めまいの3つのタイプと原因と症状-ストレスが原因のめまいも

ぐるぐる、ふわふわ、くらっとくることはありませんか?

突然の「めまい」でも落ち着いて。「めまい」を防ぐ日常生活上のポイントを紹介します

めまいの7割は内耳の異常によるもの

 朝起き上がろうとしたとき、くらっときたり、目の前の風景がぐるぐる回ったりすることはありませんか? 「めまい」の原因の7割は内耳の異常にありますが、脳に異常がある場合や、自律神経やホルモンの乱れなどからめまいが起こる場合もあります。

 めまいの激しさと病気の重大さとは必ずしも一致しません。症状が激しいからといって重大な病気が潜んでいるとは限らない代わりに、ふらつくだけの軽いめまいがくも膜下出血の前兆ということもあります。ですから、めまいを起こしたらなるべく早く専門医を受診して原因をつきとめる必要があります。

タイプ別に対処法を知ろう

 めまいは、周囲がぐるぐる回る、体がふわっとゆれる、立ちくらみがする―の3つのタイプに大きく分けることができます。いざというとき、あわてず的確な対応ができるように、タイプ別に原因と対処法を知っておきましょう。

タイプ1 ぐるぐる回る回転性のめまい(天井など周りがぐるぐる回る)

〔原 因〕 多くは、内耳にあって体のバランスを保つ働きをする三半規管のトラブルによって起こる。大半は「良性発作性頭位めまい症」といって、症状は激しいが安静にすれば比較的すぐに治まる。激しい回転性のめまいに加え、耳鳴り、難聴などがあったら、メニエール病の可能性がある。
〔対処法〕耳鼻咽喉科やめまいの専門外来を受診。過度のストレス、過労は避ける。

タイプ2 ふわふわ浮いている感じのめまい(体がゆれて足が地に着かない感じ)

〔原 因〕 脳の中で体のバランスを保つ働きをする小脳の出血や腫瘍によって起こる。また、脳梗塞や脳出血の前兆である可能性もあるため要注意。心因性の場合も。
〔対処法〕 激しい頭痛や手足のしびれ、ろれつがまわらないなどの症状があるときは、すぐに救急車を手配し、神経内科や脳神経外科を受診。

タイプ3 くらっとする立ちくらみ(目の前が一瞬暗くなる)

〔原 因〕 急に立ち上がったときなど、脳の血流(酸素)量の調整が間に合わず不足することで起こる。血流量を調整している自律神経の働きが低下していたり、貧血や低血圧などで脳の血流量の少ない人が発症しやすい。
〔対処法〕 疲れをためないように休養と睡眠を十分とる。疲れているときは、立ち上がる動作などをゆっくり行う。

 突然めまいが起こった場合、あわてて動こうとすると転んでけがをする危険がありますから、落ち着いて、できるだけ楽な姿勢をとって安静にしましょう。多くの場合、安静にしていると症状が落ち着いてきます。

若い人に増えている心因性のめまい

 内耳や脳には異常がないのにめまいを起こすことを「心因性のめまい」と言っていますが、最近、若い人にこのタイプのめまいが増えています。「心因性のめまい」の特徴は、全身に力が入らず体がふわふわする感じがしたり、座っていてもゆれている感じがするというもの。動悸や息切れ、異常な発汗を伴うこともあります。「まためまいを起こすのでは…」という不安で、ますますめまいが起こりやすくなることもあります。

  心因性のめまいの原因は、ストレスや緊張、不安、うつ状態などですから、心療内科などを受診します。抗うつ薬などの薬物療法やカウンセリング、リラクセーションなどが行われます。

ストレスをためず睡眠を十分とり、積極的に体を動かそう

 内耳の障害が原因のめまいも、ストレスや生活リズムの乱れ、過労などが引き金となっていることが多いため、これらを改善することでめまいを起こしにくくすることができます。

 過度のストレスは内耳への血流量を減らし、メニエール病や良性発作性頭位めまい症などを引き起こすことがあります。また、めまいを気にしすぎるのもストレスとなって悪循環におちいりがち。過労や睡眠不足もめまいの誘引になります。めまいを防ぐには、ストレスをため込まない、気にしすぎない、睡眠を十分とって疲れをためないことが必要です。
  適度な運動は血行や代謝をよくし、内耳の状態をよくすることにつながります。ウオーキングなど適度の運動を積極的に行いましょう。

(「ジャストヘルス」法研より)

【監修】
大河原大次先生


耳鼻咽喉科 日本橋大河原クリニック院長
昭和34年東京生まれ。成蹊高校卒業。昭和60年帝京大学医学部卒業後、日本医科大学耳鼻咽喉科入局。その後、伊勢崎市民病院耳鼻咽喉科医長、神尾記念病院副院長を経て、平成18年12月耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニック開業、現在に至る。医学博士。耳鼻咽喉科専門医、補聴器認定相談医、身体障害者福祉法指定医。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  2. 2 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  3. 3
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  4. 4
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  5. 5
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  6. 6
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  7. 7 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  8. 8
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  9. 9
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  10. 10
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  11. 11 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  12. 12
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  13. 13
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  14. 14 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  15. 15 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  16. 16
    足の裏に魚の目やタコができやすい人は、腎臓が弱っているかも…?
    足裏は全身の血液の巡りや新陳代謝のバロメーター。 足の裏が冷えるこ…
  17. 17
    リップを塗っても唇がカサカサ・ぷっくりしない…使い方間違ってるかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと リッ…
  18. 18
    【花粉症対策におすすめ】鼻うがいの正しいやり方。痛みなくスッキリ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 花粉…
  19. 19
    女性が一番キレイに見えるメガネの色は何色?選び方の大事なポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 老眼…
  20. 20 太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …

一覧