トイレはどこ!? 不安が悪循環を招く過敏性腸症候群とは?

外出先で突然、お腹を下す過敏性腸症候群が増えています。

検査では異常がないのに、下痢や便秘を繰り返す過敏性腸症候群。
あなたも気をつけましょう。

外出がおっくうになる人も……

 ある日突然、外出先で下痢におそわれた。以来、「また、外出先で下痢になるかも」と心配で、電車も各駅停車にしか乗れない。デパートなどでは、トイレの位置をいつも確認していないと不安……。
こんな出来事に身に覚えがあるあなたは、「過敏性腸症候群」かもしれません。

 過敏性腸症候群は、検査では異常が見られないものの、腸の運動や分泌機能が過敏になったために下痢や便秘、あるいはそれを交互に繰り返すなどの便通異常、腹痛、お腹がはっていやな感じがする・・・といった症状が起こった状態をいいます。

 症状がひどくなると、外出するのをためらう人もいます。たしかに、お腹の調子が不安だと、外出しても落ち着いた気持ちでいることができませんよね。
でも、健診では異常がないのに下痢や便秘などの症状に悩まされてしまうのは、どうしてでしょう。

下痢の不安がさらに悪循環に

 口から入った食べ物は胃、小腸、大腸を通過していくなかで消化・吸収され、徐々に便らしい形状になっていきます。そして、大腸から直腸まで便が下りてくると便意がおこり、肛門から排泄されるのです。このように消化・吸収されたものが肛門に向かって移動できるのは、腸が運動しているからです。朝、食事をすると大腸が動きだし、直腸まで便が運ばれて便意を感じます(胃・結腸反射という反応)。通常の排便は1回済ませると、「今日はすんだから明日にしよう」と無意識のうちにコントロールされ、多くは1日1回におさめられます。ところが、腸の運動は自律神経によってコントロールされているため、自律神経のバランスが乱れるとお通じにトラブルが発生、過敏性腸症候群になってしまうのです。

 自律神経を乱す主な原因はストレス。極度のストレスにさらされると、自律神経に緊張が伝わり、腸管運動をうながす副交感神経が過度に緊張して、大腸にけいれんがおき、下痢がおこります。また、けいれんが肛門により近い直腸で起こったときは、逆に便秘がおこります。

 一度、症状がおきると、「また下痢をするかもしれない」と不安な気持ちになり、それがさらに下痢を引きおこします。心理的なストレスによって、腸のけいれんが続けておこるという、悪循環になってしまうのです。

几帳面で神経質なタイプに多い

 過敏性腸症候群をおこすのは、几帳面、完璧主義、神経質な人に多いといわれています。ストレスに対する耐性が弱い人がかかるケースも多いのです。
では、この苦痛な症状を、どのように治療すればいいのでしょうか。

 薬によって症状を一時的に緩和させることはできますが、根本的に治したとはいえません。まず、心理的ストレスの原因となっている、悩みや心配ごとを解消するのがポイント。うまく解消できないときは、カウンセリングを受けたり、心療内科の助けを借りるのもいいでしょう。

 そして、生活を規則正しいものにととのえます。夜ふかしをせず、朝は決まった時間に起き、便意のあるなしに関係なくトイレに行く習慣をつけます。

 食事時間はなるべく一定にし、メニューでは、食物繊維の多いものを積極的にとるといいでしょう。さらに、「この病気になったのは、デリケートな証拠。ニブイ人にはおこらないはず!」など、前向きに考えて、あまりお腹のことを意識しないで暮らしてみましょう。すると、いつの間にか症状が緩和されているかもしれません。

 私たちの生活は、なにかとストレスを蓄積しがち。過敏性腸症候群は、それによって引きおこされる病気の代表的なものです。ストレスとの上手なつき合い方をマスターするのも、大切なことですね。

(「よくわかる 女性のからだ事典」天野恵子監修、法研より)

【取材協力】
天野恵子


千葉県衛生研究所所長/千葉県立東金病院副院長
1942年生まれ。東京大学医学部卒業(医学博士・循環器内科専攻)。東京大学講師、東京水産大学教授を経て、現在千葉県衛生研究所所長兼千葉県立東金病院副院長。全国に展開されている女性外来の立役者。

コラムに関連する病名が検索できます。

トイレはどこ!? 不安が悪循環を招く過敏性腸症候群とは? 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

ストレスによる腹痛や下痢は過敏性腸症候群かも? 対処法と改善法

重要なミーティングの前など、ストレスを感じると、いつもお腹が痛くなり、冷や汗をかきながらトイレに駆け込む……。「お腹が弱い体質だから」と思いがちですが、それは「過敏性腸症候群」という病気かもしれません。 ストレスにより下痢や便秘になる ... 続きを読む

急な便意も怖くない!「うんち10分前」を知らせるスマートデバイス

外出先や通勤中、突然やってくる激しい腹痛。「一刻も早くトイレに行きたい!」という状況を我慢するのは本当につらいもの。間に合わずに「あ~あ」となってしまうこともありますよね?
そんなことにならないよう、排便タイミングを事前にお知らせしてく... 続きを読む

トイレは黄

インドの教え「チャクラ」
トイレのアメニティ類は便秘を解消する力があるといわれている黄系でそろえましょう。なぜ黄色がいいのか、それはインドで生まれた「チャクラ」という考え方が基... 続きを読む

寒いので外に出れません。家やデパート、スーパーでうろうろでも運動したことになる?

カラダIQを高める!~今回の解説~ Q. 寒いので外に出れません。家やデパート、スーパーでうろうろでも運動したことになる? A. YES……少しでも代謝を上げるべし。あったかい屋内でのウォーキングがお... 続きを読む

意外と見られてる!?身に付けたいトイレ後のエチケット

職場や出先のトイレを見れば、そこのマナーのレベルがわかる!と言われるほどトイレはその場所の「顔」といわれています。接客マナー講師の筆者も、研修に伺う際、トイレは念入りにチェックします。また、友人宅や彼の家へお邪魔する時など、使用した人が... 続きを読む

結婚が決まったら-二人の健康診断 ブライダルチェック検査とは?

これから結婚をひかえているあなたは、新しい生活に期待を感じつつ、さまざまな準備をすすめているのではないかと思います。
そのなかにぜひ加えてほしいのが、結婚前の健康診断である「ブライダルチェック」。
幸せな新生活の基礎となるのは、ふ... 続きを読む

完璧主義は疲れる-働き者の女性が陥るスーパーウーマン症候群

仕事をもっている女性は多忙です。とりわけ家庭を持って、家事などを担当している人は、帰宅してからも、ホッとひと息というわけにはいきません。
あわただしく家に帰ると、食事の仕度が待っている。そして休日も掃除や洗濯などに追われ、のんびりくつ... 続きを読む

胃腸をストレスから守る-スローテンポの音楽が自律神経を整える

「胃が痛くなる」とか「断腸の思い」といった言葉もあるように、昔から、ストレスは胃腸の調子を左右すると考えられてきました。それを裏づけるように、テスト前に胃がキリキリ痛んだり、仕事の納期が近づくとおなかの調子が悪くなったり食欲が低下するとい... 続きを読む

「うつかも?」そんなとき受診するのは、精神科?心療内科?心理カウンセラー?

新年度が始まって2カ月が過ぎ、まもなく梅雨入りを迎えます。職場や学校、住まいなど新しい環境へ適応しようとがんばった分、「ココロの疲れ」が見えてきやすい時期です。雨が続くなど、お天気が気分に影響することも少なくないようです。 しかし、心... 続きを読む

更年期後の健康管理-女性ホルモンとコレステロールの関係

「健診でLDLコレステロール値が高いといわれてしまった。とくに太ったわけでも、脂っこいものばかりを食べたわけでもないのに、なぜ?」50歳前後の更年期を迎えた女性に、このような経験をする人が増えてきます。
男性の場合コレステロール値の異... 続きを読む