増え続けるエイズ患者・HIV感染者-検査は無料・正しく予防を

12月1日は「世界エイズデー」。身近な問題として関心を

症状があらわれる前の治療開始で健康生活は可能。そのためには正確な検査で早期発見が重要です

HIV感染者数がまた過去最高に

 厚生労働省のエイズ動向委員会は四半期(3カ月)ごとに、新しく報告されたHIV(エイズウイルス)感染者・エイズ患者数をまとめており、このほど、平成19年第3四半期(7月2日~9月30日)の新しいHIV感染者数が274人と過去最高になったことを明らかにしました。また、エイズ患者数の新たな報告は114人で、こちらは過去2番目に多い数となっています。これらの感染者・患者の90%以上が男性で、そのうち同性間性的接触による感染が約70%を占めています。

   このように、HIV感染者・エイズ患者の数が増え続けていることを受け同委員会は、HIV・エイズについての理解を深め、身近な問題として予防に努めるべき、と警告しています。

心当たりがあったら検査を受けよう

 エイズの原因になるHIVは、正確には「ヒト免疫不全ウイルス」といいます。HIVに感染すると、私たちの体に備わっている病気に対する抵抗力(免疫機能)が少しずつ壊されていきます。そうすると、さまざまな感染症にかかりやすくなり、ふだん健康なときには免疫の働きで抑えられていた細菌やカビなどによる日和見(ひよりみ)感染症や悪性の腫瘍(しゅよう)などの症状があらわれるのです。

 HIVは人間の血液や精液、膣(ちつ)分泌液などの中にいます。これが、尿道、膣、直腸、口の中などの粘膜や傷口から体内に入り込んで感染するのですが、感染の機会の8割以上は性的接触です。このほかに、薬物濫用による注射針の使い回しや出産、授乳時に母から子への母子感染などでも感染する可能性があります。

 HIVに感染しても、すぐにエイズの症状があらわれるわけではありません。数週間後に、発熱、頭痛、のどや関節の痛み、リンパ腺の腫(は)れなどインフルエンザに似た症状が出る場合があります。しかしそれが、HIVによるものだとは気づかないことのほうが多いようで、ほとんどの人は症状を自覚しないまま数年から長い場合は10年以上という潜伏期間に入り、この間に免疫機能が少しずつ低下していくのです。

 HIVに感染しても、早めに発症予防の治療を開始すれば、健康に暮らすことは不可能ではありません。治療法や治療薬の研究が進み、症状があらわれる前(無症候期)に治療を始めればかなりの効果がみられるようになっています。このためには、きちんと検査を受けて早期発見に努めることが重要です。

   HIV検査は全国の保健所などで無料・匿名で受けることができます。結果がわかるまでに通常検査では1~2週間かかりますが、その日のうちに結果がわかる即日検査を受けられる保健所も増えてきていますので、検査を受ける場合は、保健所等にご相談下さい。また、“HIV検査・相談マップ”(http://www.hivkensa.com)等のホームページでも最新の検査情報が得られます。

正しい知識で予防しよう

 感染の予防には、(1)必ずコンドームを使う(2)不特定多数の人とセックスをしない――などが大切な原則です。と同時に正しい知識を身につけることも必要です。エイズの怖さが強調されるあまり、性的接触以外のことでも感染しやすいのではないか、と誤った情報が口伝えなどで広がることがあります。次に紹介するようなことで感染する危険は、まずありません。

●こんなことでHIVが感染することはありません
洋式トイレの共用/学校や電車、バスなどで隣に座る/衣類やシーツの共用/蚊(か)や虫に刺される/犬や猫などのペットと共存/せき、くしゃみ/体に触れる、握手をする/食器を一緒に使う/プールやお風呂に一緒に入る/携帯電話や公衆電話を使う/汗、涙、唾液がつく/タオルやブラシの共用/本、DVD、CDなどの共用/軽いキス

(『正しい知識でエイズを予防しよう! 明日の自分のために読む本』今井光信監修、法研より)

【監修】
今井 光信先生


神奈川県衛生研究所所長
東京教育大学(現筑波大学)を卒業後、北里研究所、自治医科大学でB型肝炎ウイルス、神奈川県衛生研究所ではHIVに関する研究に主として携わる。厚生労働省の研究班“HIV検査相談機会の拡大と質的充実に関する研究”の主任研究者として、HIV検査相談のガイドラインや事例集の作成やホームページ“HIV検査相談マップ”による検査情報の提供等に努めている。

コラムに関連する病名が検索できます。

増え続けるエイズ患者・HIV感染者-検査は無料・正しく予防を 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

HIV検査と予防法を知ってる? 匿名・無料で受けられる検査とは

厚生労働省は、2007年に国内で新しく確認されたHIV(ヒト免疫不全ウイルスの略語で、エイズの原因となるウイルス)の感染者が1082人、エイズを発症した人は418人、合わせて1500人にのぼったと発表しました。HIV感染者・エイズ患者とも... 続きを読む

増加する梅毒患者-予防法と感染した場合の初期症状とは?

「梅毒(ばいどく)」が増えています。若い世代にはあまり耳慣れない病気かもしれませんが、主に性行為(男女間の性器によるセックス、口によるオーラルセックス、肛門によるアナルセックスなどを含む)で感染する性感染症の1つです。
国立感染症研究所... 続きを読む

いまさら聞けないエイズ(HIV)の基礎知識-感染から発症まで

毎年1500件を超える、新規感染者が報告されているHIV感染症。現代では、HIVに感染しても、治療をすれば今までと同じような生活を送ることも可能になってきています。正しい知識を知って、予防につとめましょう。 HIVに感染したらすぐエイ... 続きを読む

関節リウマチの初期症状に注意! 早めの治療が大切な理由

人間の骨格は関節でつながっています。その数は全部で68個。脊椎(せきつい)のようにあまり動かない関節もありますが、膝(ひざ)関節や手足のように大きく動かせる関節が、私たちの体の自由な動きを支えています。この関節に原因不明の炎症がおこり、痛... 続きを読む

乳がん検診で「要精密検査」といわれたら‐検査の流れ

かつて欧米の女性に多いとされていた乳がんは、近年日本女性にも急増しています。一生のうちに乳がんを経験するであろうとされる確率は、日本人女性で約20人に1人といわれており、毎年4万人を超える人が、新しく乳がん患者になっています。
乳がんに... 続きを読む

そろそろ「がん検診」を受けよう-受診の目安と検査方法

9月はがん征圧月間です。この四半世紀、がんは日本人の死亡原因の第1位。戦後がんの死亡者数はずっと増え続け、今年の6月に厚生労働省が発表した「平成18年人口動態統計の概況」によると、昨年は全死亡者の約3割にあたる33万人近くががんのために亡... 続きを読む

乳がんや子宮頸がんの検診のすすめ-若い女性に増えるがん

1981年以降、日本人の死亡原因の第1位は悪性新生物、つまり「がん」です。30年以上にわたり、がんは日本人の死因トップの座を保ち続けているのです。平成24年のがんによる死亡者数は約36万790人、これは全死亡者の28.7%を占め、およそ3... 続きを読む

若い女性に増える子宮がん-早期発見には自覚症状が出てからでは遅い?

一般にがんになりやすい年齢は40歳以降といわれますが、子宮がんはむしろ若い世代に多いがんであるため、若い人も油断はできません。子宮がんには、子宮の入り口(頸部)にできる「子宮頸(けい)がん」と、子宮の奥(体部)にできる「子宮体がん」があり... 続きを読む

お年寄りが元気でいられるためのチェックリスト-生活不活発病とは

「生活不活発病」は、体を動かさない状態が続くことで心身の機能が低下していくもの。特に高齢者や持病のある人に起こりやすく、一旦起こると治りにくく寝たきりの原因にもなるため、本人だけでなく、周りの人が十分気をつける必要があります。
生活不... 続きを読む

セックスのとき出血した原因と対処法-子宮頸がんの疑いあり?

セックスの最中やそのあと、出血に気づいたことはありませんか?
性交時の出血にはさまざまな原因が考えられます。主なものをみていきましょう。
まず、最も怖いのは子宮頸がんです。子宮は腟の奥にあって、腟の長さは8~9cmくらいあります。その... 続きを読む