美しい歯は日頃のお手入れが肝心-定期的な検査と歯磨きのコツ

年に1回は、体の健診並みに歯科健診も

歯科医なら無自覚の初期のむし歯や歯肉炎でもすぐわかる。できれば集団健診以外にもかかりつけ医を受診して

むし歯も歯周病も、初めは自分ではわからない

 6月4日から10日までは「歯の衛生週間」。歯の大切さは今さら言うまでもないでしょう。私たちは食物を摂取することで生命を保っています。それには健康な歯と歯ぐきの存在が欠かせません。健康な歯で食物を十分にかみ砕き、消化器に送り込み、体を形づくり活動のエネルギーにもなる栄養を吸収しています。

 ところで、私たちは消化器をはじめとする内臓の病気については、定期健診を受けたり人間ドックに入ったりして予防と早期発見に努めようとします。ところが、歯や歯ぐきの健康について同じように注意を払っている人はそう多くはないのではないでしょうか。むし歯は痛み出してから、歯周病も歯がグラグラし始めてから、あわてて歯医者に駆け込むというようなケースは珍しくないでしょう。むし歯や歯周病も、内臓の病気と同じように、初期のうちははっきりとわかる自覚症状がなく、自分で気づくということはなかなか難しいからです。

成人の10人中8人が歯周病の危険

 自分のむし歯に最初に気づくきっかけの多くは、冷たい水がしみるようになることでしょう。この段階は、歯の表面のエナメル質に穴が開いて、その下の象牙質にまでむし歯菌の侵食が進んでいる状態です。この段階の治療は、むし歯の部分を削って、そこにプラスチックや金属を詰めます。穴が開く以前の本当の初期のころに見つけられれば、治療はより簡単に済ませることができます。それには、歯に何の症状も感じられなくても、定期的に歯科健診を受けることでしか見つけることはできません。

 成人が歯を失う大きな原因である歯周病も、前段階の歯肉炎の症状は歯ぐきが少し赤く腫れぼったくなる程度なので、ふつうの人が鏡で見たくらいでは気づくことは無理かもしれません。いまや成人の8割が、歯周病かその予備群といわれるくらいですから、これも定期健診を受ければ多くの人に注意信号か危険信号がともるはずです。

かかりつけの歯科医をもとう

 職場や地域では、体の健診とともに歯の定期健診も行っているところがあります。こうした集団健診では、一人当たりに割ける時間はごく短時間に限られますが、歯科医であれば自覚症状が現れる前のむし歯や歯肉炎を見つけることは難しくありません。

 さらに望ましいのは、こうした集団健診以外に、1年に1回は自分自身で歯科医院に行って定期的にチェックを受けることです。そのためには、ふだんから気軽に受診できるかかりつけの歯科医を見つけておくことが大切。こうした歯科医院に個人的に受診すれば、時間をかけて口の中の健康状態を調べてもらえるので、より効果的な早期発見・早期治療が可能になります。

 歯科医院では一般的に次のような検査や指導を行います。

●むし歯の検査 かみ合わせの面や根元だけでなく、自分では気づきにくい歯と歯の間、治療済みの歯の治療部分の周辺なども調べます。
●歯ぐきの検査 歯ぐきの色・腫れの有無、歯のまわりの溝(歯周ポケット)など。歯周ポケットが深いと、歯垢(しこう)がたまり、歯肉炎から歯周病になりかねません。
●歯垢・歯石を取る 歯垢はきちんと歯みがきしているつもりでも、取りきれないことが多いもの。赤い染め出し液を塗って、残っている歯垢やみがき残しになりやすい所を調べます。歯垢から歯石になってしまうと歯みがきだけでは取れないので、健診はそれを取ってもらうよい機会です。
●歯みがき指導 歯並びや歯の形は人それぞれ。みがき方の癖(くせ)によって、みがき残しになりやすい所もいろいろです。自分に合ったみがき方や、デンタルフロス、歯間ブラシの使い方を教えてもらえます。

毎日のケアの基本は正しい歯みがき

 歯の健康を守るには、定期健診とあわせて自分自身による毎日のていねいなケアが必要です。健診での歯みがき指導をもとに、以下のことにも注意してみがきましょう。
 歯みがきは、しっかりみがいているつもりでも、正しくみがかないと必ずみがき残しが発生します。みがき残しが多い場所は、下の奥歯の内側と、上の奥歯の外側です。奥歯をみがくときは、口は閉じ加減にします。大きく開けるより、ほおや口もとがリラックスして口の中で歯ブラシを動かしやすくなります。

 歯のかみ合わせの部分は汚れがつきやすいので強くみがきます。側面は強くみがくと歯がすり減ったり歯肉を傷つけやすいので、軽く小刻みに横に歯ブラシを動かします。歯垢や歯石のつきやすい歯と歯肉の境目は、歯ブラシの毛先を押し込むようにして小刻みに動かしましょう。前歯の裏側は歯ブラシの毛先のかかと部分を使ってかき出すようにみがきます。また、どんなにていねいに歯みがきしても、歯と歯の間についた食べ物かすや歯垢をきれいに取り除くことは難しいものです。このため、デンタルフロスや歯間ブラシなどの小道具も積極的に利用してください。

(「すこやかファミリー」法研より)

【監修】
梅本 祐司先生


医療法人社団 保歯会 梅本歯科医院理事長
鶴見大学歯学部卒業後、同大学歯周病学教室医局員。1984年梅本歯科医院開業。90年医療法人保歯会設立。大田区で一番患者さんの多い開業医として、保険治療中心でかつ矯正、インプラント、口腔外科、入れ歯、小児治療など地元に根付いた開業医をモットーに診療。各種ネットランキングで常に上位に位置している。

コラムに関連する病名が検索できます。

美しい歯は日頃のお手入れが肝心-定期的な検査と歯磨きのコツ 関連コラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    近頃、ツイてない?金運上昇のためにすべき6つの行動
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 「今…
  2. 2
    洗えないセーターやニットの消臭法。汗臭・タバコ臭も洗わずに取れる!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 秋冬…
  3. 3
    布団の中のダニは数十万匹!?干しても叩いても死滅しない『ダニ』退治法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 今ま…
  4. 4
    発達障害の診断の基準になる3つの特徴とは?
    発達障害の診断の基準-発達障害の子どもの特徴 出典:株式…
  5. 5
    発達障害ってどんな障害なの?自閉症・学習障害・ADHDの特徴
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  6. 6
    だらしないタレ尻が『理想のヒップ』に大変身!簡単小尻エクサ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 体の…
  7. 7
    常温保存の小麦粉類に注意!パンケーキシンドロームで救急搬送も
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 開封…
  8. 8
    失った肌のハリが戻ってくる!?おからパウダーが凄い理由
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 女性…
  9. 9 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  11. 11
    放置しちゃいけない!『冷えは未病のサイン』冷えの原因と改善方法
    つらい「冷え症」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 万病のもと"未病…
  12. 12
    ホットフルーツで腸デトックス!温めるだけで驚異のお腹スッキリ効果
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと フル…
  13. 13
    つらい生理痛がおこる原因とは?月経困難症に効果のある漢方
    つらい「月経困難症」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 血を巡らせて…
  14. 14
    【発達障害の特徴】1.社会性の障害ー他人の気持ちが理解できない
    イギリスの精神科医ウイングが提唱した次の3つの特性 出典:株式会…
  15. 15
    首のシワ&二の腕スッキリ!10秒で完了の若返りストレッチ
    隠しきれない年齢がでると言われる首のシワや二の腕。そんなエイジングスポ…
  16. 16 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  17. 17
    生理前の不調の原因と改善方法|つらいPMSを助けてくれる食材とは?
    つらい「月経前緊張症(PMS)」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 …
  18. 18
    首にできた小さなブツブツ。イボを自分でキレイに取る方法があった!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 一…
  19. 19
    年収が少ない人ほど肥満が多い現実…節約と健康は両立しないの?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 健…
  20. 20
    痩せていることは悪いこと?妊娠中の『痩せ』が子供の病気リスクを高める
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 25…

一覧