睡眠時無呼吸症候群 Part2 診断方法、どんな治療をするの?

心疾患などの危険を高めるSAS。でも治療すれば安心です。

SASには、CPAPなどの治療法が確立しています。気になる人は、睡眠ポリグラフ検査を受けてみましょう。

いびきや昼間の居眠りで診断

 SASは放置しておくと、心疾患や脳血管障害を起こしかねない、命に関わる病気です。疑いのある人は、早めに医師の診断を受けましょう。
 SASの受診・診断は、次のようにすすみます。
1.問診 2.基本的な検査(自宅検査) 3.確定診断(入院検査) 4.治療法の決定 5.治療(CPAPなど)

 問診では次の4点がたずねられます。患者さんのほとんどは自分のいびきに無自覚なので、寝室をともにする家族にいびきの様子をたずねておきましょう。

◆いびきをかく・呼吸が止まる
SASでは、いびきに特徴が出ます。いびきといびきの間に呼吸が止まったり、大きさが変化するいびき、朝までずっと続くいびきは要注意です。

◆肥満
肥満は、SASの患者の70~80%にみられる症状です。肥満すると上気道が狭くなります。しかしやせた人でも、あごが小さい人や扁桃腺の大きい人、高齢の人などはSASになりやすいので、注意が必要です。

◆昼間の居眠り
SASでは、眠りが浅くなり、ちゃんと寝たはずなのに熟睡感がなく、昼間に居眠りが出たり、体がだるくなります。その他、SAS患者は高血圧を併発していることが多いので、血圧測定なども行われます。
日中の眠気指数に関してはこちら→ ESSテスト
眠気の点数が高ければ、受診してください。

 睡眠ポリグラフ検査とは?

 SASの診断の確定には、睡眠ポリグラフ検査が行われます。その検査項目は大きく分けて「呼吸状態」と「睡眠状態」の2つです。

◆呼吸状態を調べる
 鼻と口の気流、気管音などの測定に加えて、体位センサーや胸部バンド、腹部バンドという帯状のセンサーをつけ、寝ているときの姿勢、胸やおなかの運動を調べ、呼吸状態を検査します。

◆睡眠状態を調べる
 心電図や脳波、左右の眼球運動、下顎の筋肉の動きを測定する頤筋(おとがいきん)筋電図、下肢筋電図によって、眠りの深さや質を調べます。足の筋肉の動きを測定する下肢筋電図では、足の関節やひざの間などのムズムズした感覚で睡眠が妨げられる「むずむず足症候群」や「周期性四肢運動障害」の可能性を探ります。

CPAP(シーパップ)による治療

 CPAP(シーパップ)療法は、睡眠時に鼻マスクをつけ、装置から一定の圧力をかけた空気を送り気道を広げ、無呼吸を防ぐというものです。
「鼻マスクをつけてぐっすり眠れるのだろうか?」と不安を感じる人もいるようですが、ほとんどの患者さんは、最初こそ違和感がありますが、すぐに慣れます。
 CPAPを使用すると、装着したその日から、睡眠時無呼吸症候群の症状が解消され安眠でき、スッキリした目覚めが得られます。

 睡眠時無呼吸症候群の治療は健康保険の対象となりますが、適用になるのはAHI(無呼吸低呼吸指数)が20以上の患者さんで、月に一度以上の通院治療が必要です。機器は、医療機関でレンタルになるので購入する必要はありません。睡眠時無呼吸症候群と診断されたら、ぜひ治療を試みてください。

 ガガガ……と大きないびきは、まわりが迷惑するばかりでなく、本人の健康状態に問題がある場合も。睡眠時無呼吸症候群の女性患者は「いびきをかくのがわかると恥ずかしい」と、受診をためらうケースもあるそうです。でも自分の健康を守るためですから、この際、無用な恥じらいは捨てて受診してください。健康への入り口となります。

(「睡眠時無呼吸症候群がわかる本」成井浩司著、法研より)

【著者】
成井浩司


虎の門病院睡眠センターセンター長
東海大学医学部卒。専門は呼吸器病学、睡眠医学。日本睡眠学会睡眠専門医、日本内科学会認定医、日本呼吸器学会専門医。シドニー大学でauto CAPAの共同研究に携わる。著書に『睡眠時無呼吸症候群がわかる本』(法研)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  2. 2
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  3. 3
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  4. 4
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  5. 5
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  6. 6
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  7. 7
    使い古した『ゴワゴワタオル』をふんわりさせる蘇り洗濯術
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ふん…
  8. 8
    女性が一番キレイに見えるメガネの色は何色?選び方の大事なポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 老眼…
  9. 9
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  10. 10
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  11. 11 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  12. 12 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  13. 13
    老化スパイラルにハマるあぶない食生活とは?5つの心がけで予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 気に…
  14. 14
    冷え・むくみを撃退したいなら『シナモン紅茶』がおすすめ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 毛細…
  15. 15
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  18. 18
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  19. 19
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  20. 20
    寝る前にやってはいけない事リスト。寝つきが悪くなる・睡眠の質が下がる…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人生…

一覧