「百日ぜき」が大人に急増-子どもにうつると重症に発展する場合も

乳児が感染すると命にかかわるため、うつさないことが肝心

乳幼児にはワクチン接種が不可欠。大人は、せきが続くときは感染を疑って早めに受診を。

感染に気づかないまま学校や職場で流行させてしまう

 激しいせきがしつこく続く百日ぜきが大人に急増しています。これまでは、乳幼児を中心とした子どもの病気と考えられていましたが、最近は大学生の集団感染をはじめ、大人の感染例が急増しています。国立感染症研究所感染症情報センターの調べでは、患者数そのものの増加もさることながら、大人の占める割合が年々大きくなり、2008年上半期には全体の4割近くを占めています。

 大人の場合、百日ぜきにかかっても、せきが長引く程度で、かぜだと思って見過ごしてしまうこともあります。ところが、百日ぜき菌はせきやくしゃみの飛沫(しぶき)を介して感染(飛沫感染=ひまつかんせん)し、しかも感染力が非常に強いため、本人が感染に気づかないまま、ほかの人にうつしてしまう恐れがあるのです。

 例えば、人の大勢集まる場所では、せきやくしゃみによって菌がばらまかれると、一気に多くの人にうつってしまいます。それが、職場や学校だったら、同じ職場で働く人や学校で机を並べている人たちにも感染してしまいます。大学での集団感染はその一例です。家庭では、親から子にうつしてしまう恐れもあります。
 本人の症状は軽くても、感染に気づかないまま流行を拡大させてしまう恐れがあることが、いちばんの問題です。

大人は軽症でも、乳児は肺炎や脳症を起こすことも

 百日ぜきは、「コンコン」という短いせきが続いたあと、「ヒュー」という笛のような音をたてて息を吸い込む発作を起こすのが特徴です。百日ぜき菌に感染すると、1~2週間の潜伏期間のあと、くしゃみや涙が出るなどかぜのような症状から、次第にせきがひどくなり、前述のような発作をくり返します。昔は2~3カ月もせきがとれなかったことから、百日ぜきと呼ばれるようになりました。

 大人の場合は百日ぜきにかかっても、せきがしつこく続く程度で、それほど重症になることはないため、発症に気づかないケースも珍しくありません。ところが、子どもは激しいせきで体力を消耗しやすく、ときには命にかかわることもあります。
 1歳以下の子ども、特に生後6カ月以下の場合は、百日ぜき特有の症状がみられないまま、突然、肺炎や脳症などの合併症を起こしたり、無呼吸発作から呼吸停止に至ることもあります。こうした重症例のなかには、手足のまひなどの後遺症が残ったり、死亡する例もあります。

 赤ちゃんは、お母さんのおなかの中にいるときにさまざまな抗体をもらっているため、かぜなどにはしばらくかからないものの、百日ぜき菌に対する抗体はほとんどもらえません。つまり、百日ぜきに対しては無防備な状態なのです。もし、身近に百日ぜきの感染者がいたら、赤ちゃんにも感染してしまいます。

乳幼児は予防接種。大人はせきが1週間以上続いたら受診を

 乳幼児にとって百日ぜきの予防には、ワクチンの接種が必要です。生後3カ月になったら、なるべく早期に三種混合ワクチン(百日ぜき、ジフテリア、破傷風)の接種がすすめられます。

 三種混合ワクチンは、基本的には、第1期として生後3~90カ月(標準的には生後3~12カ月)の間に3回(3~8週おきに)、その12~18カ月後に追加接種します。さらに第2期として、11~12歳に、百日ぜき以外の二種混合ワクチンを接種します。こうしたワクチン接種によって、最近では6歳未満の百日ぜきの患者の割合は、3割程度に抑えられています。

 ただし、ワクチンの効果は、年月がたつにつれて減少します。また、昔に比べて患者が減っているため、菌に接して免疫力を高める機会がなくなっていることも加わって、大人の感染者が増えていると考えられています。

 大人は、感染しても軽症ですみますが、怖いのは気づかないまま感染源となって感染を拡大させてしまい、職場や学校などで広がり、ワクチンを接種していない乳児に感染したりすることです。もし、せきが1週間以上続く場合は放置せず、感染を疑って受診することが大切です。感染初期ならば、抗菌薬がよく効きます。大人がうつさないことが肝心なのです。

(「すこやかファミリー」法研より)

【監修】
岡野 裕二先生


おかの小児科・アレルギー科院長
1977年聖マリアンナ医科大学卒業。同大小児科助教授、東横病院小児科部長などを経て、2003年おかの小児科・アレルギー科を開院、現在に至る。研究分野は小児アレルギー疾患、小児呼吸器疾患。日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会認定医・認定専門医・認定指導医。1995年11月には第28回日本小児呼吸器疾患学会会長を務める。また、川崎市のアレルギー相談、水泳教室、講演、サマーキャンプなどの活動にも従事し、1994年には川崎市制70周年功労賞を受賞。「患者さんに信頼される医師」を目標に診療を行う。

コラムに関連する病名が検索できます。

「百日ぜき」が大人に急増-子どもにうつると重症に発展する場合も 関連コラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  2. 2 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  3. 3
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  4. 4
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  5. 5
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  6. 6 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  7. 7
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  8. 8
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  9. 9
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  10. 10 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  11. 11
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  12. 12
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  13. 13
    リップを塗っても唇がカサカサ・ぷっくりしない…使い方間違ってるかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと リッ…
  14. 14
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  15. 15 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17
    【花粉症対策におすすめ】鼻うがいの正しいやり方。痛みなくスッキリ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 花粉…
  18. 18 太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19
    足の裏に魚の目やタコができやすい人は、腎臓が弱っているかも…?
    足裏は全身の血液の巡りや新陳代謝のバロメーター。 足の裏が冷えるこ…
  20. 20
    これで節約。ズボラな人でも続く!楽しく家計簿をつけるコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 節約…

一覧