ウイルス性肝炎検査のすすめ-もっともがんリスクが高いのはC型

日本ではほとんどがウイルス性、心配なのはC型

わかりにくいC型肝炎の自覚症状。国の緊急措置で検査無料化へ、この機会に調べておこう

原因で最も多いのはウイルス。主なものには3種類

 大事な物事を「肝心かなめ」などと言うくらい、肝臓は私たちにとってなじみの深い臓器ですね。では、その肝臓の働きを狂わす原因について、本当のところを一体どれくらいの人たちが知っているでしょう。誰もがまず思いつくのは「お酒」とか「あぶらっこい食事」といったところではないでしょか。そう、どちらも確かに肝臓病の原因にはなります。けれども、日本で最も多い肝臓病は実は、ウイルスの感染で肝細胞が炎症をおこすウイルス性肝炎なのです。日本人の肝臓病の約80%を占めるといわれます。

   肝炎を引きおこすウイルスは現在のところ、A・B・C・D・E型が主な種類として知られています。このうち日本では、A、B、Cの3つの型でウイルス性肝炎の90%を占めています。D型肝炎ウイルスは、現在のところ日本ではほとんどみられない型です。E型肝炎ウイルスも日本ではほとんどいないといわれていましたが、最近、生の鹿肉や豚レバーを食べて感染したという例が国内で発生し、少しずつ増えているとみられています。

生の水や魚介類から感染するA型、最近は性交渉で広がるB型

 日本で多い3つの肝炎ウイルスのうち、A型肝炎ウイルスによる肝炎は慢性化しません。多くの場合、生水や生の魚介類を口にすることで感染し、2~6週間の潜伏期間の後に急性肝炎をおこします。衛生環境がよくなかった時代には日本でも流行することがありましたが、最近はアジアやアフリカなど海外旅行での感染が目立ちます。

   B型肝炎ウイルスは、ウイルス保持者(キャリア)の血液中にいて、血液や体液を経由して感染します。母親から赤ちゃんに感染する母子感染、輸血、性交渉などが感染ルートとして考えられています。このうち、出産時にキャリアの母親の産道を通るときに赤ちゃんが感染する母子感染は、妊娠健診のときに必ず血液検査をするようになってからはほとんどなくなりました。同様に輸血に使われる血液も厳しく検査されるので、輸血による感染も心配なくなっています。

   現在、新たな感染で問題になっているのは性交渉によるものです。主に欧米から持ち込まれて性交渉で広がった新しいタイプのB型肝炎です。成人後にB型肝炎ウイルスに感染しても、以前は慢性化することはほとんどなかったのですが、新しいタイプでは慢性化することがあります。

主に輸血から感染し、がんのリスクが最も高いC型

 C型肝炎もB型肝炎と同様に血液から感染します。C型肝炎ウイルスはB型ほど感染力が強くないため、母子感染や性交渉による感染は少なく、主な感染ルートは輸血です。また、感染したとしてもなかなか自覚症状があらわれないため、感染に気づかないことがほとんどで、知らないうちに慢性化し、肝硬変から肝臓がんへと進展しやすいことが問題視されています。日本人の肝臓がんの70%以上はC型肝炎が原因とされています。

 C型肝炎ウイルスが発見されたのは1986年で、ウイルスが特定できてからもそれほど年月がたっているわけではありません。そのため、自分がC型肝炎にかかっていることに気づかない人が日本には100万人もいるといわれます。心配な場合は保健所などの検査で確かめることができます。保健所では検査費用は無料ですが、医療機関では無料は一部の自治体に限られています。厚生労働省では、C型肝炎の薬害裁判に和解の動きがあることを受け、検査費用を来年初めから1年程度の期間、年齢を問わずすべて無料にする方針を決め、実施に向けて調整を進めています。

(『健診そのあとに 肝機能を自分で改善』栗原 毅著、法研より)  

【監修】
栗原 毅先生


東京女子医科大学内科教授
戸塚ロイヤルクリニック所長
医学博士。専門は肝臓病学。1992年からC型慢性肝炎に対してインターフェロン治療を先駆けて行い、治療実績は国内有数。主な著書に『インターフェロンで治すC型肝炎の「新」常識』、『血液サラサラ生活のすすめ』、『C型肝炎 わかって治す 最新インターフェロン療法』(以上、小学館)などがある。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

40歳以上はウイルス性肝炎の検査を-B型・C型肝炎の基礎知識

ウイルス性肝炎にはA型からE型まで5種類あり、日本でのウイルス性肝炎感染者はB型とC型がほとんどです。そのうちB型肝炎の感染者は130~150万人、C型肝炎の感染者は150~200万人と推定されています。
B型肝炎、C型肝炎(以下、B型... 続きを読む

すべての子どもにB型肝炎ワクチンを-B型肝炎ワクチンの必要性

今年はワクチンの話題の多い年でした。Hibワクチン、肺炎球菌ワクチン、HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)、さらに不活化ポリオワクチンも話題になりました。この「医療と健康」のコーナーでも、(『二人のための「イクメン」大作戦
6』、『二... 続きを読む

肝臓がんの基礎知識 4つの危険因子|肝臓がんの主な検査方法

国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」によると、わが国での生涯で肝臓がん(「肝がん」ともいう)にかかるリスク(2005年データ)は、男性で26人に1人(臓器別では第5位:大腸がんを結腸がんと直腸がんに分けた場合。以下同... 続きを読む

水や野菜摂取で~デトックスダイエット

デトックス
デトックスダイエット、最近注目のダイエットです。ダイエットは、脂肪を燃焼させる、脂質をとらないなど色々方法があります。その中でデトックスダイエットは、体内にたまった不用な
モノを「排出すること」に重点を置くものです。

... 続きを読む

肝臓病の8割はウイルス性-肝臓の働きと病気を予防する方法

肝臓は人間の体の中で最も大きな臓器で、重さは成人で1.2~1.5kg。三角形に近い形をしていて、右葉と左葉という2つの部分に分かれます。右脇腹の肋骨の内側に位置しています。
肝臓の中には3,000億個以上もの肝細胞が詰まっていて、その... 続きを読む

腹筋運動は逆効果?本当に効く“お腹引き締め”無料エクササイズセミナー セミナー終了

腹筋運動は逆効果?本当に効く“お腹引き締め”無料エクササイズセミナー ~ 本当にお腹を引き締める”意外な方法“とは?~ トレセン &
Be
Dietコラボ企画!... 続きを読む

細菌やウイルスの感染によるガン 肝臓ガン・胃がん・子宮頸がん

肝がんの約90%はC型肝炎ウイルス(HCV)、B型肝炎ウイルス(HBV)に感染した後、発症しています。とくに日本人にはHCVの感染者が多く、その数は100~200万人ともいわれます。しかし、HCV感染者のすべてが肝がんを発症するわけではあ... 続きを読む

ノロウイルスによる食中毒は冬場に増える-家族感染を予防しよう

夏を中心に起こる食中毒は細菌(サルモネラ菌、カンピロバクター、病原性大腸菌など)によるものが多いのですが、冬になると細菌が検出されないものがかなりふえてきます。その大部分はノロウイルスによるものです。流行する時期は11月から3月くらいまで... 続きを読む

メタボは「肝臓がん」を引き起こす引き金に

こうしてメタボがガンを引き起こす

脂肪(特に内臓脂肪)が増えると、インスリンの働きを抑える物質が血液中に増え、インスリンの働きがいっそう低下します。するとブドウ糖があふれて高血糖が進み、働きの悪さを量でカバーするためにインスリンが増... 続きを読む

B型にぴったりの食べ合わせ

B型の性格とダイエット 「楽しい」「うれしい」があればダイエットできる! マイペースでわがまま、新しいものや楽しいものが大好きで、4つの血液型の中で一番宴会ではりきるタイプです。好き嫌いがはっきりしていて、凝り性... 続きを読む