物が見えずらいのは緑内障かも? 早期発見に役立つ自己チェック法

気づかないうちに進行して視野が欠けていく

高すぎる眼圧が視神経を傷つけるが眼圧が正常範囲でも油断禁物! 進行しても自覚症状のない場合がほとんど

40歳以上の20人に1人が緑内障

 最近、物が見えづらい、目がかすむ、文字の一部が欠けて見える、などといったことはありませんか? もしあるとすれば、大変! それは目の病気「緑内障」の、しかも症状が進んでしまっている状態かもしれません。

 「リョクナイショウ」などと言われてもあまりなじみがないかもしれませんが、40歳以上の日本人のおよそ20人に1人がかかっているといわれる眼の病気なのです。眼球内の圧力(眼圧)が高くなり、眼球の後ろのほうにある視神経が圧迫されて障害を受け、物の見える範囲(視野)が少しずつ狭くなっていく病気です。放っておくと失明する恐れが高く、日本では成人後の失明原因の第1位になっています。

眼圧は正常なのに視神経が障害される人が7割も

 眼圧が高くなるのは、眼球内を巡っている房水(ぼうすい)という透明の液体が排出されにくくなり眼球内にたまってしまうためです。房水は茶目(虹彩)の裏側にある毛様体という部分で作られ、眼球内の組織に酸素と栄養を運んだあと、虹彩と角膜の境にある排出口から出て静脈に吸収されます。この排出口が目詰まりするか、排出口が盛り上がった虹彩で塞がってしまうと、眼球内に房水がたまってしまいます。

 排出口が目詰まりするタイプ(開放隅角緑内障:緑内障の約8割を占める)は、少しずつ、何年もかかって進行するため、気がついたときには視神経の障害がかなり進んでいたということも少なくありません。また、さほど眼圧が高くなくても、もともと視神経が障害されやすい人では緑内障がおこることがあります。これを「正常眼圧緑内障」といいますが、実は日本人の場合はこのタイプが緑内障全体の7割を占めるほど多いのです。近視の人は視神経が障害されやすく、また家族に緑内障の患者がいる人は緑内障になりやすいので注意が必要です。

 一方、排出口が盛り上がった虹彩で塞がれて発症するタイプ(閉塞隅角緑内障)は、40歳以上の女性で遠視の人におこりやすいという特徴があります。このタイプは急激に発症することがあり、目がかすむだけでなく、激しい目の痛み、頭痛、嘔吐(おうと)なども伴います。このため、目の病気とは気づかずに眼科以外の診療科へ受診してしまい、その間に視神経が大きなダメージを受けてしまう例もあります。

4割が「診断前に自覚症状はなかった」

 緑内障の患者会が2008年8月に公表した調査結果では、緑内障と診断される前に「自覚症状はなかった」、とする人がほぼ4割もいました。緑内障は徐々に視野が欠けますが、ふだんは両目でカバーし合うので気づきにくいのです。したがって、視野の欠けたことに不自由さを感じるようになったら、症状はかなり進行していると考えられます。また、何らかの自覚症状があったとする人では、「物が見えづらい、かすむ」「目が痛い、目が張る」などがあったそうです。

 傷ついた視神経は、元には戻りません。とはいえ、早期に見つけて眼圧を下げる治療をすれば、視野障害の進行を抑えられることも明らかになってきています。ですから、40歳以上の人は、自覚症状がなくても、年に1回は眼科で検査をすることをおすすめします。以下に、自分でできる早期発見法をご紹介します。

●早期発見に役立つ自己チェック法
(1)ブラウン管テレビ(液晶テレビでは不可)の画面中央に目印を貼り、電源を入れ空きチャンネル(砂嵐画面)に合わせる。
(2)50cmほど離れ、片目を隠して目印を見る。
(3)空きチャンネルの“砂嵐”が均一に見えるかチェック。見えにくさや欠けた部分があったら、ただちに眼科へ。
(4)テレビ画面の替りに、文字の詰まった新聞の株式欄を利用してもよい。

治療には眼圧を下げる点眼薬、レーザー治療、手術など

 眼圧を下げる治療としてはまず、点眼薬を使います。1種類で下がらなければ2種類、3種類と使ってみます。点眼薬に加え、ビタミン剤を服用することもあります。これは、視神経の障害を少しでも抑えるためのものです。これらの治療でも眼圧が下がらないときは、レーザー治療によって房水の流れをスムーズにさせるか、手術によって新しい排出口を作ります。また、すぐに眼圧を下げないと失明の危険がある急性閉塞隅角緑内障の場合には、ただちにレーザー治療や手術が行われることになります。

(「健康のひろば」法研より)

【監修】
安田 典子先生


東京警察病院眼科部長
順天堂大学医学部眼科非常勤講師、日本大学医学部眼科非常勤講師を兼務。日本眼科学会専門医、日本緑内障学会評議員など。専門領域は緑内障。著書に『目の病気―名医の言葉で病気を治す(監修)』(誠文堂新光社)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

原因は角質と皮脂!?頬の毛穴詰まりのおすすめ対策法

角質と皮脂が混ざり合って出来たものを角栓と呼びます。頬の毛穴にこれが詰まってしまうと、ぶつぶつざらざらの頬になってしまい、見るも無残になってしまいます。毎日しっかり洗顔しているのになぜ?と思っている人も多いでしょう。実際、改善方法はある... 続きを読む

20〜40歳代女性に急増している子宮内膜症

子宮内膜症は進行性の病気

子宮内膜に似た組織が腹膜や卵巣など子宮以外の場所で増殖する病気。
子宮内膜症 - goo ヘルスケア

子宮内膜症は、子宮内膜組織が、子宮内腔以外のところで増殖し続ける、進行性の病気です。内膜症の細胞... 続きを読む

結婚したいOLが書き初めで書きそうな四文字熟語ランキング

一期一会 以心伝心 相思相愛 良妻賢母 大願成就 6位以降をみる ... 続きを読む

発酵食品カタログ くさや

魚介類
くさや ムロアジ類を開きにして、内臓を加えた塩分の強い漬け汁につけて干した干物。伊豆諸島の特産として有名。 この発酵食品のポイント 独特の強いにおいがあります。生のも... 続きを読む

「神経内科」と「心療内科」…名前が似ていて間違えやすい診療科。どちらが何を診るの?

「脳神経外科・脳外科」に対応する内科が「神経内科」 シンケイ内科とシンリョウ内科、耳慣れない上に意味が似ているので迷いますね。 循環器外科に対応する内科が循環器内科であるように、脳神経外科・脳外科に対応する内科が神経内科です。分かりや... 続きを読む

入院費用を抑えるには-差額ベッド料を請求されたら確認すること

病院に入院するというとき、健康保険の適用される大部屋以外に、より快適な環境が整っているいわゆる“差額ベッド”というものがあります。個室または少人数の病室で、これにはもちろん、保険外負担となる差額ベッド料を覚悟しなければなりません。この請求... 続きを読む

インフルエンザの重症化を防ぐには-重症化のリスクが高い人とは

新型インフルエンザ(A/H1N1)の特性は、ウイルスが新しい抗原タイプであるため多くの人が免疫を持っていないことから、感染が拡大しやすいことです。また、感染しても多くの人は軽症で回復していますが、一般の人と比べ、持病のある人や、妊娠してい... 続きを読む

ジェネリック医薬品ってなに? 正しく理解して医療費を節約しよう

「ジェネリック医薬品」という言葉を、どこかで聞いたことがありませんか。テレビではたびたび、有名タレントによるコマーシャルが流されているので、「あっ、それ知ってる!」とピンとくる人も少なくないでしょう。
ジェネリック医薬品は、医師が処方... 続きを読む

緊張したときに効果的な表情トレーニング-笑顔の嬉しい効果とは?

あなたが、つい頬が緩んで笑顔になるのはどんなときですか?好きな人が近づいて来たとき、美味しそうなスウィーツを食べるとき、面白いテレビ番組を観たときなど、つい笑顔がこぼれるシーンがありますよね。では、笑顔になっているとき、心はどんな状態になっ... 続きを読む

花粉症の完治する?「舌下減感作療法」は本当に効果があるのか?

花粉症の人には憂うつなシーズンになりました。気象情報会社の発表では、昨年夏の日照時間が全国的に少なかったことから、北海道以外のエリアでは今シーズンのスギ花粉の飛散量は昨シーズンの半分以下と予想しています。ただし、飛散開始の時期は早まり、東... 続きを読む