季節の変わり目は熱中症に要注意! 危険な症状と予防法

熱中症はなぜ起きるの? どう対処したらいいの?

熱中症の症状を知り、水分補給、タオルの持参など、外出時の注意点と予防法を紹介します。

症状によって3種類に分けられる熱中症

 また強い日差しが照りつける夏がやってきます。「真夏日」、「熱帯夜」とともに「熱中症」という言葉がニュースに頻出する季節です。この熱中症は、高温、高湿度の環境下で起こる、夏の代表的疾患のひとつです。

 東京消防庁の調べによれば、熱中症によって救急車で搬送された患者数は、年々増加傾向にあります。熱中症は、その症状により、比較的軽症の「熱けいれん」、中等度の「熱疲労」、重症の「熱射病」の3つに分けられます。

 熱けいれんは、発汗後の大量の水分補給によって、ナトリウムなど血中のミネラル成分が薄まることが原因で、極度の筋肉痛やこむら返りといった症状が現れます。また、熱疲労は、大量の発汗による脱水症状によるもので、おもな症状は、めまいや頭痛、脱力感、吐き気など。さらに、熱射病は、極度の体温上昇により、中枢神経や臓器が障害を受けたときに起こります。失神や意識障害、ショック症状が現れ、体力や順応力が不足している場合は、命に関わることもあり、注意が必要です。

季節の変わり目は、真夏並みに危険

 熱中症が起こりやすいのは、極端に気温の上がる真夏日とは限らず、暑くなり始めた5月から7月に発症する人も少なくありません。人間の体には、もともと、環境に順応する力が備わっているため、体は自然に気温や湿度の変化に慣れていきます。しかし、お年寄りや幼児など順応力の低い人は、気温の変化にうまく対応できません。極端に暑くなくても、季節の変わり目は要注意です。

人間の体は、汗を気化させることで体温を一定に保っています。そのため、高湿度の中にいると汗は気化せず、体温のコントロールもしにくくなってしまうのです。とくに、梅雨時に温度が高くなると、体調を崩しがちになります。

暑さを避け、こまめに水分補給を

 熱中症の予防は暑さを避けること。日差しの強い時間帯の外出はできるだけ避け、衣服は、通気性や吸湿性の高いものを選び、帽子や日傘を使って、肌に直接日光が当たらないように工夫するなど、昔から行われてきた対策が有効です。

 さらに、出かけるときは水分をしっかり補給し、汗ふきタオルを忘れずに。発汗とともに失われる塩分やミネラルの摂取も大切なので、携帯する水分には、麦茶やスポーツドリンクが適しています。

 外出時には、疲れを感じる前に休憩し、汗をかいたり、のどが渇いたりする前に、少量ずつ、こまめに水分を補給するようにしましょう。とくに、高血圧の人や心臓の弱い人は、一度に大量の水分をとると、心臓に負担がかかるので十分注意をしましょう。

 とにかく無理をしないこと、それに超した予防法はありません。

 

(「へるすあっぷ21」、法研より)

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

スポーツ時の熱中症に注意! こまめに水分をとって熱中症対策

以前は、運動している最中に水分をとると疲れるなどと言われましたが、今では、むしろスポーツ中も積極的に水分をとることをすすめられるようになっています。
特にこれからの暑い季節、スポーツ中の脱水症状から熱中症を起こして倒れるケースが多くみ... 続きを読む

夏が終わっても熱中症対策は続けたほうがいい理由とは?

熱中症は、高い気温と湿度によって引き起こされ、頭痛や吐き気、めまい等、ひどくなると意識障害になり死に至る場合もあります。
気温が高くなると、体内の熱を放出するのが困難になります。さらに湿度が高いと汗をかいても蒸発しないため、脳にある体... 続きを読む

とっても怖い熱中症!その原因は汗にある!

熱中症ってどうしてなるの?
熱中症になるのはどういった時なのでしょうか?

暑いとき、私たちの体は汗をかき、汗が蒸発するときに皮膚から熱を奪い、体温が上がり過ぎないように調節します。大量に汗をかいたまま水分を補給しないでいると、汗と... 続きを読む

肩こり、頭痛、くすみ、乾燥・・・。気温が低くなると表れる不調の原因と解消法

肩こり、頭痛、なんとなく顔色が冴えない、肌がひどく乾く・・・。気温が徐々に下がり始めてから、そんな不調を抱えていませんか?思い当たる人は、もしかしたら血の巡りが悪くなっているのかもしれません。そこで、今回は、血の巡りが悪くなっていること... 続きを読む

季節の変わり目に体調が悪くなるのは自律神経が原因? 解消する食事法

自律神経とは体の機能を自動的にコントロールする神経です。この自律神経の状態が四季によって変化し体調を崩すことがあります。季節ごとに自律神経に合わせた食事を摂り、体を整え美しくなる方法をご紹介します。 四季による体調変化には自律神経が関... 続きを読む

季節の変わり目の不調や疲れもとれる「シャワーリング」

グッと涼しくなり過ごしやすくなったとはいえ、身体の疲れがとれない、あまり眠れないという悩みを抱えている人に。そんなときに手軽に取り入れられる、シャワーを使った健康法を紹介します。 シャワーリングで疲労回復 安眠や疲労回復のためには、... 続きを読む

熱中症予防に牛乳が効くってホント?運動後の牛乳がおすすめの訳

いよいよ夏本番、海や山へのレジャーが楽しみな一方、熱中症が心配な季節でもあります。熱中症は、大量の発汗によって体内の水分や塩分が失われて脱水状態になり、体温調整機能がうまく働かなくなることで起こります。最悪の場合、命にかかわる場合もあるこ... 続きを読む

屋内でも要注意!熱中症の予防の仕方-症状別困ったときの処置法

熱中症の季節です。熱中症は熱にあたっておこる症状の総称で、日射病や熱射病などという呼び方から統一的に熱中症と言われるようになりました。真夏になると、フェーン現象やヒートアイランド現象などにより、体温に匹敵するほどの高い気温に見舞われる日が... 続きを読む

老廃物の除去に役立つ麦茶でダイエット

麦茶
麦茶の効能はダイエットサポートに役立つそうです。
麦茶は、ノンカフェインでゼロカロリーでありながら、ミネラルや有効成分を含んでいます。
直接的に痩せることにつながる、脂肪燃焼の効果などはありませんが、含まれる有効成分が血液サラ... 続きを読む

夏バテしない暑さに強い体づくり-3つのコツで猛暑を乗りきる

夏が来ると毎年のように多くの人が熱中症にかかり、亡くなる人もいます。熱中症の発症が猛暑の続く8月に多いのはもちろんですが、6、7月の梅雨の晴れ間や梅雨明け直後など、気温が急激に上昇する日にも多くなります。この時期はまだ体が暑さに慣れていな... 続きを読む