水虫の正しい知識 Part4-意外と知らない4つのタイプの水虫

水虫の素人判断は悪化、再発のもと

水虫だと思い込んで専門医を受診した人のうち、3人に1人はまったく別な病気だったというデータがあります。治療法も含め素人判断は禁物です。

「ボツボツ(水疱)」、「皮むけ」イコール水虫と思うのは間違い

 足や手にはいろいろな皮膚病ができます。たとえば、年をとるとだれでも足の皮がしだいに硬く厚くなり、ひび割れたり、白くむけたりしがちです。このような変化が生まれつき出やすい人もいますし、糖尿病や乾燥肌の人には強く出がちなものです。症状としては角化(かくか)型の足白癬に似ているので注意は必要ですが、これはあくまで生理的変化であり水虫ではありません。このようなケースは意外に多く、水虫だと自分で思い込んで医師の診察を受けた人の3人に1人はまったく別の病気だった、というデータがあります。

 足や手に「ボツボツ」や「皮むけ」ができたからといってすぐに水虫と自己判断するのではなく、専門医を受診し、正しい治療を受けることが根治への近道です。

ひとくちに水虫といっても4つのタイプがあります

 水虫には次のようなタイプがあります。

 ひとつは、足の指の間が白くただれたり皮がむけて、むずがゆくなる「趾間(しかん)型」。足の水虫としてはこのタイプがもっとも多く、4番目と5番目の指の間が白くふやけて皮がむけてきます。

 2番目のタイプは、土踏まずや足の側縁など毛の生えていない皮膚の厚いところにできる水虫で、「小水疱(しょうすいほう)型)」と呼ばれるもの。その名の通り赤みを帯びた小さな水ぶくれ(水疱)が集まってできるもので、かゆみを伴います。水疱は1週間たつと乾燥してぼろぼろ皮がむけてきますが、水疱は他の部位にも発生し、少しずつ広がっていきます。

 3つ目のタイプは「角化型」で乾燥による肌荒れに似ているため水虫とわかりにくいやっかいなタイプです。かゆみなどの自覚症状はなく、特にかかとの部分の角質が厚くなり、表面がざらざらして白い粉がふいたようになります。

 4つ目は、もっともやっかいな「爪水虫」。爪の先のほうが黄白色に変色し、爪の厚みが増します。かゆみはありませんが、繰り返す水虫の最大の原因がこの爪水虫です。

間違いだらけの素人民間療法でさらに悪化することも

 水虫がなかなか治らないので、わらにもすがる思いで民間療法をためしてみたところ、かえって悪くなってしまった、という話をよく聞きます。

 たとえば、アロエを塗ると水虫が治るといわれますが、アロエの汁は顕微鏡で見ると針状の結晶になっています。そのために、皮膚を傷つけたり、かぶれが生じたりすることがあるのでやめたほうがよいでしょう。また、食酢を塗るというようなことも試みられているようですが、酢には白癬菌を殺すほどの強さはありません。

 いろいろな民間療法のうち科学的にその効果が証明されているものは皆無です。水虫を治す王道は皮膚科で処方された薬を用いる以外ありません。

 また、民間療法を試みていて、一見よくなったように見えることがあります。しかし、これは完治したわけではありません。その後再発を繰り返し、そのたびに違う民間療法をためし、ますます悪化するということがよくあります。



(資料提供)ヤンセンファーマ株式会社

監修 楠俊雄


医療法人社団 清仁会 哲学堂くすのき皮膚科

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

アロエ植物ステロール

「アレキサンダー大王が病気予防のために栽培していた」、「クレオパトラが美貌を維持するために液汁を体に塗っていた」など、古代から健康や美容に役立てられてきたアロエ。
便秘改善、火傷や傷の治療、保湿などの作用があるとされ、長い間、民間療法的... 続きを読む

花粉症の完治する?「舌下減感作療法」は本当に効果があるのか?

花粉症の人には憂うつなシーズンになりました。気象情報会社の発表では、昨年夏の日照時間が全国的に少なかったことから、北海道以外のエリアでは今シーズンのスギ花粉の飛散量は昨シーズンの半分以下と予想しています。ただし、飛散開始の時期は早まり、東... 続きを読む

年々増える人間ドッグ受診者-「異常なし」は全体の8.4%

人間ドックを受診した人で「異常なし」、すなわち健康上の問題が何もないと判定された人は、全体のわずか8.4%しかいなかったことが明らかにされました。日本人間ドック学会は前年1年間の全国の人間ドック受診者の集計データを毎年公表しており、これは... 続きを読む

物が見えずらいのは緑内障かも? 早期発見に役立つ自己チェック法

最近、物が見えづらい、目がかすむ、文字の一部が欠けて見える、などといったことはありませんか?
もしあるとすれば、大変!
それは目の病気「緑内障」の、しかも症状が進んでしまっている状態かもしれません。
「リョクナイショウ」などと言われて... 続きを読む

【簡単お風呂ヨガpart4】ぷるぷる二の腕&背中のハミ肉を引き締める♡

まだまだ寒い季節が続きますね。外出も億劫になり、体を動かす機会も少なくなってしまいます。でも、冬服に隠れた体もしっかりと見られていますよ!こんな時こそ、お家でエクササイズ!前回、前々回もとっても好評でした「お風呂ヨガ」をご紹介いたします... 続きを読む

超高齢社会の課題解決に期待されているICT活用ってなに?

今日のスマートフォンやタブレット型携帯端末の普及により、医療情報や医薬情報の取得はもちろん、個人の健康情報の蓄積、電子カルテの共有などを可能とするモバイルへルスケアに大きな期待が寄せられています。
そんな中、先般、「ITヘルスケア第7回... 続きを読む

水虫の正しい知識 Part2-水虫の検査の仕方、爪水虫の治療法

白癬菌(はくせんきん)の検査では、一般に苛性(かせい)カリ鏡検法(きょうけんほう)が用いられます。まず、病変部から白癬菌が寄生していると思われる皮膚の最外層(角質層の一部)をピンセットなどで取ります。
次に採取した皮膚の一部を顕微鏡観察... 続きを読む

水虫の正しい知識 Part1-完治しずらい爪水虫、手にも水虫?

水虫というと高温多湿の夏に多い病気で寒い冬場には関係ない病気、と思っている方がいらっしゃるとしたら、それは大きな間違いです。足の裏や足の指の間にできる水虫の原因である白癬菌(はくせんきん)と呼ばれる真菌(しんきん)が爪に侵入して起こる爪水... 続きを読む

高温多湿になる梅雨時は水虫に注意! 水虫にならない習慣とは

“おじさんの病気”というイメージがある水虫ですが、最近では女性の水虫患者が増えています。その原因は、冬のブーツにありました。
水虫は、カビの一種である“白癬菌”(はくせんきん)による感染症で、放っておくと1年中生きつづけています。カビは... 続きを読む

水虫の正しい知識 Part3-爪水虫の診察前にチェックする7つのこと

診察では、問診といって「爪が白くなるような症状は、いつから起こったか」「爪がぼろぼろ壊れることはないか」などを患者さんにたずねることから始まります。
ときには家族構成や、そのなかで患者さんと同じような症状、病気を持った人がいないかどうか... 続きを読む