物が見えずらいのは緑内障かも? 早期発見に役立つ自己チェック法

気づかないうちに進行して視野が欠けていく

高すぎる眼圧が視神経を傷つけるが眼圧が正常範囲でも油断禁物! 進行しても自覚症状のない場合がほとんど

40歳以上の20人に1人が緑内障

 最近、物が見えづらい、目がかすむ、文字の一部が欠けて見える、などといったことはありませんか? もしあるとすれば、大変! それは目の病気「緑内障」の、しかも症状が進んでしまっている状態かもしれません。

 「リョクナイショウ」などと言われてもあまりなじみがないかもしれませんが、40歳以上の日本人のおよそ20人に1人がかかっているといわれる眼の病気なのです。眼球内の圧力(眼圧)が高くなり、眼球の後ろのほうにある視神経が圧迫されて障害を受け、物の見える範囲(視野)が少しずつ狭くなっていく病気です。放っておくと失明する恐れが高く、日本では成人後の失明原因の第1位になっています。

眼圧は正常なのに視神経が障害される人が7割も

 眼圧が高くなるのは、眼球内を巡っている房水(ぼうすい)という透明の液体が排出されにくくなり眼球内にたまってしまうためです。房水は茶目(虹彩)の裏側にある毛様体という部分で作られ、眼球内の組織に酸素と栄養を運んだあと、虹彩と角膜の境にある排出口から出て静脈に吸収されます。この排出口が目詰まりするか、排出口が盛り上がった虹彩で塞がってしまうと、眼球内に房水がたまってしまいます。

 排出口が目詰まりするタイプ(開放隅角緑内障:緑内障の約8割を占める)は、少しずつ、何年もかかって進行するため、気がついたときには視神経の障害がかなり進んでいたということも少なくありません。また、さほど眼圧が高くなくても、もともと視神経が障害されやすい人では緑内障がおこることがあります。これを「正常眼圧緑内障」といいますが、実は日本人の場合はこのタイプが緑内障全体の7割を占めるほど多いのです。近視の人は視神経が障害されやすく、また家族に緑内障の患者がいる人は緑内障になりやすいので注意が必要です。

 一方、排出口が盛り上がった虹彩で塞がれて発症するタイプ(閉塞隅角緑内障)は、40歳以上の女性で遠視の人におこりやすいという特徴があります。このタイプは急激に発症することがあり、目がかすむだけでなく、激しい目の痛み、頭痛、嘔吐(おうと)なども伴います。このため、目の病気とは気づかずに眼科以外の診療科へ受診してしまい、その間に視神経が大きなダメージを受けてしまう例もあります。

4割が「診断前に自覚症状はなかった」

 緑内障の患者会が2008年8月に公表した調査結果では、緑内障と診断される前に「自覚症状はなかった」、とする人がほぼ4割もいました。緑内障は徐々に視野が欠けますが、ふだんは両目でカバーし合うので気づきにくいのです。したがって、視野の欠けたことに不自由さを感じるようになったら、症状はかなり進行していると考えられます。また、何らかの自覚症状があったとする人では、「物が見えづらい、かすむ」「目が痛い、目が張る」などがあったそうです。

 傷ついた視神経は、元には戻りません。とはいえ、早期に見つけて眼圧を下げる治療をすれば、視野障害の進行を抑えられることも明らかになってきています。ですから、40歳以上の人は、自覚症状がなくても、年に1回は眼科で検査をすることをおすすめします。以下に、自分でできる早期発見法をご紹介します。

●早期発見に役立つ自己チェック法
(1)ブラウン管テレビ(液晶テレビでは不可)の画面中央に目印を貼り、電源を入れ空きチャンネル(砂嵐画面)に合わせる。
(2)50cmほど離れ、片目を隠して目印を見る。
(3)空きチャンネルの“砂嵐”が均一に見えるかチェック。見えにくさや欠けた部分があったら、ただちに眼科へ。
(4)テレビ画面の替りに、文字の詰まった新聞の株式欄を利用してもよい。

治療には眼圧を下げる点眼薬、レーザー治療、手術など

 眼圧を下げる治療としてはまず、点眼薬を使います。1種類で下がらなければ2種類、3種類と使ってみます。点眼薬に加え、ビタミン剤を服用することもあります。これは、視神経の障害を少しでも抑えるためのものです。これらの治療でも眼圧が下がらないときは、レーザー治療によって房水の流れをスムーズにさせるか、手術によって新しい排出口を作ります。また、すぐに眼圧を下げないと失明の危険がある急性閉塞隅角緑内障の場合には、ただちにレーザー治療や手術が行われることになります。

(「健康のひろば」法研より)

【監修】
安田 典子先生


東京警察病院眼科部長
順天堂大学医学部眼科非常勤講師、日本大学医学部眼科非常勤講師を兼務。日本眼科学会専門医、日本緑内障学会評議員など。専門領域は緑内障。著書に『目の病気―名医の言葉で病気を治す(監修)』(誠文堂新光社)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    使うほどお尻にダメージが…ウォシュレットでお尻が悲鳴を上げている
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと トイ…
  2. 2 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  3. 3
    知りたくなかったかも…身の周りにあるトイレよりも不潔なものたち
    見た目では意外とわからない、トイレより不潔なもの。実は、自分の体の一部…
  4. 4
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  5. 5
    おデブサラダになっていませんか?太るサラダと痩せるサラダの大きな違い
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 健康…
  6. 6
    知っておきたい女性の『アソコ』5つの真実|大事な場所の正しいケア方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと デリ…
  7. 7
    【女性に多い貧血】体がだるい・動悸…鉄分が足りないサインとは?
    (編集・制作 (株)法研) 【取材協力】澤田 賢一先生 秋田大学医学…
  8. 8
    コンビニ弁当を食べ続けると早死にする? その理由は…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  9. 9
    1分で寝落ちしちゃう!? 気絶するように眠りにつける呼吸法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ベッ…
  10. 10 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  11. 11 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  12. 12
    【女性の病気】こんな症状がでたら婦人科へ!注意してほしい8つの症状
    (編集・制作 (株)法研) 信頼できる婦人科医が決まっていると、毎日…
  13. 13
    ダイエットにカロリー制限はいらない!? 食べて痩せるダイエットの新常識
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 食事…
  14. 14
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  15. 15
    顔のたるみを加速させる4つのNG習慣|顔のシワ・目のクマを予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 顔が…
  16. 16 無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック
    無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 疲れ…
  17. 17
    目のかすみ・ぼやけ・近くのものがみえづらい…眼精疲労のタイプと症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 【監…
  18. 18
    お風呂の入浴剤はもう不要!?キッチンのある物を入れるだけでOKの入浴法
    (編集・制作 (株)法研) 自宅でのバスタイム、天然温泉、クアハウス…
  19. 19
    コリの原因はストレスにある!?コリを簡単にとる方法とは?
    (編集・制作 (株)法研) 運動性とストレス性のコリは違います。コリ…
  20. 20
    意外と知らない耳そうじの豆知識|耳そうじの頻度は?耳かきの使い方は?
    (編集・制作 (株)法研) 耳あかはドライ? それともウェット? 耳…

一覧