正しく知って欲しい金属アレルギーの基礎知識-原因と対処法

汗をかく季節に、アクセサリーと汗が反応して起こりやすい

アレルギーは初期での治療が大切。たいしたことがないからと放置していると、重症化してしまいます

金属アレルギーはなぜ起こるの?

 夏になると、素肌に映える、値段も手ごろなアクセサリーがお店にたくさん並びます。安いアクセサリーはいろいろ遊べて楽しいのですが、心配なのが金属と汗などが反応して起こる金属アレルギーです。

 金属は汗や体液などに触れると溶け出してイオン化し、体内のたんぱく質と結合します。これをアレルゲン(アレルギーの原因物質)として体が感作され、次に同じ金属に触れたときにアレルギー症状を起こすことを金属アレルギーと言います。
 汗をかく夏場は冬よりも症状が出やすく、ピアスを初めてつけるときが一番危険です。ピアスは皮膚に穴をあけるため、金属が体液にさらされるからです。とくに安いアクセサリーには、イオン化しやすい金属が使われていることが多いので注意が必要です。

 主な症状は皮膚のかぶれやかゆみです。もしもアクセサリーを身につけていてこうした症状があらわれたら、すぐにそのアクセサリーを外しましょう。治ったと思って同じアクセサリーをつけるとまた発症し、だんだん重症化していきます。症状があらわれはじめた初期のうちに皮膚科を受診すれば、重症化を避けることができます。

アレルギーの原因になりやすい金属がある

 原因になりやすいのは、イオン化して溶け出しやすい金属、逆に安全なのは溶けにくい貴金属だと考えられます。ニッケル、コバルト、クロム、水銀などがアレルギーを起こしやすく、チタン、金、銀、プラチナなどはアレルギーを起こしにくいと言われています。

   加工しやすく値段が安いニッケルは、アクセサリーやブラジャーの金具、ベルトのバックル、眼鏡のフレームなどに広く使われているため、アレルギーを起こす頻度が高く、女性の金属アレルギーによる皮膚炎では第一の原因となっています。

 一方、金や銀、プラチナなどの貴金属は、アレルギーの原因にはなりにくいのですが、アレルギーが起こるかどうかはその人の体質にもよります。絶対に原因物質にならないわけではありませんし、純度の低いものには注意が必要です。

 金属製品の多くは合金です。たとえば金の場合、24K(純金)は柔らかくて傷つきやすいのでアクセサリー向きではありません。そこで金のアクセサリーには、銀や銅、ニッケルなどを混ぜた18Kや14Kが用いられることが多いのです。こうした金合金の場合、金以外の金属によってアレルギーを起こす可能性があります。

 また金メッキ製品には、下地にニッケルが使われていることがあります。長年使っているうちに金メッキがはげてくれば、下地のニッケルが皮膚に触れるおそれがあります。
 現在もっとも安全とされている金属はチタンで、人工関節や人工歯根などの医療用にも使われています。

歯科金属でもアレルギーが起こることがある

 アクセサリーなどによる皮膚炎に比べれば数は少ないものの、むし歯の治療で歯に詰めたり、かぶせたりする金属もアレルギーの原因になることがあります。口のなかは唾液や食物、細菌の出す酸の影響や、歯のかみあわせによる磨耗など、金属がイオン化して溶け出しやすい条件がそろっているからです。

 アレルギーを発症すると、歯肉炎や舌炎、歯や歯肉の変色、味覚異常などの症状があらわれます。また、口の中の粘膜や腸からアレルゲンが吸収され、汗に濃縮されて、その汗に触れた皮膚に症状が出ることもあります。

 歯科治療でアレルギーを起こしやすい金属は、アマルガム(水銀)やニッケル、コバルト、パラジウムなどですが、金合金でもアレルギーを起こす可能性があります。
 歯科治療で使用した金属でアレルギーを起こしてしまったら、原因となった金属を取り除き、安全性の高いものに取り替える必要があります。これから金属を使って治療をするなら、事前にパッチテストをして、使える金属を歯科医に相談するとよいでしょう。セラミックやプラスチック樹脂など、金属ではない材料を使用することもできます。

金属アレルギーを予防するには

 いったん金属アレルギーになってしまうと、ほとんど一生の間その体質は変わりません。アレルギーになる前に上手に予防しましょう。

●皮膚にやさしいアクセサリーを選ぶ
 ニッケルが使われていない「ニッケルフリー」「ノンニッケル」の表示がある製品、金・銀・プラチナ・チタンなど安全性が高い素材の製品を選ぶ。

●汗をかくときはアクセサリーを外す
 運動や入浴の前には、アクセサリーを外す。夏は使用を避けるか、金属が直接肌に触れないように身につける。

●ファーストピアスはチタン製を
 ピアス穴に皮膚が形成されるまでは純チタン製やセラミック製のピアスをつける。

●口内環境を清潔に保つ
 食後の歯みがきをしっかりして、口の中を清潔に保ち、金属が溶け出さないよう予防する。最も重要なのは、金属を入れなくてもすむよう、虫歯や歯周病を防ぐこと。

●心配な場合は皮膚科でパッチテストを
 数種類の金属の検査薬をつけたシールを、一定の間背中や腕に貼って反応を見る検査で、原因金属が確認できる。

【監修】
古賀道之先生


古賀皮ふ科院長
1962年 長崎大学医学部卒業後、東京医科大学皮膚科学教室入局 。1971年、東京医科大学講師。立正佼成会佼成病院皮膚科部長、都立大久保病院皮膚科医長、東京医科大学助教授を経て、1994年、同大学主任教授。2002年4月、 町田市に「古賀皮ふ科」開設、現在に至る。医学博士、東京医科大学名誉教授。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    近頃、ツイてない?金運上昇のためにすべき6つの行動
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 「今…
  2. 2
    洗えないセーターやニットの消臭法。汗臭・タバコ臭も洗わずに取れる!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 秋冬…
  3. 3
    布団の中のダニは数十万匹!?干しても叩いても死滅しない『ダニ』退治法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 今ま…
  4. 4
    発達障害の診断の基準になる3つの特徴とは?
    発達障害の診断の基準-発達障害の子どもの特徴 出典:株式…
  5. 5
    発達障害ってどんな障害なの?自閉症・学習障害・ADHDの特徴
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  6. 6
    だらしないタレ尻が『理想のヒップ』に大変身!簡単小尻エクサ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 体の…
  7. 7
    常温保存の小麦粉類に注意!パンケーキシンドロームで救急搬送も
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 開封…
  8. 8
    失った肌のハリが戻ってくる!?おからパウダーが凄い理由
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 女性…
  9. 9 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  11. 11
    放置しちゃいけない!『冷えは未病のサイン』冷えの原因と改善方法
    つらい「冷え症」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 万病のもと"未病…
  12. 12
    ホットフルーツで腸デトックス!温めるだけで驚異のお腹スッキリ効果
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと フル…
  13. 13
    つらい生理痛がおこる原因とは?月経困難症に効果のある漢方
    つらい「月経困難症」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 血を巡らせて…
  14. 14
    【発達障害の特徴】1.社会性の障害ー他人の気持ちが理解できない
    イギリスの精神科医ウイングが提唱した次の3つの特性 出典:株式会…
  15. 15
    首のシワ&二の腕スッキリ!10秒で完了の若返りストレッチ
    隠しきれない年齢がでると言われる首のシワや二の腕。そんなエイジングスポ…
  16. 16 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  17. 17
    生理前の不調の原因と改善方法|つらいPMSを助けてくれる食材とは?
    つらい「月経前緊張症(PMS)」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 …
  18. 18
    首にできた小さなブツブツ。イボを自分でキレイに取る方法があった!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 一…
  19. 19
    年収が少ない人ほど肥満が多い現実…節約と健康は両立しないの?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 健…
  20. 20
    痩せていることは悪いこと?妊娠中の『痩せ』が子供の病気リスクを高める
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 25…

一覧