たびたび起こる胸やけ、逆流性食道炎かも? 脂っこい食生活が原因

放っておくと食道がんの危険も

暴飲暴食はダメ!脂っこい食べ物を控えて肥満を解消、おなかの圧迫を避ける

食生活の欧米化で増加傾向

 食べすぎ、飲みすぎで胸やけすることはよくあることでしょう。胸やけはみぞおちから胸、または背中にかけて感じる熱く焼けるような不快感のこと。胃酸が胃から食道に逆流することで起こります。単に二日酔いや食べすぎで起こることも多く、一時的なものなら心配はありません。

 しかし、たびたび胸やけをくり返す場合は要注意です。胸やけの原因として一番多いのが「逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)」。耳慣れない病名ですが、日本人に増えている病気です。逆流性食道炎はもともと欧米人に多くみられ、日本では主に高齢者にみられる病気でしたが、食生活の欧米化や夜型の生活パターンによって、最近は若い人にも増えています。

胃液が逆流、食道を傷つける

 口から入った食べ物は食道を通って胃に運ばれ、胃液や胆汁によって消化されます。この胃液や胆汁が胃から食道へと逆流し、食道の粘膜が炎症を起こした状態を逆流性食道炎といいます。
 もともと食道と胃の間には食べものや胃液が逆流しない仕組み(逆流防止機構)が備わっていますが、加齢や肥満、食べすぎ、胃液の分泌増加などによって、この働きが弱まることがあります。胃自体は粘液によって強い酸性の胃酸から守られていますが、食道の粘膜には粘液がなく胃酸に耐えられません。そのため胃酸の逆流がたびたび起こると、次第に食道粘膜が炎症を起こしただれてきます。

 逆流性食道炎の代表的な症状は胸やけ、すっぱいものがこみ上げてくる、のどがつかえる感じです。このほか、胸の痛みや、のどの痛み、胃もたれなどがあります。さらに、食べすぎたり脂っこい食事をとったときに胸やけがひどくなる、胃の手術を受けたことがある、高齢、腰が曲がっているなどの条件が重なる場合、逆流性食道炎の疑いが高くなります。

 逆流性食道炎はほとんどの場合、薬や生活習慣の改善で抑えることができますが、場合によっては手術が必要だったり、放置しておくと食道がんになる危険が高まることもありますので、早めに治療し、日常生活の指導を受けることが大切です。また、胸やけ、胸痛、つかえ感などの症状は、食道がんや胃がん、狭心症などの心疾患でもみられます。その意味でも、心当たりのある人は早めに内科や胃腸科、消化器科を受診しましょう。

原因は脂っこい食べ物の増加

 逆流性食道炎は、下記のようないくつかの原因が重なって引き起こされると考えられています。

●逆流防止機構の機能低下
 加齢などによって、食道と胃の間を締める括約筋(かつやくきん)という筋肉が弱まることなどによって、逆流が防げない。

●食道の収縮運動の低下
 加齢や糖尿病、強皮症(全身の皮膚が硬くなる病気)などによって食道の蠕動(ぜんどう)運動が低下し、逆流した胃液が胃に戻りにくい。

●脂っこい食事
 脂肪分を多くとると、食道の筋肉を緩めるホルモンが分泌され、逆流しやすくなる。

●食べすぎ
 食べすぎると空気もたくさん胃に入り、げっぷが出やすい。そのとき胃液も一緒に逆流しやすい。

●腹圧の上昇
 肥満、おなかを締めつけたり重いものを持ったりすることにより、胃が押し上げられ逆流しやすくなる。

逆流性食道炎の改善は生活習慣から

 逆流性食道炎では食事や姿勢などの生活習慣の改善が非常に重要です。逆にいえば、日常生活でのちょっとした注意点を守るだけでも緩和されることがあります。まず以下のことに注意しましょう。

(1) なにより食べすぎない
(2) 脂っこいものを控える
(3) アルコール、コーヒー、香辛料などの刺激物を控える
(4) たばこは胃酸の分泌を増やすのでやめる
(5) 肥満は腹圧を上げるので減量する
(6) ベルトなどでおなかを締めつける服装はしない
(7) 食後2時間くらいは横にならない
(8) 姿勢を正す。猫背やデスクワーク時の前かがみの姿勢も腹圧を上げる
(9) 症状が強い場合、夜寝るときは上体を高くする

 薬物療法としては胃酸の分泌を抑えるH2ブロッカーやプロトンポンプ阻害剤などが効果的です。薬物療法や生活改善を行っても改善しない場合には手術を行うこともあります。
 胸やけや胃もたれに市販薬はよく効きますが、重要な病気の症状を隠してしまうこともあります。自己判断はせず、早めに受診することをおすすめします。早めの診断で生活習慣を改善し、不快な症状とお別れしましょう。

【監修】
神保 勝一氏


神保消化器内科医院院長
1941年東京生まれ。1968年日本医科大学卒業。1970年国立がんセンターにて研修。1973年より現職。日本内科学会認定医。日本消化器内視鏡学会評議員、東京内科医会常任理事、日本臨床寄生虫学会評議員、日本実地医科消化器内視鏡研究会代表などを務める。専攻は消化管疾患診断・治療、消化器がん検診。『内視鏡的治療における偶発症予防ガイドライン』(ベクトル・コア社)、『消化管癌早期診断のための実践的内視鏡検査指針』(中山書店)など著書多数。

コラムに関連する病名が検索できます。

たびたび起こる胸やけ、逆流性食道炎かも? 脂っこい食生活が原因 関連コラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    睡眠中の"よだれ"に潜む意外な健康リスク
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝、…
  2. 2 放置するとダニ・カビの温床に…寝具のお手入れ方法
    放置するとダニ・カビの温床に…寝具のお手入れ方法
    (編集・制作 (株)法研) 汗を吸い込んだふとんは、カビやダニの温床…
  3. 3
    運動しない人は注意!筋肉が減少して脂肪が増える『サルコペニア肥満』
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 高齢…
  4. 4
    好きなだけ食べても太らない!? 18時間プチ断食で食べすぎリセット
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 腹8…
  5. 5
    忙しい人に知ってほしい、質の高い睡眠をとるための快眠10か条
    (編集・制作 (株)法研) 午後10時から午前3時は睡眠のゴールデン…
  6. 6
    そのむくみ、病気のサインかも? むくみの原因と解消法
    (編集・制作 (株)法研) デスクワークばかりの運動不足はご用心…
  7. 7
    歩くとツライ、外反母趾。大きめの靴を履くのはOK?正しい靴の選び方
    (編集・制作 (株)法研) 外反母趾の靴選び、自宅でできる運動療法な…
  8. 8
    ストレスやイライラには『ハーブティー』!あなどれないハーブの効能
    (編集・制作 (株)法研) フレッシュ・ハーブは、心を癒す効き目たっ…
  9. 9
    Wi-Fiのせいで体調不良?「電磁波過敏症」ってなに?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと イン…
  10. 10
    正しく痩せる早道とは? 間違ったダイエットの落とし穴
    (編集・制作 (株)法研) 過剰なダイエットはやせないどころか、命を…
  11. 11 その腰の痛みは坐骨神経痛かも?症状をチェック!
    その腰の痛みは坐骨神経痛かも?症状をチェック!
    (編集・制作 (株)法研) 脚や腰が痛い! 坐骨神経痛の原因と症状を…
  12. 12 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  13. 13
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  14. 14
    内臓が悪いと口臭がキツくなる!? こんなニオイがしたら注意して!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 口臭…
  15. 15
    トイレはどこ!?几帳面で神経質なタイプに多い過敏性腸症候群とは?
    (編集・制作 (株)法研) 外出先で突然、お腹を下す過敏性腸症候…
  16. 16 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  17. 17
    スマホの操作はトイレでやってはいけない
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 昔は…
  18. 18
    虫刺され跡の茶色いシミをどうにかしたい!早く消す方法は?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19 あなたは大丈夫? 使わないと衰える…脚の筋力とバランス力をチェック!
    あなたは大丈夫? 使わないと衰える…脚の筋力とバランス力をチェック!
    (編集・制作 (株)法研) (「ジャストヘルス」法研より) 脚…
  20. 20
    生理が来ても妊娠の可能性がある? 妊娠初期に起こる出血の原因
    妊娠を望んでいる人にとっても、妊娠を望んでいない人にとっても、生理が来…

一覧