息がくるしいのはストレスによる過換気症候群が原因かも?

過換気症候群は、若い人に多い病気です。

突然、呼吸困難になる過換気症候群。心理的な原因をチェックするのが解決法です。

息を吐きすぎて苦しくなる

 突然、浅い呼吸を過度に早く繰り返す(過換気、または過呼吸という)ようになったと思ったら、息苦しくなり、顔や手足がしびれたり、めまい、頭痛、不安感など様々な症状が現れた!  ところが、このような発作は通常30分前後で自然に消失。念のため、病院で検査しても心臓や呼吸器系の病気はない――こんなことに身に覚えがある方は、一度、心療内科を受診してください。ひょっとしたら過換気(過呼吸)症候群かもしれません。

 過換気症候群は呼吸器系の心身症の一つで、不安などの精神的ストレスあるいは痛みなどの身体的ストレスがきっかけで過換気になり、これによって多様な症状が出現した状態をいいます。
 20歳代の若い女性によく見られる病気ですが、最近は若い男性にも過換気症候群になる人が増えてきました。

 ところで、なぜ過換気になるとこのような発作が出現するのでしょうか。それは、血液のpHが鍵を握っていると考えられています。
 私たちの血液は、通常、弱アルカリ性を保っていますが、過換気によって呼気(吐く息)中に炭酸ガスが多量に排出され、血液中の炭酸ガスが少なくなると、血液のpHがアルカリ性に傾きます。
 これが、前述のような症状を出現させるのです。また、前述の症状のほかに、まれに全身がけいれんしたり、失神する人もいます。しかし、そうなったとしても、決して命を落とすことはありません。

紙袋に吐いた息を吸うと発作はおさまる

 過換気症候群がやっかいな点は、息切れや息苦しさを感じるために、もっと呼吸をしようとしてしまうことが過換気を増長する、という悪循環に陥ってしまいがちなこと。
 しかし、発作中に息をこらえてみたり、ペーパーバック法を行なうと症状は好転してきます。ちなみに、ペーパーバック法とは、呼気を紙袋に入れ、それをもう一度吸い込むというものです。つまり、吐き出した炭酸ガスを再吸収することで血液がアルカリ性に傾いたのを改善しよう、というわけです。

 ただし、過換気症候群とよく似た発作が出現する病気はたくさんあります。発作を引き起こした病気によっては対処法が異なるので、気になる点がある人は、まず医療機関を受診し、医師の診断を仰いでください。
 なお、過換気症候群の診断は、血液中の酸素と炭酸ガスの量を測定するなど、様々な検査を行なったうえで確定します。過換気症候群と診断された場合、前述のペーパーバック法の指導をはじめ、カウンセリングなどの精神療法、抗うつ薬などを用いた薬物療法を行って治療します。

自分の内側にも目を向けよう!

 過換気症候群になるのは、不安感を持ちやすく、まじめな性格の人が多いといわれます。
 また、人前で発作が起こるとまわりの人の注意をひくので、心理的にも苦痛です。それが原因となって、「予期不安」という傾向がしばしば現われます。
 「予期不安」とは、「また発作に見舞われたらどうしよう」と、先回りして不安になってしまうこと。これが過換気症候群の症状の悪化につながります。
 でも、「そのときはそのときだ」と腹をくくってみると、不思議に発作も起こりにくくなります。

 しかし、最も重要なのは、症状を起こしているストレスをつきとめ、それを解消すること。心のSOSが、身体的な症状となって現れているのですから、この際“心の休養期間”と思い、カウンセリングなどを通じてじっくり自分の内面に目を向けてみましょう。そして、心から笑える、安心できる毎日をめざしましょう。

【監修】
天野恵子氏


千葉県衛生研究所所長/ 千葉県立東金病院副院長
1942年生まれ。東京大学医学部卒業〔医学博士・循環器内科専攻)。東京大学講 師、東京水産大学教授を経て、現在、千葉県衛生研究所
所長兼千葉県立東金病院副院 長。1999年性差医療(病気の成り立ち、進展、治療には男女で差があり、健康管 理や医療の現場では性差を考慮することが必要とする学問)の考えを日本に紹介し、 全国で展開されている「性差を考慮した医療の実践の場」としての女性外来立役者。 「よくわかる女性のからだ事典」(法研)監修。「行き場に悩むあなたの女性外来」 (亜紀書房)編著。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

睡眠とこころの関係-よく眠れないのは精神的な問題が原因かも?

日中何度も眠くなってしまう、夜なかなか眠れない、朝起きられずに大切な仕事や約束に遅刻してしまった・・・。睡眠にまつわる問題は、それ自体とても辛いことですね。睡眠不足で疲れているときには心もくたびれてしまいます。いらいらしてゆとりをなくし、人... 続きを読む

ビクトリア・ベッカムも実践!ハリウッドで話題の「アルカリ性」ダイエット

痩せた!太った!がすぐ話題になるハリウッド。 だからこそ、美しくなる方法を一番良く&いち早く知っているはず! 美しいセレブの秘訣をBe Dietロス特派員がリポート! 07 ハリウッドで人気!アルカリ性ダ... 続きを読む

【医者が教える】高齢者の在宅医療‐家族の負担への配慮の大切さ

超高齢社会を迎えて、高齢者の不安が増していると聞きます。
全国の60歳以上の男女に聞き取った内閣府の調査「高齢者の日常生活に関する意識調査」(平成21年)によると、将来の日常生活に対して「不安を感じる」人が7割を超えました。その要因とし... 続きを読む

女性のセックスの痛みの原因は? 病気の場合の心理的な問題の場合

女性にとってセックスのときの痛み(性交痛)は、近しい人や当のパートナーにすら言い出しづらく、苦痛をがまんするあまりパートナーとの関係自体にも影響することがあります。
性交痛の原因は本当にさまざまですが、一般に多いのは、女性側に「体の準... 続きを読む

ニキビができるメカニズム-予防する4つのポイント|処方薬の効能

ニキビなんて病気のうちに入らない――と考えていませんか。しかしニキビは、「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」という病名の、れっきとした皮膚の病気です。
自然に治ったり、生活習慣の改善や市販薬、ニキビ用化粧品などで治るケースもありますが... 続きを読む

甘い砂糖が虫歯をまねくのは本当?正しいオーラルケアを知って

虫歯や歯周病にかかると、痛みや苦痛に加えて、病院に通う手間や費用なども大変です。正しい歯の磨き方など、事前にケアの方法を知っておき、毎日こまめに実践して予防したいものです。
まず、意外に知られていない虫歯の原因からお話ししましょう。 ... 続きを読む

足裏からわかる体のSOS!足マッサージの意外な効果とは

こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。皆さんの足には、気になるトラブルはありませんか?冷え、乾燥、タコ、外反母趾、張り、むくみ、巻き爪…。『第2の心臓』とも言われる足は、体調の様々なSOSを表しています。足のセルフマッサージ... 続きを読む

「うつかも?」そんなとき受診するのは、精神科?心療内科?心理カウンセラー?

新年度が始まって2カ月が過ぎ、まもなく梅雨入りを迎えます。職場や学校、住まいなど新しい環境へ適応しようとがんばった分、「ココロの疲れ」が見えてきやすい時期です。雨が続くなど、お天気が気分に影響することも少なくないようです。 しかし、心... 続きを読む

見た目が若い人ほど長生き 双子調査でわかった老化の原因とは?

「人は見た目じゃない!」などと言いますが、“見た目”を軽視にしてはいけません。実は、外見が若々しい人ほど、長生きできるという研究データがあるのです。 双子の見た目と寿命の関係 南デンマーク大学のクリステンセン教授が行った研究では、デンマ... 続きを読む

人前で脱げない!ブーツの臭いニオイ予防法

みなさんこんにちは。トータルボディビューティーアドバイザーのKAORIです。ブーツをカッコよく!または可愛く履きこなしていると外出も楽しくなり、また、ブーツを履きこなしている女性を見ると素敵!と思いますよね。しかし忘年会などでブーツを脱... 続きを読む