何気ない動作で起こる「ぎっくり腰」!対処法と予防のためのストレッチ

“魔女のひと突き”を予防しよう。

ふとした瞬間に、突然起こるぎっくり腰。日頃から予防を心がけておきましょう。

いきなり腰に激痛が!

 ふと立ち上がった拍子に腰に激痛が! 息が止まるような痛みに襲われて、思わずしゃがみこんでしまう。少し体を動かしただけでも痛いので、動けない……こんな体験をした人はありますか? これは、西洋では「魔女のひと突き」と呼ばれるぎっくり腰の症状です。

 ぎっくり腰は、医学的には「急性腰痛症」と呼ばれます。原因には諸説ありますが、腰のねんざと考えられています。普通、ねんざというと、大きな力が加えられて起こりますが、ぎっくり腰の場合、くしゃみをしただけで起こるケースも。それだけにショックは大きく、日常生活に与える影響も深刻です。

 実はぎっくり腰には、腰椎の老化が関係しています。腰椎の関節は、じん帯や筋肉に支えられて滑らかに動くようにできています。老化によって、じん帯や筋肉が弱まると、関節のかみ合わせが悪くなり、腰をひねったり、ちょっとした動作でぎっくり腰が起こるのです。

まず、安静第一

 では、ぎっくり腰になったら、どのように対処したらいいのでしょうか。

 まず、安静第一。固めのベッドやふとんにひざを曲げた姿勢で横になり、安静にしていると、通常は1~2週間ほどで回復します。
 腰以外にも、足の痛みがある場合は、椎間ヘルニアを発症していることもあるので、医師の診断を受けた方がいいでしょう。

 ぎっくり腰はクセになる、と言われます。たしかに、ぎっくり腰を1度起こすと、くり返すことがまれではありません。でも、ぎっくり腰は再発しても、どんどん悪化するということはありません。心理的ショックや負担は相当のものですが、さほど気にすることはないでしょう。

 日頃の動作で気をつけたいのは、腰に負担がかからない姿勢を心がけること。体を前に曲げた状態でひねった姿勢が、最も腰に負担がかかります。ものを持ち上げるときや洗面時には、ひざを曲げて行ったり、ものを自分のからだに近づけてから持ち上げるなどして、ガードしましょう。

ぎっくり腰を予防するストレッチ

 ぎっくり腰を予防する効果のあるストレッチを紹介します。すでに痛みのあるときは無理をせず、少しずつ行ってください。

(1)両手を後頭部に組み、深く息を吸いながらひじを後方にゆっくり動かし胸を張る。息を吐きながら、ひじを元の位置に戻す。
(2) 手を腰にあて、ゆっくり上体を反らす。
(3)上半身をひねらずに、腕を頭の上に伸ばして、ゆっくり両側に傾ける(側面に張る感じが出るまで)。
(4)首の力を抜いて、ゆっくりと上半身を前に倒す(肩がひざにくっつく程度まで)。

 また、重いものを持ったときだけでなく、「立つ」「座る」という日常の基本姿勢のなかでも、ぎっくり腰を予防するために気をつけたい点があります。

 例えば、立っているときは、長く同じ姿勢をとらないようにしましょう。また、中腰や前かがみの姿勢はなるべく避けましょう。どうしても長時間立つ場合は、片足を交互に10cmくらいの台などにのせて、姿勢を変えるようにしましょう。
 また、いすに座るときは、体を机に近づけ、ひざはほぼ直角に曲げ、足の裏全体を床につけるようにしましょう。背もたれの角度は110~120度くらいが良いでしょう。

 突然やって来るぎっくり腰には、恐ろしいイメージがありますが、日頃から動作に気をつけて、腰の負担を軽減するだけで、予防効果がぐっとアップします。腰はからだのカナメといわれます。日常生活でフル活動している部分で、長くお世話になるところですから、意識していたわってあげましょう。

(「徹底図解 腰・ひざの痛み」法研より)

【著者】
黒田栄史


聖路加国際病院整形外科医長
1978年横浜市立大学医学部卒業。同年、聖路加国際病院整形外科勤務。91~92年、米国ピッツバーグ大学留学。現在、聖路加国際病院整形外科医長・同病院リハビリテーション科長、聖路加看護大学講師を兼任。主な監修書に「徹底図解 くび・肩・腕の痛み」(法研)、「家庭でできる腰痛の原因と治し方」(西東社)などがある。

コラムに関連する病名が検索できます。

何気ない動作で起こる「ぎっくり腰」!対処法と予防のためのストレッチ 関連コラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    【医師が教える】夏まで90日!リバウンドなしダイエットのやり方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2
    女性はお腹にガスが溜まりやすい? その原因と解消法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと お腹…
  3. 3
    脳は疲れない? 酷使することで能力を高める方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 4 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  5. 5
    腸内環境の改善で”性格”まで変わる?!心の安定を得るための方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 腸内…
  6. 6
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  7. 7
    野菜ジュースは飲んでも意味がない? 野菜ジュースでとれる栄養とは
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  8. 8
    太りやすい・肌老化・免疫力ダウン…『腸体温』の低下が招く体調不良
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  9. 9
    あの人うつ病かも? うつを見分ける症状のポイント|接し方のヒント
    【執筆】住本吉章カウンセラー 誰でもが陥りやすいうつ状態 …
  10. 10
    意外と知らない食べ合わせが悪い食品―知らずに食べているかも!?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 何気…
  11. 11
    批判されても挫けない!『心が折れない』強いメンタルの作り方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  12. 12
    記憶力のいい人・悪い人の違いって? 記憶力アップの秘訣5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 記憶…
  13. 13
    【足のむくみを解消するストレッチ】座ったまま、仕事の合間でOK!
    (編集・制作 (株)法研) デスクワーク中でも座ったままできる運動で…
  14. 14 ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    環境の変化にストレスを感じる人と感じない人がいる 日々、暖かくなって…
  15. 15 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代謝…
  16. 16
    ちゃんと洗っているのに頭皮がかゆい理由は? 正しいシャンプーのやり方
    (編集・制作 (株)法研) (「へるすあっぷ21」法研より) 健康…
  17. 17
    体はストレスや疲労のサインを出している―年度替わりのストレス対策
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 3~…
  18. 18
    家庭でできる食中毒予防|心がけて欲しい8つのポイント
    (編集・制作 (株)法研) 「わが家では起こるわけがない」と思ってい…
  19. 19
    快眠でパフォーマンスアップ! しっかり噛んでセロトニンを分泌
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 睡眠…
  20. 20 驚いたときに腰が抜けるのはなぜ?
    驚いたときに腰が抜けるのはなぜ?
    脳や交感神経の作用のほかに、病気の一症状としても。 大脳皮質の一時的…

一覧