海外旅行での飲食に注意して! 生水による下痢を防ぐ方法

水と氷に気をつけ、加熱不十分な料理には手を出さない

2人に1人は現地到着後5日以内に下痢を発症。抵抗力が落ちている体は、異なる水質や病原体に弱い

海外旅行では病原体への抵抗力が落ちる

 この夏休み、海外旅行を計画している人も多いでしょう。楽しい思い出として残すために、海外での「旅行者下痢症」に用心してください。何しろ、5割以上の人が旅行先に到着してから5日以内に下痢をするといわれるくらいなのです。目的地が発展途上国になると、この割合は7~8割にもなるというのですから、「自分だけは大丈夫」などとタカをくくってはいられません。

 旅行者下痢症のおもな原因は次の2つ。(1)日本と旅行先の飲食物の違いによるもの、(2)ウイルス、細菌、寄生虫など病原体によるもの。これに時差、ハードスケジュール、環境の変化によるストレスなど、海外旅行特有の要因による体の抵抗力の低下がからみ合い、下痢をおこしやすいのです。

硬水、油、香辛料などで胃腸障害

 (1)の飲食物の違いで重要なのは、水です。海外の水はミネラル成分の多い硬水で、日本の軟水に慣れたおなかに生のまま入れると、一時的に下痢をおこしやすいのです。食べものでは、エスニック料理などによく使われる油と香辛料に要注意です。未精製の油や、保存状態が悪く酸化が進んでしまったような油が原因になります。香辛料は少量なら食欲増進の効果がありますが、食べ過ぎると胃腸障害をおこします。このような場合の下痢は、早い人なら3~4日で回復しますが、人によっては10日以上も下痢が続き、帰国してもなかなか治らないこともあります。

 (2)の病原体による下痢も、飲食物が関係してきます。ウイルス、細菌、寄生虫などに汚染された食品や飲みものを不用意に口にして感染し、下痢をおこすのです。これは衛生管理が不十分な発展途上国でおこりがち、というイメージが強いでしょうが、欧米など先進国でもおこるので油断はできません。軽症なら1~2日様子を見れば治まることが多いのですが、回数が多く激しい下痢、血液が混じっている下痢のときなどは、現地の医療機関に相談するほうが賢明です。

水はミネラルウオーターか自分で煮沸して

 下痢を防ぐには次のようなことに注意してください。まず、水は水道水であっても安心はできません。市販のミネラルウオーターをおすすめしますが、容器の栓が完全に閉っていて水漏れのない製品を選びましょう。炭酸入りのものは、ふたを開けたときに炭酸の泡で飲み口を多少きれいにできることと、酸性の水のためにある程度の殺菌効果が期待できます。

 このような水が手に入らないときは、水をいったん煮沸して、冷ましてから利用するしかありません。沸騰してからさらに10分以上わかし続けると、ほとんどの病原体への殺菌効果と硬水の硬度を下げる効果があります。歯みがきやうがいもこのような安心できる水で行ってください。

 ジュースやアルコールに入れる氷も、安全な水で作られているとは限りません。基本的には氷は口にしないことです。ウイスキーのオンザロックでも、アルコールによる消毒効果は期待できないと覚えておきましょう。

食べものは十分加熱したものを

 食べものでは、生の魚や野菜は危険です。地元の果物をしぼって作るジュースも同様です。果物を食べるなら自分で皮をむき、時間をおかずにすぐに食べてください。それ以外の生ものは、完全に火の通ったものを選びましょう。また、加熱してある食品でもそれを盛り付ける食器が病原菌で汚染されていることがあります。その意味で、地元の人たちも親しんでいる屋台などは、いかにも食欲がそそられるかもしれませんが、避けたほうが無難でしょう。

 もしも下痢をおこしてしまったら、脱水状態を防ぐために水分の補給が重要です。市販のスポーツ飲料は吸収がよくてすすめられるのですが、入手できない場合は自分で作ってみましょう。安全な水か湯冷まし1リットルに対し、塩ティースプーンすり切り1杯と砂糖ティースプーンすり切り8杯を混ぜて代用飲料にできます。

(「すこやかファミリー」法研より)

【監修】
大利 昌久先生


おおり医院院長・海外邦人医療基金顧問
1968年長崎大学医学部卒業。東京大学医科学研究所助手、横浜市立大学医学部講師、米国コロラド州立大学助教授、外務省医務官、国際協力事業団顧問医などを経て、86年おおり医院開設、現在に至る。2004年長崎大学客員教授。医学博士。熱帯医学専門医。日本医師会感染症危機管理対策委員会委員、日本渡航医学会顧問などを務める。著書に『出発以前の海外旅行の「クスリ箱」』(講談社+α文庫)、『旅に役立つ健康学』(サンタンブロージュ)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  2. 2 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  3. 3
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  4. 4
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  5. 5
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  6. 6 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  7. 7
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  8. 8
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  9. 9
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  10. 10 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  11. 11
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  12. 12
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  13. 13
    リップを塗っても唇がカサカサ・ぷっくりしない…使い方間違ってるかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと リッ…
  14. 14
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  15. 15 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17
    【花粉症対策におすすめ】鼻うがいの正しいやり方。痛みなくスッキリ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 花粉…
  18. 18 太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19
    足の裏に魚の目やタコができやすい人は、腎臓が弱っているかも…?
    足裏は全身の血液の巡りや新陳代謝のバロメーター。 足の裏が冷えるこ…
  20. 20
    これで節約。ズボラな人でも続く!楽しく家計簿をつけるコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 節約…

一覧