること! ストレスフリー減塩のコツ6つ
    ダイエットの近道は塩分を控えること! ストレスフリー減塩のコツ6つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  17. 17 いつの間にか眠ってた…これって『睡眠時無呼吸症候群』の危険信号かも
    いつの間にか眠ってた…これって『睡眠時無呼吸症候群』の危険信号かも
    (編集・制作 (株)法研) 単なる居眠りではすまされない、早期発見・…
  18. 18
    冷凍食品は体に悪いの? 食べていいもの悪いもの
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19 脳を活性化させるには手を動かす! 脳を刺激する手のかんたん体操
    脳を活性化させるには手を動かす! 脳を刺激する手のかんたん体操
    (編集・制作 (株)法研) 手から入った刺激は脳の多くの領域を活性化…
  20. 20 冬の『みかん』は女性に嬉しい栄養がたっぷり! 皮も再利用できるって?
    冬の『みかん』は女性に嬉しい栄養がたっぷり! 皮も再利用できるって?
    (編集・制作 (株)法研) おいしくて健康によい。しかも食べやす…

一覧