レーシック手術のメリットとデメリット|術後の過ごし方の注意点

裸眼での生活は魅力だが、リスクも知っておこう

短時間で痛みも少なく、屈折矯正手術の主流になったが、合併症の可能性や保険が使えない難点も

角膜にレーザーを照射して近視や乱視を矯正

 「眼鏡もコンタクトレンズもわずらわしい、でも視力は矯正したい」という人に、レーザーによる手術で近視や乱視を矯正する「レーシック(LASIK)手術」が広まっています。日帰り手術の便利さと、視力回復の早さが人気となり、いまや屈折矯正手術の主流になっています。

 レーシック手術では、高い精度で正確に生体組織を切り取ることができるエキシマレーザーを使います。まず、点眼麻酔をしたうえで、特殊な器具や最新の技術ではレーザーで角膜の表面を薄く削りますが、完全に削り取ってしまうのではなく、片方がつながった“ふた”のような状態にします。これを「フラップ」といいます。このフラップをめくり、角膜の実質層といわれる部分にエキシマレーザーを照射して角膜のカーブを調整していくのですが、レーシック手術が普及した要因は実はこのフラップにあります。

 それまでのレーザーを使った矯正手術では、まず角膜の表面を削り取り、さらに角膜の実質層をレーザーで削って形を調整していました。しかし角膜の表面近くには神経が通っており、表面を削り取ってしまうと神経がむき出しになるので、手術後にはかなり痛みます。また、削り取った表面の細胞はすぐに再生するわけではなく、角膜が安定してしっかりものが見えるようになるまでには時間がかかりました。

 これに対しレーシック手術では、角膜のカーブを調整した後はフラップを元通りにかぶせるので、神経がむき出しになることはないため痛みが軽減されます。角膜の安定性もよいので、手術直後からものがはっきり見えるという利点もあります。戻されたフラップは、およそ2週間で自然に接着します。

目に強い衝撃を受けないように

 レーシック手術は十数分で終わり、しばらく安静にし、眼科医がチェックして問題がなければ帰宅となります。その日からふつうの生活が可能で、目に水が入らないように注意すれば入浴も問題ありません。手術の翌日はもう一度受診して角膜のチェックを受け、その後も定期的に検査を受けます。

 これは、フラップが接着したといっても“やんわり”とくっついているだけなので、その接着がずれていないかどうか確認しなければならないからです。1週間ほどは目を保護するゴーグルを装着します。万が一、強い衝撃を直接目に受けると、フラップがずれてしまうことがあり、それを放っておくと削ったところに新しい細胞が増殖してきて、永久に接着できなくなります。
 したがって、ずれが生じたらできるだけ早めに治療しなければならず、そのためにも定期的な検査をずっと受けていく必要があるのです。また術後は、ボクシングのような目に強い衝撃を受ける恐れのあるスポーツを避けるべきことは、いうまでもないでしょう。

 レーシックの近視手術では、中等度の近視ならばほとんどの人が裸眼視力1.0以上に回復するとされていますので、日常生活では眼鏡やコンタクトレンズを使わずにすむようになります。とはいえ、手術に伴うリスクがないわけではありません。目の感染症をはじめ、削られて薄くなった角膜が眼圧で変形する「角膜拡張症」、削った部分が濁る「角膜上皮下混濁」、涙の分泌量が減って一時的にドライアイになる、などといった合併症がおこることがあります。

誰でも手術を受けられるわけではない

 また、手術を受けられるかどうかという検討も手術前に行われます。一つは、この2年間くらいは近視の状態が安定していることが必要です。まだ近視が進行する可能性があると、手術後に再び見えにくくなることがあるからです。その意味で20歳未満の人は近視が安定しているとはいえないことが多いので、原則的に手術は行われません。
 また、近視の度が非常に強い人は角膜を多く削らなければならず、その分薄くなった角膜が拡張症をおこす危険性が高まるため、手術が受けられないことがあります。

 近視以外にもほかの目の病気を抱えている場合は、その治療が優先されます。糖尿病やアトピー性疾患がある場合や、網膜剥離(もうまくはくり)など眼底に病気がある場合には手術を受けられないときがあります。また、いまのところ健康保険の適用になっていませんから、数十万円単位の手術費用が必要です。

 このように、安全で進歩した手術法とはいえ、ほかのどのような治療法とも同じように、レーシック手術にもメリットとデメリットがあり、また、手術を受けてもいいのかどうかなど、術前に検討しなければならない問題があります。簡単そうだから、人気があるから、などといった理由だけで手術を選択するのではなく、眼科医と十分に相談してから決めるべきでしょう。

(『見えにくい見えづらい 目の病気がわかる本』岩崎琢也監修、法研より)

【監修】
岩崎 琢也先生


東京医科大学霞ケ浦病院眼科科長・准教授
1982年東京医科大学卒業後、同大学病院にて眼科研修。87年~89年米国マサチューセッツ州「Retina Foundation眼研究所」に留学。90年東邦大学大橋病院にて硝子体手術を研修。2000年東京医科大学助教授。06年東京医科大学霞ケ浦病院眼科科長。日本眼科学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会、日本眼内レンズ屈折手術学会、日本糖尿病学会に所属。専門分野は網膜硝子体疾患の外科的治療、アトピー性皮膚炎による白内障、網膜剥離の外科的治療。

コラムに関連する病名が検索できます。

レーシック手術のメリットとデメリット|術後の過ごし方の注意点 関連コラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    近頃、ツイてない?金運上昇のためにすべき6つの行動
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 「今…
  2. 2
    洗えないセーターやニットの消臭法。汗臭・タバコ臭も洗わずに取れる!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 秋冬…
  3. 3
    布団の中のダニは数十万匹!?干しても叩いても死滅しない『ダニ』退治法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 今ま…
  4. 4
    発達障害の診断の基準になる3つの特徴とは?
    発達障害の診断の基準-発達障害の子どもの特徴 出典:株式…
  5. 5
    発達障害ってどんな障害なの?自閉症・学習障害・ADHDの特徴
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  6. 6
    だらしないタレ尻が『理想のヒップ』に大変身!簡単小尻エクサ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 体の…
  7. 7
    常温保存の小麦粉類に注意!パンケーキシンドロームで救急搬送も
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 開封…
  8. 8
    失った肌のハリが戻ってくる!?おからパウダーが凄い理由
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 女性…
  9. 9 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  11. 11
    放置しちゃいけない!『冷えは未病のサイン』冷えの原因と改善方法
    つらい「冷え症」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 万病のもと"未病…
  12. 12
    ホットフルーツで腸デトックス!温めるだけで驚異のお腹スッキリ効果
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと フル…
  13. 13
    つらい生理痛がおこる原因とは?月経困難症に効果のある漢方
    つらい「月経困難症」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 血を巡らせて…
  14. 14
    【発達障害の特徴】1.社会性の障害ー他人の気持ちが理解できない
    イギリスの精神科医ウイングが提唱した次の3つの特性 出典:株式会…
  15. 15
    首のシワ&二の腕スッキリ!10秒で完了の若返りストレッチ
    隠しきれない年齢がでると言われる首のシワや二の腕。そんなエイジングスポ…
  16. 16 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  17. 17
    生理前の不調の原因と改善方法|つらいPMSを助けてくれる食材とは?
    つらい「月経前緊張症(PMS)」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 …
  18. 18
    首にできた小さなブツブツ。イボを自分でキレイに取る方法があった!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 一…
  19. 19
    年収が少ない人ほど肥満が多い現実…節約と健康は両立しないの?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 健…
  20. 20
    痩せていることは悪いこと?妊娠中の『痩せ』が子供の病気リスクを高める
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 25…

一覧