外反母趾を改善するには? 自分に合う靴や中敷とは?

靴と中敷きの調整で解決することも多い

外反母趾が痛くて歩かなくなると、運動不足から生活習慣病にも。自分用の中敷きと靴を作って治療ができる

足のトラブルは全身に影響する

 体の全体重を支え、走ったり跳んだりするときには体重の何倍もの力がかかる足。しかも一日のうちの多くの時間を、靴という狭い空間に押し込んでいるのですから、それだけにいろいろなトラブルにも見舞われかねません。これらのトラブルは、足のみならず全身の健康にも少なからぬ影響を与えます。甘く見て、“足元をすくわれる”ことのないように気をつけましょう。

 足のトラブルでポピュラーなものといえば、まず「外反母趾(がいはんぼし)」があげられます。足の親指(母趾)の指先が小指側に曲がってしまう(外反)病気です。親指のつけ根の関節が横に飛び出して靴にあたり、痛みます。症状が進むと、骨の出っ張りが指の神経を圧迫して痛んだり、親指のつけ根の関節の脱臼や軟骨がすり減ることによる痛みなどもおこります。

 外反母趾が直接的に別の病気をもたらすことはありませんが、足の痛みのために出かけるのがおっくうになり、運動不足から生活習慣病につながってしまうことはあります。肥満、糖尿病、脂質異常症、心臓病、骨粗しょう症などの原因になることが指摘されています。

中高年女性の2人に1人は外反母趾!?

 患者の男女比は1対10と圧倒的に女性に多く、軽症も含めれば中高年女性のおよそ2人に1人は外反母趾であるといわれます。女性に多い理由は、先が細くかかとが高いハイヒールをはくために親指が曲がってしまうからだ、と考えられがちですが、そう単純なことでもないようです。

 足底には、縦と横のアーチがあります。このアーチによって足にかかる大きな負荷を軽減しています。縦のアーチが低くなると、土踏まずがなくなり、いわゆる扁平足になります。かかとが外側に傾き、立っているだけで親指は小指側に押されるため、外反母趾が進んでしまいます。横のアーチが低くなると、足の幅が広がる開張足(かいちょうそく)です。足裏の肉厚が薄くなって第2趾・第3趾のつけ根に体重がかかり、タコやウオノメができます。幅が広がってしまった足を先細の靴に押し込み続けていると、親指は圧迫され変形が進んでしまいます。

厚い中敷きを作って足裏のアーチを支える

 そこで、外反母趾の予防・治療には扁平足と開張足の治療から始めます。それには、かかとと足裏の縦・横のアーチをしっかりと支える靴の中敷きを使います。厚さ2cmほどはある中敷きをその人の足のアーチに合わせて作り、それが装着できる一定の深さのある靴も作ります。そして歩き方も専門医から指導を受けることで、手術をせずに外反母趾を改善することも可能です。

 外反母趾を予防するには、まず、自分の足に合った靴をはくことです。前述したハイヒールは、確かに外反母趾になりやすい靴です。前に体重がかかるために足裏の横のアーチがつぶれ、開張足を招きます。かかとが高いので不安定で足への負担も大きくなります。靴の文化が長いヨーロッパの人たちには当たり前のことのようですが、ハイヒールは必要なときだけはき、ふだんはかかとの低い靴をはきましょう。

 外反母趾の予防に役立つ足指の体操をご紹介しておきます。
●タオルつかみ いすに座り、床に置いたタオルを足指でつかんで拾う
●綱引き いすに座り、床のタオルを両足の指でつかんで引っ張り合う
●足じゃんけん グー、チョキ、パーを初めゆっくり、慣れたら少し速く

爪のトラブルも手術なしに治せる

 足のトラブルには爪の変形も多いものです。爪の角が周囲の皮膚に食い込み、炎症や痛みをもたらす「陥入爪(かんにゅうそう)」や、爪が横方向に巻いている「巻き爪」などです。

 陥入爪の主な原因は爪の切り方(深爪)や足に合わない靴など。陥入爪と巻き爪は一緒におこっていることが多く、皮膚に食い込んだ爪の角を切れば一時的には痛みが軽くなりますが、爪が伸びてくるとさらに深く食い込んできます。治療法は爪の幅を狭くする手術が一般的には行われますが、矯正具を使った爪矯正という方法だと、手術をせず、元の爪の幅のまま治療することができます。

 外反母趾や爪の変形など足のトラブルを専門的に診療する、「フットケア外来」といった名称の専門外来があります。主には整形外科や皮膚科などに設置されますが、糖尿病の合併症としても足の皮膚にさまざまな病気があらわれることから、糖尿病の診療科でフットケアを行う医療機関もあります。

【監修】
町田 英一先生


高田馬場病院整形外科
1953年東京生まれ。79年日本大学医学部卒業、83年日本大学大学院整形外科学専攻修了、医学博士。87年スウェーデン・ウメオ大学留学、88年ロンドン大学留学。93年日本大学医学部整形外科講師。日本整形外科学会専門医、日本足の外科学会幹事、日本靴医学会理事。主な研究テーマは、外反母趾の手術治療、陥入爪・巻き爪に対する矯正治療、足底挿板など。現在は新所沢清和病院・麻布整形外科クリニック兼務、日本大学板橋病院「足の外科専門外来」も担当している。
http://dr-machida.com

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    布団の中のダニは数十万匹!?干しても叩いても死滅しない『ダニ』退治法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 今ま…
  2. 2
    発達障害の診断の基準になる3つの特徴とは?
    発達障害の診断の基準-発達障害の子どもの特徴 出典:株式…
  3. 3
    洗えないセーターやニットの消臭法。汗臭・タバコ臭も洗わずに取れる!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 秋冬…
  4. 4
    放置しちゃいけない!『冷えは未病のサイン』冷えの原因と改善方法
    つらい「冷え症」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 万病のもと"未病…
  5. 5
    【発達障害の特徴】3.想像力の障害-こだわりが強い・特定の物事への興味
    イギリスの精神科医ウイングが提唱した次の3つの特性 出典…
  6. 6 仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    脚全体の筋肉を使って循環を促し、冷えやむくみを改善 足、ひ…
  7. 7
    【発達障害の特徴】1.社会性の障害ー他人の気持ちが理解できない
    イギリスの精神科医ウイングが提唱した次の3つの特性 出典:株式会…
  8. 8
    発達障害ってどんな障害なの?自閉症・学習障害・ADHDの特徴
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  9. 9
    【発達障害の特徴】2.コミュニケーション障害-言葉の遅れやオウム返しなど
    イギリスの精神科医ウイングが提唱した次の3つの特性 出典:株式会…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  11. 11
    つらい生理痛がおこる原因とは?月経困難症に効果のある漢方
    つらい「月経困難症」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 血を巡らせて…
  12. 12 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  13. 13
    首のシワ&二の腕スッキリ!10秒で完了の若返りストレッチ
    隠しきれない年齢がでると言われる首のシワや二の腕。そんなエイジングスポ…
  14. 14
    生理前の不調の原因と改善方法|つらいPMSを助けてくれる食材とは?
    つらい「月経前緊張症(PMS)」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 …
  15. 15
    近頃、ツイてない?金運上昇のためにすべき6つの行動
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 「今…
  16. 16 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  17. 17
    だらしないタレ尻が『理想のヒップ』に大変身!簡単小尻エクサ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 体の…
  18. 18
    常温保存の小麦粉類に注意!パンケーキシンドロームで救急搬送も
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 開封…
  19. 19
    痩せていることは悪いこと?妊娠中の『痩せ』が子供の病気リスクを高める
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 25…
  20. 20
    肌年齢が若くなる食材8選。弾力&うるおいアップの組み合わせ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと いつ…

一覧