過活動膀胱(OAB)の診断法-まずは7つのセルフチェックから

ご存知ですか? 過活動膀胱(OAB) PART2

あなたの排尿トラブルは、過活動膀胱(OAB)によるものかもしれません。セルフチェックしてみましょう!

過活動膀胱(OAB)の診断法

 2002年国際禁制学会(ICS)により、新たな疾患として認められた過活動膀胱(OAB)。
その症状は、急に強い尿意が起こり、もれそうな感じになる「尿意切迫感」を中心として、トイレが近くなる「頻尿」や、我慢できずにもらしてしまう「尿失禁」などがあります。
頻尿の中には、膀胱炎など、他の疾患によって起こるものもあります。頻尿の中の一部が、過活動膀胱と診断されるのです。また、尿失禁には、尿意が我慢できずもらしてしまう「切迫性尿失禁」の他に、くしゃみや咳などお腹に力がかかったときに尿がもれる「腹圧性尿失禁」があります。過活動膀胱では、この「切迫性尿失禁」か、「切迫性尿失禁・腹圧性尿失禁」の両方の症状がある混合性尿失禁がおこります。

 過活動膀胱の潜在的な患者は多く、40歳以上では全体の12.4%。810万人もの人が何らかの排尿トラブルを抱えているといわれます。
 排尿トラブルの病気には、過活動膀胱のほかにも間質性膀胱炎や前立腺肥大症があります。時には癌のこともあります。少しでもおかしいなと思ったら、なるべく早めに泌尿器科を受診するようにしましょう。

 こうした排尿トラブルの診察では、症状をきちんと把握することが重要です。日頃から自分の排尿時刻や尿量を排尿日誌として記録しておくと、病院での診察がスムーズに進みます。
 女性の方にとってはデリケートな問題だけに、男性の医師に話すのは恥ずかしいと感じるかもしれません。最近では、婦人科に専門外来を設けて尿失禁の診察をしている病院や、女性の泌尿器科医のいる病院も増えています。そういう医療機関をさがしてみるのもいいでしょう。

セルフチェックしてみよう!

 病院に行って問診のとき質問されるのは、次のような項目です。
「いつから症状があるか」「どんな症状が出ているか」「どんなふうに困っているか」「1日のトイレの回数は」「服用中の薬は」この5項目には答えられるようにしておきましょう。「どんなふうに困っているか」というのは、例えば「トイレのために席をはずしにくい職場なので困っています」のようなことです。

 その他、セルフチェックしたい項目は次の通りです。
◆昼間、何回くらいトイレに行くか
(8回以上/7回以下)
※通常、8回以上が「昼間頻尿」と呼ばれます。
◆夜、トイレに行きたくて目が覚めることがあるか
※夜中、排尿のために1回以上起きるケースを「夜間頻尿」とします。
◆突然、我慢できないほどの尿意を感じることがあるか
◆尿意をトイレまで我慢できず、尿がもれてしまうことがあるか
◆咳やくしゃみ、重いものを持ち上げたときに尿がもれてしまうことがあるか
◆尿が出にくい、排尿に必要以上に長くかかる印象があるか
◆排尿時に痛みがあるか

 これらの項目に、自分で答えを出しておきましょう。また、ある程度の期間、排尿状態を観察するために、おしっこをした時刻、量などを記録する、排尿日誌をつけてみるのもいいでしょう(排尿日誌イメージ)。

治療は薬と生活習慣の改善

 過活動膀胱の治療には、抗コリン薬などの薬物による方法がメインです。最近では薬の開発がすすみ、効果の高い新薬が登場しています。疾患の原因である、膀胱の筋肉の過剰な活動を抑制し、膀胱で尿を十分ためられるように、症状に応じた薬が処方されます。

 また、日常生活のちょっとした習慣で、過活動膀胱の症状を改善したり、予防したりすることが可能です。
 ひとつは、骨盤底筋を鍛えること。骨盤底は、体の前面の恥骨、後ろの尾骨の間をつなぎ、骨盤内の臓器を支える、ハンモック状の筋肉のことです。
 そして、便秘の解消、肥満の解消も効果的です。便秘になると、便の刺激により膀胱の機能が不安的になります。また、肥満も腹腔内に圧力をかけ骨盤底筋を弱めます。これらを解消すると、症状の改善につながります。

 トイレに関する悩みは、人に相談しにくく、ゆううつなものです。でも、過活動膀胱の症状に思い当たる場合は、一人で悩んでいないで、早めに受診への一歩を踏み出してみましょう。

(「尿の悩みを解決する本」本間之夫著、法研より)

(資料提供)
過活動膀胱(OAB)解決サイト
ファイザー株式会社

【監修】
本間之夫氏


日本赤十字社医療センター泌尿器科部長
東京大学医学部卒業。都立駒込病院、自衛隊中央病院、三井記念病院、東京逓信病院、東大附属病院など経て現職。排尿障害、泌尿器科がんを専門とする。泌尿器科学会指導医

コラムに関連する病名が検索できます。

過活動膀胱(OAB)の診断法-まずは7つのセルフチェックから 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

過活動膀胱(OAB)ってなに? 「トイレが近い」「我慢できない!」

「最近、トイレが近いなあ……」ふと、そう感じることはないですか?
「トイレが近い(頻尿)」「尿意を感じたとたん、我慢できなくなる(尿意の切迫感)」など、排尿に関するトラブルを抱えている人は、ずいぶん多くみられます。
しかし、人前で口にす... 続きを読む

トイレは黄

インドの教え「チャクラ」
トイレのアメニティ類は便秘を解消する力があるといわれている黄系でそろえましょう。なぜ黄色がいいのか、それはインドで生まれた「チャクラ」という考え方が基... 続きを読む

女性の大事な体を支える「骨盤底」とは? 生活の質に大きく影響

「骨盤底」と聞いても、「ナニ?それ」と首をかしげる人が多いのではないでしょうか。
骨盤底は女性の体にとって、とても重要な役割を果たしています。骨盤底は骨盤の底にあり、腹部臓器を支えている部分で、筋肉や繊維組織で形成されています。
骨... 続きを読む

1日ダイエット!?オススメの3項目をご紹介

1日で必ず痩せる方法があると知ったら、どうしますか?やっぱりやってみたいですよね。ただし、1日限定で行いましょう。 やはり健康にかなり毒ですから、明日にはなんとかしたい!という場合に備えて1日ダイエットを行いましょう。一日で必ず痩せる!... 続きを読む

意外と見られてる!?身に付けたいトイレ後のエチケット

職場や出先のトイレを見れば、そこのマナーのレベルがわかる!と言われるほどトイレはその場所の「顔」といわれています。接客マナー講師の筆者も、研修に伺う際、トイレは念入りにチェックします。また、友人宅や彼の家へお邪魔する時など、使用した人が... 続きを読む

心の病気を予防する-こんな症状は要注意13のセルフチェック

現代社会を生きていくのに、ストレスと無縁ではいられません。「いや、私は一度もストレスを感じたことがない」といえる人がもしもいるとしたら、それはとても幸せな人だといっていいでしょう。なにしろ、「国民の2人に1人は過去1カ月間にストレスを感じ... 続きを読む

膀胱のはたらき-どれぐらいの尿を蓄えているの? 女性に多い膀胱炎

膀胱(ぼうこう)は尿をためておく“袋”です。恥骨(ちこつ)の後ろに位置し、その後ろ側は男性では直腸、女性では子宮と腟(ちつ)に接しています。袋の中の一番内側は粘膜層で、それを平滑筋(へいかつきん)という筋肉の層が覆っています。
腎臓で... 続きを読む

女性の排尿トラブルは骨盤底筋群が原因? 恥ずかしくても早めの受診を


排尿トラブルなどの泌尿器にかかわるトラブルや病気は年とともに増えてきますが、女性の場合、尿道の構造や、妊娠・出産などが原因で起こる排尿トラブルなどが若いうちからみられます。
この泌尿器のトラブルを診てくれるのは泌尿器科ですが、泌尿器... 続きを読む

産地直送!とれたてサンマの買えるサイト

とれたてのサンマが食べた~い!
そんな人のために、gooダイエットではとれたてのサンマをご自宅まで直送してくれるお魚屋さんを集めてみました。どちらも新鮮なサンマを送ってくれる親切でお店ばかり。お好みの... 続きを読む

合コンの席にいても恋愛対象にならない人の特徴ランキング

食べ方が汚い 話は面白いが、人の話はあまり聞かない 酔うと絡んでくる 部屋が汚い 噂話が大好き ... 続きを読む