過活動膀胱(OAB)の診断法-まずは7つのセルフチェックから

ご存知ですか? 過活動膀胱(OAB) PART2

あなたの排尿トラブルは、過活動膀胱(OAB)によるものかもしれません。セルフチェックしてみましょう!

過活動膀胱(OAB)の診断法

 2002年国際禁制学会(ICS)により、新たな疾患として認められた過活動膀胱(OAB)。
その症状は、急に強い尿意が起こり、もれそうな感じになる「尿意切迫感」を中心として、トイレが近くなる「頻尿」や、我慢できずにもらしてしまう「尿失禁」などがあります。
頻尿の中には、膀胱炎など、他の疾患によって起こるものもあります。頻尿の中の一部が、過活動膀胱と診断されるのです。また、尿失禁には、尿意が我慢できずもらしてしまう「切迫性尿失禁」の他に、くしゃみや咳などお腹に力がかかったときに尿がもれる「腹圧性尿失禁」があります。過活動膀胱では、この「切迫性尿失禁」か、「切迫性尿失禁・腹圧性尿失禁」の両方の症状がある混合性尿失禁がおこります。

 過活動膀胱の潜在的な患者は多く、40歳以上では全体の12.4%。810万人もの人が何らかの排尿トラブルを抱えているといわれます。
 排尿トラブルの病気には、過活動膀胱のほかにも間質性膀胱炎や前立腺肥大症があります。時には癌のこともあります。少しでもおかしいなと思ったら、なるべく早めに泌尿器科を受診するようにしましょう。

 こうした排尿トラブルの診察では、症状をきちんと把握することが重要です。日頃から自分の排尿時刻や尿量を排尿日誌として記録しておくと、病院での診察がスムーズに進みます。
 女性の方にとってはデリケートな問題だけに、男性の医師に話すのは恥ずかしいと感じるかもしれません。最近では、婦人科に専門外来を設けて尿失禁の診察をしている病院や、女性の泌尿器科医のいる病院も増えています。そういう医療機関をさがしてみるのもいいでしょう。

セルフチェックしてみよう!

 病院に行って問診のとき質問されるのは、次のような項目です。
「いつから症状があるか」「どんな症状が出ているか」「どんなふうに困っているか」「1日のトイレの回数は」「服用中の薬は」この5項目には答えられるようにしておきましょう。「どんなふうに困っているか」というのは、例えば「トイレのために席をはずしにくい職場なので困っています」のようなことです。

 その他、セルフチェックしたい項目は次の通りです。
◆昼間、何回くらいトイレに行くか
(8回以上/7回以下)
※通常、8回以上が「昼間頻尿」と呼ばれます。
◆夜、トイレに行きたくて目が覚めることがあるか
※夜中、排尿のために1回以上起きるケースを「夜間頻尿」とします。
◆突然、我慢できないほどの尿意を感じることがあるか
◆尿意をトイレまで我慢できず、尿がもれてしまうことがあるか
◆咳やくしゃみ、重いものを持ち上げたときに尿がもれてしまうことがあるか
◆尿が出にくい、排尿に必要以上に長くかかる印象があるか
◆排尿時に痛みがあるか

 これらの項目に、自分で答えを出しておきましょう。また、ある程度の期間、排尿状態を観察するために、おしっこをした時刻、量などを記録する、排尿日誌をつけてみるのもいいでしょう(排尿日誌イメージ)。

治療は薬と生活習慣の改善

 過活動膀胱の治療には、抗コリン薬などの薬物による方法がメインです。最近では薬の開発がすすみ、効果の高い新薬が登場しています。疾患の原因である、膀胱の筋肉の過剰な活動を抑制し、膀胱で尿を十分ためられるように、症状に応じた薬が処方されます。

 また、日常生活のちょっとした習慣で、過活動膀胱の症状を改善したり、予防したりすることが可能です。
 ひとつは、骨盤底筋を鍛えること。骨盤底は、体の前面の恥骨、後ろの尾骨の間をつなぎ、骨盤内の臓器を支える、ハンモック状の筋肉のことです。
 そして、便秘の解消、肥満の解消も効果的です。便秘になると、便の刺激により膀胱の機能が不安的になります。また、肥満も腹腔内に圧力をかけ骨盤底筋を弱めます。これらを解消すると、症状の改善につながります。

 トイレに関する悩みは、人に相談しにくく、ゆううつなものです。でも、過活動膀胱の症状に思い当たる場合は、一人で悩んでいないで、早めに受診への一歩を踏み出してみましょう。

(「尿の悩みを解決する本」本間之夫著、法研より)

(資料提供)
過活動膀胱(OAB)解決サイト
ファイザー株式会社

【監修】
本間之夫氏


日本赤十字社医療センター泌尿器科部長
東京大学医学部卒業。都立駒込病院、自衛隊中央病院、三井記念病院、東京逓信病院、東大附属病院など経て現職。排尿障害、泌尿器科がんを専門とする。泌尿器科学会指導医

コラムに関連する病名が検索できます。

過活動膀胱(OAB)の診断法-まずは7つのセルフチェックから 関連コラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  2. 2 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  3. 3
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  4. 4
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  5. 5
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  6. 6 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  7. 7
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  8. 8
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  9. 9
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  10. 10 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  11. 11
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  12. 12
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  13. 13
    リップを塗っても唇がカサカサ・ぷっくりしない…使い方間違ってるかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと リッ…
  14. 14
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  15. 15 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17
    【花粉症対策におすすめ】鼻うがいの正しいやり方。痛みなくスッキリ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 花粉…
  18. 18 太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19
    足の裏に魚の目やタコができやすい人は、腎臓が弱っているかも…?
    足裏は全身の血液の巡りや新陳代謝のバロメーター。 足の裏が冷えるこ…
  20. 20
    これで節約。ズボラな人でも続く!楽しく家計簿をつけるコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 節約…

一覧