かぜのような症状が長続きしたら結核かも? 日本人に多い結核

体力や免疫力の落ちた高齢者と免疫のない若者が危ない

患者の半数近くが70歳以上、罹患率の減り方が最も鈍い20歳代。長引くせき・微熱はかぜではないかも

先進国の中で飛びぬけて高い日本の罹患率

 「結核」というと、日本では過去の病気と考える人が多いかもしれませんが、このところそう安心してはいられない状況になっています。

 1950年には日本人の死因の第1位を占め、年間12万人以上もの人が結核で亡くなっていました。しかし、生活水準や公衆衛生の向上、医学と医療の進歩などのおかげで、その年以降、患者・死亡者数は減少の一途をたどっていたのです。ところが1997年に、新しく登録される患者数が一転して増加に転じました。事態を重くみた厚生労働省は99年、「結核緊急事態宣言」を発表して結核の拡大防止対策に着手したのです。

 厚労省の緊急対策が効を奏し、その後は再び患者数は減ってきていますが、2006年で年間2万6000人を超えており、わが国最大の感染症であることに変わりありません。人口10万人あたりの患者数をあらわす罹患率で国際比較すると、日本の20.6はロシアを除くと先進国中で飛びぬけて高い数字です。たとえば先の北海道洞爺湖サミット(主要8カ国首脳会議)に出席した国のうち、カナダは4.6、米国4.7、イタリア6.6などと低く、日本に次いで高い英国でも13.7にすぎません(厚生労働省 平成18年「結核発生動向調査年報」)。

人が多く集まる場所でおきがちな集団感染

 日本で結核を警戒しなければならない事情の一つは、高齢者の発病です。06年には、すべての患者のうちの約47%を70歳以上の高齢者が占めています。この年代の人たちは、まだ日本に結核が広くまん延していた時代に生まれ育ち、結核に感染して免疫のあった人が多いのです。
 若くて体力があったときは発病もせずにすんでいたものが、高齢化とともに体力や免疫力が落ちてきたときに、それまで体内にじっと潜んでいた結核菌が暴れ出すのです。近年、高齢者が多く集まる病院や福祉施設での集団感染が、ときどきマスコミで報じられています。

 若い世代での集団感染も問題視されています。結核の予防ワクチンであるBCGを接種している人も、その効果が一生続くというわけではないので、油断はできません。衛生環境の整った時代に生まれ、結核菌にさらされたことがない若い世代は感染・発病の危険性が高く、学校や職場で集団感染するケースが目立っています。
 加えて、結核についての知識や認識がないことから受診が遅れ、さらには“結核を知らない世代”の医師自身も結核の症状に不慣れなために診断が遅れることがある、という事態もおきているようです。このため、結核罹患率の減り方が最も鈍いのが20歳代、という集計結果も出ています(平成18年「結核発生動向調査年報」)。

かぜのような症状が長く続く

 結核は、患者のせきなどで飛び散った結核菌が空気中を漂い、それをほかの人が呼吸によって肺の奥にまで吸い込むことで感染します。発病が疑われる主な症状は、かぜのような症状がいつまでたっても治らない/せきが2週間以上も続く/血痰(けったん)が出る/37度台の微熱が続く/体がだるい、などです。こんなときは「かぜだろう」などと自己判断せず、医師に診てもらうべきでしょう。

 結核と診断された場合の治療法は、数種類の抗結核薬を使い、6~9カ月という短期間で治す短期化学療法が行われます。とくに最近は、患者が確実に薬を服用するようにDOTS(ドッツ:直接監視下短期化学療法)という方式が注目されています。結核は、薬を確実に服用しなければ治療効果が期待できず、患者が勝手に服薬をやめてしまうと、むしろ薬が効かない耐性結核菌が生まれる危険性があります。このため、医師や看護師によって患者が確実に薬を飲むことを確認しながら、完全に治るまで経過を見守るというものです。

ふだんから免疫力を高める生活を

 結核にかからないようにするには、ふだんから病原菌に対する体の抵抗力を高めておくことです。そのためには、栄養の偏らない食事を毎日規則正しくとる、適度な運動を習慣化する、十分な睡眠をとって疲れを残さない、といった生活習慣病にも当てはまる予防法を実行することです。そのうえで、人ごみの多い場所から帰ったら、うがい、手洗いをするなど、かぜと同様の予防法も心がけましょう。

 また、結核予防法の改正で05年4月1日から、乳幼児へのツベルクリン反応検査は廃止されて、生後6カ月までの乳児に直接BCGの予防接種が無料で行われています。これには受診義務はありませんが、乳幼児が結核を発病すると重症化しやすいので、できるだけ予防接種を受けておくことをおすすめします。

【監修】
折津 愈(おりつ まさる)先生


日本赤十字社医療センター副院長
1971年北海道大学医学部卒業後、日赤中央病院内科研修医、国立札幌病院(北海道がんセンター)内科専修医を経て、1975年より日本赤十字社医療センター呼吸器内科勤務。1993年同センター呼吸器内科部長、2005年より現職。専門は呼吸器内科一般、特にサルコイドーシス、肺真菌症、間質性肺炎。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

オーガニック食品の先進国オーストラリアで見たホールフードとは

今回はいつもの韓国記事ではなく、久しぶりに訪れたオーストラリアについて書きたいと思います。近年日本でも「食の安全」が話題にのぼるようになりましたが、オーストラリアでは約30年前から「食の安全」が語られるようになり、国民の「健康に良い食材や製... 続きを読む

感染予防に効果的なはしかの予防接種

麻疹(はしか)はどんな病気
麻疹(はしか)ウィルスによる感染症で、非常に感染力が強い病気です。よく聞く病名なので、子どもには一般的な病気と思われがちですが、乳幼児は重症化しやすく、まれに脳炎を併発して身体の麻痺や知能障害が残ったり、最悪... 続きを読む

チームのまとまりと結果は比例する? チームワークが求められる集団

私たちは様々な「集団」の中で生活しています。例えばそれは、家族という小さな集団から、地域、職場など様々な集団があります。私たちが属する集団から受ける影響は大きいものです。したがって、まとまりのよい集団にいれば、その集団から個人は良い影響を受... 続きを読む

心を開くことの重要性-自分が心を開けば相手も開いてくれる理由

私たちは、日々、多くの人々と社会生活を営んでいます。1人で行動することもありますが、ほとんどの場合、様々な集団に属し、その一員として活動しています。集団とは、ある目的を達成するために集まったものと定義され、その中で行なう行動は集団行動です。... 続きを読む

乳がんのセルフチェックの仕方-自己検診で乳がんを早期発見

乳がんは自分で見て触って、かなり初期のうちに発見することができるがんです。これは、進行して自覚症状が出るまで気づきにくいほかのがんにはない利点。この利点を活かすには、定期的に自己検診を行うことが決め手です。ぜひ正しい自己検診の方法を身につ... 続きを読む

高校時代に憧れていた恋愛ランキング

部活の先輩との恋愛 いつも同じ電車に乗る人との恋愛 クラスのアイドルとの恋愛 幼なじみとの恋愛 大学生との恋愛 ... 続きを読む

携帯がない時代の恋人との連絡方法

家へ電話 ポケベル 手紙 家に行く 交換日記 6位以降をみる ... 続きを読む

日本人がもともととってきた食歴

第1回
ダイエットへの第1歩はサプリメントの摂り方を知ること! 「何となくよくなったのはわかるけれど、何がよくなったのかよくわからない……」。 サプリメントを試したことのある人の大半はこんな感想を... 続きを読む

偏見のメカニズム-カテゴリー化とステレオタイプの考え方を辞めるには

この時期、夏休みを利用して旅行する方も多いのではないでしょうか。初めての土地を訪ねたときなどは、事前に描いていた単純なイメージとは一変し、様々な魅力を発見することがあります。 初対面の人についても同様に、相手が男性か女性か、どんな職業か、出... 続きを読む

年齢ごとに異なる理想的な睡眠時間は? 昼寝は健康にいい?

私たちは睡眠によって脳や体の疲れを回復させています。睡眠時間が不足したり、時間は足りていても深い眠りが得られないような場合、生活習慣病やうつ病などにつながることがわかってきました。
一言で「理想的な睡眠」といっても、人によって、また世... 続きを読む