正しく知って欲しい金属アレルギーの基礎知識-原因と対処法

汗をかく季節に、アクセサリーと汗が反応して起こりやすい

アレルギーは初期での治療が大切。たいしたことがないからと放置していると、重症化してしまいます

金属アレルギーはなぜ起こるの?

 夏になると、素肌に映える、値段も手ごろなアクセサリーがお店にたくさん並びます。安いアクセサリーはいろいろ遊べて楽しいのですが、心配なのが金属と汗などが反応して起こる金属アレルギーです。

 金属は汗や体液などに触れると溶け出してイオン化し、体内のたんぱく質と結合します。これをアレルゲン(アレルギーの原因物質)として体が感作され、次に同じ金属に触れたときにアレルギー症状を起こすことを金属アレルギーと言います。
 汗をかく夏場は冬よりも症状が出やすく、ピアスを初めてつけるときが一番危険です。ピアスは皮膚に穴をあけるため、金属が体液にさらされるからです。とくに安いアクセサリーには、イオン化しやすい金属が使われていることが多いので注意が必要です。

 主な症状は皮膚のかぶれやかゆみです。もしもアクセサリーを身につけていてこうした症状があらわれたら、すぐにそのアクセサリーを外しましょう。治ったと思って同じアクセサリーをつけるとまた発症し、だんだん重症化していきます。症状があらわれはじめた初期のうちに皮膚科を受診すれば、重症化を避けることができます。

アレルギーの原因になりやすい金属がある

 原因になりやすいのは、イオン化して溶け出しやすい金属、逆に安全なのは溶けにくい貴金属だと考えられます。ニッケル、コバルト、クロム、水銀などがアレルギーを起こしやすく、チタン、金、銀、プラチナなどはアレルギーを起こしにくいと言われています。

   加工しやすく値段が安いニッケルは、アクセサリーやブラジャーの金具、ベルトのバックル、眼鏡のフレームなどに広く使われているため、アレルギーを起こす頻度が高く、女性の金属アレルギーによる皮膚炎では第一の原因となっています。

 一方、金や銀、プラチナなどの貴金属は、アレルギーの原因にはなりにくいのですが、アレルギーが起こるかどうかはその人の体質にもよります。絶対に原因物質にならないわけではありませんし、純度の低いものには注意が必要です。

 金属製品の多くは合金です。たとえば金の場合、24K(純金)は柔らかくて傷つきやすいのでアクセサリー向きではありません。そこで金のアクセサリーには、銀や銅、ニッケルなどを混ぜた18Kや14Kが用いられることが多いのです。こうした金合金の場合、金以外の金属によってアレルギーを起こす可能性があります。

 また金メッキ製品には、下地にニッケルが使われていることがあります。長年使っているうちに金メッキがはげてくれば、下地のニッケルが皮膚に触れるおそれがあります。
 現在もっとも安全とされている金属はチタンで、人工関節や人工歯根などの医療用にも使われています。

歯科金属でもアレルギーが起こることがある

 アクセサリーなどによる皮膚炎に比べれば数は少ないものの、むし歯の治療で歯に詰めたり、かぶせたりする金属もアレルギーの原因になることがあります。口のなかは唾液や食物、細菌の出す酸の影響や、歯のかみあわせによる磨耗など、金属がイオン化して溶け出しやすい条件がそろっているからです。

 アレルギーを発症すると、歯肉炎や舌炎、歯や歯肉の変色、味覚異常などの症状があらわれます。また、口の中の粘膜や腸からアレルゲンが吸収され、汗に濃縮されて、その汗に触れた皮膚に症状が出ることもあります。

 歯科治療でアレルギーを起こしやすい金属は、アマルガム(水銀)やニッケル、コバルト、パラジウムなどですが、金合金でもアレルギーを起こす可能性があります。
 歯科治療で使用した金属でアレルギーを起こしてしまったら、原因となった金属を取り除き、安全性の高いものに取り替える必要があります。これから金属を使って治療をするなら、事前にパッチテストをして、使える金属を歯科医に相談するとよいでしょう。セラミックやプラスチック樹脂など、金属ではない材料を使用することもできます。

金属アレルギーを予防するには

 いったん金属アレルギーになってしまうと、ほとんど一生の間その体質は変わりません。アレルギーになる前に上手に予防しましょう。

●皮膚にやさしいアクセサリーを選ぶ
 ニッケルが使われていない「ニッケルフリー」「ノンニッケル」の表示がある製品、金・銀・プラチナ・チタンなど安全性が高い素材の製品を選ぶ。

●汗をかくときはアクセサリーを外す
 運動や入浴の前には、アクセサリーを外す。夏は使用を避けるか、金属が直接肌に触れないように身につける。

●ファーストピアスはチタン製を
 ピアス穴に皮膚が形成されるまでは純チタン製やセラミック製のピアスをつける。

●口内環境を清潔に保つ
 食後の歯みがきをしっかりして、口の中を清潔に保ち、金属が溶け出さないよう予防する。最も重要なのは、金属を入れなくてもすむよう、虫歯や歯周病を防ぐこと。

●心配な場合は皮膚科でパッチテストを
 数種類の金属の検査薬をつけたシールを、一定の間背中や腕に貼って反応を見る検査で、原因金属が確認できる。

【監修】
古賀道之先生


古賀皮ふ科院長
1962年 長崎大学医学部卒業後、東京医科大学皮膚科学教室入局 。1971年、東京医科大学講師。立正佼成会佼成病院皮膚科部長、都立大久保病院皮膚科医長、東京医科大学助教授を経て、1994年、同大学主任教授。2002年4月、 町田市に「古賀皮ふ科」開設、現在に至る。医学博士、東京医科大学名誉教授。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

スリム効果のあるアクセサリーってありますか?

Q.スリム効果のあるアクセサリーってありますか? A.ありますよ!
大きさと素材選びがポイントです。
少しでもスリムに見せたい……そう思った時に忘れてはならないのが、ピアスやネックレスなどのアクセサリー類。... 続きを読む

アクセサリー以外で恋人とペアにしたいもの

携帯ストラップ 時計 食器 キーホルダー 携帯 6位以降をみる ... 続きを読む

金属アレルギー

指輪やネックレスなど、金属を身につけた時、皮膚が赤くなったり、かゆくなったりするのが「金属アレルギー」。突然発症するので、いつもつけている指輪などでも起こる可能性があります。
この金属アレルギー、どのようにして起こるのでしょうか? 「実... 続きを読む

果物や見えない金属に要注意!アレルギーを引き起こす意外な物

アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)といえば、これまでホコリ、ダニ、杉花粉などが知られていました。しかし、最近では思いがけない物質からもアレルギー症状がおこることがわかってきています。そのひとつがフルーツ。
バナナ、アボカド、キウ... 続きを読む

ピアスやネックレス、小物について教えて

Q.スリム効果のあるアクセサリーってありますか?レスキューはこちら→ Q.ベルト選びのコツを教えてくださいレスキューはこちら→ 政近先生からのファッション通信 夏真っ盛りですが、皆様
いかが... 続きを読む

Agイオン

あまりなじみのないコトバですが、消臭スプレーや制汗剤で「Ag+」という表記を見たことはあるかも。[Ag]とは[銀]の元素記号です。酸素は[O]、カルシウムは[Ca]と表すのと同様です。
また、[イオン]というのは、ある物質(銀なら銀)が... 続きを読む

赤みもくすみも下地で解決!カラーコントロールで肌色補正

今日ま待ちに待った彼とのデート。前日からバッリチ決めた服装や靴は完璧なのに、顔色が悪いなんてどうしようと焦っているあなたへ、お肌のお悩み別にカラーベースを取り入れる豆知識をご紹介したいと思います。【SOS】顔色をよくしたい!お肌の悩みを... 続きを読む

意外と知らない!?身体に溜まる有害重金属-体調不良を招く金属の種類

頭痛や倦怠感、不眠、イライラなど、最近身体の不調に悩まされていませんか?
これらを引き起こしているのは「有害重金属」かもしれません。
水銀や鉛、カドミウムなど身体に入るとリスクになる重金属が、私たちの生活の中にはたくさん入り込んでいま... 続きを読む

なりたい自分をイメージする『未来デザインシート』の作り方

1年後、10年後、30年後…未来の自分はどのような人生を送っているでしょうか。また、 どんな自分になっていたいですか。
未来の自分をイメージすることは、不確定な要素もあってなかなか難しいものです。 けれど、ただ漠然とした毎日を過ごして... 続きを読む

切らない脳の外科的治療ガンマナイフとは?体への負担が少ない訳

ガンマナイフは正式には「定位的放射線手術」といい、頭部を囲むように設置したコバルト(Co60)線源から、脳の病変にガンマ線を集中的に照射する治療法です。
今年5月、この治療に1993年から取り組む東京女子医科大学脳神経センターで、ガンマ... 続きを読む