高次脳機能障害とは-症状や3つの主な原因|社会支援制度など

交通事故や脳卒中の後遺症で記憶や言葉、集中力が障害される

外見上はわかりにくく本人も自覚がない障害者が約30万人。障害者と認定されると公的な支援が受けられる

身近な人が突然変わってしまったら

 私たちの周辺には、怒りっぽい人、物覚えがよくない人、約束をしょっちゅうすっぽかす人などが時々います。しかし、この人たちは周囲から、「困った性格だ」などとため息をつかれはするでしょうが、病気とまでみなされることはほとんどないでしょう。
 ところが、「高次脳機能障害」という病気では、このような言動が「症状」の一部として見られます。ここで病気の人とそういう性格の人とを分けるのは、脳の損傷というアクシデントがあったかどうかという点です。厚生労働省によると、このような障害者が2004年の時点では、全国に約30万人いるとされています。

 高次脳機能障害とは、脳の一部が損傷されたために失語症(他人の言葉を理解できない、自分でうまく表現できない)、記憶障害(さっき言ったこと・言われたことを忘れるなど新しいことを覚えることが難しい)、注意障害(注意を向ける体力がなく、ものごとに集中できない)など、脳の高度で複雑な機能に障害が起こるものです。
 一見したところ、手足の運動機能障害のように明らかな変化として見えないために周囲からはわかりにくいのですが、今までには見られなかった上記のような症状が突然あらわれ、まるで性格が変わってしまったような反応が周囲の人たちを戸惑わせてしまうことがあります。

 高次脳機能障害には、上にあげた以外に次のような症状があります。これらがすべてあらわれるわけではなく、脳のどの部分を損傷したかにより、症状は異なります。

・易(い)疲労性:急性期に多く見られ、精神的に疲れやすい。日中でも眠りやすく、起きていてもボーッとしている。
・発動性の低下:自ら動き出すエネルギーがわかず、ものごとを他人から言われないと始められない。
・脱抑制・易怒(いど)性:あとさきを考えず行動してしまう。いわゆるキレやすい。
・判断力の低下:ものごとを自分では決められない。
・遂行機能障害:行動が行き当たりばったりで、計画して実行することができない。
・失行:手足は動くが、指示された動作や意図した行動がとれない。
・失認:身近なものの色や形、親しい人の顔が見分けられない、体を認識できない。
・見当識の障害:時間と場所の感覚がない。
・病識の欠如:自分自身の障害が認識できず、障害がないかのような言動を見せる。

障害をもたらす3つの主な原因

 高次脳機能障害をもたらす主な原因として、脳血管障害、脳外傷、低酸素脳症などがあげられます。

 脳血管障害は脳卒中とも呼ばれ、脳の血管が詰まったり破れるなどして、脳の機能が十分に働かなくなる病気の総称です。死亡や寝たきり状態をもたらすことも多い、重要な生活習慣病の一つです。

 脳外傷は、脳を覆っている頭蓋骨が外からの何らかの力で損傷され、脳が傷つくものです。原因として多いのは交通事故で、男性に目立ちます。

 低酸素脳症は、本来酸素を非常に必要とする脳に、一時的に酸素が供給されなくなって障害が起きるものです。心筋梗塞などによる心臓停止、窒息、溺水(できすい)、ぜん息、一酸化炭素中毒などが主な原因としてあげられます。

 こうした原因疾患への治療のなかで、意識が戻ってから「何かおかしい」と気づかれることがあります。また、家庭や職場に戻ったとしても、日常生活や社会生活にうまく適応できないことで家族や周囲の人たちが気づくことも少なくありません。

社会的な支援が得られる

 外見からわかる明らかな障害によって日常生活や社会生活に困難が生じている人たちには、障害者福祉の制度による公的な支援が行われています。外見からはわかりにくく本人の自覚もない高次脳機能障害の存在が明らかになって、この人たちへの支援も必要ということから、国は平成16年に診断基準を定めて支援に乗り出しました。

 高次脳機能障害は、脳に何らかの損傷が生じたことが前提になりますから、それをCT(コンピュータ断層撮影)、MRI(磁気共鳴画像)などの画像診断法や脳波などによって確認します。そのほかいくつかの項目を満たした場合に高次脳機能障害と診断されます。原因疾患の治療の過程で主治医が気づくことが多いようですが、ある程度時間がたってから診断を受けるときは、脳神経外科、神経内科、リハビリテーション科、精神科などのある病院に相談するとよいでしょう。

 かかった病院の診断書を添えて市町村の障害者福祉関係の窓口へ「障害者」の認定申請を提出し、各都道府県の審査を経て「障害者」と判定されると障害者手帳が発行されます。この場合、多くは「精神障害者保健福祉手帳」になります。手帳の交付を受けると、リハビリテーションや生活支援などさまざまな社会支援を受けることができます。

 また、国の支援策より以前に、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)が損害賠償の対象としています。交通事故で高次脳機能障害になったと認定されると、自賠責保険から保険金が支払われることになっていて、この場合は国とは別の診断基準が用いられます。

(『高次脳機能障害がわかる本~対応とリハビリテーション』橋本圭司著、法研より)

【監修】
橋本 圭司先生


東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座
1973年東京都生まれ。1998年東京慈恵会医科大学医学部卒業後、東京都リハビリテーション病院、神奈川リハビリテーション病院などを経て、2005年より現職。東京医科歯科大学難治疾患研究所神経外傷心理研究部門客員准教授も兼務。医学博士、日本リハビリテーション医学会専門医。専門はリハビリテーション医学、高次脳機能障害、神経外傷、脳認知科学。主な著書に『高次脳機能障害 どのように対応するか』(PHP新書)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

ストレスを生みやすい考え方のパターンがある? 認知のゆがみとは

ものごとに対する見方や受け止め方、考え方は人それぞれ違います。例えば、仕事で小さなミスをしてしまい、同僚や上司に注意を受けたとき、「このくらいのミスで良かった」と思う人と「こんなミスをしてしまうなんてすべて台無しだ」と思う人がいたとします... 続きを読む

子どもと高齢者の脱水に気をつけて-水分の摂り方と脱水のサイン

今年は早くも5月のうちに熱中症発症のニュースが流れましたが、多くなるのはやはりこれから、猛暑が続く7月以降です。
熱中症の主な原因は、高温の環境で大量に発汗することによる脱水症です。暑いと汗をたくさんかきますが、それは汗が蒸発するとき... 続きを読む

「見た目」と「性格」恋愛では結局どっちが大切?

恋人を選ぶときに、外見と中身であれば、あなたはどちらを重視するでしょうか? ある意味で、これは永遠のテーマかもしれません。そこで、もしもあなたが迷ったときに使える、ひとつの指針となるヒントを今回はご紹介します。見た目と性格、結局どっちが... 続きを読む

認知症の症状と接し方・心構え7つのポイント|症状緩和ケア

認知症高齢者と接するには、認知症を理解することが必要です。前回の「認知症高齢者を理解するために」では、認知症の理解に必要な基本的な知識をお伝えしました。
認知症は「治す」ことはできませんが、「緩和する」ことができる病気です。症状を上手く... 続きを読む

「若いな…」と思う他人の恋愛は?

「運命」や「永遠」を信じている 一日に何度もメールをやり取りする 毎日のようにデートをする 相手の周りの異性にとにかく嫉妬 相手... 続きを読む

友達に自慢したい恋人の○○ランキング

やさしさ 性格の良さ 真面目さ 笑顔 頼りがいがある 6位以降をみる ... 続きを読む

働く世代の喫煙率は下げ止まり-妊娠中、出産後の喫煙が問題

喫煙が肺がんだけでなく全身のがんのリスクを高め、脳卒中や心筋梗塞をはじめとするさまざまな病気の原因となることは広く知られるようになっています。しかし、喫煙率は一頃より減ってはいるものの、働く世代の男性ではまだまだ喫煙する人の多いことが、国... 続きを読む

肺がんの基礎知識 一次検診と二次検診の主な検査方法|危険因子

年齢別にみた肺がんの罹患率は、40歳代後半から増加し始め、高齢になるほど高くなります。その傾向は男性ほど顕著で、罹患率・死亡率ともに男性は女性の3倍から4倍となっています。
国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」に... 続きを読む

うつ病に似ている「職場不適応症」とは-出勤前の抑うつがサイン?

近年「職場不適応症」が急増しています。「職場不適応症」は、「新型うつ」という呼び名でメディアなどでは紹介されていますが、国際分類では「適応障害」に相当します。
適応障害とは、生活上の負担や環境にうまく適応できず、心身にさまざまな症状が表... 続きを読む

内面まで美しい!幸せな空気をつくりだす「挨拶の言葉」

「美しい」という言葉の意味をご存知ですか?「美しい」という言葉を聞くと、外見をイメージする人が多いと思いますが、ココロ弾む春という季節を迎えましたので、外見以外の部分にもフォーカスしてみましょう。2017年は「美しい心の女性」を目指しま... 続きを読む