若い女性に増えてきた多発性硬化症とは-正しい診断と治療法

根治策はないが、早期診断・早期治療でQOLの維持を

適切な情報がなく、病気への認知度が低い、周囲の理解が得られない。しかし、患者数は確実に増え続けている

20歳から40歳ごろに発症する、とくに若い女性に多い神経疾患

 多発性硬化症(MS:Multiple Sclerosis)という病気をご存じでしょうか。原因不明で、脳や脊髄の神経系が障害を受け、体のさまざまな部位に影響を及ぼし、しだいに症状が進行する慢性の病気です。

 20歳から40歳ごろの若い世代に発症することが多く(発症のピークは30歳前後)、日本では約12,000人、人口10万人あたり8~9人と推定されています(全世界では250万人、欧米では50~100人/10万人といわれています)。
 欧米の白人に多くみられ、欧米では若年成人がかかる神経系の病気の中で、最も多い病気のひとつです。日本では欧米に比べると患者数は少ないほうで、認知度も低いのですが、近年患者数が確実に増えていることから、注目すべき病気になってきました。

 女性の罹患率は男性の約3倍。とくに若い女性に多く、発病する時期や、病気の進行が、就労・結婚・妊娠・出産などといった時期と重なるため、その後の生活に大きな影響を与えます。したがって、長期的に生活の質(QOL)を維持することが大切です。そのためにも早期診断・早期治療が重要となります。

原因は不明。症状は多様で、経過も個人差がある

 前述したように、この病気のはっきりした原因はまだわかっていませんが、リンパ球などの免疫系(ウイルスや細菌から体を守る働きをする)が、何らかのきっかけで、脳や脊髄の中枢神経系や視神経を攻撃するようになると考えられています。このように、本来、体を守ってくれる免疫系の異常による病気を「自己免疫疾患」といいます。

 神経は、髄鞘(ミエリン)と呼ばれる脂質でおおわれて保護されています。多発性硬化症では、このミエリンに損傷・破壊がおこり、視神経、脳から脊髄、そして体への神経伝達がうまくいかなくなると考えられています。

 多発性硬化症では、障害を受けた脳や脊髄、視神経の部位により、さまざまな症状が現れます。主な症状としては、視力障害、疲労、四肢の脱力または麻痺(まひ)、しびれ感、しゃべりにくい、歩行や運動の機能障害、膀胱や直腸の機能(排尿・排便)障害、性機能不全などのほか、最近では、うつ状態などの精神的なものや、認知機能の低下などの問題もあげられます。
 症状の程度も、軽症から極度の重症まで幅広く、患者さんによって異なります。最初の症状が現れてから数年以内に急速に症状が進行し、重度の機能障害となる例もあれば、症状が出ても急速な変調が見られず、時間をかけてゆっくり進行する例もあるなど、経過にも個人差があります。

 日本人に多いタイプは「再発・寛解(かんかい)型」といい、新たな症状または既存の症状が現れる時期(再発期)と、症状が落ち着いて安定している時期(寛解期)、をくり返すのが特徴です。初期のうちに、適切な治療を受ければ、ほぼ完全に再発前の状態に回復できますが、治療せずに放置しておくと後遺症を残してしまいます。また、何度も再発をくり返していくうちに、症状や障害が残るようになります。

専門医による正しい診断と治療が重要

 多発性硬化症は、死に直結する病気ではありませんが、前述したような症状が現れることで、生活の質(QOL)は著しく低下します。

 再発や進行を抑えて、病気を抱えながらもなるべく通常の生活を維持するためには、軽症・初期のうちに適切な治療を開始することが大切です。そのためには専門医による早期診断と早期治療がカギになります。

 多発性硬化症の専門医は、神経内科です。正しい診断・治療が行われるには、まず、患者さんの症状の有無や程度、病歴、家族歴を知るための問診が基本となります。そして神経症状を確認するために神経学的診断が行われます。また眼の症状が出ている場合には眼科医の診察も必要です。
 脳や脊髄などの中枢神経系の損傷や病気の程度を客観的に知るには、頭部および脊髄のMRI検査が行われます。特徴的な症状が出ていない段階でも、MRI検査では多発性硬化症を発見することが可能です。そのほか、髄液検査や血液検査なども行われます。以上の結果を総合的に判断して、多発性硬化症なのか、他の病気なのか鑑別診断します。

 多発性硬化症の治療法は、主に3つに大別されます。
(1)急性期の治療法
 急性期には、安静を保つことが第一です。そして神経細胞の炎症や浮腫を解消するために、主にステロイドが用いられ、ステロイド大量点滴治療をします。これをステロイドパルス療法といいます。
(2)再発・進行防止のための治療法
 免疫系の働きを正常に保つことを目的に、インターフェロン‐βを使った薬物治療が中心となります。
(3)慢性期の治療法
 痛み、疲労感、しびれ、ツッパリ感、などといった症状ごとに、お薬を投与する薬物治療や、筋肉の硬直を解消するためのリハビリテーションなどが行われます。これを、「それぞれの症状に応じた治療=対症療法」といいます。

 適切な情報がなく、病気への認知度が低いために、症状があっても正しい診断につながりにくい現状があります。また、周囲の理解が得られないために、特徴的な症状のひとつである疲労感や体の不自由さなどを「なまけている」と誤解されることも多いものです。患者さん本人はもちろん、医療スタッフ、家族、友人、職場の仲間、一般社会での、多発性硬化症に対する正しい理解とサポートが必要です。

【取材協力】
清水 優子先生


東京女子医科大学医学部神経内科講師
東京女子医科大学卒。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

婦人科の診察ってどんなことするの? 性行為の経験を聞かれる理由


婦人科の診察はほかの診療科と同じように、まずは「問診」から始まります。そして、必要な診察や検査を行って、治療法について患者さんと相談して、治療を行っていくことになります。「婦人科といえばとにかく“内診”が嫌だなぁ」と思っている方が多いか... 続きを読む

関節リウマチの新しい治療とは-新薬の効果が精神的にも影響する?

私たちの体には、侵入してきた細菌やウイルスなどの外敵を攻撃する免疫のしくみが備わっています。関節リウマチはこの免疫システムの異常によって、外敵ではなく自分自身の細胞や組織を攻撃してしまう病気です。ターゲットは手の指をはじめとする全身の関節... 続きを読む

子どもと高齢者の脱水に気をつけて-水分の摂り方と脱水のサイン

今年は早くも5月のうちに熱中症発症のニュースが流れましたが、多くなるのはやはりこれから、猛暑が続く7月以降です。
熱中症の主な原因は、高温の環境で大量に発汗することによる脱水症です。暑いと汗をたくさんかきますが、それは汗が蒸発するとき... 続きを読む

欧米では既に定番!?ストレスフリーな「パレオダイエット」のルール3つ

欧米では多くのセレブリティが取り入れている話題のパレオダイエット。カロリーや量の制限がいっさいなく、無理なく簡単に行えるこのダイエット法は、一時的に体重を落とすダイエット法とは違い、しっかり食べて必要な栄養を摂りながら体質を改善し、真の... 続きを読む

ステキな恋愛が免疫力を高める?-緊張とリラックスで活性化

ステキな恋をしていると免疫力が高まる!?
これは本当のことです。恋愛と免疫力という一見何の接点もないようなこの2つが、実は根本の部分で深くかかわっているのです。
白血球は、免疫系で重要な役割を果たしていますが、その免疫細胞の働きに大きな影... 続きを読む

インフルエンザ予防法|家族にうつさないための対策とは

木枯らしが吹いて、そろそろインフルエンザが流行する季節です。もう予防接種は受けられたでしょうか?
インフルエンザは、日本では例年12月から3月にかけて流行し、年明けごろからピークを迎えます。感染予防にはまずワクチン接種を受けることですが、... 続きを読む

やせる三要素:ダイエットを宣言してやせる

どうせなら周囲も巻き込んでみんなで楽しくダイエットを始めるのもひとつの手
ダイエットをする、と決めたら、思い切って自分はダイエット中だと周囲に宣言してしまいましょう。
というのは、誰にも言わずにひとり... 続きを読む

がん患者が提言力をつけて、医療を動かす「がん政策サミット」

わが国ではいまや、国民の2人に1人はがんにかかり、3人に1人はがんで亡くなる時代を迎えています。誰ががんになってもおかしくないといっても過言ではありません。ですから、がんは、国の対策として、また国民一人ひとりのテーマとして、取り組む重要課... 続きを読む

膵臓の悪性腫瘍「膵神経内分泌腫瘍」-6つの自覚症状とは

「膵神経内分泌腫瘍」も「神経内分泌腫瘍」も、いずれもなじみのない言葉かも知れません。
「2011年10月に56歳の若さで亡くなった、元アップル(Apple)社CEOのスティーブ・ジョブズさんの死因は、膵臓がんだったという報道もありました... 続きを読む

マイコプラズマ肺炎の感染経路は? 症状や完治までの期間など

マイコプラズマ肺炎とは、「肺炎マイコプラズマ」という細菌に感染することによって起こる呼吸器感染症です。かつては、4年おきのオリンピックが開催される年に流行したことから「オリンピック肺炎」と呼ばれたこともありましたが、近年はそうした傾向がく... 続きを読む